シンセ/音源モジュール

「IK MULTIMEDIA Uno Synth Pro」製品レビュー:3基のアナログ・オシレーターを搭載したパラフォニック・シンセ

最近は高級なビンテージ・シンセやモジュラー・シンセと、低価格のガジェット系シンセの両極端な製品が気になっている。そんな中、IK MULTIMEDIAから発売されたアナログの3パラフォニック・シンセサイザー、Uno Synth Proは、豊富なパラメーターをコンパクト…

今月のモジュラー・シンセ:MUTABLE INSTRUMENTS Beads(後編) 〜第13回 Patch The World For Peace

皆さんこんにちは、HATAKENです。先月はMUTABLE INSTRUMENTSのテクスチャー・シンセサイザーBeadsに搭載された、ライブ・グラニュラー処理、アッテニュランダマイザー機能、音の質感などについて話しました。今月はBeadsの具体的な魅力や使用例を紹介します…

【追悼】ピーター・ジノヴィエフ氏が語るEMSの歴史(2015年取材)

6月26日、ピーター・ジノヴィエフ氏の訃報が届いた。エポック・メイキングなシンセを作り出し、電子楽器業界の発展に寄与した偉大なる氏のご冥福をお祈りし、2015年に来日した際のインタビューをここに再掲載する。 JAPAN FESTIVAL OF MODULAR 2015のゲスト…

今月のモジュラー・シンセ:MUTABLE INSTRUMENTS Beads(前編) 〜第12回 Patch The World For Peace

皆さんこんにちは、HATAKENです。今月から1つのモジュールを2カ月にわたりじっくりと紹介します! 今回はMUTABLE INSTRUMENTS Beadsです。 Text:HATAKEN Photo:Yusuke Kitamura リアルタイムのグラニュラー処理が可能 グラニュラー・シンセはオーディオ…

MOOGがセミモジュラー・アナログ・シンセ2台+必要アクセサリーをセットにしたMoog Sound Studio2種を発表

Moog Sound Studio: Subharmonicon & DFAM MOOGが、2種類のオールインワン・アナログ・シンセサイザー・キットMoog Sound Studioを発表した。発売時期は6月下旬予定。セットには、セミモジュラー・アナログ・シンセサイザー2台のほか、ステレオ・サミング…

KORG Nautilus & Opsix 〜Rock oN Monthly Recommend vol.34

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフとその製品を扱うメーカーや輸入代理店に話を聞く本連載。今回はKORG NautilusとOpsixを紹介する。Nautilusは同社が誇る高品位なサウンド・エンジンを多数搭載したミュージック・ワークステーション…

今月のモジュラー・シンセ:INTELLIJEL Scales 〜第11回 Patch The World For Peace

皆さんこんにちは、HATAKENです! 今回ご紹介するのはピッチ・クオンタイザーというモジュールで定番のINTELLIJEL Scalesです。クオンタイズは“量子化する”という意味の言葉で、MIDIシーケンサーなどのリズムのクオンタイズから想像いただけると思います。ピ…

今月のモジュラー・シンセ:BEFACO VCMC 〜第10回 Patch The World For Peace

こんにちは、HATAKENです。これから紹介するBEFACO VCMCはMIDIコントローラーで、CV to MIDIインターフェース。モジュラーから直でリズム・マシンやMIDIシンセを操作できます。あらゆるMIDIプラットフォームとの互換性を持ち、USBクラス・コンプライアント対…

今月のモジュラー・シンセ:MAKE NOISE Pressure Points 〜第9回 Patch The World For Peace

こんにちはHATAKENです。今回紹介するのはモジュールを“演奏する”ためによりフィジカルに制御できるという意味で、ほかに類を見ないほど優れているコントローラー=MAKE NOISE Pressure Pointsを紹介します。 Text:HATAKEN Photo:Yusuke Kitamura 今月のモ…

今月のモジュラー・シンセ:INTELLIJEL Triplatt 〜第8回 Patch The World For Peace

皆さん、こんにちはHATAKENです。本連載で毎月1つずつモジュールを紹介してきて半年以上がたちました。モジュラー・シンセの魅力を紹介しつつ、“なぜ今モジュラー・シンセを使うのか”をお話ししてきましたが、“実際にモジュラー・シンセを購入してみたよ”な…

