オーディオ・インターフェース

APOGEEのフラッグシップモデルSymphony I/O MkIIに新16ch AD/DAカード登場

Symphony I/O MkII APOGEEのフラッグシップ・オーディオインターフェースSymphony I/O MkII用の16ch AD/DAカードとして、従来の16×16S2に代わる16x16 SE(594,000円)がリリースされた。 16x16 SE 30年以上にわたるAPOGEEの研究開発/設計/経験のすべてを投…

TASCAM Portacapture X6〜32ビットフロート対応の6trポータブルレコーダー

TASCAMから、6trハンディレコーダーPortacapture X6(オープンプライス:市場予想価格54,780円前後)が2月11日に発売される。 Portacapture X6は、8trハンディーレコーダーPortacapture X8で好評を博した32ビットフロート録音、タッチパネル操作によるユーザ…

MOTU M6 レビュー:出力120dBのダイナミック・レンジを誇る6イン/4アウトのオーディオ・インターフェース

MOTUのオーディオ・インターフェース、Mシリーズに新たにM6が仲間入り。これまでにリリースされたM2、M4も筆者は所有しているが、M6では6イン/4アウトとなり、さらにヘッドフォン・アウトが2系統に進化している。 レビュー&テキスト:山木隆一郎 撮影:川…

AVID Mbox Studio レビュー:専用ソフトで詳細な入出力設定も可能な21イン/22アウトのオーディオI/O

10月に開催されたAES New York 2022にて発表されたオーディオ・インターフェース、AVID Mbox Studio。2002年に初代Mboxが登場してから4世代目、前世代から約10年の時を経て、満を持しての登場となりました。ネイティブ環境のパーソナル・スタジオ用途として…

ゲーム配信向けオーディオミキサーROLAND BRIDGE CAST〜ボイスチェンジャーも内蔵

ROLANDから、同社初となるゲーム配信者向け機器として、高音質でのゲームのライブ配信を実現するゲーミング・オーディオミキサーBRIDGE CAST(オープンプライス)が1月28日に発売となる。 BRIDGE CASTは、ストリーマー(配信者)本人が使うマイク、ゲームの…

FOCUSRITE Vocaster Two レビュー:ポッドキャストに適した2イン/2アウトのUSBオーディオ・インターフェース

ポッドキャストをはじめとした音声配信を手軽に実現する2イン/2アウトのUSBオーディオ・インターフェース、FOCUSRITE Vocaster Twoが発売されました。軽量かつ、USB接続によるバス・パワー駆動に対応しています。それでは、詳しく見ていきましょう。 レビュ…

RCF TRK Pro2 レビュー:RCFの音響測定ツールを併せて使える2イン/2アウトのオーディオI/O

RCFは、1949年創立のイタリアの音響機器メーカー。先進的な音響技術で“プロ”が使う道具を作り続ける同社が、意外にも個人レベルで導入しやすいシンプルな仕様のUSB2.0オーディオ・インターフェース2機種をリリースしました。汎用性の高そうな2イン/2アウト…

YAMAHA RUio16-D 〜Rock oN Monthly Recommend vol.52

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフとその製品を扱うメーカーや輸入代理店に話を聞くRock oN Monthly Recommend。今回は、Dante、USB、アナログ入出力を備えたハーフ・ラック・サイズのオーディオ・インターフェース、RUio16-Dを紹介…

Astell&Kern AK HC3〜人気のポータブルUSB-DACシリーズに4極マイク入力対応モデル追加

Astell&KernのハイファイポータブルUSB-DACシリーズに、第3弾となるAK HC3(30,980円)が追加された。発売は2月10日(金)。 ※発売日と価格情報を更新しました(2月3日) iOSデバイスで使用できるUSB Type-C to Lightningアダプターが付属する コンピュータ…

SSL 12〜4つのマイクプリとADAT入力を搭載したオーディオインターフェース

SOLID STATE LOGICのUSBオーディオインターフェースSSL 2シリーズに、新しいラインナップSSL 12が登場。価格はオープンプライス(市場予想価格75,900円前後)、発売は2023年1月13日を予定している。 SSL 12のトップパネル SSL 12は、SSL 2シリーズと同じくロ…

MOTU M6 〜M2/M4と同等の音質を備えた多入力タイプのオーディオインターフェース

MOTUのオーディオインターフェースに新たなラインナップM6が登場。価格はオープンプライス(市場予想価格69,300円前後)で、11月中旬発売を予定している。 M6は最大192Hz対応の6イン/4アウトのオーディオインターフェース。既に発売中のM2/M4と同じく、ハ…

UNIVERSAL AUDIO Apollo Solo 〜10万円以内で購入できるオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022“ステップ・アップの1台”では、10万円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのUNIVERSAL AUDIO Apollo Soloです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル…

ROLAND Octa-Capture 〜10万円以内で購入できるオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022“ステップ・アップの1台”では、10万円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、10イン/10アウトのROLAND Octa-Captureです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写…

AMS NEVEスタッフ来日記念インタビュー 〜話題のプロダクトに迫る!

