PA用スピーカー

DBTECHNOLOGIESのスピーカーがセットで販売開始

イタリアのPA用スピーカー・ブランドDBTECHNOLOGIESを輸入するティアックが、スピーカー・システムに必要な機材をバンドルしたセットの販売を開始した。 Opera Unica 12 + Sub 915 System(666,600円/トップ画像)と、Opera Unica 15 + Sub 918 System(838…

MACKIE.がPA用パワード・スピーカーやワイアレス・ヘッドフォン/マイクなど、5つの新製品を発表

MACKIE.からPA用パワード・スピーカーやワイアレス・ヘッドフォンなど、5つの新製品が発表された。 まずは、PA用パワード・スピーカーのThrash212(オープン・プライス:市場予想価格33,550円前後/1台)とThrash215(オープン・プライス:市場予想価格40,1…

最大128ch出力に対応した空間オーディオ・プロセッサーL-ACOUSTICS L-ISA Processor Ⅱが発表

L-ACOUSTICSは、空間オーディオ・プロセッサーL-ISA Processor Ⅱを発表した。L-ISA Processor Ⅱは、同社が提供するL-ISAイマーシブ・ハイパーリアル・サウンド・テクノロジー(以下、L-ISAテクノロジー)のためのハードウェア・ソリューション。L-ISAテクノ…

高出力と点音源を実現した設備向けスピーカーのCODA AUDIO HOPS12Iが登場

3ウェイ・フルレンジ・スピーカー・システム、CODA AUDIO HOPS12I(オープン・プライス)が11月12日に発売される。 HOPS12Iは“High Output Point Sources”の頭文字を取ったHOPSシリーズの最上位機種で、高出力と点音源を実現しているモデル。サウンド・クオ…

BOSE L1 Proの実力をライブ・ハウスKIWAで検証!

今春に発売されたBOSEの新たなPA用ポータブル・ラインアレイ・システム=L1 Pro。東京のPAカンパニー、オアシスサウンドデザインが導入したL1 Pro16(写真)は、2インチ径ドライバー×16個から成るラインアレイに15インチ相当のサブウーファーを組み合わせた…

DBTECHNOLOGIESが4種類の指向性プリセットを備えるウェッジ・モニターVIO W10を発売

イタリアのPA用スピーカー・ブランドDBTECHNOLOGIESより、2ウェイ・アクティブの薄型ウェッジ・モニターVIO W10(334,400円/1台)が発売された。 ポリウレア・コーディングが施された木製キャビネットを備え、本体の高さは165mmという薄型設計。底面には…

上位機の技術を採用しつつコストを抑えたPA用スピーカー「MACKIE. SRT210」レビュー

MACKIE.から今年1月に発表されたPA用パワード・スピーカー、SRTシリーズ。SRM|V-Classシリーズなどの上位機種の技術を採用しながらコスト・パフォーマンスを重視し、低域ユニット10インチ/12インチ/15インチ径の2ウェイ・モデルと18インチ径サブウーフ…

スタンド設置も行えるPA用パワード・スピーカー「YAMAHA DHR12M」レビュー

YAMAHAから新たなPA用スピーカー、DHRシリーズとCHRシリーズが発表された。前者はパワード、後者はパッシブで、共に低域トランスデューサーが10インチ/12インチ/15インチ径の3機種をそろえる。今回はDHRシリーズから12インチのDHR12Mをテストした。 レビ…

L-ACOUSTICS、家庭や商業施設向けの10インチ・サブウーファーSB10Iを発表

RALチャートに基づくカラー・オーダーも可能 L-ACOUSTICSは、10インチ・ユニット1基を搭載したコンパクトなサブウーファー、SB10I(オープン・プライス)を発表。受注を開始した。2022年第1四半期の出荷を予定している。 ロビーでの設置例。右の窓際にある…

YAMAHAがミドルレンジのPA用スピーカーDHRシリーズ/CHRシリーズを発表

YAMAHAがPA用の2ウェイ・スピーカーを発表。パワードのDHRシリーズとパッシブのCHRシリーズをラインナップし、10月の発売を予定している。 DHRシリーズは、DXR MKIIシリーズとDBRシリーズの間に位置するミドルクラスのパワード・スピーカー。エンクロージャ…