モニター・スピーカー

「KEF LS50 Wireless II」製品レビュー:MAT技術でドライバー背面の不要音を削減したワイアレス・スピーカー

2021年で創立60周年を迎える英国のスピーカー・メーカー=KEFから、アンプ内蔵のワイアレス・スピーカーKEF LS50 Wireless IIがリリースされました。現在のKEFの製品と言えば、高品質のホーム・シアター用スピーカーやヘッドフォンなど生活に根差したものが…

PRESONUSのスタジオ・モニターに6.5インチウーファー搭載のEris E7 XTがラインナップ

PRESONUSのスタジオ・モニター Erisシリーズに、新たなラインナップとして2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニターのEris E7 XT(オープン・プライス:MUSIC EcoSystems STORE価格 27,500円/1台)が加わった。発売日は11月21日(土)。 6.5インチの…

阿南智史(never young beach) 前編〜GENELEC The Ones Load Test

Photo:Hiroki Obara 8331Aはリバーブの奥行きが目に見えるようです優秀なエンジニアが良い環境で処理してる感覚だと思いました 40年の歴史を誇るGENELECは、リスニング環境の問題を解決するシステムとしてSAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。その中…

REPRODUCER AUDIOからミッドフィールド・モニター・スピーカー、Epic 55が登場

REPRODUCER AUDIOから、アクティブ・タイプのミッドフィールド・モニター・スピーカー、Epic 55(市場予想価格:155,000円+税/1台)が11月13日(金)に発売される。 同社の第1弾モデル、Epic 5で培われたノウハウとフィードバックを基に開発。自社開発に…

“これから”の人のための制作ツール講座〜第3回:モニター・スピーカーの選び方&メリット

“セルフ・レコーディングを始めたい”“どんな機材を使えばいいのか分からない”“機材の使い方を知りたい”といった音楽制作をスタートする人に向けた知識&テクニックを紹介する本連載。第3回のテーマはモニター・スピーカーだ。ご存じの通り、“モニター”とは…

machìna 後編〜GENELEC The Ones Load Test

Photo:Hiroki Obara 8331Aは音量の大小に関係なくバランスが取れる自分でミックスするプロデューサーの基準になると思います 40年の歴史を誇るGENELECは、リスニング環境の問題を解決するシステムとしてSAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。その中で…

TASCAM VL-S3BT 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima TASCAM VL-S3BT多様なコーデックに準拠したBluetooth接続対応機 デスクトップでの使用を念頭に置いた110(W)×170(H)×138(D)mmというコンパクトなエンクロージャーに、14W(LF)+14W(HF)のパワー・アンプを搭載したモデル。3…

「AVANTONE CLA-10A」製品レビュー:高域のブライトネスを調整可能なVTPC 機能搭載のパワード・モニター

山中剛 Photo:川村容一 NYのメーカーAVANTONEより2018年にパッシブ・モニターCLA-10がリリースされたときは、その大胆でストレートなアプローチに少々驚きました。しかも、製品の監修は世界的トップ・エンジニアのクリス・ロード=アルジ氏。使用パーツなど…

MACKIE. CR3 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima※写真はリミテッド・カラー仕様のCR3-LTD(2145C)。台数限定で、販路も通常カラーのCR3と異なりますがスペックに違いは無いため、本特集内ではCR3と表記いたします MACKIE. CR3フロントからボリューム・コントロールが可能なモデル …

GENELEC 8010A 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima GENELEC 8010Aアルミ・ボディ+Iso-Pod採用の8000シリーズ最小モデル フィンランドのスピーカー・ブランド、GENELECの2ウェイ・アクティブ・モニター8010A。3インチ径のウーファーに3/4インチ径のメタル・ドーム・ツィーターを装備…

FOCAL Shape 40 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima FOCAL Shape 40パッシブ・ラジエーターを両サイドに搭載したモニター 2017年にFOCALが発表したニアフィールド向け2ウェイ・パワード・モニター=Shapeシリーズの中で一番コンパクトなモデル。亜麻繊維を使用した4インチ径コーン・ウ…

「MACKIE. CR3-XBT」製品レビュー:Bluetooth接続可能な50WクラスDアンプ搭載のパワード・モニター

Mine-Chang 撮影:川村容一(リア・パネルを除く) MACKIE.といえばコスト・パフォーマンスに優れたミュージシャン向けミキサーで有名ですが、スピーカーやヘッドフォンの開発もしていて、価格以上の音質に定評があるブランドです。そんなMACKIE.から発売さ…

machìna 前編〜GENELEC The Ones Load Test

Photo:Hiroki Obara 私はルーム・アコースティックが重要だと思っていますが8331Aであれば最初から調整した状態でモニターできますね 40年の歴史を誇るGENELECは、2006年にリスニング環境の問題を補正する技術としてSAM(Smart Active Monitoring)を提唱し…

