ソフト・シンセ

「SOFTUBE Statement Lead」製品レビュー:90種類の波形を収録するリード系音色に注力したソフト・シンセ

MK ハイクオリティで高音質なソフトウェアを開発するSOFTUBEが、リード系サウンドを得意とするポリフォニック・ソフト・シンセ、Statement Leadをリリースしました。Mac/Windowsに対応。AAX/AU/VSTプラグインとしてDAW内で動作します。 2系統のオシレーター…

SONICWIREで振り返る2020年の注目ソフト

ソフト音源やプラグイン・エフェクト、サンプル・パックやシンセ・プリセットを収録するライブラリー、そしてDAWまで、音楽制作にかかわるソフトを総合的に取り扱うダウンロード・ストア=SONICWIRE。10月の時点で取り扱い製品数は15,000以上、サウンド総数…

SOFTUBE Modularのモジュールとして同社ソフト・シンセ3種が対応

SOFTUBEは、同社のソフト・シンセ3種=Statement Lead、Monoment Bass、Parallelsの主要セクションが、Eurorackモジュラー・タイプのソフト・シンセModular用モジュールとして新たに使用できることを発表した。 これに伴い、10月末まで最大60%オフとなる「M…

アナログ・テープで処理したサウンドを備えるHEAVEYOCITYのシネマティック・テクスチャー音源、Mosaic Tape

HEAVTOCITYは、アナログ・テープ処理済みのソースを用いたソフト音源、Mosaic Tapeをリリースした。価格は12,540円+税(現地価格99ドル。価格は為替相場によって変動)。10月26日まで発売記念として20ドル分の割引が適用される。 作曲家の創造性をかき立て…

UVIがソフト・シンセ/サンプラーFalcon 2.1をリリース。エフェクト/イベント・プロセッサーなどを増強。記念セールも実施

UVIがフラッグシップ・ソフト・シンセ/サンプラーFalconのアップデート・バージョン2.1のリリースと、それを記念したセールの実施を発表した。 エフェクトの追加やファクトリー・プリセットの拡充、新たな機能追加も Falcon 2.1では、発振音を生み出すFeedb…

SOFTUBEからモノシンセの名機をモデリングしたModel 72 Synthesizer Systemが登場

SOFTUBEから、著名なモノフォニック・シンセをモデリングし、さらに追加機能まで用意したModel 72 Synthesizer Systemがリリースされた。通常価格15,900円(税込)のところ、10月29日までイントロ・プライスとして9,900円(税込)で購入が可能だ。 Model 72 …

EVENTIDEからカオス・ジェネレーターを搭載するポリフォニック・ソフト・シンセ、Generateが登場

EVENTIDEから、オシレーターにカオス・ジェネレーターを搭載するポリフォニック仕様のソフト・シンセ、Generate(オープン・プライス:市場予想価格15,000円前後+税)がリリースされた。10月19日(土)まではスタートアップ・キャンペーンとして9,800円+税…

SOFTUBEからリード系シンセ・プラグインStatement Leadがリリース

SOFTUBEから、リード系ポリフォニック・ソフト・シンセ・プラグインのStatement Lead(オープン・プライス:市場予想価格9,900円前後/税込)がリリースされた。10月1日までイントロ価格の8,900円(税込)で販売される。Mac/Windowsに対応し、AAX/AU/VSTに…

NATIVE INSTRUMENTS、Komplete 13を発表。Guitar Rig最新版などを収録

NATIVE INSTRUMENTSは、同社のソフトウェア・バンドルKompleteの最新版、Komlete 13を10月1日にリリースする。ラインナップは下記の通り(価格は税込)。Komplete現行バーションのユーザーにはアップグレード版やアップデート版も用意される。Mac(macOS 10…

H2は、ソフト・シンセに夢を見るか?

