製品情報

プリアンプ搭載で出力音量を確保可能な配信向けダイナミック・マイクSE ELECTRONICS DynaCasterが登場

SE ELECTRONICSが、配信に特化したダイナミック・マイクDynaCaster(31,900円/税込)を1月25日に発売する。周波数特性は20Hz〜19kHz。同社のVシリーズ・マイクの技術に基づき新開発されたカーディオイド・カプセルDMC 8を採用し、豊かなローエンドと透明感…

音割れでの失敗の無い業務用2chフィールド・レコーダー、ZOOM F3

ZOOMから、2系統のXLRバランス入力を備える業務用フィールド・レコーダー、F3(オープン・プライス:市場予想価格35,000円前後)が発表された。1月下旬発売予定。 2系統のXLR入力はEIN −127dBu以下の超低ノイズ・フロアを実現した高品位マイク・プリアンプ…

VITAL AUDIOがDAW環境〜宅録に向けたバランス接続のケーブルを発売

VITAL AUDIOから、DAWシステムでの音楽制作や自宅録音に向けたバランス接続のケーブル、VABシリーズが登場。1月21日(金)に発売される。 VITAL AUDIOの製品の多くは、線材からゴールド・メッキ仕様プラグの生産まで国内で行われ、組み立てに関しても国内の…

ANTARESのプラグイン・バンドルAuto-Tune Unlimitedが発売

ANTARESのプラグイン・バンドル、Auto-Tune Unlimitedが発売された。24,200円/12カ月のサブスクリプション・サービスとして提供される。またイントロ・プライス・キャンペーンが実施されており、数量限定で19,800円/12カ月で購入することが可能だ。Mac/Win…

デジタル・ミキサーにVSTプラグイン環境をもたらすDante対応I/OラックYAMAHA RUIO-16Dが登場

YAMAHAより、Dante対応のI/Oラック、RUIO-16D(オープン・プライス)が登場した。Dante×16入出力、アナログ×2入出力、USB入出力(最大16ch)を搭載し、Mac/Windows対応の付属ソフトウェアVST Rack Proと組み合わせることで、コンピューターでエフェクト処理…

リッチー・ホウティンと共同開発。AIAIAIのクリエイター向けワイアレス・ヘッドフォン、TMA-2 Studio Wireless+

デンマークのAIAIAIから、新技術W+ Linkを搭載した音楽クリエイターのためのワイアレス・ヘッドフォン、TMA-2 Studio Wireless+(39,800円)がリリースされた。 TMA-2 Studio Wireless+を使用する、共同開発者のリッチー・ホウティン リッチー・ホウティンと…

STEVEN SLATE AUDIO Patrick Carney Expansion レビュー:パトリック・カーニーのドラムを収録したSSD5&Trigger2用拡張音源

STEVEN SLATE AUDIOのドラム音源SSD5と、同社のドラム・リプレイサー・プラグインTrigger2の拡張サウンド・パックとして、Patrick Carney Expansionがリリースされました。ザ・ブラック・キーズのドラマー、パトリック・カーニーによる“地球上で最も太いドラ…

LEAPWING AUDIO UltraVox レビュー:4つのパラメーターでボーカル処理を行うプラグイン・エフェクト

UltraVoxは、ボーカル・ミキシングに必要なダイナミクスとEQ処理を高品位かつ簡単に行うことができるプラグインです。マニュアルによると“テクノロジーが創造性の妨げにはなってはならない”とありますが、これはどういうことでしょうか。早速見て行きましょ…

DIGICOがデジタル・コンソールQuantum 5とSD12-96Tの2モデルを発売

DIGICOから、デジタル・コンソールSD5の筐体にQuantumエンジンを搭載したアップグレード・モデルQuantum 5と、小型軽量なデジタル・コンソールSD12-96に、ミュージカルに特化した機能を加えたSD12-96Tの2モデルが登場。価格はいずれもオープン・プライスで…

WAVES SSL EV2 Channel レビュー:SSL SL4000Eのチャンネル・ストリップを新たに再現したプラグイン

SSLコンソールをモデリングしたプラグインは各社から発売されており、おのおの個性があるのでどれを選べばよいか悩む方も多いでしょう。プラグインでは、実機の製品名末尾のアルファベット“E、G、J、K”がEQやダイナミクス・プロセッサーの個性を示している模…