【コラム】自宅スタジオで作るワンランク上のモニター環境 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

福田聡 せっかく良いモニター・スピーカーを導入しても、設置の仕方や室内音響が悪いと、その性能が十分に発揮されない場合があります。ここでは、自宅スタジオにおけるモニター・スピーカーの設置方法や簡単なルーム・チューニングについて、お話ししていき…

YAMAHA HS5 / HS7 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima 伝統の国内ブランドが生み出した“ 精確性” 追求モデル YAMAHA NS-10M Studioにも通じる“ 精確性”をうたうHSシリーズは、新開発の1インチ径ドーム・ツィーターと、大型マグネットを採用した専用ウーファーを搭載。特にウーファーはバ…

PRESONUS Eris E3.5 / Eris E4.5 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima 堅牢なケブラー製のウーファーを備えたモニター ケブラー・コーンを採用したウーファーと、ワイドな分散パターン・デザインの低質量シルク・ドーム・ツィーターを装備するEris Eシリーズ。Eris E3.5/Eris E4.5 共に、25W出力のクラス…

MONKEY BANANA Turbo 4 / Turbo 6〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima 定在波を抑制する六角形キャビネットを採用したモデル Turboシリーズの特徴的な六角形キャビネットは、定在波を抑制し、定位と奥行きを明りょうに再現するという。防磁型セラミック皮膜ポリプロピレン・コーン・ウーファーとシルク・…

KRK RP5G4 / RP7G4〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima 25種類のプリセットを擁するグラフィックEQ搭載機 2ウェイ・パワード・モニターRokitシリーズの第4世代で、上位機種に使われているケブラー・コーンのウーファーを初めて採用した。ブリックウォール・リミッター搭載のクラスDパワー…

JBL PROFESSIONAL 305P MKII / 306P MKII〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima 最上位機と同様のウェーブガイドを装備したモニター 41W出力のクラスDパワー・アンプを2基搭載した305P MKIIと、56W出力アンプを2基装備する306P MKII。ボイス・コイルを取り巻く磁界のひずみを改善し、原音忠実を実現するという低域…

IK MULTIMEDIA ILoud Micro Monitor / ILoud MTM 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima IK MULTIMEDIA内蔵DSPで最適なモニタリング環境を構築可能なモデル ILoud Micro Monitorは、クラスDパワー・アンプを4基搭載することで合計50W RMS、最大音圧レベル107dBの出力を実現。また56ビットDSPを内蔵しており、机の上に設置…

FOCAL Alpha 50 / Alpha 65 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima FOCAL特許技術のリバース・ドーム・ツィーター搭載機 特許技術であるリバース・ドーム・ツィーターとダンピング特性に優れたポリグラス・コーン・ウーファーを搭載しており、リニアな高域再生とニュートラルな中~低域を実現している…

EVE AUDIO SC203 / SC205〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima EVE AUDIO独自設計のAMTツィーターを装備したスピーカー SC203には、±5mmの駆動範囲を誇るボイス・コイル搭載の3インチ径ウーファーと、専用μAMT(Air Motion Transformer)ツィーターを採用。筐体にはもともと7.5°の傾斜が付いてい…

ADAM AUDIO T5V / T7V 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima ADAM AUDIO上位機種を踏襲したU-ARTツィーター採用モデル T5Vには5インチ径、T7Vには7インチ径のポリプロピレン・ウーファーが搭載されている。両モデルとも高域用ドライバーには1.9インチ径U-ART(Unique Accelerated Ribbon Tweete…

ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー 〜Introduction

近年、自宅などのプライベート環境で制作するクリエイターの中には、ヘッドフォンだけでモニタリングしているという人も少なくないだろう。特にビギナーは、モニター・スピーカーの必要性を感じながらも、どのメーカーの何インチ・モデルを購入すればよいの…

「KRK Classic 5」製品レビュー:Bass Boostで低域を拡張するクラスABアンプ搭載2ウェイ・モニター

Shingo Suzuki(origami PRODUCTIONS) 最近のニアフィールド・モニター市場には、幅広い価格帯で新しい製品が次々と投入されている印象があります。特に低価格帯のパワード・モニター・スピーカーの勢いがあり、以前にも増して自宅でカジュアルに音楽制作を…

櫻木大悟(D.A.N.) 後編〜GENELEC The Ones Load Test

8331Aは使い始めた段階からすぐになじみました立体感や奥行きが自宅でもよく見えます Photo:Hiroki Obara 40年の歴史を誇るGENELECは、2006年にリスニング環境の問題を補正する技術としてSAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。そのSAMを内蔵したモデ…