ARTURIAからサウンドのモーフィングが可能な6ボイスのアナログ・シンセ、PolyBrute誕生

ARTURIAから、6ボイスのアナログ・シンセ、PolyBrute(350,000円+税)が登場。専用木製スタンドWooden Legs(25,000円+税)も用意される。 Wooden Legsを取り付けた状態 2つのBruteウェーブ・シェイピング・オシレーター(波形はSaw、Triangle+Metalize…

今月のモジュラー・シンセ:4MS Quad Clock Distributor 〜第7回 Patch The World For Peace

皆さんこんにちは、HATAKENです! 今月は、ユーロラック・モジュールの老舗メーカー4MSのQuad Clock Distributor(以下QCD)を紹介します。QCDは4つの独立したクロック・ディストリビューターとしても、同期した4種類のクロック出力としても使用可能。クロッ…

今月のモジュラー・シンセ:MAKE NOISE Richter Wogglebug 〜第6回 Patch The World For Peace

皆さんこんにちは、HATAKENです! 今月はオシレーターを搭載するランダムCVジェネレーターのMAKE NOISE Richter Wogglebugをご紹介します。偶発的なハプニングをランダムに発生させるのは、モジュラー・シンセの醍醐味。同じサウンドをプラグインで作ろうと…

今月のモジュラー・シンセ:MAKE NOISE QPAS 〜第5回 Patch The World For Peace

皆さんこんにちは、HATAKENです! 今回はシンセの肝、フィルターを取り上げます。最近の製品の中で最も興味を引くのが、ステレオ仕様のフィルターです。モジュラー・シンセをDAWなどと共存させるために需要が高まったのでしょう。各社が趣向を凝らしてステレ…

今月のモジュラー・シンセ:EXPERT SLEEPERS ES-9 〜第4回 Patch The World For Peace

こんにちは、HATAKENです! 前回はDAWに縛られない音楽制作をするためにシーケンサー×2機種を紹介しました。しかしモジュラーを使っていると、LFOの値やシーケンスをDAWで設定して、次回にセットアップする際の再現性を高めたいといったシーンもあります。…

今月のモジュラー・シンセ:MALEKKO HEAVY INDUSTRY Varigate 8+ / Voltage Block 〜第3回 Patch The World For Peace

こんにちは、HATAKENです! 僕の大好きなモジュールを紹介する本コーナーも3回目を迎えました。これまでモジュールのユニークな機能などをお話ししてきましたが、僕はモジュラー・シンセと向き合う時間そのものも魅力だと思っています。さまざまなパッチン…

今月のモジュラー・シンセ:MUTABLE INSTRUMENTS Rings 〜第2回 Patch The World For Peace

こんにちは、HATAKENです! 今月も私の大好きなモジュールをご紹介しながら、モジュラー・シンセの魅力に迫ります。今回は物理モデリング音源、MUTABLE INSTRUMENTS Ringsです。 Text:HATAKEN Photo:Yusuke Kitamura 今月のモジュール:MUTABLE INSTRUMENT…

今月のモジュラー・シンセ:MAKE NOISE Rene 〜第1回 Patch The World For Peace

こんにちは、HATAKENです。このたび僕のお薦めのモジュール紹介を通してモジュラー・シンセの魅力をお伝えする新連載を始めることになりました。多くの方がモジュラー・シンセに興味を持っていただけますように! これからどうぞよろしくお願いいたします。 …

8ボイス・ウェーブテーブル・シンセMODAL ELECTRONICS Argon8とラック版Argon8M

8音ポリフォニックのウェーブテーブル・シンセ、MODAL ELECTRONICS Argon8(オープン・プライス)と、そのモジュール版Argon8M(オープン・プライス)の国内出荷が開始された。Argon8はFATAR製37鍵を採用。Argon8Mは付属の金具でラック・マウントが可能だ。…

「WALDORF Kyra」製品レビュー:独立した8パートを同時に使用できるバーチャル・アナログ・シンセ

WALDORFKyra H2 一味違う個性的なシンセが話題となるWALDORF。今度は“音の壁”というキャッチ・コピーを提げたシンセ、Kyraをリリースしてきました。シンセ・マニアたちを中心に絶賛話題沸騰中のシンセがどんなものなのか、じっくりレビューさせていただこう…

「BEHRINGER Pro-1」製品レビュー:ビンテージ・シンセの名機を元に開発したデスクトップ型モノシンセ

BEHRINGERPro-1 松前公高 Model DやOdyssey、K-2など、有名なアナログ・シンセのクローンを次々と発表しているBEHRINGER。今回新たにモノシンセの名機を元にしたPro-1が発売された。レイアウト、デザイン、ノブに至るまで丁寧に再現されているのはもちろん、…