SHUREが、密閉型ヘッドフォンSRH440/840のモデル・チェンジを発表

SHUREは、密閉型ヘッドフォンSRH440/840を大幅にモデル・チェンジしたSRH440A(オープン・プライス:市場予想価格12,760円前後/税込)とSRH840A(オープン・プライス:市場予想価格21,780円前後/税込)を発表した。本日1月13日(木)より予約を開始、1月…

PRESONUS Studio One 5.5発表。マスタリング向け機能を中心にMIDI制作も強化

PRESONUSのDAWソフト、Studio One 5が5.5へアップデートを果たした。Studio One 5ユーザーは無償でアップデートが可能。マスタリングなどに使用するプロジェクト・ページで大きな改善が図られたほか、制作向けの機能も向上している。 プロジェクト・ページ …

ROYER LABSから2chインライン・ブースター/DIのDBooster2が発売

デヴィッド・ロイヤー氏によるリボン・マイクのブランドROYER LABSから、リボン・マイクやダイナミック・マイク用の2chインライン・ブースターおよびDIとしても使用できるDBooster2(42,900円/税込)が発売された。 各チャンネルのフロント・パネルには、1…

PMC PMC6 レビュー:縦/横設置に合わせてクロスオーバーを自動調節するパワード・モニター

PMCは1991年にイギリスで創立されたスピーカー・メーカー。キャピトルやメトロポリスなど、世界の名だたるスタジオのメイン・モニターにも同社のスピーカーが採用されています。高級大型スピーカーのイメージが強いですが、近年はTwotwoシリーズなどニアフィ…

NEKTAR TECHNOLOGYから持ち運びできるMIDIミニ・キーボードImpact GX MiniとImpact LX miniが発売

NEKTAR TECHNOLOGYから、外出先への持ち運びなど可搬性を重視した25鍵MIDIキーボードImpact GX Mini(10,450円)とImpact LX mini(17,600円)がリリースされた。Impact LX Miniは、8つのベロシティ対応パッドと8基のロータリー・ポットを搭載。Nektar DAW…

RCF Ayra Pro 5 レビュー:独自のFIRフィルターを搭載するDSPを実装したパワード・モニター

イタリアの音響機器メーカーRCFは、1950〜1960年代にかけて開発/生産したトランスデューサー(電気信号を空気振動=音に変換する装置の総称)が、名だたるブランドのラウド・スピーカーに採用され、OEMメーカーとしての地位を確立しました。そして現在では…

BEYERDYNAMIC M 70 Pro X レビュー:ノイズを軽減させた配信用ダイナミック・マイク

BEYERDYNAMICは、1924年に映画館用スピーカー・システムの製造をきっかけにベルリンで設立されたブランド。その後、高品位なヘッドフォンやマイクを数多く開発し、世界中の有名な会議システムの設備も手掛けています。今回紹介するM 70 Pro Xはライブ配信や…

AIによるフレーズ生成が可能なシンセ内蔵プラグイン「HEXACHORDS Orb Producer Suite V3」

フックアップが運営するオンライン・ストアのbeatcloudから、注目製品やソフトをピックアップする本コーナー。今回レビューするのは、連載第1回にも登場したHEXACHORDS Orb Producer Suiteのバージョン3です。コード/メロディ/ベース/アルペジオにそれぞ…

AUSTRIAN AUDIO HI-X65 レビュー:独自開発の44mmドライバーを備えるウィーン製の開放型ヘッドフォン

AUSTRIAN AUDIOは2017年にオーストリアのウィーンで創業した比較的新しいメーカーです。もともとAKGで働いていた人たちが立ち上げた会社、ということを知れば興味が湧いてきませんか? 今回はAUSTRIAN AUDIOの開放型モニター・ヘッドフォンHI-X65をレビュー…

TASCAM Portacapture X8 レビュー:シーン別アプリ搭載の32ビット・フロート対応マルチトラック・レコーダー

TASCAMから、現代のニーズに合わせた機能を詰め込んだハンドヘルド・レコーダーPortacapture X8が登場した。名前でピンと来た人もいるかもしれないが、これはコンパクトで多機能なマルチトラック・レコーダーなのだ。 レビュー&テキスト:佐藤公俊 マイクを…

machìna × AUSTRIAN AUDIO OC818 / OC18 〜ウィーンから新風をもたらすマイク・ブランド【Vol.11】

2017年に創設されたAUSTRIAN AUDIO。“ウィーンでの製造”にこだわったコンデンサー・マイクやモニター・ヘッドフォンを手掛け、前者は現在、2機種をそろえている。専用プラグインPolarDesignerで録音後に指向性などを調整できるデュアル・カプセル・モデルOC…

