製品情報

STAX SR-X9000 レビュー:新開発の固定電極を備える国産コンデンサー型ヘッドフォンの最上位機

国産のコンデンサー型オープン・エア・ヘッドフォン“イヤースピーカー”を手掛けるブランドSTAX。旧・昭和光音工業から数えて80年以上の歴史を有し、オーディオ・ファンのあこがれとして君臨してきました。その実力をもって、昨今は音楽クリエイターや制作現…

WHARFEDALE PROがワイアレス接続可能なモニター・スピーカー2機種を発売

左がDiamond Studio 7-BT、右がDiamond Studio 5-BT イギリスのプロ・オーディオ専門ブランドWHARFEDALE PROが、モニター・スピーカーDiamond Studio BTシリーズを発売した。ウーファーのサイズが異なる2種類をラインナップし、周波数特性はDiamond Studio …

UNIVERSAL AUDIO UADソフトウェアV9.15で2種のプラグイン追加&Mac M1対応

UNIVERSAL AUDIOは、DSPプラグイン・システムUADに採用しているUADソフトウェアの最新版となるバージョン9.15をリリースした。 今回のアップデートでは、2つのプラグインを追加。Unisonテクノロジー対応のマイクプリManley Tube Preamp(149ドル)と、AMS N…

Pro Tools|Carbonユーザー・レポート 飯尾芳史 自身のワークスタイルを拡張するI/O

エンジニア/プロデューサーの飯尾芳史氏。アルファレコードのスタジオ"A"出身で、YMOなどの録音に携わった後、1982年に細野晴臣『PHILHARMONY』でエンジニア・デビュー。以降、矢野顕子、THE BEATNIKS、渡辺美里、藤井フミヤ、竹内まりや、松たか子、のん、…

Pro Tools|Carbonユーザー・レポート 中土智博(後編)Pro Tools 2021.10との連携

アーティストへの楽曲提供のほか、『あんさんぶるスターズ!』『アイドリッシュセブン』などのアニメ/ゲーム音楽も多数手掛ける作編曲家、中土智博。自宅にプライベート・スタジオを構える中土は、発売とともにAVID Pro Tools|Carbonを導入した。後編では…

Pro Tools|Carbonユーザー・レポート 中土智博(前編)レイテンシーの無い録音環境へ

アーティストへの楽曲提供のほか、『あんさんぶるスターズ!』『アイドリッシュセブン』などのアニメ/ゲーム音楽も多数手掛ける作編曲家、中土智博(APDREAM所属)。自宅にプライベート・スタジオを構える中土は、発売とともにAVID Pro Tools|Carbonを導入…

Zoia Euroburo レビュー:90種のモジュールを組み合わせて作るデジタル・モジュラー・システム

カナダのエンジニア集団EMPRESS EFFECTSが、2019年にリリースしたペダル型モジュラー・システムZoiaをユーロラック・モジュール化。このたびZoia Euroburo(以下、Zoia)として登場です。 レビュー&テキスト:Yuichiro Kotani 3段階のボルテージ・レンジを…

DBTECHNOLOGIESのスピーカーがセットで販売開始

イタリアのPA用スピーカー・ブランドDBTECHNOLOGIESを輸入するティアックが、スピーカー・システムに必要な機材をバンドルしたセットの販売を開始した。 Opera Unica 12 + Sub 915 System(666,600円/トップ画像)と、Opera Unica 15 + Sub 918 System(838…

立体音響プラグイン、NOVONOTES 3DXの機能限定版となる3DX Liteがリリース

MAGNETICA STUDIOは、同社のサウンド制作用のソフトウェア・ブランドNOVONOTESより発売する立体音響プラグイン3DXの機能限定版、3DX Lite(168ドル。12月26日まで20%オフのセール価格134ドル)を発売。なお、3DX Lite発売に伴い、スタンダード版の3DXは3DX S…

IK MULTIMEDIAのソフト・シンセ音源Syntronik 2が発売

IK MULTIMEDIAのシンセサイザー音源、Syntronikがバージョン2へとアップデートした。Mac/Windows対応で、AAX/AU/VST2/VST3またはスタンドアローンで動作する。同社のSampleTank 4(v4.1.5以降)の拡張音源としてロードすることも可能だ。 Syntronikは、高度…