「MODAL ELECTRONICS CraftSynth 2.0 」製品レビュー:40種類のオシレーター波形を搭載した小型ウェーブテーブル・シンセ

MODAL ELECTRONICSCraftSynth 2.0 H2 近年、欧州のシンセサイザー・シーンで頻繁に耳にするのが英国のブランド、MODAL ELECTRONICS。同社は比較的新しいブランドですが、ハイエンド・シンセから低価格帯のモデルまで、次から次へとリリースを行っています。…

「IK MULTIMEDIA Uno Drum」製品レビュー:アナログ音源+PCM音源搭載の小型ハイブリッド・リズム・マシン

IK MULTIMEDIAUno Drum MASAHIRO KITAGAWA IK MULTIMEDIAから、アナログとデジタル、2種類の音源を搭載したハイブリッド仕様のリズム・マシン=Uno Drumが登場。イタリアのアナログ・シンセサイザー・メーカーSOUNDMACHINESの協力を得て開発されたとのこと…

TEENAGE OP-Z用体感サブウーファー・モジュール

TEENAGE ENGINEERINGOP-Z rumble module サウンド&レコーディング・マガジン編集部 TEENAGE ENGINEERINGのポータブル・インストゥルメント、OP-Z用の追加モジュール第2弾として、OP-Z Rumble Moduleが10月25日に発売となる予定だ。価格は10,800円+税。 Ru…

「MODOR NF-1」製品レビュー:10種類のオシレーター波形を搭載する8ボイス・デジタル・シンセ

MODORNF-1 H2 MODORは、ベルギーを拠点にするシンセサイザー・ブランド。今回レビューするNF-1が最初に発売されたのは2015年ですが、小ロット生産のため日本に上陸することはありませんでした。しかし2019年、USBポートなどが追加されたリニューアル・モデル…

「CHERRY AUDIO Voltage Modular Core + Electro Drums」製品レビュー:即戦力となる106種のモジュールを備えたモジュラー・ソフト・シンセ

CHERRY AUDIOVoltage Modular Core + Electro Drums 松前公高 CHERRY AUDIOのVoltage Modular(Mac/Windows対応)は、スタンドアローンはもちろんAAX/AU/VSTプラグインとしても動作するソフトウェア版のモジュラー・シンセサイザー。美しいグラフィックス、…

「EMPRESS EFFECTS Zoia」製品レビュー:80種のモジュールを自由に組み合わせて作るシンセ/エフェクト

EMPRESS EFFECTSZoia 杉本佳一 これまでに良質なリバーブやアンプ・シミュレーターなど、ギター・ペダルを中心に製品を開発/発表をしてきたカナダのエンジニア集団EMPRESS EFFECTS。Zoiaは彼らの最新作で、ペダル型をしたモジュラー・システムだ。オシレー…

「WALDORF Quantum」製品レビュー:4種類の音源アルゴリズムを搭載したハイブリッド8ボイス・シンセ

WALDORFQuantum H2 ドイツのシンセ・メーカーWALDORFが初代機のMicr owaveを発売したのは、今からちょうど30年前のこと。その後もWALDORFは研究を続け、新しい発想のシンセを次々と発表してきました。今回レビューするQuantumは、そんなWALDORFが放つ最新の…

「NEKTAR TECHNOLOGY Bolt」製品レビュー:フィルターの代わりに変調での倍音変化で音作りを行うソフト・シンセ

NEKTAR TECHNOLOGYBolt H2 USB MIDIキーボード/コントローラーが評判のNEKTAR TECHNOLOGYがBoltというソフト・シンセをリリースしました。百花繚乱(りょうらん)なシンセ市場に参入したこのシンセを早速レビューしていきましょう。 倍音の並びやレベルを…

「MOOG Grandmother」製品レビュー:スプリング・リバーブ搭載のセミモジュラー・アナログ・シンセサイザー

MOOGGrandmother H2 “MOOGがセミモジュラー式モノフォニック・アナログ・シンセサイザー、Grandmotherを発表”。そんなニュースを耳にしたのは今年の5月ごろでした。アメリカ国内のみで販売された初回生産分の500台はすぐに完売し、追加生産分がようやく日本…

「ARTURIA DrumBrute Impact」製品レビュー:サウンドのバリエーションを強化したフル・アナログのリズム・マシン

ARTURIADrumBrute Impact Albino Sound ソフトウェア・メーカーとしての出発点から大きく飛躍し、ハードウェアにも力を注ぐARTURIAから、リズム・マシンDrumBruteの新モデルであるDrumBrute Impactが登場しました。使いやすさはそのままに、サイズ・ダウンと…

