PR

耳を守りつつ音楽体験はそのままに 〜イヤープロテクター THUNDERPLUGS Powered by Alpine

THUNDERPLUGS Powered by Alpineは、ライブハウスやフェスなどの大音量環境で長時間過ごすことによる、耳へのダメージを防ぐイヤープロテクター。今回は、さまざまなアーティストのライブPAを手掛けるエンジニアの岡直人にレビューしていただいた。

劇団四季 × SENNHEISER Digital 6000~JR東日本四季劇場[春][秋]に導入されたワイヤレスシステム

劇団四季の専用劇場として東京・竹芝に誕生したJR東日本四季劇場[春]と[秋]。両劇場は隣接しており、キャパシティ約1,500席の[春]では『アナと雪の女王』をロングラン上演中。約1,200席の[秋]では『ゴースト&レディ』が5月6日から上演される予定だ…

Fader Craftersが切り開くオンラインミックスの新たな可能性

近年、音楽制作において“オンラインミックス”という手法を取り入れるケースが国内でも増えている。この手法の最大のメリットは地理的制約がなくなること。つまり関係者がスタジオを訪れなくてもミックスが行えるため、プロジェクトをスムーズに進めることが…

Synthesizer Vでアクセント強調/歌詞を聴こえやすくする('コマンド活用法)講師:江夏正晃

“声がリアル過ぎる!”と巷で話題のAI技術搭載歌声合成ソフト=Synthesizer V。今回は音楽家の江夏正晃氏に、アクセント強調して歌詞を聴こえやすくするための'(アポストロフィー)コマンド活用法を紹介してもらう。

Synthesizer Vで歌の滑舌をアップさせる方法(音素の強弱を設定)講師:江夏正晃

“声がリアル過ぎる!”と巷で話題のAI技術搭載歌声合成ソフト=Synthesizer V。今回は音楽家の江夏正晃氏に、音素の強弱を設定することで、Synthesizer Vの歌の滑舌をアップさせる方法を紹介してもらう。

Synthesizer Vの声質コントロールの方法(ボーカルスタイルの種類)講師:江夏正晃

“声がリアル過ぎる!”と巷で話題のAI技術搭載歌声合成ソフト=Synthesizer V。今回は音楽家の江夏正晃氏に、Synthesizer Vの声質コントロールの方法として、ボーカルスタイルの種類を紹介してもらう。

神谷洵平 × AZLA SednaEarfit Foamax 〜高音質&安定した装着感のフォームタイプ・イヤーピース

イヤホンブランドのAZLAが、ブランド初となるフォームタイプ・イヤーピースSednaEarfit Foamaxをリリース。ハイクオリティなサウンドと遮音性を両立し、約30秒の復元時間という独自の性質を持つ本製品を、ドラマー/作編曲家として活躍する神谷洵平がレビュ…

Solid State Logic PURE DRIVE QUAD 〜Rock oN Monthly Recommend vol.66

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフと製品を扱うメーカーや輸入代理店に話を聞くRock oN Monthly Recommend。今回はSolid State Logicから発売された2Uラックサイズの4chプリアンプ、PURE DRIVE QUADを紹介します。

羊文学 Tour 2023『If i were an angel,』〜今月の360 Reality Audio【Vol.19】

360 Reality Audioは、ソニーの360立体音響技術を活用し、全方位から音に包み込まれるようなリスニング体験をもたらす。今回は、羊文学が2023年に実施したツアー『If I were an angel,』のZepp Haneda公演でのライブ音源を紹介。メンバーの塩塚モエカ(vo)…

KORG Keystage × ササノマリイ 〜「楽器」としての魅力を放つポリアフタータッチMIDIキーボード

MIDI2.0に対応したポリ・アフタータッチ・コントローラー/キーボード、KORG Keystage。MIDI2.0のプロパティ・エクスチェンジを世界で初めて搭載し、DAWやハードウェアと相互通信することで、本体の有機ELディスプレイでパラメーター名と値が確認でき、8つの…