ZOOMからハンディ・レコーダーH8専用のケースが発売

ZOOMから、同社のハンディ・レコーダーH8専用のプロテクティブ・ケースPCH-8(オープン・プライス:市場予想価格4,500円前後)が発売された。 防水素材を使用しており、雨やホコリから本体を保護。透明なカバーを採用しているので、ケースに入れたまま録音…

IK MULTIMEDIA ILoud MTMがイマーシブ・オーディオ・システムに対応する新ファームウェアを公開

IK MULTIMEDIAのスタジオ・モニターILoud MTMがファームウェア1.2.0となるアップデートを実行し、イマーシブ・オーディオ・システムに対応した。 今回のアップデートでは、Butterworth4次フィルターによる80Hzでのカットオフが可能となった。これにより、サ…

SOFTUBEがCELESTIONのスピーカーとレミー・キルミスターのアンプをモデリング

SOFTUBEから、Celestion Speaker ShaperおよびMarshall Murder One Lemmy Signatureという2種類のプラグイン・エフェクトが登場。価格はいずれもオープン・プライスで、MUSIC EcoSystems STOREでは通常9,900円。12月16日までイントロ・プライスの8,900円に…

BLACK LION AUDIO Bluey レビュー:クリス・ロード=アルジ氏所有の1176を忠実に再現したコンプ

シカゴに拠点を置くオーディオ・メーカーBLACK LION AUDIOより、新製品のBlueyが発売されました。その名が示す通り、名匠クリス・ロード=アルジ氏の所有する有名なUREI 1176のブルー・ストライプ、通称“Bluey”を氏と共同開発で再現、製品化したのが本機です…

INTERNETがスピーカー・シミュレーター ・プラグイン、V Monitorを発売

DAWソフトのAbilityやSinger Song Writerなどを開発する国内ブランドINTERNETが、5種類のスピーカーをシミュレートするプラグイン・エフェクト、V Monitor(7,700円/イントロ価格:5,390円、12月7日15時まで)を発売。Mac/Windowsに対応し、AU/VSTプラグイ…

BASEMENT BREAKS レビュー:90'sブレイクビーツを現代的な音像で再現

レビュー&テキスト:NAOtheLAIZA TOUCH LOOPSから170BPMのみのドラム・ループ集『BASEMENT BREAKS』が登場。AKAI PROFESSIONALのサンプラーで処理された音源は、1990年代ブレイクビーツの質感を再現しながらも、定位や奥行きがはっきりとしている。現行の音…

TASCAMが8trハンドヘルド・レコーダーPortaCapture X8を発売

TASCAMが、8trハンドヘルド・レコーダーPortaCapture X8(オープンプライス:市場予想価格65,780円前後)を11月27日に発売する。 14.6mmのラージ・ダイアフラム・コンデンサー・マイクを2つ、TASCAM独自のディスクリート回路を用いたHDDA(High Definition…

BLISS - ESSENTIALS レビュー:チル〜ディープ・ハウス向けのループを収録

レビュー&テキスト:Dirty Androids ZENHISERからチルハウス向けのサンプル・パック『BLISS - ESSENTIALS』がリリース。ドラム類は収められておらず、旋律系の素材が中心。ループはアルペジオ、リード、プラックなどのシンセやベースといったインストゥルメ…

PRESONUSがBluetooth&ノイズキャンセリング機能搭載のヘッドフォンを発売

PRESONUSが、Bluetoothに対応し、アクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載した密閉型ヘッドフォンEris HD10BT(オープンプライス:市場予想価格16,500円前後)を発売した。 スマートフォンなどをBluetoothで接続してのワイアレス再生、通話が可能になっ…

WAVESがSSL SL4000Eのチャンネル・ストリップをプラグイン化

WAVESから、SSLのアナログ・コンソールSL4000Eのチャンネル・ストリップを再現したプラグイン、SSL EV2 Channelが登場した。 SSLによって注意深くメインテナンスされたSL4000Eがリファレンスとなっており、WAVES独自のPrecision Analog Componentテクノロジ…