「IK MULTIMEDIA ILoud MTM White」製品レビュー:付属測定マイクで自動音場補正が行える2ウェイ・モニター・スピーカー

yasu2000(big turtle STUDIOS) Photo:川村容一 IK MULTIMEDIAは、なかなか手に入らないギターやベース・アンプ、ビンテージ・シンセなど、さまざまな機器をDAW上で忠実に再現するソフトウェアのほか、スマートフォン用マイクやオーディオI/Oも開発するなど…

ADAM AUDIO T8V/A3X 〜独自のツィーターを搭載するベルリン発祥のニア・フィールド・モニター

“正確な音、原音に忠実、高解像度”をかかげるベルリンのスピーカー・メーカーADAM AUDIO。同社のスピーカーは、シンボリックな折りたたまれたARTツィーターや、アルミ削り出しのウェーブ・ガイド、バスレフ・ポートなどによりその信念を叶え、商業スタジオか…

クリス・ロード=アルジ監修の2ウェイ・アクティブ・モニターAVANTONE CLA-10A

AVANTONEから、世界的に活躍するミックス・エンジニア、クリス・ロード=アルジ氏の監修による密閉型2ウェイ・スタジオ・モニター、CLA-10A(オープン・プライス:市場予想価格110,000円前後+税/ペア)がリリースされた。 リア・パネル 既に発売されてい…

KRK、クラスAB構成の50Wアンプを搭載した2ウェイ・モニター・スピーカーClassic 5をリリース

KRKから、2ウェイ・パワード型のニアフィールド・モニター・スピーカー、Classic 5(オープン・プライス:市場予想価格16,000円前後+税/1台)がリリースされる。7月3日出荷予定。 ユニットは軽量なグラスアラミド・コンポジットを採用した黄色いコーン…

櫻木大悟(D.A.N.) 前編〜GENELEC The Ones Load Test

8331Aは小さい音量でもバランスが変わらない大きな音を出せない自宅での作業には最高ですね Photo:Hiroki Obara 40年の歴史を誇るGENELECは、2006年にリスニング環境の問題を補正する技術としてSAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。そのSAMを内蔵し…

IK MULTIMEDIA ARC System 3、測定用MEMSマイクを同梱したパッケージ版がリリース

2007年に最初のバージョンが発売開始された音場補正システム、IK MULTIMEDIA ARC System。先般、ARC System 3にメジャー・アップデートを果たし、ダウンロード版が先行リリースされていたが、測定用MEMSマイクを同梱したパッケージ版(オープン・プライス:…

IK MULTIMEDIA ILoud MTMのホワイト・バージョン

昨年発売となったIK MULTIMEDIAのコンパクト・パワード・モニター、ILoud MTMのホワイト・バージョン、ILoud MTM White(オープン・プライス)が6月25日に発売となる。市場予想価格は従来のブラック・バージョンと同じ43,000円前後+税(1台)。 2基の3.5…

音職人の「道具」〜Arte RefactのAMPHION Two18+BaseOne25

一流のプロが制作手法や愛用機材を語る本コーナー。今回登場していただくのは、プロデューサーの桑原聖氏(写真右)が率いるクリエイター集団、Arte Refactだ。一昨年、さまざまなこだわりの機材を取りそろえて自社スタジオを稼働させた彼ら。2つのルームの…

GENELEC GLM Studio〜正確なモニタリングをぐっと身近にするDSPシステム

GENELECが2005年に発売したアクティブ・モニター、8000シリーズは、多くの革新的な技術を盛り込み、現在もなお世界中のプライベート・スタジオや商業スタジオで採用されている。その基本デザインを踏襲しながら、SAM(Smart Active Monitoring)を搭載したモ…

「MONKEY BANANA Lemur 5」製品レビュー:内蔵DSPで6種類のスピーカー特性を設定可能なパワード・モニター

MONKEY BANANA Lemur 5 Mine-Chang 今回は、ドイツに拠点を置くFUTURE BEAT INDUSTRIESが手掛けるブランド、MONKEY BANANAのパワード・モニター・スピーカーLemur 5を試してみましょう。ちなみにLemurはキツネザルという意味だそうです! ローカット・フィル…

ADAM AUDIO、Tシリーズの8インチ・ウーファー・モデルT8V発売 T5V/T7V/SP-5が20%オフとなるプロモーションも実施

ADAM AUDIOは、コスト・パフォーマンスに優れたニアフィールド・パワード・モニター、Tシリーズの最新モデルとして、8インチ・ウーファー搭載のT8V(オープン・プライス:市場予想価格60,000円前後+税/ペア)を5月下旬に発売する。 Tシリーズでは最大口径…

