モニター・スピーカー

YAMAHA MSP3A × ケンカイヨシ(Loyly Lewis)〜すべてのクリエイターに送る新世代パワード・モニター【Vol.1】

モニターのエントリー・モデルとしては最高の一品プロのクリエイターにもサブ機としてお薦めです YAMAHAが新開発したパワード・モニター・スピーカー、MSP3A。MSP3の後継機種にあたり、汎用性の高さはそのままに、よりクリアな低域を再現する同モデルを、第…

GENELECのサウンドを自宅で体験できるCreate with Genelecプログラムがスタート

GENELECは、同社のDSP搭載SAM(Smart Active Monitor)モニター・スピーカーのサウンドと、音響補正ソフトGLMによるキャリブレーションやコントロールを自宅で体験できる「Create with Genelec」プログラムを開始した。 プログラム用にパッケージしたスピー…

「YAMAHA MSP3A」製品レビュー:バスレフに独自技術のポートを新規採用したニアフィールド・モニター

筆者が先代のYAMAHA MSP3を知ったのは、海外で活躍しているマニピュレーター/プログラマーの友人が使っているのを見たのが最初。ラックの上にポツンと乗っていたのが印象的で“これだ!”とばかりにすぐ購入し、コンサートのリハーサルや現場での作業、確認に…

瀧口博達 × AMPHION One18 〜音職人の「道具」第11回

一流のプロが制作手法や愛用機材を語る本コーナー。今回登場していただくのは、米津玄師や西野カナなど、多くのアーティスト作品を手掛けてきたマスタリング・エンジニア、瀧口博達氏だ。Warner Music Masteringと軒を連ねる氏のプライベート・スタジオ=Tuc…

YAMAHA MSP3A 〜Rock oN Monthly Recommend vol.32

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフとその製品を扱うメーカーや輸入代理店が語り合う本連載。今回はYAMAHAのパワード・モニター・スピーカー、MSP3Aを紹介する。MSP3の後継機となるモデルで、MSPシリーズ共通のリファレンス・サウンド…

DJプレイにも制作にも対応するアクティブ・モニター・スピーカーPIONEER DJ VMシリーズ発売

写真左から、VM-50-W、VM-50、VM-70、VM-80 PIONEER DJから、2ウェイ・アクティブ・モニター・スピーカーVM-50/VM-70/VM-80(各機種オープン・プライス)が4月8日に発売される。 VMシリーズは、同社のモニター・スピーカーS-DJ Xシリーズを継承。クラスD…

ECLIPSE TD307の第3世代機、TD307MK3が4月1日発売。5.1chパッケージもリリース

デンソーテンは、ECLIPSE TD307の最新モデル、TD307MK3(27,500円:1基/税込み)を4月1日に発売する。カラーはホワイトとブラックの2種類が用意されている。 TD307MK3 ホワイト・モデル 現行モデルTD307MK2Aと比較して明瞭性、 空間再現力、 スピード感…

IK MULTIMEDIAのソフトウェア製品を網羅するバンドルTotal Studio 3 Max。4月下旬にボックス版もリリース

IK MULTIMEDIAから、Mac/Windows対応の主要ソフトウェアのほとんどを収録したTotal Studio 3 Maxが発売された。 2020年末にリリースされたばかりのAmplitube 5 Maxをはじめ、T-Racks 5 MaxおよびT-Racks Leslie、Sunset Sound Studio Reverb、Space Delay、T…

あらゆるスピーカー&ヘッドフォンを補正するSONARWORKS SoundID Reference。補正後の調整や多彩な再生環境を再現する機能を追加

SONARWORKSから、モニター環境補正システムのSoundID Referenceがリリースされた。従来のReference 4の後継に当たり、2021年2月以降(5月9日まで)のReference 4シリーズ購入登録者には、無償でSoundID Referenceが提供される。 SoundID Referenceは、測…

