コラム

ヨンシー『シヴァー』、オウテカ『SIGN』 〜Nagie's Recommend

Nagie 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。Nagie氏の今月のセレクトは、ヨンシー『シヴァー』、オウテカ『SIGN』です。 まるで深海底に居るような感覚に陥るビートレスや民族的なリズムが多用されるデジタル・ビートを…

A.G.クック『Apple』、Hachiku『I'll Probably Be Asleep』 〜今本 修's Recommend

今本 修 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。今本 修氏の今月のセレクトは、A.G.クック『Apple』、Hachiku『I'll Probably Be Asleep』です。 “アコースティック楽器と電子音” “美と汚” “暴音と静寂”A.G.クックの持ち味…

ヨンシー『シヴァー』、デフトーンズ『オームズ』 〜小泉由香's Recommend

小泉由香 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。小泉由香氏の今月のセレクトは、ヨンシー『シヴァー』、デフトーンズ『オームズ』です。 重たく響くシンセなどを筆頭にした内向的な雰囲気の音作り ヨンシー『シヴァー』(…

THE CHOICE IS YOURS - VOL.129 〜エンジニアのラッセル・エレバド氏らが設立した、アナログの粋を伝えるAnalogue Foundation

原 雅明 以前、日本のジャズ喫茶などから影響を受けた海外のハイファイ・バーについて触れたが、ロンドンにあるブリリアント・コーナーズもその一つだ。日本食を中心に提供するレストランでもあるが、持ち運びのできる上質なアナログのサウンド・システムを…

ケンカイヨシの見解良し! Vol.18〜ゴリラズの最新アルバムに見られるような“絶妙なローファイ感”を再現できるプラグインとは

ケンカイヨシ(Loyly Lewis) Photo:Hiroki Obara こんにちはケンカイヨシ(Loyly Lewis)です。今回はイギリスのロック・バンド、ブラーのボーカリスト=デーモン・アルバーンと、世界的なコミック・アーティストのジェイミー・ヒューレットによる覆面プロ…

The American Dream Vol.6〜ウィズ・コロナ時代でのライブ対策とストリーミング配信における4つのポイント

浅葉智 日本人アーティストがアメリカのメインストリームで互角に勝負できるようになる秘けつを、日米の文化や考え方の違いなどを例に挙げながら解説していく本コラム。最終回では、コロナ禍から今後を見据えたアメリカのアーティストたちのライブ対策のほか…

ロスタム『Unfold You』、マシン・ガン・ケリー『Bloody Valentine』 〜D.O.I.'s Recommend

D.O.I. 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。D.O.I.氏の今月のセレクトは、ロスタム『Unfold You』、マシン・ガン・ケリー『Bloody Valentine』です。 懐かしさを感じるジャズを下敷きにしたビンテージ・ポップス ロスタ…

DIYで造るイマーシブ・スタジオ 古賀健一 第5回 壁構造と残響の関係について

古賀健一 僕には、ある目標があります。それは大手スタジオを独立していく若いエンジニアや、才能あふれる作家、さまざまな事情で東京以外に住む必要がある方々が、気軽にマイ・スタジオを持てるようにすることです。クオリティの高いコントロール・ルームで…

realize〜細井美裕の思考と創発の記録 第5回 システムをホッピングするマルチチャンネル作品の可能性

細井美裕 MacBook Proを“会場”にしてコンピューターの“上”に展示会場を作る サウンド・インスタレーションは、音を出す前までの段階……スピーカーの設置含めたインフラの整備に時間とお金がかかります。前月触れたテレプレゼンス・パフォーマンスを行った『Ar…

NO PASSION, NO MUSIC〜Watusi (COLDFEET) 第14回 スターとファンとメディア・リテラシー

Watusi (COLDFEET) 人は何かを心から信じているとき、それが間違っていることを証拠とともに示されても受け入れることができず、ただただ不愉快な気分になる。それを“認知的不協和”*1という。自分の信じていることを守るのが重要なので、時には拒絶したり、…

祐天寺浩美のお部屋一刀両断 第317回 ハリーさん

祐天寺浩美 今月は、埼玉県川口市にお住まいのハリーさんのお部屋を一刀両断。壁にかかったギターと3台のキーボードが存在感を放つ制作環境です! 近年、秋が無いような気がする! 昔はあったっけ?……うーん。今回の出場者は、埼玉県にお住まいのハリーさん…

【第8話】Jr.ハイスクール!つまみちゃん

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジンにて連載されていた「つまみちゃん〜兄がこんなの買えるわけがない〜」の続編がWeb限定でいよいよスタート。その名も「Jr.ハイスクール!つまみちゃん」! 昔の音楽仲間と久しぶりに再会するのだが……。 【…

【Episode15】シンセサイザーガールズ!!

