PA機器

Dining & Music BAR 音STAGE|音響設備ファイル【Vol.69】

東京・神田に店を構えるDining & Music BAR 音STAGE(オンステージ)。前身の店舗で、楽器が演奏できる音楽バーとして多くの支持を受け、そのノウハウをもとに2022年5月、リニューアル・オープンを果たした。今回は、店舗の音響調整から機材選定に至るまで…

YAMAHAのオールインワンPAシステムStagepas 1Kの新モデル&同デザインのパワードスピーカーが登場

YAMAHAより、12インチ径サブウーファーと中高域用のラインアレイ・スピーカーにミキサーを組み合わせたポータブルPAシステムStagepas 1K MkIIと、パワードスピーカーDXL1Kが発表された。両製品とも発売は9月を予定、価格はオープンプライス。 Stagepas 1K Mk…

DBTECHNOLOGIESからDSP搭載アクティブ同軸ステージモニターFMXシリーズ発売

FMX 10(左)とFMX 12(右) DBTECHNOLOGIESから、2ウェイ・アクティブ・コアキシャル・ステージモニターFMX 10(112,200円/1台)とFMX 12(149,600円/1台)が9月下旬に発売となる。 同軸ユニットを採用(写真はFMX 12)。ホーンは回転が可能で、スタ…

1,400Wのハイパワーアンプを搭載したPAスピーカーMACKIE. New Thumpシリーズ発表

MACKIE.はパワード・スピーカーNew Thumpシリーズ6モデルを発表した。今まで以上にハイパワーで高性能かつ高品位なサウンドを実現している。発売は2022年秋~冬ごろを予定。価格はオープン・プライス。 Thump212/Thump215 Thump212 12インチ/2ウェイのThum…

TASCAM最新デジタルミキサーSonicview&DB TECHNOLOGIES展示試聴会が開催

ティアック本社ショールームにて、次世代デジタルミキサーTASCAM SonicviewシリーズやイタリアのPA/SRスピーカーブランドDBTECHNOLOGIES製品の展示試聴会が行われる。 製品の展示のほか、Sonicviewシリーズのハンズオンや同社スタジオにて持ち込み音源の試聴…

シマノ自転車博物館×BOSEスピーカー|音響設備ファイル【Vol.68】

世界最大の自転車部品メーカー、シマノ。2021年の創業100周年を記念して今も本社が置かれる創業地=大阪・堺にシマノ自転車博物館が今年誕生した。自転車という人力の乗り物の“はじまり・ひろがり・これから”をテーマにした同館では、展示方法にさまざまな工…

MACKIE Thump Go レビュー:遠隔で音量調節が可能なバッテリー駆動の小型パワード・スピーカー

小型ミキサーやスピーカーなど定評のある製品を数多く発表してきたMACKIE.から、新たなポータブル・スピーカーThump Goが発表された。パワード・スピーカーThumpシリーズの流れをくむスピーカーだ。 レビュー&テキスト:山寺紀康 撮影:川村容一 音声入力に…

JBL PROFESSIONAL Eon712 レビュー:アプリでリモート操作できるPAスピーカー

JBL PROFESSIONAL Eon712は中規模PAに適した12インチ・ウーファー搭載のBluetooth対応パワード・スピーカーです。Bluetoothは音楽再生、そして専用アプリによるリモート操作にも利用できます。Eon700シリーズには、10インチ・ウーファーのEon710、15インチ・…

JBL PROFESSIONAL Eon One MK2 レビュー:5chデジタル・ミキサーや充電池を備えるポーダブルPAシステム最新版

JBLは、1946年の創業以来スピーカー・システムの開発などを手掛ける大手ブランド。都内のライブ・ハウスでもJBL PROFESSIONALは高い導入率を誇り、“音響なんてやったことないよ!”という方でも、どこかでその名を見たり聞いたりしたことがあるのではないでし…

TASCAMが96kHz動作のコンソールSonicviewを発表〜2022年秋に国内先行発売

TASCAMが、96kHz動作のデジタルミキサーSonicviewシリーズを発表。世界発売に先駆け、2022年秋に国内での販売を開始する。 マルチカラー・タッチスクリーン搭載、Class 1 HDIAマイクプリアンプ、54ビットフロートFPGAミキシングエンジンによる超低レイテンシ…