MACKIE.がPA用パワード・スピーカーやワイアレス・ヘッドフォン/マイクなど、5つの新製品を発表

MACKIE.からPA用パワード・スピーカーやワイアレス・ヘッドフォンなど、5つの新製品が発表された。 まずは、PA用パワード・スピーカーのThrash212(オープン・プライス:市場予想価格33,550円前後/1台)とThrash215(オープン・プライス:市場予想価格40,1…

ARTURIA V Collection 8.1 レビュー:再現性の高さ以上にモダンな音&操作性を追求するソフト音源バンドル最新版

True Analog Emulation(TAE)という独自のアナログ・モデリング技術を使い、2003年から伝説的な名機を次々とソフトウェア化しているARTURIA。V Collectionシリーズは2009年にスタートし、当初は7種類のソフト・シンセのセットだったが、約2年に1度のペー…

ARTURIA MicroFreakの最新ファームウェアV4をリリース。待望のユーザー・ウェーブテーブルも解禁

デジタル・オシレーターとアナログ・フィルターを組み合わせたARTURIAのハイブリッド方式シンセサイザー、MicroFreakの最新ファームウェアV4がリリースされた。新しいサウンド・エンジンや64個の新規プリセット追加に加えて、ユーザー・ウェーブテーブルやWA…

RODE NT1 + AI-1 Complete Studio Kit同梱のショック・マウントがSM6へ変更

RODEのNT-1コンデンサー・マイクとAI-1 USBオーディオ・インターフェースがセットになったComplete Studio Kit同梱のショック・マウントが、SMRからSM6へ変更となり、11月19日から出荷される。価格は58,850円/税込で変更は無い。 NT1は、ラージ・ダイアフラ…

RODE、滑らかで静かな動きを追求したスタジオ用マイク・ブームPSA1+を発売

RODEから、滑らかで静かな動きを追求したスタジオ用マイク・ブーム、PSA1+(22,000円/税込)が11月19日に発売される。 新しいスプリング・デザインにより、軽いマイクでも正確かつ安定したポジショニングを実現。水平方向に高さを調整する際にマイクの方向…

DEVIOUS MACHINES Texture レビュー:サウンド・デザインの可能性を秘めたクリエイティブ・プラグイン

今回レビューするのは、DEVIOUS MACHINES Texture。入力された信号の音量を検出し、ダイナミクスに応じてさまざまなサンプルをレイヤーしたり、異なる音に置き換えたりすることができるプラグイン・エフェクトです。一言で表すならば、高機能サンプル・レイ…

BLACK LION AUDIO、2つのコンパクトなDI/プリアンプB173 MKII、B12A MKIIIを発売

BLACK LION AUDIOより、2つのコンパクトなシングル・チャンネルDI/プリアンプ、B173 MKII(オープンプライス:市場予想価格60,500円前後)とB12A MKIII(オープンプライス:市場予想価格50,600円前後)が発売された。 B173 MKII NEVE 1073をリファレンスと…

マルチチャンネル対応の波形修復/マスタリング・ソフト「ACON DIGITAL Acoustica Premium Edition」

フックアップが運営するオンライン・ストアのbeatcloudから、注目ソフトをピックアップする本コーナー。今回レビューするのはACON DIGITAL Acoustica Premium Editionで、最高32ビット/384kHzでのオーディオ編集/修復が可能なほか、マスタリングも行えるア…

SLATE DIGITAL Custom Opto レビュー:5種類のトーン・カラーを備えるオプティカル・コンプ・プラグイン

SLATE DIGITALが新たなプラグイン、Custom Optoを発売しました。プラグイン内のラックに好きなモジュールをインサートして、自分好みの組み合わせでチャンネル・ストリップやエフェクト・チェインをプリセットしておける、VMR(Virtual Mix Rack)用のモジュ…

IK MULTIMEDIAのソフトを網羅したバンドルTotal Studio 3.5 Max、インストゥルメントに特化したTotal VI Maxがリリース

IK MULTIMEDIAから、バーチャル・インストゥルメントのSampleTank 4 Maxや、ミックス/マスタリング・ソフトのT-RackS 5 Max、ギター/ベース用エフェクト&アンプ・ソフトのAmpliTube 5 Maxなどを収録した最上位バンドルの最新版、Total Studio 3.5 Maxがリ…

