【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

坂本龍一のオンライン・ピアノ・コンサートが12月12日(土)にMUSIC/SLASHでハイレゾ開催。ライブ演出をRhizomatiksが担当

f:id:rittor_snrec:20201023101227j:plain

 坂本龍一の2020年最後のピアノ・コンサート『Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020』が、12月12日(土)、配信サービスMUSIC/SLASHにてオンラインで開催される。

 

激動の2020年を締めくくるピアノ・ソロ

 坂本は今年、日本で緊急事態宣言が発令される前の4月2日、新型コロナ・ウィルス感染拡大により外出自粛の傾向が強まる事態の中「音楽で少しでも緊張から解放されたら・・・」との思いから、いち早くライブ配信を行った。また歴史的に見れば、1990年代後半からいち早くインターネット上でのライブ・ストリーミングを行ってきたという実績もある。

 

 そんな坂本がこの年のしめくくりに、通常のソロ・ピアノ・コンサートとは違ったスタイルで、都内のスタジオからピアノ・コンサートを生配信することとなった。

 

坂本龍一コメント

「少し前から考えられない高音質でストリーム配信できるようになったそう。
その新しいテクノロジーを使った、僕の初めてのソロライブです。
どこまで繊細な音が皆さんの耳に届くのか、今からワクワクしています。」

 

Rhizomatiksが演出を担当するスペシャルなコンサート

 ライブの演出は真鍋大度率いるRhizomatiksが担当。撮影監督はニューヨークを拠点として活躍する新進気鋭のZakkubalanが手掛け、坂本龍一×Rhizomatiksの世界観を最大限に引き出す撮影に挑む。


 日本での坂本のピアノ・コンサートは2013年以来、7年ぶり。この配信は世界8つの国と地域に同時独占配信される。

 

MUSIC/SLASHのハイレゾ・アプリが併せて国内ローンチ

 配信プラットフォームには、山下達郎がキャリア45年で初のライブ映像配信を行い、その優れた音質で話題となった動画配信サービス、MUSIC/SLASHを使用。さらなる高音質を追求し、最高24ビット/96kHzでストリーミングを行う「MUSIC/SLASH Premium」(iOS/Androidアプリ)が日本国内向けに併せてローンチされる(ハイレゾ再生には対応ヘッドフォン、DACなどが別途必要)。

 

 チケット購入は配信日1週間前の12月7日23:59まで。スタンダード配信は5,000円(税別)、日本国内向けハイレゾ音質の「MUSIC/SLASH Premium」は9,500円(税別)。


Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020 公演概要

  • 配信日:2020年12月12日(土)19:30(日本時間) 開始予定 
  • 配信先:日本、アメリカ、台湾、タイ、韓国、シンガポール、カナダ、オーストラリア
  • チケット販売期間:2020年10月23日(金)0:00〜2020年12月7日(月)23:59(日本時間)
  • チケット販売価格:MUSIC/SLASH 5,000円(税別)※世界配信(一部地域を除く)、MUSIC/SLASH Premium 9,500円(税別)※日本国内向けのみ
  • 配信会社:MUSIC/SLASH 
  • チケット販売:イープラス 

special.musicslash.jp

 

坂本龍一、2020年の活動を収めたArt Boxの詳細

 9月18日にティザー・サイトが公開されていた、『Ryuichi Sakamoto | Art Box Project 2020』は、タイトルが『2020S』に決定。10月30日12時から予約開始となる。

shop.mu-mo.net

 

関連記事

www.snrec.jp