Synthesizer Vならでは!効率的な歌詞の打ち込み方(+コマンド活用法)講師:江夏正晃

“声がリアル過ぎる!”と巷で話題のAI技術搭載歌声合成ソフト=Synthesizer V。今回は音楽家の江夏正晃氏に、Synthesizer Vで効率的な歌詞の打ち込みを可能にする、+コマンド活用法を紹介してもらう。

Synthesizer Vで調整できる2つの異なるブレス(brコマンドとブレスの比較)講師:江夏正晃

“声がリアル過ぎる!”と巷で話題のAI技術搭載歌声合成ソフト=Synthesizer V。今回は音楽家の江夏正晃氏に、Synthesizer Vで調整できる2つの異なるブレス、「brコマンド」と「ブレス」を紹介してもらう。

machìnaがレビュー!AIAIAIのバッテリー駆動ワイヤレスモニタースピーカーUnit-4 Wireless

パワード・モニタースピーカーでありながら、ワイヤレス接続やバッテリー駆動に対応するAIAIAI Unit-4 Wireless+。独自のワイヤレス通信技術W+Linkにより専用の周波数帯域を使うため、16msの低レイテンシーで、ロスレスオーディオを安定的に伝送可能だ。今…

THE CHARM PARK × AUSTRIAN AUDIO MiCreator Studio 〜ウィーンから新風をもたらすマイク・ブランド【Vol.23】

AUSTRIAN AUDIO MiCreator Studioは、オーディオI/O内蔵でコンデンサーマイクを備えたレコーディングシステムだ。今回は、シンガーソングライターのTHE CHARM PARKがテスト。アコースティックギター&ボーカル録音の所感はいかに?

『Augusta Camp 2023』を360 Reality Audioで体感!

Augusta Campの収録を長年手掛けてきたSCIが、360 Reality Audio化を前提とした収録を行った『Augusta Camp 2023』。これまでにスキマスイッチや秦 基博らの作品にも携わり、さかいの土佐清水での凱旋ライブの録音も手掛けたSCIの日高智将に、当日の収録の様…

オフィスオーガスタが360 Reality Audioに取り組む理由とは?

スキマスイッチやさかいゆうが360 Reality Audioに取り組む背景には、オフィスオーガスタでディレクターを務める森本知之の綿密な計画と積極的なアプローチがある。360 Reality Audioのコンテンツ開発に尽力するソニー株式会社の鹿田英一、渡辺忠敏との座談…

さかいゆうが語る360 Reality Audio〜オフィスオーガスタが挑戦する多角的なアプローチ

2023年10月にニューヨークのパワー・ステーションで行われた配信ライブも記憶に新しい、シンガーソングライターのさかいゆう。ここでは、さかいと360 Reality Audioの出会いや、配信ライブの数カ月前に同じくパワー・ステーションで行われた360 Reality Audi…

スキマスイッチが語る360 Reality Audio〜オフィスオーガスタが挑戦する多角的なアプローチ

スキマスイッチにとって節目の年となった2023年、彼らはさまざまな角度から360 Reality Audioの制作に挑戦してきた。ここでは、大橋卓弥と常田真太郎に360 Reality Audioの捉え方の変化や、彼らの20周年を祝した『Augusta Camp 2023』を振り返ってもらった。

フア カンル(Dreamtonics)〜Synthesizer V 開発者インタビュー

Synthesizer Vを開発したのが、中国出身のフア カンル氏。フォーブス日本版において日本から世界を変える30歳未満を選出する“30 UNDER 30 JAPAN”に選ばれるなど、音声合成分野において名実共にトップランナーと言える存在だ。インタビューから、彼の類いまれ…

夢ノ結唱 × 長谷川白紙 〜親しみやすさを感じる歌声というPOPYを使った「汀の宿」制作秘話

長谷川白紙がPOPYをボーカルに迎えてリリースした楽曲が「汀の宿」だ。何層にもレイヤーされたリズムの上で、POPYが歌う文学的な歌詞が印象的な楽曲となっている。「汀の宿」を聴く上での手引きとして、ざっくばらんに語ってくれたインタビューをご覧いただ…