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジン2019年9月号より掲載がスタートし、「つまみちゃん」に続く異色のマンガ連載として誌面を混沌とさせている「シンセサイザーガールズ!!」。個人でものづくりをしているメイカーさんの楽器も興味深い……! 【…

Patch The World For Peace 〜モジュラー・シンセを選ぶ理由〜第4回 EXPERT SLEEPERS ES-9

HATAKEN こんにちは、HATAKENです! 前回はDAWに縛られない音楽制作をするためにシーケンサー×2機種を紹介しました。しかしモジュラーを使っていると、LFOの値やシーケンスをDAWで設定して、次回にセットアップする際の再現性を高めたいといったシーンもあ…

Neptunian Maximalism『Eons』、ロバート・グラスパー『BETTER THAN I IMAGINED』 〜Nagie's Recommend

Nagie 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。Nagie氏の今月のセレクトは、Neptunian Maximalism『Eons』、ロバート・グラスパー『BETTER THAN I IMAGINED』です。 日本を含むアジアの民族的な太鼓やリズムにロックなドラ…

ディスクロージャー『エナジー』、ザ・フレーミング・リップス『American Head』〜今本 修's Recommend

今本 修 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。今本 修氏の今月のセレクトは、ディスクロージャー『エナジー』、ザ・フレーミング・リップス『American Head』です。 ハウス/ガラージ界を背負う彼らのエナジーを注入して…

音楽と録音の歴史ものがたり Vol.83 フィル・スペクターのニューヨーク進出とアトランティックでの苦き成果

高橋健太郎 テディ・ベアーズのエピゴーネンスペクターズ・スリーの低空飛行 アリゾナ州フェニックスでリー・ヘイゼルウッドの仕事を見学したフィル・スペクターは、1959年の秋にロサンゼルスでスタジオ・セッションを再開した。テディ・ベアーズは分解して…

Berlin Calling〜第67回 ドイツ統合30周年の10月3日に『クラブ・カルチャーの日』が開催

浅沼優子 20年以上の活動を誇る女性アーティスト支援ネットワーク、Female:Pressure主催で「反レイシズム空間としてのクラブ」がテーマのパネル・ディスカッションに、パネリストとして筆者も参加した ドイツ統合30周年の10月3日に『クラブ・カルチャーの日…

THE CHOICE IS YOURS VOL.128 佐藤聡明の名作がWRWTFWWからリリース ライナーノーツで伝え切れなかったストーリー

原 雅明 NHK電子音楽スタジオは、西ドイツ放送(WDR)のケルン電子音楽スタジオと、イタリア国営放送(IRA)の電子音楽スタジオに次いで、1954年に日本放送協会(NHK)内に設立された。現代音楽の作曲家の黛敏郎や諸井誠らの働きかけがあって実現したこのス…

ケンカイヨシの見解良し! Vol.17〜ジュース・ワールドとマシュメロのコラボ曲に登場するボーカル・ハーモニー・エフェクト

ケンカイヨシ(Loyly Lewis) Photo:Hiroki Obara こんにちはケンカイヨシ(Loyly Lewis)です。今回は、昨年12月に惜しくも21歳で逝去したアメリカのラッパー=ジュース・ワールドの遺作『レジェンズ・ネヴァー・ダイ』に収録された楽曲に注目してみましょ…

ケイティ・ペリー『スマイル』、ザ・キラーズ『インプローディング・ザ・ミラージュ』 〜小泉由香's Recommend

小泉由香 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。小泉由香氏の今月のセレクトは、ケイティ・ペリー『スマイル』、ザ・キラーズ『インプローディング・ザ・ミラージュ』です。 アルバム・タイトルのように明るく前向きな楽…

NO PASSION, NO MUSIC〜Watusi (COLDFEET) 第13回 DJは実演家として公に認めてもらえるのか?

Watusi (COLDFEET) コロナ禍においてさまざまな持続化給付金も生まれ、活動の場を失ったプロフェッショナルなエンタメ実演家たちにわずかな救いも生まれた。しかしそうした給付金が組まれた始めたころ、国や各省庁、地方自治体にとってもDJという職種は明確…

トラヴィス・スコット『The Plan』、コナン・グレイ『Kid Krow』 〜D.O.I.'s Recommend

D.O.I. 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。D.O.I.氏の今月のセレクトは、トラヴィス・スコット『The Plan』、コナン・グレイ『Kid Krow』です。 上下左右前後すべてにうまく配置されたサウンドはこの曲の空間に入り込…

The American Dream Vol.5〜コロナ禍でもできる! 音楽家のクラウドファンディング活用法

浅葉智 日本人アーティストがアメリカのメインストリームで互角に勝負できるようになる秘けつを、日米の文化や考え方の違いなどを例に取り上げながら解説していく本コラム。今回は、コロナ禍でもできるWebサービスでの音楽活動/資金調達法についてお伝えし…

DIYで造るイマーシブ・スタジオ 古賀健一 第4回 コントロール・ルームの音ですべてが決まる

古賀健一 このスタジオ造りは実験の場でもあります。自分自身が当事者になることにより、スタジオ造りの大変さをリアルで体験しています。自らお金を出していますから、妥協するのも追求するのも自分次第ということです。 軽量鉄骨ではなく松材を構造材に使…

realize〜細井美裕の思考と創発の記録 第4回 Ars Electronicaでの新作「Vocalise」で試みた仮想と実在の交錯

細井美裕 「Vocalise」本番の視点。NTT ICC無響室の筆者と、小野測器残響室のスピーカー(CODA AUDIO D5 Cube)が正対している 無限の広がりを持つインターネットを目の前の画面だけにとどめないために 今回は9月9日に発表したArs Electronica Festival 20…