UJAM Virtual Guitarist Iron 2 レビュー:ロックなパワー・コードに特化したギター音源

UJAM Virtual Guitarist Ironは、Virtual Guitaristシリーズの中でもロックなパワー・コード・フレーズにフォーカスしたギター音源です。今回はバージョン・アップによりさらに表現力が増したVirtual Guitarist Iron 2をレビューしていきましょう! レビュ…

最大128ch出力に対応した空間オーディオ・プロセッサーL-ACOUSTICS L-ISA Processor Ⅱが発表

L-ACOUSTICSは、空間オーディオ・プロセッサーL-ISA Processor Ⅱを発表した。L-ISA Processor Ⅱは、同社が提供するL-ISAイマーシブ・ハイパーリアル・サウンド・テクノロジー(以下、L-ISAテクノロジー)のためのハードウェア・ソリューション。L-ISAテクノ…

EXPRESSIVE E Imagine レビュー:物理モデリング方式のシンセ・エンジンを2基搭載したソフト音源

EXPRESSIVE Eと言えば、ToucheやTouche SEなどのフィジカル・コントローラーが思い浮かびます。そんなEXPRESSIVE Eの最新作は、物理モデリングを得意とするメーカーAPPLIED ACOUSTICS SYSTEMS(AAS)とコラボしたソフト・シンセ、Imagineです。 レビュー&テ…

琴や三味線などの和楽器音源EVOLUTION SERIES Chronicles Miyabiが登場

オーストラリアの新興ソフト音源メーカーEVOLUTION SERIESから、和楽器音源のChronicles Miyabiが登場。SONICWIREで購入でき、通常価格は22,638円だが、11月16日までセール価格の15,847円で販売される(価格は為替レートにより変動)。 Chronicles Miyabiは…

EARTHWORKSがボーカルに特化した超指向性マイクEthosをアナウンス

EARTHWORKSは、20Hz〜30kHzという周波数特性を備えたスーパー・カーディオイドのコンデンサー・マイク、Ethosを発表。カラー・バリエーションは、ステンレス・カラーのEthos Stainless Steal(89,100円)とブラックのEthos Matte black(95,700円)の2色と…

SEQUENTIAL Take 5 レビュー:柔軟なモジュレーションを実現するアナログ5ボイス・シンセサイザー

ここ数年、シンセ界隈は1970〜80年代を凌駕するほどの黄金期を迎えている。デジタル、アナログ共に素晴らしいシンセが目白押しの中、昨年名機Prophet-5を復活させた老舗SEQUENTIALからなんとTake 5という名のアナログ・ポリシンセまでもが登場した。ワクワク…

AKGから背面の音も収音できる配信向けUSBマイク、Araが登場

AKGから、配信用USBマイクのAra(オープン・プライス)がリリース。取り扱いはサウンドハウスとヒビノプロオーディオセールスDiv.(ヒビノ発売モデルは末尾に-Y3が付くAra-Y3として11月19日に発売)。サウンドハウス取り扱いのAraは3年補償、ヒビノ発売のAr…

IK MULTIMEDIAが米フェイム・スタジオの響きをリバーブ・プラグイン化

IK MULTIMEDIAが、リバーブ・プラグインT-RackS Fame Studio Reverb(通常価格19,790円/イントロ価格17,150円)をリリースした。 T-RackS Fame Studio Reverbは、フェイム・レコーディング・スタジオの協力のもとで実現した製品。フェイム・スタジオは“ソウ…

ACOUSTIC REVIVE ヘビー・ユーザー・ストーリー「田中知之(FPM)」

ケーブルをメインに高品位なオーディオ・アクセサリーを手掛けるACOUSTIC REVIVE。今回のヘビー・ユーザーは、オリンピック・パラリンピックで音楽監督を務めたことも記憶に新しいDJ/プロデューサーFPMこと田中知之。プライベート・スタジオを訪れ、製品の…

タッチ操作でリージョンの移動や編集が行えるMTRのZOOM R20が登場

ZOOMから、画面のタッチ操作でリージョンの移動やエディットが行えるMTR、R20(オープン・プライス:市場予想価格50,000円前後)が登場。11月中の発売が予定されている。 4.3インチ型のタッチ・スクリーンには録音データがリージョンとして表示され、指で動…