【動画公開】GLM 4 × 本間昭光 〜GENELEC GLMソフトウェアの最新バージョンを体験

GENELEC GLM(Genelec Loudspeaker Manager)は、DSP搭載のSAM(Smart Active Monitor)スピーカーの設定/キャリブレート/コントロールを行うことができるMac/Windows対応のソフトウェア。昨年12月に待望のバージョン・アップが実施され、GLM 4として装い…

DTM / DAWの音楽制作に必要な機材|初心者ガイド〜パソコンで曲作り

音楽制作の世界へ、テイク・オフ! 現代の音楽制作はパソコンを使うのがスタンダード。低コストながら多彩な機能を扱え、あらゆる操作を直感的に行えます。また、音楽理論や機材に詳しくなくても簡単に楽曲を作れる環境が年々向上している印象です。このガイ…

KEF LS50 Wireless II+KC62 × Shin Sakiura 〜最新技術で迫力あるクリアな音を実現

KEFが新しく発売したアンプ内蔵ワイアレス・スピーカーLS50 Wireless II。ドライバー後方の不要音を99%吸収するMAT(Metamaterial Absorption Technology)技術を搭載する優れものだ。サブウーファーKC62には、2つのドライバーを単一のモーター・システムで…

NEUMANN、キャリブレーション用測定マイクMA 1を発売

NEUMANNから、同社のDSP搭載モニター・スピーカーの音響を自動補正する測定マイク、MA 1(31,200円+税)が3月4日に発売される。対応スピーカーはニアフィールド・モニターKH 80 DSPとサブウーファーKH 750 DSPで、DSP非搭載のKH 120/310/420でもKH 750 DS…

「PRESONUS Eris E7 XT」製品レビュー:ケブラー製ウーファーとEBMウェーブガイドを採用する2ウェイ・モニター

PRESONUSが送るEris Eシリーズに、Eris E7 XTが登場。重厚感のあるデザインの2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニターです。早速見ていきましょう。 Blacklolita 75W+65WのクラスABバイアンプ駆動Acoustic Spaceで設置場所による影響を軽減 普段、自…

NEUMANN MA 1 〜Rock oN Monthly Recommend vol.30

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフとその製品を扱うメーカーや輸入代理店が語り合う本連載。今回はNEUMANN MA 1を紹介する。MA 1は、同社のDSP内蔵モニター・スピーカーのKH 80 DSPとKH 750 DSPで使用できる音響補正用の測定マイク。…

KEF、小スペースで大迫力の低音再生を実現する新たなUni-Coreテクノロジーを発表

KEFは、サブウーファーやスピーカー・キャビネットの体積を大幅に削減しながら、高レベルの低域再生能力を実現するUni-Coreテクノロジー(特許申請中)を発表した。 2つのフォース・キャンセリング・ドライバー・ユニットを、単一のモーター・システム(ド…

「REPRODUCER AUDIO Epic 55」製品レビュー:パッシブ・ラジエーターを搭載するミッドフィールド・モニター・スピーカー

ニアフィールド・モニターのEpic 5で知られるREPRODUCER AUDIOより、MTMタイプのミッドフィールド・モニターEpic 55が発売されました。Epic 5で得た評価とフィードバックに元に、3年近くの開発期間を経て登場した進化版モデルです。 福田聡 撮影:川村容一 …

YAMAHAから小型パワード・モニター・スピーカーMSP3Aが登場

YAMAHAは、コンパクト・サイズのパワード・モニター・スピーカー、MSP3A(価格:オープン・プライス)を2021年2月に発売する。 10cmウーファーと2.2cmツィーターを搭載した2ウェイ・バスレフ方式を採用し、スピーカーの特性に最適化された22Wパワー・アン…

KEF LS50 Meta × 瀬戸勝之 〜新開発MAT技術を採用したパッシブ・スピーカーをチェック!