小森雅仁が愛用するプロの自宅用モニター「NEUMANN KH 80 DSP+KH 750 DSP」

エンジニア小森雅仁氏が自宅で愛用しているNEUMANN KH 80 DSPとKH 750 DSP。前者は4インチ径ウーファーを備えるバスレフ型の2ウェイ・パワード・モニターで、後者は10インチの密閉型パワード・サブウーファーだ。いずれもDSPを搭載し、使用する空間に合わ…

TSUNAMI TRACK SOUNDS JUN-JI - CAMOUFLAGE ROCK DRUMS レビュー:ドラマー淳士が手掛けたドラム・サンプル

レビュー&テキスト:yuya/Develop One's Faculties TSUNAMI TRACK SOUNDS『JUNJI CAMOUFLAGE ROCK DRUMS』は、元SIAM SHADE、現BULL ZEICHEN 88のドラマー淳士によるドラム特化型サンプル・パック。84種類のドラム・キットには各パートのパラも収録。その…

SAMPLE TOOLS BY CR2 UK VOCAL HOUSE レビュー:2010年以降のヨーロッパ発ハウスの音

レビュー&テキスト:KENTARO TAKIZAWA SAMPLE TOOLS BY CR2からリリースの『UK VOCAL HOUSE』。2010年以降のハウス・シーンはとにかくヨーロッパが元気で、クリーン・バンディット、ディスクロージャーをはじめとした多くのプロデューサーが活躍。Toolroom…

RUPERT NEVE DESIGNS 5025 Dual Shelford Mic Pre レビュー:メーカー最上位のチャンネル・ストリップから派生した2chのマイクプリ

RUPERT NEVE DESIGNSから2chのマイクプリ5025 Dual Shelford Mic Preが、全世界300台限定生産で発売されました。同社チャンネル・ストリップのフラッグシップ機であるShelford Channelのプリアンプを2基搭載したマイクプリです。定評のあるShelford Channe…

WALDORF M レビュー:デジタルとアナログの融合で名機を再現するウェーブテーブル・シンセ

1980年に発売されたPPG Waveを起源に持つWALDORF Microwave、Microwave Ⅱ/XTが、さらなる進化を経て現代に復活。今また注目を集めているウェーブテーブル・シンセサイザー・シーンに、新たな名機となるMが誕生しました。 レビュー&テキスト:AZUMA HITOMI M…

USB-MIDIをワイアレス化するCME WIDI Uhost。Bluetooth 5対応で最小レイテンシー3ms

CMEから、WIDI Master、WIDI Jackに続くワイアレスMIDI機器として、MIDI端子を持たないUSB-MIDI機器をワイアレス化するWIDI Uhost(8,800円)が12月28日に発売となる。 さまざまな接続例 Bluetooth MIDI (BLE-MIDI) によって、コンピューターやiOS機器、WIDI…

HERITAGE AUDIO Motorcity Equalizer レビュー:マイケル・ブラウアー氏所有のEQユニットを完全再現したイコライザー

積極的に新製品をリリースしているHERITAGE AUDIO。現在最も勢いのあるプロ・オーディオ・メーカーの一つと言えるでしょう。そんな同社から、トップ・エンジニアの一人マイケル・ブラウアー氏が所有するMotown EQユニットを再現したMotorcity Equalizerが発…

アビイ・ロードStudio Twoで収録したストリングス音源、SPITFIRE AUDIOからリリース

SPITFIRE AUDIOから、ロンドンのアビイ・ロード・スタジオのStudio Twoで収録された初のストリングス専用ソフト音源、Abbey Road Two : Iconic Strings Coreとその上位版Abbey Road Two : Iconic Strings Professionalが発売となった。2022年1月6日まで、…

NEUMANN、モニター・スピーカーKHシリーズとアライメント・システムMA 1のセットを限定発売

NEUMANNから、DSPを搭載したパワード・モニター・スピーカーKHシリーズと、とオートマチック・モニター・アライメント・システムMA 1をセットにした3種類のMonitor Alignment Kitが、2022年1月13日から数量限定で発売される。MA 1は測定用マイクとMac/PC用…