マット・ターナー氏(左)とのジョー・ヒートン氏(右) 去る9月にAMS NEVEスタッフが来日。取扱店向けの製品デモンストレーションを行なわれた。コマーシャルマネージャーのマット・ターナー氏とプロダクトスペシャリストのジョー・ヒートン氏に、Genesys B…

NEVE 88M 〜コンソール88RSのサウンドを得られるオーディオ・インターフェース

NEVEからデスクトップ・タイプのUSBオーディオ・インターフェース88Mが登場した。同社のフラッグシップ・コンソール88RSのテクノロジーを採用した2chのプリアンプとMARINAIRトランスを搭載。コンパクトなボディに詰め込まれたスタジオ・クオリティのサウンド…

PRESONUS Studio 1824C 〜10万円以内で購入できるオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022“ステップ・アップの1台”では、10万円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、18イン/18アウトのPRESONUS Studio 1824Cです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) …

MOTU AudioExpress 〜10万円以内で購入できるオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022“ステップ・アップの1台”では、10万円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、6イン/8アウトのMOTU AudioExpressです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:H…

AVID Pro Tools|Carbon Pre〜最大24chシステムが構築できる8chマイクプリ

AVIDから、AVBオーディオ・インターフェースPro Tools|Carbon(501,600円)を拡張する8chマイクプリ、Pro Tools|Carbon Pre(390,500円)が発表された。 8基のマイク/ラインプリアンプのうち、4基はインピーダンス可変のVariable Z仕様。Pro Tools|Car…

AVIDからMBOX Studioが発表〜21×22同時入出力のオーディオ・インターフェース

AVIDは、パーソナルスタジオ向けのプロフェショナル・デスクトップUSBオーディオインターフェースMBOX Studio(116,600円)を発表した。発売は11月を予定。同社のDAWソフトPro Tools Studioなどさまざまな音楽制作アプリケーション(Mac/Windows)とともに動…

IK MULTIMEDIA Axe I/O 〜10万円以内で購入できるオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022“ステップ・アップの1台”では、10万円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/5アウトのIK MULTIMEDIA Axe I/Oです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写…

FOCUSRITE Clarett+ 4Pre 〜10万円以内で購入できるオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022“ステップ・アップの1台”では、10万円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、18イン/8アウトのFOCUSRITE Clarett+ 4Preです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) …

AUDIENT Evo 16 〜10万円以内で購入できるオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022“ステップ・アップの1台”では、10万円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、24イン/24アウトのAUDIENT Evo 16です。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:Hi…

ARTURIA AudioFuse 〜10万円以内で購入できるオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022“ステップ・アップの1台”では、10万円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、14イン/14アウトのARTURIA AudioFuseです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真…

APOGEE Duet 3 〜10万円以内で購入できるオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022“ステップ・アップの1台”では、10万円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/4アウトのAPOGEE Duet 3です。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:Hirok…

ANTELOPE AUDIO Zen Go Synergy Core 〜10万円以内で購入できるオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022“ステップ・アップの1台”では、10万円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、4イン/8アウトのANTELOPE AUDIO Zen Go Synergy Coreです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクム…

APOGEE Boom レビュー:内蔵DSPでエフェクトを使用できる2chオーディオI/O

プロのスタジオでもよく知られたデジタル・オーディオ・ブランドのAPOGEEから、小型USBオーディオI/OのBoomが発表されました。手軽でシンプルなボーカル録音、配信用動画制作、旅先での音楽制作といった現代ならではの用途に特化していると思われる本機です…

LEWITT Connect 6〜パソコンとモバイル機器を同時接続できるオーディオインターフェース

マイクブランドとして知られるLEWITTより、初のオーディオインターフェースConnect 6(42,900円)が発表された。コンピューター(Mac/Windows)とモバイルデバイス(iOS/Android)を同時に接続可能。柔軟なルーティングで、音楽録音はもちろんポッドキャスト…

FOCUSRITE Clarett+ Series〜歌録りに効果的なオーディオ・インターフェース

ルパート・ニーヴ氏によって創設されたイギリスのオーディオ・メーカー、FOCUSRITE。プロから宅録ユーザーまでに向けた幅広い製品を手掛けており、特にScarlett Seriesをはじめとするオーディオ・インターフェースが有名だろう。今回はその中から、前身モデ…

ART USB II〜2イン/4アウトの32ビット/192kHz対応オーディオ・インターフェース

ARTから、32ビット/192kHz対応USB 2.0オーディオ・インターフェース、USB II(31,900円)がリリースされた。 入出力はアナログのみで、USBバスパワーで動作。アナログ入力2系統には低ノイズのディスクリート・マイクプリ(48Vファンタム電源供給可能)を搭…

ZOOM AMS-22 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのZOOM AMS-22です。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:Hiroki Obara …

STEINBERG UR12 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのSTEINBERG UR12です。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:Hiroki Oba…

PRESONUS AudioBox Go 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのPRESONUS AudioBox Goです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:Hiro…

NATIVE INSTRUMENTS Komplete Audio 1 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのNATIVE INSTRUMENTS Komplete Audio 1です。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケ…

M-AUDIO M-Track Solo 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのM-AUDIO M-Track Soloです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:Hiro…