「SEQUENTIAL Prophet X」製品レビュー:サンプリング音源とDCOを組み合わせた最新鋭ハイブリッド・シンセ

SEQUENTIALProphet X H2 2018年は、SEQUENTIAL Prophet-5が登場して40年になります。それを記念するという意味もあり、この9月から社名がDAVE SMITH INSTRUMENTSからSEQUENTIALに回帰しました。そしてこのタイミングで今夏リリースされたのがProphet X(エ…

MOOGがセミモジュラー式のアナログ・モノフォニック・シンセGrandmotherを発表

MOOGGrandmother サウンド&レコーディング・マガジン編集部 アルペジエイター/シーケンサー、スプリング・リバーブを搭載する、セミモジュラー式のアナログ・モノフォニック・シンセ、Grandmother(125,000円)が登場。10月下旬に発売を予定している。 Min…

「JOMOX Alpha Base」製品レビュー:サンプラーやFMシンセを融合したアナログ・ドラム・シンセサイザー

JOMOXAlpha Base 佐藤公俊(Mother Tereco) JOMOX Alpha BaseはサンプラーやFMシンセが融合した、アナログ・ドラム・シンセサイザー。この次世代のリズム・マシンは一体どんな音を奏でるのでしょうか。 16ステップ・シーケンサーを搭載同社のパーカッション…

「MOOG DFAM」製品レビュー:ステップ・シーケンサー搭載のセミモジュラー・パーカッション・シンセ

MOOGDFAM JUN(80KIDZ) MOOG DFAMは、MOOGセミモジュラー・シリーズの製品としてMother-32に続きリリースされたアナログ・パーカッション・シンセサイザー。2017年、アメリカのノースカロライナ州で行われたMoogfestにおいて、DFAMのDIYキットが先行販売さ…

「ARTURIA MiniBrute 2」製品レビュー:外部モジュールの接続も可能なパッチ・ベイを持つアナログ・シンセ

ARTURIAMiniBrute 2 Chihei Hatakeyama MatrixBruteやMicroBruteなどをリリースし、近年のアナログ・モノフォニック・シンセ界の風雲児とも言えそうなARTURIA。同社から、2012年発売のMiniBruteの後継機=MiniBrute 2(鍵盤搭載型/価格は上記)とMiniBrute …

「OUTPUT Analog Brass & Winds」製品レビュー:生楽器とシンセをレイヤーして生み出す金管&木管専用ソフト音源

OUTPUTAnalog Brass & Winds mabanua OUTPUTから新作ソフト音源、Analog Brass & Windsがリリースされました。収録サンプル容量は28GB、音色プリセットはなんと500種類。Analog Stringsに続く、それのブラス&ウッドウィンズ・バージョンとなります。 2つの…

「ELEKTRON Digitone」製品レビュー:8trシーケンサーを内蔵したテーブルトップ型8ボイスFMシンセ

ELEKTRONDigitone 佐藤公俊(Mother Tereco) マルチFMアルゴリズムを搭載した8ボイスのデジタル・ポリフォニック・シンセ、Digitone。筆者はELEKTRON Machinedrum SPS-1 MKIIを愛用していますが、まさか同社がFMシンセをリリースするとは……! ということで…

IK MULTIMEDIA初のアナログ・シンセUno Synth

IK MultimediaUNO Synth サウンド&レコーディング・マガジン編集部 IK MULTIMEDIAは、イタリアに本拠を置くアナログ・シンセサイザー・メーカーSOUNDMACHINES(イタリア・ファブリアノ)との共同開発によるモノフォニック・シンセサイザーUno Synthを発表し…

「THREE-BODY TECH Heavier 7 Strings」製品レビュー:サウンドのリアリティを突き詰めたヘビー・メタル特化のギター音源

THREE-BODY TECHHeavier 7 Strings YAMA-B 昨今、低音弦を足した7弦ギターのような多弦ギターは需要増加の傾向にあると言えますが、通常のギターのプレイヤーにとっては似て非なる楽器であり、演奏に慣れるためには少々時間が必要です。他方、楽曲制作の現…

「DAVE SMITH INSTRUMENTS Prophet Rev2 Module」製品レビュー:Prophet '08を機能向上させたモジュール型のアナログ・シンセ

