Carousel

yukihiro(L'Arc-en-Ciel/ACID ANDROID)のプライベート・スタジオ 〜Private Studio 2021

Text:Kentaro Shinozaki Photo:Hiroki Obara 蒼然たる空間で目をこらせばシンセのLEDによる美しき世界が広がる L'Arc-en-Cielのドラマーであり、自らトラック制作/ボーカルを務めるプロジェクト=ACID ANDROIDではシンセ愛あふれるエレクトロニック・サウ…

サンレコ Web+印刷版(年間)プランが約30%オフ! ブラックフライデーセールを開催

11月27日から30日の間、ブラックフライデーセールを開催! 通常15,590円(税別)のサンレコ「Web+印刷版(年間)」プランを約30%オフの10,890円(税別)にてご提供いたします。 Web+印刷版(年間)プランは、サウンド&レコーディング・マガジンのバック…

岡野昭仁のプライベート・スタジオ 〜Private Studio 2021

Text:Tsuji. Taichi Photo:Hiroki Obara “歌の構築”を主眼にセットアップしつつテンションを維持するためのムード作りも欠かさない 1990年代の末葉から根強い人気を誇るポルノグラフィティのボーカリスト=岡野昭仁。彼のプライベート・スタジオは、自宅の…

Maxで作る自分専用パッチ - Patch42 〜リアルタイムに信号を生成する照明制御パッチ

基礎的な機能ブロックをつなぎ合わせることで独自のソフトウェアを構築できるCYCLING '74 Max。現在ネット上では数え切れないほどのパッチがシェアされており、それらのプレーヤーとしても活用が可能だ。ここでは最先端のアーティストによるクールなパッチを…

今月のモジュラー・シンセ:MAKE NOISE QPAS 〜第5回 Patch The World For Peace

皆さんこんにちは、HATAKENです! 今回はシンセの肝、フィルターを取り上げます。最近の製品の中で最も興味を引くのが、ステレオ仕様のフィルターです。モジュラー・シンセをDAWなどと共存させるために需要が高まったのでしょう。各社が趣向を凝らしてステレ…

NEUMANN U47 〜ビンテージ・マイク史上に輝く絶対名機

解説:三好敏彦 ドイツのNEUMANNが生み出したオリジナルのU47(Tube)は、1947年のベルリンラジオショーでデビューします。その後1959年に製品化され1964年ごろまで製造していました。数種類のバージョンがあり音もかなり違うので、その辺を詳しく紹介してい…

特別企画「リミッターの真実」

ピークの抑制や音圧アップのために欠かせないリミッター。ポップスからダンス・ミュージックまで現代の音楽制作に必須のプロセッサーです。しかし、その一方で“ついかけ過ぎて音がひずみっぽくなる”とか“どの製品を選べばいいのか迷う”と、お悩みの方も多い…

バイノーラル&VRサウンド制作プラグインを一挙紹介! 〜特集・バイノーラルで作る音楽の未来(6)

特集の最後は、VRサウンド制作プラグインを一挙紹介。ここまででブランドによってバイノーラル・プロセッシングのHRTFや精度に特徴があることが分かった。バイノーラルを基本にイマーシブからサラウンドまで、さまざまなVRサウンドの制作に役立つプラグイン…

細野晴臣『MEDICINE COMPILATION』 27年前に語った“精神世界”、アンビエントの名盤が生まれた背景(1993)

11月3日の「レコードの日」に細野晴臣の旧作がリマスタリング仕様のアナログ盤として一挙に発売される。加えて『omni Sight Seeing』『MEDICINE COMPILATION』の2作品はSACDハイブリッド盤も発売。それを記念して、本稿では『サウンド&レコーディング・マガ…

老舗レコーディング・スタジオを舞台にしたドキュメンタリー映画『音響ハウス Melody-Go-Round』

松本伊織(本誌編集長) サンレコよりも歴史の長い銀座の老舗=音響ハウス 東京・銀座という一等地にあるレコーディング・スタジオ、音響ハウス。多くのミュージシャンやエンジニア、レーベル・スタッフが訪れたであろうこのスタジオは、1974年創業とその歴…

サンレコ・オフィシャルTシャツに旧ロゴ・バージョンが追加

当Webサイト「サンレコ」Web会員になると、サウンド&レコーディング・マガジンの全バックナンバーPDFがオンラインでお読みいただけます。過去のレガシーを継承しつつ、新しいものを生み出すことはサンレコが常にテーマとしてきたことです。というわけで、創…