【動画】豊田市民文化会館 × RAMSA音響システム|音響設備ファイル【Vol.67】

愛知県豊田市民文化会館の大/小ホールが音響改修工事を終えて、昨年11月にリニューアル・オープンを果たした。PANASONICの業務用音響機器ブランド、RAMSAのラインアレイ・システムを導入し、音響設計/補正には同社のソフトPASDを使用。緻密(ちみつ)なチ…

JBL PROFESSIONAL PRX One レビュー:SOUNDCRAFT設計のミキサーを備えるパワード・コラム型スピーカー

JBL PROFESSIONALから発売されたPAスピーカーPRX One。最初に言わせていただくと、この製品はかなり優秀だ。筆者はほぼ同じサイズのコラム型スピーカーを所有しているのだが、PRX Oneを試してすぐにこちらの製品に買い換えたいと感じた。 レビュー&テキスト…

LAB.GRUPPENのコンパクトで高効率&低電力な設備向け4chパワー・アンプ、Eシリーズ

LAB.GRUPPENから、優れた音質と低消費電力を兼ね備えた設備向け4chパワー・アンプのEシリーズがリリースされた。合計2,000WのE20:4が435,600円、合計4,000WのE40:4が490,600円。 フロント・パネル。電源、温度管理、信号入力、リミッターのLEDのみというシ…

YAMAHA RUIO16-D レビュー:PA用デジタル卓でVSTプラグインを使用するためのオーディオI/O

YAMAHAからハーフ・ラック・サイズのオーディオI/O、RUIO16-Dが発売された。重量1kgで、持ち運びやすいサイズながら多機能な一台となっている。PAの現場で実力を発揮するであろう本機についてレビューしよう。 レビュー&テキスト:山寺紀康 YAMAHAとSTEINB…

ROYER LABS DBooster2 レビュー:リボン・マイクなどの増幅に使う2chインライン・ブースター兼ステレオDI

もともと僕は、DAWでの録音でコンデンサー・マイクを使うと音がキツく感じた経験から、リボン・マイクに手を出すようになりました。ただ“さすがに弱音の楽器演奏になると途端にSN比が気になる……(そのときの演奏環境由来か、機器のノイズかどうかは不明です…

JBL PROFESSIONALがポータブルPAシステムEon One MK2を発売

JBL PROFESSIONALから、充電/自立式の多機能ポータブルPAシステム、Eon One MK2(オープン・プライス)がリリースされる。販売はヒビノプロオーディオセールスDiv.とサウンドハウスが手掛けており、前者はメーカー保証2年に独自の1年保証を加えたEon One …

MACKIE. Thrash212 レビュー:さまざまな設置方法に対応する最大出力1,300WのPA用スピーカー

とにかくシンプルな構造のPA用パワード・スピーカーMACKIE. Thrash212。誰でも簡単にセットアップして使用でき、時間の無い現場でもトラブルが起きにくいというメリットもある。そのシンプルな形状と、デュアル・アングル・デザインにより、さまざまな方法で…

松隈ケンタ率いるスクランブルズが手掛けたライブ・スペースBAD KNee LAB.を現地取材!

BAD KNee LAB.は松隈ケンタがプロデュースする、西鉄福岡駅から徒歩1分のカルチャー・スポット。バーを併設し、スタンディングで70名を収容するライブ・ハウスであり、松隈が手掛ける映像作品の撮影やアパレル販売の拠点にもなっている。実際に訪問して、松…

デジタル・ミキサーにVSTプラグイン環境をもたらすDante対応I/OラックYAMAHA RUIO-16Dが登場

YAMAHAより、Dante対応のI/Oラック、RUIO-16D(オープン・プライス)が登場した。Dante×16入出力、アナログ×2入出力、USB入出力(最大16ch)を搭載し、Mac/Windows対応の付属ソフトウェアVST Rack Proと組み合わせることで、コンピューターでエフェクト処理…

ROYER LABSから2chインライン・ブースター/DIのDBooster2が発売

デヴィッド・ロイヤー氏によるリボン・マイクのブランドROYER LABSから、リボン・マイクやダイナミック・マイク用の2chインライン・ブースターおよびDIとしても使用できるDBooster2(42,900円/税込)が発売された。 各チャンネルのフロント・パネルには、1…