イギリス発祥のオーディオ・ブランド、KEFがパッシブ・スピーカーのLS50 Metaを発表した。LS50 Metaには新開発のMAT技術が採用されるなど、音質的な進化が著しいという。今回はstudio SpaceLab代表の瀬戸勝之氏に、KEF MUSIC GALLERYでLS50 Metaと旧LS50との…

GENELEC GLM 4|最適なリスニング環境を構築するキャリブレーション・ソフトウェア

40年の歴史を誇るGENELECは、リスニング環境の問題を解決するシステムとしてSAM(Smart Active Monitoring)を提唱。この度、その一端を担うMac/Windows対応のGLMソフトウェアが新バージョンGLM 4としてリリースされた。ここでは、GLMシステムの仕組みについ…

音響ハウス・櫻井繁郎が語るNEUMANN KH 310の実力

NEUMANNが誇る3ウェイ・パワード・ニアフィールド・モニター、KH 310。アナログ入力のみのKH 310 Aとデジタル入力も備えるKH 310 Dの2機種をそろえ、世界中の現場で活用されている。密閉型エンクロージャーの中には、特別設計のミッドレンジ・ドライバーや…

阿南智史(never young beach) 後編〜GENELEC The Ones Load Test

Photo:Hiroki Obara 8331Aはものすごく音がよく見えるモニター・スピーカー自分の耳や電源を疑わなくてよいのは大きなメリットです 40年の歴史を誇るGENELECは、リスニング環境の問題を解決するシステムとしてSAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。そ…

GENELEC SAMシステム・スタジオ・モニターの3モデルにRAWフィニッシュが登場

GENELECは、DSPを搭載したSAMシステム・スタジオ・モニター全3機種(8320、8330、8340)の新カラーとなるRAWフィニッシュ・モデル、8320ARwM(オープン・プライス:市場予想価格70,000円前後+税/1基)、8330ARw(オープン・プライス:市場予想価格100,00…

「KEF LS50 Wireless II」製品レビュー:MAT技術でドライバー背面の不要音を削減したワイアレス・スピーカー

2021年で創立60周年を迎える英国のスピーカー・メーカー=KEFから、アンプ内蔵のワイアレス・スピーカーKEF LS50 Wireless IIがリリースされました。現在のKEFの製品と言えば、高品質のホーム・シアター用スピーカーやヘッドフォンなど生活に根差したものが…

PRESONUSのスタジオ・モニターに6.5インチウーファー搭載のEris E7 XTがラインナップ

PRESONUSのスタジオ・モニター Erisシリーズに、新たなラインナップとして2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニターのEris E7 XT(オープン・プライス:MUSIC EcoSystems STORE価格 27,500円/1台)が加わった。発売日は11月21日(土)。 6.5インチの…

阿南智史(never young beach) 前編〜GENELEC The Ones Load Test

Photo:Hiroki Obara 8331Aはリバーブの奥行きが目に見えるようです優秀なエンジニアが良い環境で処理してる感覚だと思いました 40年の歴史を誇るGENELECは、リスニング環境の問題を解決するシステムとしてSAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。その中…

REPRODUCER AUDIOからミッドフィールド・モニター・スピーカー、Epic 55が登場

REPRODUCER AUDIOから、アクティブ・タイプのミッドフィールド・モニター・スピーカー、Epic 55(市場予想価格:155,000円+税/1台)が11月13日(金)に発売される。 同社の第1弾モデル、Epic 5で培われたノウハウとフィードバックを基に開発。自社開発に…

“これから”の人のための制作ツール講座〜第3回:モニター・スピーカーの選び方&メリット

“セルフ・レコーディングを始めたい”“どんな機材を使えばいいのか分からない”“機材の使い方を知りたい”といった音楽制作をスタートする人に向けた知識&テクニックを紹介する本連載。第3回のテーマはモニター・スピーカーだ。ご存じの通り、“モニター”とは…

machìna 後編〜GENELEC The Ones Load Test

Photo:Hiroki Obara 8331Aは音量の大小に関係なくバランスが取れる自分でミックスするプロデューサーの基準になると思います 40年の歴史を誇るGENELECは、リスニング環境の問題を解決するシステムとしてSAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。その中で…