H2 新旧さまざまなハードウェア・シンセに精通し、その知識を生かしたレビューを本誌でも数多く寄稿している音楽家/ライターのH2。氏は、近年進化を続けるソフト・シンセをどう見ているのであろうか? ここでは1990年代から現在までのソフト・シンセの流れ…

Bitwig Studioで拡張するソフト・シンセの世界

荒木正比呂 BITWIGが手掛けるDAWソフト=Bitwig Studio。モジュラーの発想を取り入れたユニークな制作環境で、先ごろバージョン3.2に進化を遂げました。その使い手としても知られるのが、コンポーザーの荒木正比呂。なんでも、手持ちのソフト・シンセの可能…

NATIVE INSTRUMENTS、トラップ/ヒップホップ向けのシンセ・サウンドを収録したCloud Supplyを発売

NATIVE INSTRUMENTSは、トラップ/ヒップホップ/グライム/ドリルなどのプロダクションに適したシンセ音色を備えるソフト音源、Cloud Supply(6,000円+税)をリリースした。 Nebular Traps Melodicと銘打たれたCloud Supplyは、グラミー賞受賞プロデューサ…

IK MULTIMEDIA、EDM向けのSampleTank 4拡張音源Hitmaker: EDMをリリース

IK MULTIMEDIAは、SampleTank 4向けの拡張音源、Hitmaker: EDM(5,990円/税込)をリリースした。 1.6GB超の容量に、100種類の新規インストゥルメントと50種類のMIDIループを収録。400種類以上のボーカル素材やベース、リード、パッド、リズムなど、最新のダ…

テクスチャーやアトモスフィアなど変化を伴う持続音を得意とするUVI Droneが登場

Drone(15,000円+税:6月16日まで発売記念価格10,000円+税)は、テクスチャーやアトモスフィア・サウンドなど、変化を伴った持続音を得意とするソフト音源。同社Falconまたは無償のUVI Workstation上で動作する。Falcon/UVI WorkstationはどちらもMac/Wind…

シネマティックなベース・サウンドを生み出すソフト音源HEAVYOCITY Mosaic Bass

HEAVYOCITY Mosaic Bassは、シネマティックなシンセ・ベースに特化したソフト音源(12,810円+税/価格は為替相場によって変動:現地価格119米ドル)。NATIVE INSTRUMENTS Kontakt 6、もしくは無償のKontaky 6 Player上で動作する。Kontakt 6/Kontakt 6 Play…

ROLANDから新ソフト・シンセ=Zenologyが登場

ROLANDが新しいソフト・シンセ、Zenologyを発表した。Mac/Windowsに対応し、AAX/AU/VSTで動作する。利用には、これに合わせて日本でも正式にスタートした同社のサービス、Roland Cloudへの登録が必要。月額2.99ドルからプランの選択が可能で、さまざまなソフ…

「NATIVE INSTRUMENTS Massive X」製品レビュー:ルーティングなど新機能を搭載してアップデートされたソフト・シンセ

NATIVE INSTRUMENTSMassive X Q'HEY 2007年に登場して以降、エレクトロニック・ミュージックのトップ・クリエイターたちに愛用されてきたNATIVE INSTRUMENTS(以下NI)のソフト・シンセ、Massive。そのMassiveをベースに、シーンの今後10年先を担うであろう…

「VIENNA SYMPHONIC LIBRARY Vienna Ensemble Pro 7」製品レビュー:プラグイン・エフェクト&インストゥルメントのホストとなるソフト最新版

ミキシング&ホスト・ツールとしてプロのコンポーザー/アレンジャーに絶大な人気を誇るVIENNA SYMPHONI C LIBRARY Vienna Ensemble Pro。今回アップデートし、Vienna Ensemble Pro 7(以下VEP7)となりました。早速、新機能をチェックしていきましょう。

NATIVE INSTRUMENTS Massive X、待望のリリース

NATIVE INSTRUMENTSMassive X サウンド&レコーディング・マガジン編集部 NATIVE INSTRUMENTSは、ソフト・シンセMassiveの後継となるMassive X(24,800円/税込)を本日発売した(Mac/Windows対応)。Massiveの正規ユーザーは18,800円(税込)でクロスグレー…

「BEST SERVICE Dark Era」製品レビュー:中世以前の暗黒時代をイメージしたシネマティックなソフト音源

BEST SERVICEDark Era 阿瀬さとし(Cojok/Smash Room) サンプリング・ライブラリーの老舗メーカーとして知られるBEST SERVICEより発売されたシネマティック系ソフト音源、Dark Era。この分野で優れた製品を手掛けてきたプロデューサー、エドゥアルド・タリ…

「SPITFIRE AUDIO Spitfire Studio Woodwinds Professional」製品レビュー:15種類のインストゥルメントをドライなサウンドで収録した木管音源