夢ノ結唱 × Cö shu Nie 〜ROSEの力強い歌声を生かした「antidote」の誕生に迫る

2人組ロックバンド、Cö shu NieがROSEを使って制作した「antidote」は、重厚なサウンドに変拍子を織り交ぜながらポップスとしての魅力も放つ唯一無二の楽曲だ。メンバーの中村未来(vo、g、k、prog)と松本駿介(b)に、制作のプロセスを聞いていこう。

夢ノ結唱 × DÉ DÉ MOUSE 〜DÉ DÉ MOUSEサウンドとSynthesizer V版POPY/ROSEの融合

夢ノ結唱とのコラボでは、POPYのキュートな歌唱が際立つポップス「Little Lazy Princess」と、ROSEが歌う疾走感のあるダンスナンバー「流れ星のDarling」の2曲を制作したDÉ DÉ MOUSE。“DÉ DÉ MOUSE印”とも言える豊潤な楽曲と、POPY/ROSEの巡り合いに迫ってい…

夢ノ結唱 × 中野雅之(THE SPELLBOUND / BOOM BOOM SATELLITES)〜Synthesizer V版 POPY/ROSEを用いた楽曲制作を語る

中野雅之(THE SPELLBOUND / BOOM BOOM SATELLITES)が夢ノ結唱のためにプロデュースとTHE SPELLBOUNDとして楽曲提供をしたのが、POPYが歌う「世界中に響く耳鳴りの導火線に火をつけて」と、ROSEが歌う「マルカリアンチェイン」の2曲。その制作がどのように…

選べるUAD/UADxプラグインバンドル4種「UNIVERSAL AUDIO UAD Essentials / Producer / Studio / Signature Edition Bundle」

フックアップが運営するオンライン・ストアbeatcloudから、注目のソフトをピックアップ。今回は、UNIVERSAL AUDIOのUADプラグイン/UADxプラグインを集めたエフェクト/インストゥルメントバンドル4種類を紹介します。

Synthesizer Vとは?〜使い方から最新機能まで徹底解説!

歌声合成ソフト、Synthesizer Vでは一体何ができるのか。自身でさまざまなクリエイターに声をかけ制作したコンピレーションアルバム『AIボーカルコンピVol.1 with Synthesizer V AI』をリリースするなど、Synthesizer Vに造詣が深い音楽プロデューサーの鈴木…

プロデューサー楠美津穂氏に聞く『夢ノ結唱』が見据える未来

POPYとROSE、2人の歌声合成ソフトから成るプロジェクト=夢ノ結唱はどのように誕生したのか。夢ノ結唱のプロデューサーを務めるブシロードミュージックの楠美津穂氏に、プロジェクトの始まりからPOPYとROSEへの思い、これからの展望まで詳しく伺った。

V1-M / P1-M / P1-Nano〜iCON Pro Audioから登場した多機能DAWコントローラー

多彩なコントローラー製品を展開しているiCONから、新たなDAWコントローラー3機種が登場。1フェーダーのコンパクトなP1-Nano、9本のモーターフェーダーとメーターブリッジを備えたV1-M、そして8本のモーターフェーダーを備えたP1-Mだ。本稿ではV1-MとP1-Mの…

極上のサウンド体験〜DJ WATARAIが語るSTAXイヤースピーカー

国内オーディオ機器ブランドの老舗STAXは、“イヤースピーカー”と銘打ったコンデンサー型ヘッドホンと“ドライバーユニット”なる専用ヘッドホンアンプを主要製品とし、国内外で高く評価されている。普段からSTAX製品を愛用するDJ/プロデューサーのDJ WATARAI…

MOGAMI 2534 マイクケーブル × 柏井日向(Bigfish Sounds)

日本発のケーブルブランドとして、世界中のミュージシャンやスタジオから愛用されているMOGAMI。中でも、ネグレックス・シリーズのマイクケーブル2534は、音質と情報量保存を重視してレコーディングスタジオ用に開発された製品だ。ここでは、自社スタジオのB…

BE:FIRST『Mainstream』&「Glorious」〜今月の360 Reality Audio【Vol.18】

ソニーの360 Reality Audioは、360立体音響技術を使用した全方位から音に包み込まれるような音楽体験。今回は7人組ダンスボーカルグループBE:FIRSTのシングル『Mainstream』と最新曲「Glorious」をピックアップ。これまでもBE:FIRST作品の360 Reality Audio…