DBTECHNOLOGIESのスピーカーがセットで販売開始

イタリアのPA用スピーカー・ブランドDBTECHNOLOGIESを輸入するティアックが、スピーカー・システムに必要な機材をバンドルしたセットの販売を開始した。 Opera Unica 12 + Sub 915 System(666,600円/トップ画像)と、Opera Unica 15 + Sub 918 System(838…

MACKIE.がPA用パワード・スピーカーやワイアレス・ヘッドフォン/マイクなど、5つの新製品を発表

MACKIE.からPA用パワード・スピーカーやワイアレス・ヘッドフォンなど、5つの新製品が発表された。 まずは、PA用パワード・スピーカーのThrash212(オープン・プライス:市場予想価格33,550円前後/1台)とThrash215(オープン・プライス:市場予想価格40,1…

BOSE L1 Proの実力をライブ・ハウスKIWAで検証!

今春に発売されたBOSEの新たなPA用ポータブル・ラインアレイ・システム=L1 Pro。東京のPAカンパニー、オアシスサウンドデザインが導入したL1 Pro16(写真)は、2インチ径ドライバー×16個から成るラインアレイに15インチ相当のサブウーファーを組み合わせた…

渋谷慶一郎の新作オペラ「Super Angelsスーパーエンジェル」サウンド・プロダクションの裏側

8月21日、22日@新国立劇場オペラパレス【新制作 創作委嘱作品・世界初演】 Text:iori matsumoto Stage Photo/撮影:鹿摩隆司 Backstage Photo/撮影:小原啓樹 提供:新国立劇場 重層的な要素をまとめ上げた音楽とメロディの力 渋谷慶一郎の新作オペラ『S…

DBTECHNOLOGIESが4種類の指向性プリセットを備えるウェッジ・モニターVIO W10を発売

イタリアのPA用スピーカー・ブランドDBTECHNOLOGIESより、2ウェイ・アクティブの薄型ウェッジ・モニターVIO W10(334,400円/1台)が発売された。 ポリウレア・コーディングが施された木製キャビネットを備え、本体の高さは165mmという薄型設計。底面には…

上位機の技術を採用しつつコストを抑えたPA用スピーカー「MACKIE. SRT210」レビュー

MACKIE.から今年1月に発表されたPA用パワード・スピーカー、SRTシリーズ。SRM|V-Classシリーズなどの上位機種の技術を採用しながらコスト・パフォーマンスを重視し、低域ユニット10インチ/12インチ/15インチ径の2ウェイ・モデルと18インチ径サブウーフ…

スタンド設置も行えるPA用パワード・スピーカー「YAMAHA DHR12M」レビュー

YAMAHAから新たなPA用スピーカー、DHRシリーズとCHRシリーズが発表された。前者はパワード、後者はパッシブで、共に低域トランスデューサーが10インチ/12インチ/15インチ径の3機種をそろえる。今回はDHRシリーズから12インチのDHR12Mをテストした。 レビ…

LAB.GRUPPEN、小中規模向け4chミキサー内蔵パワー・アンプCMA1201を発売

LAB.GRUPPENから、小中規模設備向け4chミキサー内蔵パワー・アンプ、CMA1201(82,500円/税込)が発売された。 独立したボリューム・コントロールを備える4系統の入力はマイク/ラインに対応。入出力端子にはEuroBrockを採用する。chAはダッキング機能を備…

【動画】メットライフドーム × BOSE音響システム|音響設備ファイル【Vol.66】

所沢市に位置する埼玉西武ライオンズの本拠地球場=メットライフドームが大型改修を終えリニューアル・オープン。西武鉄道・西武球場前駅の改札を抜けると眼前にボールパークが広がり、キャパシティ31,552人のドームへとスムーズにアクセスできる。本稿では…

小規模会場でのコンサートに適したPAスピーカーDB TECHNOLOGIES KLシリーズ発売

KL 10(写真左)、KL 12(同右) イタリアのPA/SRスピーカー・ブランドであるDBTECHNOLOGIESより、パワード・スピーカーのKL 10(63,800円/1台)、KL 12(74,800円/1台)が7月下旬にリリースされる。 リア・パネル(写真はKL 12) いずれも2ウェイ構成…

「RAMSA WS-HM5064 / WS-HM518L」製品レビュー:ホールのメイン・システムを想定した2ウェイ・スピーカー&サブウーファー

PANASONICの業務用音響機器ブランド=RAMSAより新たなPA用スピーカーWS-HM5000シリーズが発売された。今回は、2ウェイ・モデルのWS-HM5064とサブウーファーのWS-HM518Lをチェック。RAMSAのデジタル・パワー・アンプWP-DM900シリーズと併せて使ってみた。 遠…