SPITFIRE AUDIOSpitfire Studio Woodwinds Professional 土屋俊輔(PROCYON STUDIO) 今回レビューするのは木管音源のSPITFIRE AUDIO Spitfire Studio Woodwinds Professional(以下Woodwinds Pro)です。SPITFIREの音源を使っている作曲家は僕の周りにも多…

「VIENNA SYMPHONIC LIBRARY/Steinway D」製品レビュー:多数のマイク・ポジションで収録したSTEINWAY D-274ピアノ音源

VIENNA SYMPHONIC LIBRARYSteinway D 牧戸太郎 オーケストラ音源の老舗、VIENNA SYMPHONIC LIBRARY(以下VSL)から、ピアノ専用音源のSteinway Dがリリースされた。そのサウンド、備わった機能をチェックしてみよう。 ハンブルク製のD-274をサンプリング1鍵…

「WAVES/Flow Motion FM Synth」製品レビュー:FM方式と減算方式のシンセシスを組み合わせたソフト・シンセ

WAVESFlow Motion FM Synth 林田涼太(いろはサウンドプロダクションズ) このところインストゥルメント系プラグインの開発に力を入れているWAVESから、Flow Motion FM Synthがリリースされました(Mac/Windowsで、スタンドアローンもしくはAAX/AU/VSTに対応…

「IN SESSION AUDIO/Taiko Creator」製品レビュー:24種の和太鼓と12種の金物などをサンプリングしたソフト音源

IN SESSION AUDIOTaiko Creator 伊藤翼 IN SESSION AUDIO Taiko Creatorはその名の通り和太鼓に特化した音源です。Mac/Windowsでスタンド・アローンまたはAAX/AU/VSTに対応しており、エンジンはNATIVE INSTRUMENTS Kontakt 5 Playerを使用しています。劇伴を…

「STEVEN SLATE DRUMS/SSD5」製品レビュー:高音質&即戦力となるサンプルで構成された生ドラム系ソフト音源

STEVEN SLATE DRUMSSSD5 松隈ケンタ(SCRAMBLES) STEVEN SLATE DRUMSから発売された、生ドラム系プラグイン音源SSD5をレビューしていきます。STEVEN SLATE DRUMSはドラムのサウンドを熟知したスティーヴン・スレート氏による、世界中のプロデューサー/エン…

「CYCLING '74 Max 8」製品レビュー:パフォーマンスが向上した音楽や映像に適するプログラミング・ソフト

CYCLING '74Max 8 Katsuhiro Chiba CYCLING '74 Maxは、主に音楽制作での利用を中心に、非常にカバー範囲の広いビジュアル・プログラミング・ソフト。豊富に用意されたオブジェクトをパッチ・コードで接続していくことで、感覚的にプログラミングすることが…

CYCLING '74 Maxが3年半ぶりにMax 8へメジャー・バージョン・アップ

CYCLING '74Max 8 サウンド&レコーディング・マガジン編集部 インタラクティブ・サウンドやグラフィック、カスタム・エフェクトなどを、バーチャル・パッチ・コードでオブジェクトをつなげて制作できる開発プラットフォーム、Max。その3年半ぶりのメジャー…

18音ポリのシーケンサー内蔵ソフト・シンセAUDIAIRE Zoneがリリース

AUDIAIREZone サウンド&レコーディング・マガジン編集部 SAMPLE MAGIC創業者の一人でありDJ/プロデューサーとしても活動するSharooz Raoofi氏を中心とした新ブランドAUDIAIREが、シーケンサー内蔵の18和音まで対応するソフト・シンセ、Zone(発売記念価格1…

「SOFTUBE Tube-Tech Complete Collection」製品レビュー:TUBE-TECHのEQとコンプを再現し新機能を追加したプラグイン

SOFTUBETube-Tech Complete Collection 森元浩二.(prime sound studio form) 実在するハードウェアをモデリングし、プラグイン開発を行うSOFTUBE。そんなSOFTUBEの定番プラグイン、Tube-Tech Complete Collectionが今回新しくアップデートされました! Mac…

「AUDIO IMPERIA Jaeger Essential Modern Orchestra」製品レビュー:劇伴向けの女性ボーカルやFXを収録した現代的オーケストラ音源

AUDIO IMPERIAJaeger Essential Modern Orchestra 関正道(DIGITAL SONIC DESIGN) 数々のサウンド・ライブラリーをリリースしてきたAUDIO IMPERIAより初のオーケストラ音源、Jaeger Essential Modern Orchestra(以下、Jaeger)がリリースされました。このJ…