TASCAM VL-S3BT 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima TASCAM VL-S3BT多様なコーデックに準拠したBluetooth接続対応機 デスクトップでの使用を念頭に置いた110(W)×170(H)×138(D)mmというコンパクトなエンクロージャーに、14W(LF)+14W(HF)のパワー・アンプを搭載したモデル。3…

「AVANTONE CLA-10A」製品レビュー:高域のブライトネスを調整可能なVTPC 機能搭載のパワード・モニター

山中剛 Photo:川村容一 NYのメーカーAVANTONEより2018年にパッシブ・モニターCLA-10がリリースされたときは、その大胆でストレートなアプローチに少々驚きました。しかも、製品の監修は世界的トップ・エンジニアのクリス・ロード=アルジ氏。使用パーツなど…

MACKIE. CR3 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima※写真はリミテッド・カラー仕様のCR3-LTD(2145C)。台数限定で、販路も通常カラーのCR3と異なりますがスペックに違いは無いため、本特集内ではCR3と表記いたします MACKIE. CR3フロントからボリューム・コントロールが可能なモデル …

GENELEC 8010A 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima GENELEC 8010Aアルミ・ボディ+Iso-Pod採用の8000シリーズ最小モデル フィンランドのスピーカー・ブランド、GENELECの2ウェイ・アクティブ・モニター8010A。3インチ径のウーファーに3/4インチ径のメタル・ドーム・ツィーターを装備…

FOCAL Shape 40 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima FOCAL Shape 40パッシブ・ラジエーターを両サイドに搭載したモニター 2017年にFOCALが発表したニアフィールド向け2ウェイ・パワード・モニター=Shapeシリーズの中で一番コンパクトなモデル。亜麻繊維を使用した4インチ径コーン・ウ…

「MACKIE. CR3-XBT」製品レビュー:Bluetooth接続可能な50WクラスDアンプ搭載のパワード・モニター

Mine-Chang 撮影:川村容一(リア・パネルを除く) MACKIE.といえばコスト・パフォーマンスに優れたミュージシャン向けミキサーで有名ですが、スピーカーやヘッドフォンの開発もしていて、価格以上の音質に定評があるブランドです。そんなMACKIE.から発売さ…

machìna 前編〜GENELEC The Ones Load Test

Photo:Hiroki Obara 私はルーム・アコースティックが重要だと思っていますが8331Aであれば最初から調整した状態でモニターできますね 40年の歴史を誇るGENELECは、2006年にリスニング環境の問題を補正する技術としてSAM(Smart Active Monitoring)を提唱し…

【コラム】自宅スタジオで作るワンランク上のモニター環境 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

福田聡 せっかく良いモニター・スピーカーを導入しても、設置の仕方や室内音響が悪いと、その性能が十分に発揮されない場合があります。ここでは、自宅スタジオにおけるモニター・スピーカーの設置方法や簡単なルーム・チューニングについて、お話ししていき…

YAMAHA HS5 / HS7 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima 伝統の国内ブランドが生み出した“ 精確性” 追求モデル YAMAHA NS-10M Studioにも通じる“ 精確性”をうたうHSシリーズは、新開発の1インチ径ドーム・ツィーターと、大型マグネットを採用した専用ウーファーを搭載。特にウーファーはバ…

PRESONUS Eris E3.5 / Eris E4.5 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima 堅牢なケブラー製のウーファーを備えたモニター ケブラー・コーンを採用したウーファーと、ワイドな分散パターン・デザインの低質量シルク・ドーム・ツィーターを装備するEris Eシリーズ。Eris E3.5/Eris E4.5 共に、25W出力のクラス…