IK MULTIMEDIA iRig 2 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、ギター/ベース/モノラル電子楽器演奏用モバイル端末向けのIK MULTIMEDIA iRig 2です。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュ…

FOCUSRITE Scarlett Solo 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのFOCUSRITE Scarlett Soloです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:H…

ESI Maya22 USB 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのESI Maya22 USBです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:Hiroki Oba…

BOYA BY-AM1 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのBOYA BY-AM1です。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:Hiroki Obara …

BEHRINGER UM2 U-Phoria 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのBEHRINGER UM2 U-Phoriaです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:Hi…

APOGEE Boom〜伝統のサウンドを継承したコンパクトな192kHz対応オーディオインターフェース

APOGEEからDSP FXを内蔵したUSB-C接続の24ビット/192kHz対応オーディオインターフェイスBoom(44,990円)が発売となる。Mac/Windows/iOS対応(Lightning接続には別売りのアダプターが必要)。 フロントパネル。入力は、IN1がマイク/ライン/楽器対応(XLR…

RME Digiface Ravenna〜信頼性と柔軟性を兼ね備えたネットワークオーディオI/O

RMEから、AoIP(Audio over IP)規格RAVENNA対応の24ビット/192kHz USBオーディオ・インターフェース、Digiface Ravennaが発表された。価格はオープンプライスで、発売は2023年第1四半期を予定している。 Digiface Ravennaは、Digiface Danteをベースに、DI…

UNIVERSAL AUDIO Volt 4/476P 〜Voltシリーズに多入力モデル2機種が追加

クラシックなアナログ・トーンを追求しながら手ごろな価格を実現したオーディオインターフェースUNIVERSAL AUDIO Voltシリーズより、新たにVolt 4(オープンプライス:市場予想価格38,500円前後)とVolt 476P(オープンプライス:市場予想価格69,300円前後)…

AMS NEVE 88Mの発売日が決定!〜フラグシップコンソール88RSのトランスを搭載したオーディオI/O

NAMM show 2022で発表されたAMS NEVE 88M(195,800円)の発売日が、2022年9月22日に決定。本日より予約受付が開始された。 AMS NEVE 88Mは、同社のフラグシップ コンソール88RSと同じMARINAIRトランスを搭載したUSBオーディオインターフェース。ADATオプティ…

RØDE Rode Caster Pro II 〜ライブ配信やポッドキャスト向きのオールインワン配信&録音ツール

オーストラリアのオーディオメーカー RØDEが、ライブ配信、ポッドキャスト向きの音響ツールRode Caster Pro II(107,800円)を9月8日に発売する。 Rode Caster Pro IIは、6つの物理フェーダーと3つの仮想フェーダーを備えたオーディオミキサーに、5.5インチ…

TASCAM Portacapture X8が32ビットフロート対応I/O機能などのアップデート

TASCAMの8trハンドヘルドレコーダーPortacapture X8(オープンプライス:市場予想価格75,680円前後)の最新ファームウェアが無償公開された。 USB接続によるオーディオインターフェース機能が32ビットフロートに対応。本体のみの録音ではもともとデュアルAD…

ZOOM AMS-44 レビュー:配信用モードも備える4イン/4アウトのオーディオ・インターフェース

フィールドレコーダーやエフェクターなどで先進的な製品を送り出し続けているZOOMより、超小型で軽量のオーディオインターフェースでありながら、手軽なライブ配信にも対応できるAMS(AUDIO I/F for MUSIC & STREAMING)シリーズが登場しました。2イン/2ア…

TEENAGE ENGINEERING TX-6 レビュー:オーディオI/O機能やドラム&シンセの音源も内蔵する小型ミキサー

OP-1やPocket Operatorなどユニークでガジェット的なプロダクトをリリースし続けているスウェーデンのTEENAGE ENGINEERINGから、ミキサーTX-6がリリースされた。同ブランドのほかの機器同様にミニマルで美しいデザイン、そして手の平に収まるほどの小型サイ…

CHORD ELECTRONICS Mojo 2 〜Rock oN Monthly Recommend vol.48

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフとその製品を扱うメーカーや輸入代理店に話を聞くRock oN Monthly Recommend。今回はCHORD ELECTRONICSのヘッドフォン・アンプ、Mojoの後継機であるMojo 2を紹介する。アユートの藤丸レイヤ氏と、メ…

福富幸宏 × SSL 2+〜伝統のサウンドを受け継ぐオーディオ・インターフェース

SOLID STATE LOGIC(以下SSL)と言えば、ライブ会場のPAブースやレコーディング・スタジオなどに設置された大型コンソールを思い浮かべる人も多いだろう。そんなSSLが近年リリースしたのが、USBオーディオ・インターフェースのSSL 2とSSL 2+だ。62dBのゲイ…

音楽制作&配信向けのPRESONUS Revelatorシリーズの新マイク&I/O

PRESONUSのRevelatorシリーズより、USBマイクRevelator Dynamic(オープン・プライス:MUSIC EcoSystems STORE価格29,700円)と、オーディオインターフェースRevelator io44(オープン・プライス:MUSIC EcoSystems STORE価格27,500円)が発売された。どちら…