DAVE SMITH INSTRUMENTSProphet Rev2 Module AZUMA HITOMI DAVE SMITH INSTRUMENTS Prophet Rev2 Moduleは、同社Prophet '08の機能を継承しつつ大幅なパワー・アップを果たしたアナログ・ポリフォニック・シンセサイザー=Prophet Rev2のモジュール版。8ボ…

ARTURIAのアナログ・モノシンセMiniBrute 2シリーズが発売

ARTURIAMiniBrute 2/ARTURIAMiniBrute 2S サウンド&レコーディング・マガジン編集部 コルグKIDは、ARTURIAのアナログ・モノフォニック・シンセMiniBrute 2とMiniBrute 2S、EuroRackケースのRackBrute 3U/6Uを3月下旬に発売する。MiniBrute 2とMiniBrute 2…

「BEHRINGER DeepMind 6」製品レビュー:上位モデルと同等の機能を持つ6ボイス/37鍵のアナログ・シンセ

BEHRINGERDeepMind 6 松前公高 BEHRINGERのアナログ・シンセDeepMind 12と同等の機能を備えつつ、6ボイス/37鍵とコンパクトにしたのがDeepMind 6。小さなボディに多くの注目すべき機能が搭載され、アプリでのエディットも可能だ。 ADSRの各カーブを変えら…

「WALDORF VCF1」製品レビュー:ディストーション回路を備えたアナログ・フィルター・モジュール

WALDORFVCF1 ナカヤマ・ノブヒコ WALDORFといえば、名機PPG Wave 2.3やMicrowaveなどを生み出したドイツのシンセ・メーカーだが、先進的なデジタル技術を駆使した独創的なアイディアは、1980年代ころから異彩を放っていた。そんな老舗メーカーが、近年Eurora…

「IK MULTIMEDIA IRig Keys I/O」製品レビュー:マイク入力付きオーディオI/Oを持つキーボード・コントローラー

IK MULTIMEDIAIRig Keys I/O 田中潤(ゲントウキ) いよいよ発売されました、IRig Keys I/O。IK MULTIMEDIAのキーボード・コントローラーで、コンパクト・サイズながら、マイク・インなどを備えるオーディオI/Oが備わっています。僕は“The 2017 NAMM Show”で…

「ROLAND D-05」製品レビュー:1987年リリースのデジタル・シンセD-50を再現したモジュール

ROLANDD-05 ヤマモトショウ 伝説的な電子楽器を現代のクリエイター向けに再現したモジュール、ROLAND Boutiqueシリーズ。サウンド感はオリジナルのままに、昨今の音楽制作やライブに必要な機能とコンパクトさを備えています。このたびROLAND D-50の再現機=D…

「ZOOM ARQ Aero RhythmTrak AR-48」製品レビュー:操作系が進化したリング・コントローラー搭載のグルーブ・マシン

ZOOMARQ Aero RhythmTrak AR-48 Q'HEY(Moon Age Recordings) 昨年発売されたZOOMのグルーブ・マシンARQ Aero RhythmTrak AR-96(以下、AR-96)は、独創的な仕様と操作性で、驚きをもって世に迎え入れられました。最大の特徴は、インストゥルメント(音源)…

KORG Minilogueに限定カラー・モデル Minilogue PGが登場

KORGMinilogue PG サウンド&レコーディング・マガジン編集部 コルグは、4ボイス・ポリフォニック・アナログ・シンセサイザーKORG minilogueの限定カラー・モデル、“minilogue PG”を発売した。価格はオープンで市場予想価格49,800円(税抜)。 見る角度や光…

「ROLAND TR-08」製品レビュー:リズム・マシンの名機TR-808をBoutiqueシリーズで復刻

ROLANDTR-08 鈴木光人(SQUARE ENIX) ROLAND TR-808は、1980年に発売されて以来、その特徴ある音色が多くのミュージシャンやプロデューサーに愛用され、30年以上たった今でもジャンルを問わず世界中の音楽シーンで大活躍しています。このたび、本家のROLAND…

「ROLAND SH-01A」製品レビュー:SH-101を再現&拡張したBoutiqueシリーズのシンセ・モジュール

ROLANDSH-01A REMO-CON もはや次は何が来るのか?と予想するのが、世のオトナたちの密かな楽しみになってきたROLAND Boutiqueシリーズ。そしてとうとう来たか!というのが今回のSH-01Aです。元ネタはもちろんSH-101。1982年に発売されたアナログ・モノフォニ…