「BOSE AMM112」製品レビュー:多様な設置方法に対応可能な柔軟性を持つ同軸2ウェイ・スピーカー

BOSE AMM112は、常設または仮設のサウンド・システムで、モニター・スピーカー、メイン・スピーカー、フィル、ディレイ・スピーカーなど、どのような用途に対しても柔軟に使用できるよう、エンクロージャーから設計されたAMM Multipurposeシリーズのラウド・…

「MACKIE. SRM210|V-Class」製品レビュー:DSPによる独自の音響チューニングを施したPA用パワード・スピーカー

MACKIE.のPA用パワード・スピーカー、SRMシリーズのアップデート版となるSRM V-Classシリーズ。設計や機能を一新し、ウーファー径10/12/15インチの2ウェイ・モデルをラインナップしている。今回は10インチのSRM210|V-Classを実際に試し、レビューしていこう…

TURBOSOUNDのステージ・モニターTFMシリーズ、4台セットのディスカウント・キャンペーンを実施

PA機器メーカーのTURBOSOUNDが、“ボリュームディスカウントキャンペーン”を6月10日より実施する。対象製品は2ウェイ・ステージ・モニターのTFM152MとTFM122Mで、同一モデル4台セットが特別価格で購入可能だ。 TFM152M(4台セット):標準価格818,400円(…

小規模会場に適した2ウェイPAスピーカー、VUE I-4.5Tが登場

近距離音場用の2ウェイ・スピーカー、VUE I-4.5Tが発売された。I-4.5からのモデル・チェンジで、I-4.5は生産終了となる。 I-4.5Tは1インチのシルクドーム磁性流体ツィーターと、4.5インチ・ウーファーを搭載。エンクロージャーは頑丈なMDF材を使用し、コー…

仏FRENETIKのPoE+対応ネットワーク・パワード・スピーカーが日本上陸

エレクトリは、ネットワーク対応スピーカーをはじめとするフランスFRENETIK製品の取扱いを開始。6月1日から発売を開始する。 スピーカー製品は、Dante PoE+で動作するパワー・アンプとDSPを搭載。AdjustというWindows対応の専用ソフトウェアで、音量調整や…

BOSE、商業空間向けスピーカーDesignMaxにペンダント型モデル4機種を追加

BOSEは、商業空間向けスピーカーDesignMaxの新製品として、ペンダント型スピーカー×4モデルをラインナップに追加した。 左からDM3P、DM5P、DM6PE、DM10P-Sub。ブラックとホワイトがラインナップ ラインナップは3.25インチ・ウーファーと0.75インチ・ツィー…

シリーズ最大のパワーを誇るL1 Pro32&豊かな低域を実現するサブウーファーSub2 〜ポータブルなコラム型PAシステム BOSE L1 Proを試す【第3回】

コラム型ラインアレイ・スピーカーBOSE L1 Proシリーズ。今回は、シリーズ最大のL1 Pro32と専用サブウーファーSub2を組み合わせてその実力を検証していく。レビューを担当するのは、多数のライブPAを手掛け、尚美学園大学の准教授として指導も行う山寺紀康氏…

多用途に対応するPAスピーカーBOSE AMM Multipurpose Loudspeakerシリーズ

写真左から、AMM108、AMS115、AMM112 BOSEがライブ・ハウスやホール、イベント会場で多用途に使えるAMM Multipurpose Loudspeakerシリーズを発表。4月16日より順次販売が開始されている。 ラインナップは同軸2ウェイ・パッシブのフルレンジ・モデル=AMM11…

TRIAD-ORBIT、細かな角度調整が可能なスピーカー・マウント・システムSM-1シリーズを発売

TRIAD-ORBITから、独自のスイベル機構により細かな角度調整が可能なスピーカー・マウント・システム、SM-1シリーズが4月22日に発売される。製品ラインナップと価格は下記表の通り。 製品名 カテゴリー 価格 SM-WM1 ウォール・マウント・プレート 6,380円/…