「SPITFIRE AUDIO Hans Zimmer Strings」製品レビュー:映画音楽の巨匠ハンス・ジマーが開発に携わったストリングス音源

SPITFIRE AUDIOHans Zimmer Strings 井筒昭雄 今回レビューするのは、SPITFIRE AUDIOより発売されたHans Zimmer Strings。ハリウッド映画音楽の巨匠作曲家として知られ、サウンドトラック・シーンをけん引するハンス・ジマーがSPITFIRE AUDIOとタッグを組み…

IK MULTIMEDIA、最新製品を含めた新バンドルTotal Studio 2を発売

IK MultimediaTotal Studio 2 Max/IK MultimediaTotal Studio 2 Deluxe サウンド&レコーディング・マガジン編集部 IK MULTIMEDIAは、同社のMac/Windows対応ソフトウェア・バンドルの最上位パッケージ、Total Studio 2 Maxを発売した。 ソフト・シンセSyntr…

「HEART OF NOISE Galaxynth」製品レビュー:モーフィングなどで音を作り込む物理モデリングのソフト・シンセ

HEART OF NOISEGalaxynth Tomggg Galaxynthは、楽器の発音や共鳴の仕方、ノイズが発生する仕組みなどを電子的にシミュレートして音を作り出す、物理モデリングのソフト・シンセです。サンプルを使うことなくさまざまな楽器の音をモデリングしており、抜けが…

「VENGEANCE SOUND Avenger」製品レビュー:モジュールの組み合わせで多彩な音作りができるソフト・シンセ

VENGEANCE SOUNDAvenger MK REFX Nexusのサウンド・セットなどで有名なVENGEANCE SOUNDから新しいソフト・シンセが発売されました。900種類以上のプリセット、596個のウェーブテーブル、168個のドラム・キットなどのサウンドが詰めに詰め込まれています。 最…

「IK MULTIMEDIA Syntronik」製品レビュー:数々のシンセ/ストリング・マシンのサウンドを収録したソフト音源

IK MULTIMEDIASyntronik 山中剛 2017年後半にリリースされるソフト音源の中で間違いなく注目されているのが、このシンセ/ストリング・マシン音源、Syntronikではないでしょうか。同社のモデリング・ベース音源、Modo Bassが高いポテンシャルを持っていたの…

UVIから新たなビンテージ・シンセ・モデリングが登場:OBERHEIMなどを再現

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 UVIは、OB LegacyとVintage Vault 2の2つのソフト・シンセ・パッケージを発売した。 OB Legacyは、トム・オーバーハイム氏のビンテージ・シンセ・モデリングが6種類含まれるパッケージ。実機の音を丹念にサンプ…

「SPITFIRE AUDIO BT Phobos」製品レビュー:4つのサウンド・ソースと3つのIRで音作りが可能なソフト・シンセ

SPITFIRE AUDIOBT Phobos 井筒昭雄 オーケストラからシネマティックまで、ハイクオリティなソフト音源をリリースしているSPITFIRE AUDIOから登場したBT Phobos。作曲家であり、エレクトロニック・ミュージックの先駆者でもあるBTと共同開発された、今までに…

「SPITFIRE AUDIO London Contemporary Orchestra Strings」製品レビュー:100以上に及ぶアーティキュレーションを備えたストリングス音源

SPITFIRE AUDIOLondon Contemporary Orchestra Strings 佐藤賢太郎(Wiseman Project LLC) 主に映画やメディア音楽用の高品質オーケストラ・ライブラリーを開発している英国SPITFIRE AUDIO(以下SA)のラインナップに、London Contemporary Orchestra Strin…

「SONICA INSTRUMENTS Tsugaru Shamisen」製品レビュー:津軽三味線のサウンドや奏法を収めたKontakt専用の音源

SONICA INSTRUMENTSTsugaru Shamisen 井筒昭雄 今回レビューするのはSONICA INSTRUMENTS Tsugaru Shamisen。待ちに待った津軽三味線専門のサンプル・プレイバック型音源です! 十三絃箏の音源として好評だった同社Koto 13に次ぐVirtuoso Japaneseシリーズの…

「OUTPUT Analog Strings」製品レビュー:デュアル・レイヤーによる音作りが特徴のストリングス専用ソフト音源

OUTPUTAnalog Strings 牧戸太郎 ロサンゼルスに拠点を置くOUTPUT。リバース・サウンドに特化したRev、パルス・エンジンを搭載したSignal、ボーカル・エンジンのExhaleなど、斬新なコンセプトでソフト音源やエフェクト・プラグインをリリースしている同社より…