レザー・ブラックの73鍵ステージ・キーボードVOX Continental 73 BKが登場

VOXが73鍵ステージ・キーボードContinental 73 BK(176,000円/税込)を発表。12月下旬の発売を予定している。アルミ素材を多用したレザー・ブラックのボディに、ダーク・ブラウンの木製側板を装備。側板は着脱可能となっている。内蔵プログラムは、既に発売…

NEUMANNが楽器への取り付けが可能なミニチュア・クリップオン・マイクを発表

NEUMANNから、“ミニチュア・クリップオン・マイクロフォン・システム”と呼ばれる、楽器への取り付けが可能な小型エレクトレット・コンデンサー・マイクが発表された。2022年春の発売を予定している。 トランペットへの取り付け例 6年の歳月をかけて開発した…

BLACK LION AUDIOがビンテージ・スタイルのプリアンプ&パッシブEQ、Eighteenを発売

BLACK LION AUDIOから、ビンテージ機材にインスパイアされたモノラル・プリアンプ&EQのEighteen(オープン・プライス:市場予想価格121,000円前後)が発売された。 プリアンプ部はマイク/ライン・レベルを切り替え可能で、48Vファンタム電源や位相反転スイ…

W.A. PRODUCTION InstaComposer レビュー:AIがMIDIフレーズを自動生成する作編曲支援ツール

AIでの作曲と言うと“オリジナリティはどうなるのか”とおっしゃる方も多いが、“オリジナリティとは何か?”と言うと答えに窮する方はさらに多いだろう。InstaComposerは、アーティストが作品を作る際の発想の源にも、作品を自由に羽ばたかせるための翼にもなる…

ZOOM H8/Q8N-4K用のステレオ・マイク・カプセルXAH-8、H8用のXLR入力拡張カプセルEXH-8が発売

ZOOMは、ハンディ・レコーダーH8およびビデオ・レコーダーQ8N-4K用の別売オプションとして、XY-ABステレオ・マイク・カプセルXAH-8(オープン・プライス:市場予想価格20,000円前後/税込)と、H8用の外部XLR入力拡張カプセルEXH-8(オープン・プライス:市…

SONNOX Claro レビュー:独自のオート・ゲイン機能と3つの操作モードを搭載するEQプラグイン

SONNOXからClaroというEQが登場しました。目的の音にたどり着くまでのワークフローや視覚情報に新機能がてんこ盛りで、めちゃくちゃ良いです。また、独自のオート・ゲイン機能は僕にとって衝撃の体験。もう手放せなくなりそうです。ワクワクしながら紹介しま…

数秒で設定が行えるAI搭載トゥルー・ピーク・リミッターSONIBLE Smart:Limit

AI搭載プラグイン・エフェクトで知られるSONIBLEから、ラウドネス・メーターを搭載したトゥルー・ピーク・リミッターSmart:Limit(14,685円:価格は為替レートによって変動)がリリースされた。発売を記念して、1月10日(月)まで約31%オフ(10,133円:同…

MAKEMUSIC Finale 27 レビュー:国際基準の音楽記号フォントSMuFLに準拠した楽譜作成ソフト最新版

音楽出版社やプロの制作現場で圧倒的なシェアを誇る楽譜制作ソフト、MAKEMUSIC Finaleが誕生して約32年になります。64ビットに対応したり、ReWire機能を搭載したり、AU/VSTプラグインや大容量の音源ライブラリーが使用可能となったりと、バージョン・アップ…

WARM AUDIO WA-8000 レビュー:1990年代の有名な真空管マイクを元に設計されたコンデンサー・マイク

初めて楽器を購入するときは、例えばギターならあこがれのMARTINやFENDERは高価で手に入らないので、まずは予算に合うコピー・モデルを選び、練習していくうちにいつかは本物を手に入れたいと思うのではないでしょうか? 同様に、近年はレコーディング機材に…

RUPERT NEVE DESIGNSが2chマイク・プリアンプ5025 Dual Shelford Mic Preを世界300台限定で発売

故ルパート・ニーヴ氏が2005年に立ち上げたブランドRUPERT NEVE DESIGNSから、2チャンネル・マイク・プリアンプの5025 Dual Shelford Mic Pre(オープン・プライス:市場予想価格462,000円前後/税込)が世界限定生産300台で12月17日(金)から発売される。…

