坂本龍一

『坂本龍一のピアノ展』がヤマハ銀座店で3月開催。Opera Pianoも先行展示

ヤマハは、3月13日(水)から28日(木)まで『坂本龍一のピアノ展/Ryuichi Sakamoto and the Piano』をヤマハ銀座店にて開催する。これに先駆けて、『LIFE a ryuichi sakamoto opera 1999』のために製作Opera Pianoを同じくヤマハ銀座店で3月1日から展示する。

Micro Ambient Music Festival、坂本龍一トリビュート展の関連イベントとして開催

NTTインターコミュニケーションセンター[ICC]で開催中の『坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア』に関連して,坂本龍一追悼コンピレーション『Micro Ambient Music』をライブイベントとして体験するコンサート『Micro Ambient Music Festival』が…

「坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア」12月16日から初台NTT ICCで開催

東京・初台のNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]にて、12月16日(土)から「坂本龍一トリビュート展 音楽/アート/メディア」が開催される。

AMBIENT KYOTO 2023 〜坂本龍一+高谷史郎など4組が独自の“アンビエント”を表現したインスタレーション展

昨年、ブライアン・イーノをキュレーターに迎え好評を博した展覧会『AMBIENT KYOTO』が今年も開催。坂本龍一+高谷史郎、コーネリアス、バッファロー・ドーター、山本精一という4組が展覧会に参加し、音・映像・光を用いて、それぞれが独自の“アンビエント”…

坂本龍一の大規模個展が東京都現代美術館で開催決定 〜2024年12月から

2024年12月から翌2023年3月にかけて、東京都現代美術館で、坂本龍一の大型インスタレーション作品を包括的に紹介する、日本では初となる最大規模の個展が開催されることとなった。

AMBIENT KYOTO 2023〜坂本龍一やコーネリアスらの作品が出展、テリー・ライリーがライブ

京都にてアンビエントをテーマにした展覧会『AMBIENT KYOTO 2023』が開催される。坂本龍一、高谷史郎、 コーネリアス、バッファロー・ドーター、山本精一による作品が出展。さらに10月13日(金)と14日(土) は、テリー・ライリーのライブが東本願寺・能舞…

坂本龍一追悼コンピ『Micro Ambient Music』が3カ月限定公開。大友良英、蓮沼執太、Yui Onoderaら41名が参加

国内外のアーティスト41名が参加した坂本龍一追悼コンピレーション『Micro Ambient Music』がBandcampで3ヵ月限定で公開された。Bandcampにて全試聴可能で、ダウンロードにて販売。公開期間は2023年7月13日(木)〜 2023年10月31日(火)

坂本龍一 〜サウンドの探求者が見つけたもの、私たちがなすべきこと〜

坂本龍一は、サウンド&レコーディング・マガジンにとって、創刊号の表紙を飾った特別な存在であり、現在に至るまでの40年以上、多大なる影響を受け続けてきたアーティスト。その功績に感謝の意を表すべく、編集部において坂本龍一関連の記事を最も多く手掛…

坂本龍一のサウンド探求の足跡をサンレコバックナンバーで読む

坂本龍一さんの追悼企画「坂本龍一〜サウンドの探求者が見つけたもの、私たちがなすべきこと」では、40年を超える『サウンド&レコーディング・マガジン』の記事の中から、坂本さんの発言とサウンドを追いました。そこで参照されたものを含むバックナンバー…

6/21〜25『映像で振り返る21世紀の坂本龍一~Experimental編』RITTOR BASEで開催

6月21日(水)〜25日(日)、坂本龍一が追い求めた“サウンドとノイズ、ミュージックの境目”についてのアプローチを体感できる5つの映像作品の上映イベント『映像で振り返る21世紀の坂本龍一~Experimental編』が、御茶ノ水RITTOR BASEで開催される。

Web会員割引はこちら!『映像で振り返る21世紀の坂本龍一~Experimental編』

6月21日(水)〜25日(日)、坂本龍一が追い求めた“サウンドとノイズ、ミュージックの境目”についてのアプローチを体感できる5つの映像作品の上映イベント『映像で振り返る21世紀の坂本龍一~Experimental編』が、御茶ノ水RITTOR BASEで開催される。

渋谷慶一郎がピアノスコアとともに解剖する『坂本龍一の作曲技法』(2002年)が再登場

2002年に小社リットーミュージックより刊行されたムック『坂本龍一の作曲技法』。ファンからの声に応える形で、初版刊行から21年にして重版が決定した。

坂本龍一『12』アルバム分析〜牛尾憲輔による聴取の一例

2023年1月17日にリリースされた坂本龍一のアルバム『12』は、特設Webサイトにて本人により次のように綴られている。その一部を抜粋させていただく。 “折々に、何とはなしにシンセサイザーやピアノの鍵盤に触れ、日記を書くようにスケッチを録音していった。…

坂本龍一のオンライン・ピアノ・コンサートが12月12日(土)にMUSIC/SLASHでハイレゾ開催。ライブ演出をRhizomatiksが担当

坂本龍一の2020年最後のピアノ・コンサート『Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020』が、12月12日(土)、配信サービスMUSIC/SLASHにてオンラインで開催される。 激動の2020年を締めくくるピアノ・ソロ 坂本は今年、日本で緊急事態宣言が発令される…

坂本龍一『左うでの夢』(1981年)

『サウンド&レコーディング・マガジン』のバックナンバーから厳選したインタビューをお届け! 創刊号(1981年)から、表紙を飾った坂本龍一『左うでの夢』の取材をWeb化いたしました。YMOのメンバーとして活動している中でリリースされた、ソロ3rdアルバム…

「坂本龍一|設置音楽コンテスト」結果発表!

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 入選作品はICCにて開催の「坂本龍一 with 高谷史郎|設置音楽2 《IS YOUR TIME》」で上演決定! 2017年に8年ぶりの新作『async』をリリースした坂本龍一。それに合わせてサウンド&レコーディング・マガジンと共同…

「坂本龍一 | async - 短編映画コンペティション」開催決定!

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 『async』の楽曲を使った短編映画を募集 坂本龍一の新しいアルバム『async』のリリースにともない『async - 短編映画 コンペティション』が開催されることがオフィシャル・サイトで発表された。 8年ぶりのスタジオ…