ADAM AUDIO T Series 〜Rock oN Monthly Recommend vol.25

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフとその製品を扱うメーカーや輸入代理店が語り合う本連載。今回はドイツ・ベルリンを拠点とするスピーカー・ブランド、ADAM AUDIOのTシリーズを紹介する。2018年にリリースされたシリーズで、これま…

MONKEY BANANA Turbo 4 / Turbo 6〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima 定在波を抑制する六角形キャビネットを採用したモデル Turboシリーズの特徴的な六角形キャビネットは、定在波を抑制し、定位と奥行きを明りょうに再現するという。防磁型セラミック皮膜ポリプロピレン・コーン・ウーファーとシルク・…

KRK RP5G4 / RP7G4〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima 25種類のプリセットを擁するグラフィックEQ搭載機 2ウェイ・パワード・モニターRokitシリーズの第4世代で、上位機種に使われているケブラー・コーンのウーファーを初めて採用した。ブリックウォール・リミッター搭載のクラスDパワー…

JBL PROFESSIONAL 305P MKII / 306P MKII〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima 最上位機と同様のウェーブガイドを装備したモニター 41W出力のクラスDパワー・アンプを2基搭載した305P MKIIと、56W出力アンプを2基装備する306P MKII。ボイス・コイルを取り巻く磁界のひずみを改善し、原音忠実を実現するという低域…

IK MULTIMEDIA ILoud Micro Monitor / ILoud MTM 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima IK MULTIMEDIA内蔵DSPで最適なモニタリング環境を構築可能なモデル ILoud Micro Monitorは、クラスDパワー・アンプを4基搭載することで合計50W RMS、最大音圧レベル107dBの出力を実現。また56ビットDSPを内蔵しており、机の上に設置…

FOCAL Alpha 50 / Alpha 65 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima FOCAL特許技術のリバース・ドーム・ツィーター搭載機 特許技術であるリバース・ドーム・ツィーターとダンピング特性に優れたポリグラス・コーン・ウーファーを搭載しており、リニアな高域再生とニュートラルな中~低域を実現している…

EVE AUDIO SC203 / SC205〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima EVE AUDIO独自設計のAMTツィーターを装備したスピーカー SC203には、±5mmの駆動範囲を誇るボイス・コイル搭載の3インチ径ウーファーと、専用μAMT(Air Motion Transformer)ツィーターを採用。筐体にはもともと7.5°の傾斜が付いてい…

ADAM AUDIO T5V / T7V 〜ペア10万円以下!サイズで比べるビギナー向けモニター・スピーカー

Photo: Takashi Yashima ADAM AUDIO上位機種を踏襲したU-ARTツィーター採用モデル T5Vには5インチ径、T7Vには7インチ径のポリプロピレン・ウーファーが搭載されている。両モデルとも高域用ドライバーには1.9インチ径U-ART(Unique Accelerated Ribbon Tweete…

ペア10万円以下!初心者向けモニター・スピーカー【サイズ別】〜Introduction

近年、自宅などのプライベート環境で制作するクリエイターの中には、ヘッドホンだけでモニタリングしているという人も少なくないだろう。特にビギナーは、モニター・スピーカーの必要性を感じながらも、どのメーカーの何インチ・モデルを購入すればよいのか…

「KRK Classic 5」製品レビュー:Bass Boostで低域を拡張するクラスABアンプ搭載2ウェイ・モニター

Shingo Suzuki(origami PRODUCTIONS) 最近のニアフィールド・モニター市場には、幅広い価格帯で新しい製品が次々と投入されている印象があります。特に低価格帯のパワード・モニター・スピーカーの勢いがあり、以前にも増して自宅でカジュアルに音楽制作を…

KEF LSX 〜Rock oN Monthly Recommend vol.24

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフとその製品を扱うメーカーや輸入代理店が語り合う本連載。今回はイギリス発祥のオーディオ・ブランド、KEFのプロダクトを紹介する。長きにわたりリスニングからプロ・オーディオ向けの製品を開発し…