KSUKE × ソニー MDR-MV1 〜プロの仕事にフォーカスした「背面開放型」ヘッドホン【Vol.4】

DJ/作編曲家のKSUKEが愛用する背面開放型のヘッドホンMDR-MV1。2023年9月の『サンレコフェス』で試聴したことを機に購入し、今では「ダントツのモニターヘッドホン」と感じている。その理由を語っていただくとしよう。

NEUMANN MCM Miniature Clip Mic System × 三井 崇(LOST)

NEUMANNのミニチュアクリップマイク・システムMCMが、PAの現場で好評を博している。サウンドエンジニアの三井崇氏も愛用者の一人で、『薬師丸ひろ子 Concert Tour 2023 ~愛しい人~』では、チェロの収音に利用。本番を数時間後に控えた東京国際フォーラム …

mu:sta|音響設備ファイル【Vol.79】

建築音響会社mu:sta(ムスタ)のモデルルームは、イマーシブ対応のコントロールルームとオーディオルームとしても利用可能なレコーディングルーム、そして主にクラシック系の楽器演奏を目的としたピアノルームの3部屋を構えており、mu:staのコンセプトや特長…

Jonathan’s Mastering BootCamp 〜Rock oN Monthly Recommend vol.65

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフと製品を扱うメーカーや輸入代理店に話を聞くRock oN Monthly Recommend。今回は世界的マスタリングエンジニアのジョナサン・ワイナー氏を迎えて開催されたセミナーの、配信映像コンテンツを紹介し…

静音&高パフォーマンスPC @Sycom Silent Master NEO Z790/D5 〜ビッケブランカが評価する理由とは?

BTO(受注生産)コンピューターメーカー@SycomのSilent Master NEOは、音楽制作において重要な静音性とパワーを併せ持つマシン。普段から愛用しているというシンガーソングライター、ビッケブランカのスタジオを訪れ、仕様や制作における優位性について話を…

DÉ DÉ MOUSEが投稿作品にコメント 〜「音の大喜利」を楽しむQUIET STARSのイベント

2023年春から、JVCケンウッドが実証実験を開始したQUIET STARS。「“音”でつながる!」をキャッチフレーズに、誰かの投稿へ次々と音を重ねていけるサービスだ。今回、サンレコからDÉ DÉ MOUSEへこのQUIET STARSでの“お題”の提供を依頼。QUIET STARSの解説とと…

BOGREN DIGITAL MLC S_ZERO 100 〜Rock oN Monthly Recommend vol.64

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフと製品を扱うメーカーや輸入代理店に話を聞くRock oN Monthly Recommend。今回はスウェーデンのプラグインメーカー、BOGREN DIGITALがリリースしたアンプシミュレーター・プラグインのMLC S_ZERO 10…

「VIRHARMONIC Bohemian Viola」リアルタイム入力で自然なビオラ演奏を容易に実現可能なソフト音源

フックアップが運営するオンライン・ストアbeatcloudから、注目のソフトをピックアップ。今回は、鍵盤で入力するだけでリアルな演奏を再現できる機能が特徴のビオラ音源、Bohemian Violaを紹介します。

日音サウンズライブラリー 〜プロフェッショナルのための音楽コレクション

音楽著作権や原盤権の管理を行う音楽出版社の日音が、楽曲総数約120万のサウンズライブラリー音源を扱う“日音サウンズライブラリー”のWebサイトをリニューアル。利便性が大幅に向上したという本サイトについて、日音の津崎栄作氏、正見はるな氏、諏訪マイケ…

さかいゆう『Yu Sakai YouTube Live “Story” from New York』〜今月の360 Reality Audio【Vol.17】

ソニーの360 Reality Audioは、360立体音響技術を使用した全方位から音に包み込まれるような音楽体験。今回はシンガーソングライターのさかいゆうが10月にニューヨークのパワー・ステーションから配信したオンラインライブをピックアップ。さかいゆう本人と…

