【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

【4月25日発売!】サウンド&レコーディング・マガジン6月号は三浦大知が初登場

サウンド&レコーディング・マガジン2024年6月号

 サウンド&レコーディング・マガジン6月号(4/25発売)の表紙&巻頭インタビューに三浦大知が初登場。ニューアルバム『OVER』を三浦大知本人が語るインタビュー&撮り下ろしカット、そしてプロデューサー陣へのインタビューを通し、22ページの大ボリュームで『OVER』の制作プロセスをひも解く。

 以下のサイトからもご購入いただけます。

※詳しい在庫状況につきましては、各販売店のWEBサイトよりご確認いただくか、直接お問い合わせください。


表紙&巻頭インタビュー

三浦大知

ダンスで音を“可視化“する
~『OVER』に見る音楽とダンスの相互関係

シンガー/ダンサーとして天賦の才を持ち、トップラインの作曲やライブの演出なども手掛ける三浦大知。

ニューアルバム『OVER』は、2024年のグラミー賞ノミネート作をプロデュースしたTOMOKO IDAをはじめ、気鋭のサウンドプロデューサー/トップライナーたちと制作された一枚だ。

本企画では、三浦大知本人のインタビュー&撮り下ろしカット、そしてプロデューサー陣へのインタビューを通し、22ページの大ボリュームで『OVER』の制作プロセスをひも解く。

  • インタビュー「三浦大知」
  • 制作対談「TOMOKO IDA × TSUGUMI」
  • プロデューサーインタビュー「UTA」
  • プロデューサーインタビュー「Nao'ymt」

特集「AIが高める、制作のポテンシャル」

近年、人工知能(AI)の進化は目覚ましく、音楽制作にも革命的な変化をもたらしている。

この特集では「音楽制作に役立つAIツール」に焦点を当て、それらがプロダクションにどのような影響を与えているのか探求。近年における音楽制作に役立つAIツールの紹介、それらを活用するクリエイター/エンジニアによるレビュー、音楽生成系AIツールによる法的側面など、20ページにわたって多角的に迫る。

  • 「音楽制作 × AIの現在とこれから」by 岡本剛
  • 「AIツール、徹底レビュー」by おおくぼけい、渡部高士
  • 「AIツールカタログ」
  • 「AIで生成した音楽の商用利用について」by 安藤和宏

インタビュー

  • Mummy-D
  • 松谷卓
  • BREIMEN

Beat Makers Lab

  • リナフォルニア(Linafornia)
  • Foux

コンサート見聞録

ペトロールズ


 詳細は下記をご覧ください。