MONJOE 後編〜GENELEC The Ones Load Test

ミックス・バランスがフラットになるのは初めての経験“このクオリティまでならできる”という自信にもなりました Photo:Hiroki Obara 40年の歴史を誇るGENELECは、2006年にリスニング環境の問題を補正する技術としてSAM(Smart Active Monitoring)を提唱し…

MONJOE 前編〜GENELEC The Ones Load Test

The Onesは最初に聴いた瞬間からあまりにもクリア自分の耳をスピーカーに合わせるという作業が要りません Photo:Hiroki Obara 40年の歴史を誇るGENELECは、2006年にリスニング環境の問題を補正する技術、SAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。そのSAM…

「JBL PROFESSIONAL 1Series 104-BT」製品レビュー:Bluetooth接続に対応したクラスDアンプ搭載のモニター・スピーカー

山中剛 スピーカーの老舗JBL PROFESSIONALから、デスクトップ・モニターの1Series 104-BTが発売されました。これは、高出力かつ豊富なアナログ入力端子を備えながらもコスト・パフォーマンスに優れた1Series 104に、Bluetooth機能を追加したモデルです。こ…

「GENELEC 8351B/8361A/W371A」製品レビュー:独自の音響補正機能に対応した3ウェイ・モニター&追加ウーファー

GENELEC8351B/8361A/W371A 林憲一 音響補正システムSAM(Smart Active Monitoring)によって、より良いモニタリング環境の提供に取り組んでいるGENELEC。SAM対応の3ウェイ同軸モニター・スピーカーThe Onesシリーズのラインナップ更新に伴い、ジェネレック…

クボナオキ 後編〜GENELEC The Ones Load Test

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:小原啓樹(*を除く) 40年の歴史を誇るGENELECは、2006年にリスニング環境の問題を補正する技術、SAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。そのSAMを内蔵したモデルでも特に人気なのは、同軸構造による…

クボナオキ 前編〜GENELEC The Ones Load Test

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:小原啓樹 40年の歴史を誇るGENELECは、2006年にリスニング環境の問題を補正する技術、SAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。そのSAMを内蔵したモデルでも特に人気なのは、同軸構造による点音源を実現…

音職人の「道具」〜T.KuraのAMPHION Two18

Photo:Hiroki Obara 一流のプロが制作手法や愛用機材を語る本コーナー。今回登場していただくのは、コンポーザー/プロデューサーのT.Kura。1992年に活動を開始し、1996年にはプロデュースを務めたエリーシャ・ラヴァーン「Say Yeah!」がUKのチャートで首位…

「KRK RP5G4」製品レビュー:プリセットEQを搭載した5インチ径の2ウェイ・パワード・モニター

KRKRP5G4 阿瀬さとし(Cojok/Smash Room) 今回紹介するのはKRKのパワード・モニターRokitの第4世代であるRokit G4シリーズです。上位モデルVシリーズで採用されているケブラー製ドライバーやDSP駆働のプリセットEQが搭載されています。本シリーズにはウー…

本間昭光 後編〜GENELEC The Ones Load Test

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:八島崇(*を除く) 40年の歴史を誇るGENELECは、2006年にリスニング環境の問題を補正する技術、SAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。そのSAMを内蔵したモデルでも特に人気なのは、同軸構造による点…

本間昭光 前編〜GENELEC The Ones Load Test

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:八島崇 40年の歴史を誇るGENELECは、2006年にリスニング環境の問題を補正する技術、SAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。そのSAMを内蔵したモデルでも特に人気なのは、同軸構造による点音源を実現し…

東京音楽大学 中目黒・代官山キャンパス 〜イマーシブ環境を実現したスタジオと充実のソフトウェア〜

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:八島崇(except:*) 昨年創立111周年を迎え、その記念プロジェクトであった中目黒・代官山キャンパスを今年4月に開校した東京音楽大学。その注目事項として、イマーシブ・オーディオ環境とMADI接続のレコ…

PRESONUSがEris Eシリーズを大幅にブラッシュ・アップ

PRESONUSEris E8 XT/Eris E5 XT サウンド&レコーディング・マガジン編集部 PRESONUSが、2ウェイ・パワード・モニターのEris Eシリーズを大幅にブラッシュ・アップし、Eris E8 XTおよびEris E5 XTとして発売した。オープン・プライスとなっており、MUSIC Ec…

桑原聖(Arte Refact)後編〜GENELEC The Ones Load Test

サウンド&レコーディング・マガジン編集部 撮影:小原啓樹(*を除く) 40年の歴史を誇るGENELECは、2006年にリスニング環境の問題を補正する技術、SAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。そのSAMを内蔵したモデルでも特に人気なのは、同軸構造による…