原真人 × AUSTRIAN AUDIO OC818 / OC18 〜ウィーンから新風をもたらすマイク・ブランド【Vol.10】

2017年に創設されたAUSTRIAN AUDIO。“ウィーンでの製造”にこだわったコンデンサー・マイクやモニター・ヘッドフォンを手掛け、前者は現在、2機種をそろえている。専用プラグインPolarDesignerで録音後に指向性などを調整できるデュアル・カプセル・モデルOC…

高出力と点音源を実現した設備向けスピーカーのCODA AUDIO HOPS12Iが登場

3ウェイ・フルレンジ・スピーカー・システム、CODA AUDIO HOPS12I(オープン・プライス)が11月12日に発売される。 HOPS12Iは“High Output Point Sources”の頭文字を取ったHOPSシリーズの最上位機種で、高出力と点音源を実現しているモデル。サウンド・クオ…

BOYA BY-PM300 レビュー:音楽制作から配信まで対応するデスクトップ・スタンド付きUSBマイク

BOYA BY-PM300は、ホーム・スタジオでのレコーディングに最適な高品質デスクトップUSBマイク。USB Type-C to AケーブルとUSB Type-C to Cケーブルが同梱され、ほとんどのAndroidスマートフォンおよびMac/Windowsコンピューターと互換性があります。ポッドキ…

APOGEE ClipMic Digital2 レビュー:複数のiOSデバイス間での同期録音が可能なラベリア・マイク

APOGEEから、iOS/Mac/Windows対応のラベリア・マイクClipMic Digital2が発売されました。筆者も以前から気になっていたこの製品を、今回チェックすることができましたので紹介します。と、余談ですが、筆者がClipMic Digital2をたまたま見付け、購入するかと…

SONTRONICSがポッドキャスト/配信向きのカラフルなダイナミック・マイクPodcast Proを発売

Podcast Pro(20,350円)はポッドキャスト、ラジオ放送、ゲーム、ストリーミング、Vlogやビデオ通話、音楽制作など幅広い用途を想定して開発されたダイナミック・マイクで、7つのカラー・バリエーションを用意している。2021年10月31日(日)に発売予定だ。…

SPECTRASONICSがOmnisphereの拡張音源Sonic Ex Tensionsをリリース

SPECTRASONICS Omnisphereの拡張音源Sonic Ex Tensionsが発表された。オリジナル・エフェクトを搭載する4種類のマルチサンプリング音源Undercurrent、Nylon Sky、Unclean Machine、Seismic Shockが新たに登場。いずれもOmnisphere 2.8以上が必要となる。 Un…

AVID Pro Tools 2021.10リリース。Carbonとの連携強化。NI Komplete Kontrolからの操作が可能に

AVIDは、DAWソフトPro Toolsの最新版、Pro Tools 2021.10(Mac/Windows対応)をリリースした。有効なサブスクリプション保持者、またはサポート・プランが有効な永続ライセンス保持者は無償でダウンロードできる。 このアップデートでは、Pro Tools|HDXおよ…

MOOG、3台のシンセをセットにしたMoog Sound Studio: Mother-32 & DFAM & Subharmoniconを発売

MOOGが、Motherシリーズのセミモジュラー・シンセサイザー3機種をパッケージしたオールインワン・アナログ・シンセサイザー・キットのMoog Sound Studio: Mother-32 & DFAM & Subharmonicon(319,000 円/税込)を10月31日に発売する。 Mother-32 は、同社…

IMAGE SOUNDS RNB GUITAR レビュー:R&B志向でクリーンな質感のエレキギター集

レビュー&テキスト:BROCKBEATS 高品質なサンプルを数多くリリースしているドイツのIMAGE SOUNDSが、R&Bやソウル、ローファイ・ヒップホップまで幅広く使えるエレキギターに特化したサンプル・パック『RNB GUITAR』をリリース。60〜84BPMのミディアム・スロ…

PRIME LOOPS BALLY レビュー:グルーブ重視のダーク・トラップ向きな音

レビュー&テキスト:Mimi Del Ray PRIME LOOPSから発売された『BALLY』は、ストイックなROLAND TR-808ベースとドープな鍵盤の旋律が多く、ドラマティックな展開になり得るようにサンプルが構築されており、ダーク・トラップにはもってこい。ベース、ドラム…