OVERLOUD Modula レビュー:往年のコーラス・サウンドにインスパイアされたプラグイン

ハードウェアのモデリング・プラグインを数多く世に送り出しているOVERLOUD。私も豊富なIRプリセットを持つリバーブのRematrixなどを使っており、ミックス時の必須プラグインとなっています。今回紹介するのは、モジュレーション・プラグイン・エフェクトのM…

AUDIO-TECHNICA AT2040 レビュー:配信や宅録に向けたハイパー・カーディオイドのダイナミック・マイク

AUDIO-TECHNICAは従業員3名で新宿区の民家を借り、資本金100万円で創業開始したそうですが、今やマイク・メーカーとして定番の一角を占める人気です。特にアメリカ市場で成功を収めており、どのスタジオにも1本はある存在になりました。どのマイクもコスト・…

360 Reality Audio Creative Suite、V1.1へのアップデートで対応DAWを拡充

ソニーが提唱するオブジェクト・ベースの立体音響技術360 Reality Audio。その制作ツールであるAUDIO FUTURES 360 Reality Audio Creative Suite(トライアル価格:36,300円)がV1.1にバージョン・アップを果たした。 今回のバージョン・アップでは、AVID Pr…

IK MULTIMEDIA Amplitube、MESA/BOOGIEコレクション第2弾が発売

IK MULTIMEDIAから、ギター&ベース・アンプ&エフェクトを再現するAmplitubeシリーズの新製品として、Amplitube Mesa/Boogie 2がリリースされた。 収録アンプ・モデル(イメージ) MESA ENGINEERING(MESA/BOOGIE)公認コレクションの第2弾で、Amplitube 5…

ACOUSTUNEからMonitorシリーズのステージ・モニター・イアフォンRS Oneが登場

独自のダイナミック型ドライバーを基軸としたイヤフォン・ブランドACOUSTUNEから、新ラインMonitorシリーズの第1弾として、ステージ・モニター・イアフォンRS Oneが発売された。カラーはTealとGraphiteで、各12,980円。 TealとGraphite ブランド初となるス…

RODEがスマートフォンやパソコンに接続できる小型USBオーディオ・インターフェースのAI-Microを発表

RODEから、スマートフォンやパソコンに接続できる2chのUSBオーディオ・インターフェースAI-Micro(13,200円)が登場。12月10日の発売を予定している。サイズは40(W)×38(H)×11(D)mm、重量は13gとコンパクトな設計だ。周波数特性は20Hz〜20kHzで、最高2…

”東京の弦セクション”を再現するTokyo Scoring Stringsが発売。記念配信番組を12/15に開催

IMPACT SOUNDWORKSより、室屋光一郎ストリングスの演奏を元にしたストリングス専用ソフト音源、Tokyo Scoring Stringsが発売された。通常価格は399ドル相当(51,011円前後:為替レートによって変動)で、12月22日まで発売を記念して50ドル相当割引される。NA…

SSL、16chのオーディオ・インターフェース機能を備えたデスクトップ・コンソールBig Sixを発表

SOLID STATE LOGIC(SSL)は16chのオーディオ・インターフェース機能を搭載したデスクトップ型ミキシング・コンソール、Big SiXを2022年1月に発売する。価格はオープン・プライス(市場予想価格:401,500円前後)。 インプットは、モノラル4ch+ステレオ4…

音楽制作に特化したOUTPUTとWAVEBONEのスタジオ・デスク/チェア/スタンド

フックアップが運営するオンライン・ストアのbeatcloudから、注目製品やソフトをピックアップする本コーナー。今回紹介するのは、アメリカのソフト音源/プラグイン・エフェクト・ブランドOUTPUTがリリースするスタジオ・デスクのPlatform、サイド・デスクの…

ZOOMが4K画質の音楽向けビデオ・レコーダーQ8N-4Kを発売

ZOOMが、4K画質の音楽向けビデオ・レコーダーQ8N-4K(オープンプライス:市場予想価格46,000円前後)を12月上旬より発売する。 同社のハンディ・ビデオ・レコーダーQ8が4K画質に対応できるよう進化した製品。ハイダイナミック・レンジ処理により、黒つぶれや…