IK MULTIMEDIA Syntronik:ビンテージ・シンセ/ストリング・マシンのサウンドを収録した音源

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 IK MULTIMEDIAは、シンセの名機の数々をコンピューター上で再現するソフト・シンセ、Syntronikを発表した。 Syntronikは、ROLAND Jupitar-8やSEQUENTIAL Prophet-5、YAMAHA SY99、ARP Strings Ensembleなどのビン…

「FXPANSION Geist2」製品レビュー:直感的なGUIとディープな編集機能を備えるビート・メイク用ソフト

FXPANSIONGeist2 C-Show(Digz,Inc.Group) FXPANSION Geist2は、ステップ・シーケンサーやサンプラーなどを統合したビート・クリエイター用のインストゥルメント。Mac/Windowsに対応し、スタンドアローンほかVST/Audio Units/RTAS/AAX Native(64ビット)プ…

「STEINBERG Halion 6」製品レビュー:音色/エディット機能共に高度化したソフト・サンプラーの最新版

STEINBERGHalion 6 牛尾憲輔(agraph) Halionは、Cubaseの開発で有名なSTEINBERGのMac/Windows対応フラッグシップ・ソフト・シンセ/サンプラーです。バージョン6となったことで大きな進歩を遂げていますので詳細を……と解説する前に、まず紹介したいのがVS…

UVI Falconエクスパンションの第4弾「Atmospherics」発売

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 UVIは、Falconエクスパンションの第4弾「Ether Fields」を発売した。アンビエント、パッド、ドローンサウンドにフォーカスしたFalcon専用拡張パック。Falcon上でフルエディットが可能。 UVIストアならびに国内のUV…

「初音ミク V4X」製品レビュー:Vocaloid4エンジンを搭載した初音ミクの最新バージョン

CRYPTON初音ミク V4X 小林オニキス バーチャル・シンガー“初音ミク”が初めて登場したのは2007年8月のことだ。音声ライブラリーを元にして自然な歌声を合成するという、YAMAHAが開発した技術“Vocaloidエンジン”。その2番目のバージョンである“Vocaloid2”を…

「SPITFIRE AUDIO Albion V Tundra」製品レビュー:北欧の氷河にインスパイアされたシネマティック・ソフト音源

SPITFIRE AUDIOAlbion V Tundra Tom-H@ck 数々のサウンドトラック制作に特化した音源をリリースしているSPITFIRE AUDIOの大人気シリーズAlbionの最新作。その名も“Tundra”。凍土帯という名にふさわしく、クールで繊細かつ濃縮された質感のサウンドがてんこ盛…

低価格帯ウェーブテーブル・ソフト・シンセKV331AUDIO「SynthMaster One」発売

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 SONICWIREは、直観的なワークフローで扱えるウェーブテーブル・シンセKV331AUDIO「SynthMaster One」を発売した。「SynthMaster」と同じエンジンを搭載しながらも、操作画面にすべてのコントローラ/パラメータを…

1970年代後半に限定生産された48ボイスのセミモジュラー仕様のレア・シンセ・サウンドを収録!UVI「UVI-3200」発売

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 UVIは、48ボイスのセミモジュラー仕様のレア・シンセ、KORGPS-3200のサウンドを継承したライブラリーを発売した。 デュアル・オシレーター部は、完全独立仕様で、アンプ、フィルターから16ステップのアルペジエー…

EDM向けウェーブテーブル・ソフト・シンセTONE2「Icarus」発売

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 SONICWIREは、EDM向けソフト音源TONE2「Icarus(イカロス)」を発売した。「Serum」でも知られるウェーブテーブル方式で、1プリセット中の最大200種類を超える波形/音色を、50種類以上の方法でモーフィング可能。…

「IK MULTIMEDIA Modo Bass」製品レビュー:業界初のフィジカル・モデリングによるエレクトリック・ベース音源

IK MULTIMEDIAModo Bass 中塚武 インストゥルメント音源などで世界的に定評のあるIK MULTIMEDIAから新たにフィジカル・モデリング・ベース音源、Modo Bassが登場した。よりファットな音が現場で求められることの多いベース音源にあえて新たなモデリング技術…