ライブPAから店舗BGMまで活用可能な可搬性とパワーを兼ね備えるL1 Pro16 〜ポータブルなコラム型PAシステム BOSE L1 Proを試す【第2回】

コラム型ラインアレイ・スピーカーBOSE L1 Proシリーズ。今回は、シリーズの中でも可搬性とパワーのバランスに優れたL1 Pro16をピックアップする。レビューを担当するのは原宿ストロボカフェでPAエンジニア兼店長を務める吉田裕也氏。シンガー・ソングライタ…

リボン・ドライバーを搭載したPAスピーカー、ALCONS AUDIO東京試聴会

松本伊織(サウンド&レコーディング・マガジン編集部) 去る3月11日、東京・北区の北とぴあにて、イースペックが昨年より取り扱いを開始したALCONS AUDIOの試聴会が開催された。昨年7月に同社が拠点を置く大阪での試聴会は開催されていたものの、コロナ禍…

ギター弾き語りからDJまで対応可能なシリーズ最小のL1 Pro8 〜ポータブルなコラム型PAシステム BOSE L1 Proを試す【第1回】

2月に発売となるコラム型ラインアレイ・スピーカーBOSE L1 Proシリーズ。今回は、シリーズの中で最小のL1 Pro8をピックアップし、PA/レコーディング・エンジニアであり、ギタリストとしても活動する西川文章氏によるレビューで紹介していく。コンパクトな筐…

MACKIE.が上位機種の最新機能と操作性を備えたパワード・スピーカーSRTシリーズを発表

MACKIE.はPA用パワード・スピーカー、SRTシリーズの4モデルを発表した。価格はいずれもオープン・プライスで、10インチ/2ウェイのSRT210(市場予想価格60,900円+税)、12インチ/2ウェイのSRT212(市場予想価格70,300円+税)、15インチ/2ウェイのSRT…

JBL PROFESSIONALのポータブルPAシステム、IRX108BT-Y3&IRX112BT-Y3が発売

左がIRX108BT-Y3、右がIRX112BT-Y3 JBL PROFESSIONALから、ポータブルPAシステムのIRX108BT-Y3とIRX112BT-Y3(どちらもオープン・プライス)が1月29日に発売となる。末尾にY3と付くヒビノ発売モデルは、従来の2年保証に加えて独自の1年保証を加えた3年保…

BOSE L1 Pro 〜先駆者が再定義するコラム型ラインアレイ・スピーカー

現在のポータブルPAスピーカーで、大きな人気を獲得しているのが、小径ユニットのラインアレイとサブウーファーを組み合わせたコラム型だ。指向性制御と遠達性を兼ね備え、シンプルなデザインも相まって、各社がしのぎを削っている。その元祖と呼べるのが、B…

MONISMS、Dante/AES67対応の設備用スピーカーとパワー・アンプが国内発売開始

エレクトリは、MONISMS製設備向けスピーカー/アンプの取り扱いを開始。各スピーカーは、30W出力のクラスDパワー・アンプを搭載したパワード・タイプだ。 いずれもデジタル・オーディオ・ネットワーク技術のDanteに準処。96kHz運用に対応するAUDINATE UXT Ul…

「RAMSA WR-DX350」製品レビュー:Dante接続に対応した32ビット/96kHz動作のデジタル・ミキサー

PANASONICが擁する、各種設備や放送施設用途の業務用音響機器ブランド=RAMSAより、設備向けコンパクト・デジタル・ミキサーのWR-DX350が登場した。デジタル・オーディオ・ネットワーク技術のDanteに対応し、最高32ビット/96kHzでの動作に対応している。 遠…

PIONEER PROFESSIONAL AUDIO、業務用PAスピーカーXY-3Bの派生モデル、XY-1、XY-2Eを発表

PIONEER PROFESSIONAL AUDIOは、同ブランドの業務用PAスピーカーXY-3Bの派生モデル、XY-1、XY-2Eを2021年1月下旬に発売する。XY-3Bのローミッド・セクションとミッドハイ・セクションを分離したことで幅広い設置方法が可能となった。価格は両モデルともにオ…

BOSE、ポータブル・ラインアレイ・システムL1 Pro発表。性能アップに加えアプリで遠隔操作が可能

BOSEは、ポータブル・ラインアレイ・システムL1 Proを発表した。日本で発売は2021年2月の予定。 オリジネーターがポータブル・ラインアレイ・システムをレベル・アップ BOSEが最初のL1をリリースしたのが2003年。演奏者が自身のモニターや楽器アンプとして使…