D.O.I. × ソニー MDR-MV1 〜プロの仕事にフォーカスした「背面開放型」ヘッドホン【Vol.3】

音楽クリエイターに向けてリリースされた背面開放型ヘッドホン、MDR-MV1。一線のミックスエンジニアD.O.I.氏に試していただいたところ「購入してスタメンのヘッドホンにします」との力強いコメントが。評価の理由を教えてもらおう。

Traktor Series|NATIVE INSTRUMENTS 最新ツール・ガイド

NATIVE INSTRUMENTS製品を愛用するプロ・クリエイターのコメントとともに、現在発売中のラインナップを一挙に紹介! 国内外のDJが愛用するデジタルDJシステムのTraktor。専用コントローラーは、機能を1台に集約したオールインワン型から操作に特化したモジュ…

Komplete Audio Series|NATIVE INSTRUMENTS 最新ツール・ガイド

NATIVE INSTRUMENTS製品を愛用するプロ・クリエイターのコメントとともに、現在発売中のラインナップを一挙に紹介! オーディオ・インターフェースのKomplete Audioシリーズは、いずれも可搬性に優れたサイズ感で、最高24ビット/192kHzでの処理に対応する。…

Komplete Kontrol Series|NATIVE INSTRUMENTS 最新ツール・ガイド

NATIVE INSTRUMENTS製品を愛用するプロ・クリエイターのコメントとともに、現在発売中のラインナップを一挙に紹介! Komplete Kontrolシリーズは、KompleteやNKSに対応した音源を専用ソフトウェアでスムーズに管理できるほか、各種D AWソフトの基本操作も本…

C.O.S.A.’s Studio〜ラップの録り音を極める

愛知を拠点に活動するラッパー/プロデューサーのC.O.S.A.のプライベートスタジオを訪問。最新機材のチェック方法や機材選びのコツ、ACOUSTIC REVIVE製ケーブルの導入によるスタジオクオリティの向上など、ラップの録り音を洗練するためのヒントがぎっしり詰…

Atlantis Dual Chambers × okkaaa【SOFTUBEプラグインを使いこなす! Vol.10】

ハードウェア・モデリングから独自の製品まで、多くのプラグインをリリースするSOFTUBE。この連載では、アーティストによるレビューと併せて、作成してもらったオリジナル・プリセットを無償でご提供!今回取り上げるのは、リバーブプラグインのAtlantis Dual…

NAOtheLAIZA 〜ビートにオリジナリティを出したいなら最適です|Maschine ユーザー・インタビュー

NATIVE INSTRUMENTS製品を愛用するプロ・クリエイターのコメントとともに、現在発売中のラインナップを一挙に紹介! ヒップホップやR&Bを中心としたトラック・メイクやプロデュースを数多く手掛けるNAOtheLAIZA。制作のクオリティや効率を向上させるMaschine…

【動画】NEUMANN MT 48〜ブランド初のオーディオインターフェースをプロが検証

NEUMANNより、ブランド初となるオーディオインターフェースMT 48が登場した。その実力を検証すべく、レコーディングエンジニアの檜谷瞬六が、ギタリストの石本大介とボーカリストのKOTETSUを招き、レコーディングを実践。そのクオリティをぜひ動画でチェック…

DJ Mitsu the Beats 〜プラグインや音源がそろった状態でスタートできる|Maschine ユーザー・インタビュー

NATIVE INSTRUMENTS製品を愛用するプロ・クリエイターのコメントとともに、現在発売中のラインナップを一挙に紹介! GAGLEのメンバーであり、DJ/トラック・メイカーのDJ Mitsu the Beats。ヒップホップ・シーンで活躍し続ける彼の制作やパフォーマンスにお…

Maschine Series|NATIVE INSTRUMENTS 最新ツール・ガイド

NATIVE INSTRUMENTS製品を愛用するプロ・クリエイターのコメントとともに、現在発売中のラインナップを一挙に紹介! Maschineは、サンプラーやシーケンサー、リズム・マシンの機能を兼ね備えたハードウェア/ソフトウェアの統合システム。本体には16個のパッ…