祐天寺浩美のお部屋一刀両断 第316回 SKYTOPIAさん

祐天寺浩美 撮影:Yasutake Mizunaga 今月は、東京都中野区にお住まいのSKYTOPIAさんのお部屋を一刀両断。黒に統一された機材と整頓されたデスクが印象的な制作環境です! はいはい、どーも。暑い! 台風! 毎年こうだっけ? いやいや、今年はそれだけでなく…

【第7話】Jr.ハイスクール!つまみちゃん

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジンにて連載されていた「つまみちゃん〜兄がこんなの買えるわけがない〜」の続編がWeb限定でいよいよスタート。その名も「Jr.ハイスクール!つまみちゃん」! 昔録った曲、久しぶりに聴き直してみたくなりま…

【Episode14】シンセサイザーガールズ!!

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジン2019年9月号より掲載がスタートし、「つまみちゃん」に続く異色のマンガ連載として誌面を混沌とさせている「シンセサイザーガールズ!!」。果たしてシンセは「シンセサイザー」のままなのか……!? www.snrec.…

Patch The World For Peace 〜モジュラー・シンセを選ぶ理由〜第3回 MALEKKO HEAVY INDUSTRY Varigate 8+ / Voltage Block

HATAKEN こんにちは、HATAKENです! 僕の大好きなモジュールを紹介する本コーナーも3回目を迎えました。これまでモジュールのユニークな機能などをお話ししてきましたが、僕はモジュラー・シンセと向き合う時間そのものも魅力だと思っています。さまざまな…

音楽と録音の歴史ものがたり Vol.82 アリゾナを拠点とした作曲家リー・ヘイゼルウッド、フィル・スペクターと交錯するポップス実験の試み

高橋健太郎 アイディアマンの作曲家リー・ヘイゼルウッドロサンゼルス売り込み時代の音源が発掘 リー・ヘイゼルウッドは1929年7月9日にオクラホマ州のマンフォードで生まれたが、石油の仕事をしていた父親とともに、カンザス州、アーカンソー州、ルイジアナ…

Berlin Calling〜第66回 “ビジネス・テクノ”と“疫病レイブ” 問われるDJとイベントの社会的責任

浅沼優子 「疫病レイヴの話をしなければならない」と題されたロンドンのオンライン・マガジンAttack Magazineに掲載された記事 “ビジネス・テクノ”と“疫病レイブ”問われるDJとイベントの社会的責任 新型コロナ・ウィルスによる“第二波”の被害が世界的に拡大…

THE CHOICE IS YOURS VOL.127 ジョン・キャロル・カービーと鈴木良雄に通ずる 一人で音楽と向き合い制作する音楽家のあり方

原 雅明 前号で取り上げたニューエイジ・ミュージック。その新しい流れを作り出す代表的なアーティストが、ピアニスト/プロデューサーのジョン・キャロル・カービーだ。LA出身のカービーはStones Throwからのデビュー作『マイ・ガーデン』を発表したばかり…

ケンカイヨシの見解良し! Vol.16〜古き良きR&Bとトラップをミックスしたロディ・リッチのデビュー・アルバムに迫る!

ケンカイヨシ(Loyly Lewis) Photo:Hiroki Obara こんにちはケンカイヨシ(Loyly Lewis)です。今回はラッパー、ロディ・リッチのデビュー・アルバム『Please Excuse Me For Being Antisocial』をひも解いていきましょう! 同作が全米ビルボードのアルバム…

NO PASSION, NO MUSIC〜Watusi (COLDFEET) 第12回 オンラインDJ年鑑=Japan DJ.netを作る

Watusi (COLDFEET) DMW(Tokyo Dance Music Week)2020*1も無事大円団(のはず)、この連載も1周年。記念すべきこの回にTDMWでも発表した、僕が長い間温めてきたWeb上のDJ年鑑“Japan DJ.net”*2の話をその動機から少し細かく記してみたいと思う。 1 感謝を込…

ポーター・ロビンソン『Get Your Wish Remixes』、ベニー『Snail』 〜Nagie's Recommend

Nagie 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。Nagie氏の今月のセレクトは、ポーター・ロビンソン『Get Your Wish Remixes』、ベニー『Snail』です。 最後まで手を替え品を替えとても楽しませてくれるリミックス ポーター・…

The American Dream Vol.4〜今後のSNSプロモーションで大切なことと クロスプロモーションの効果

浅葉智 どうすれば日本人アーティストがアメリカのメインストリームで互角に勝負できるのか。そのポイントや戦略などについて、日米の文化や考え方の違いなどを取り上げながら解説していく本コラム。今回は、今後ますます本格化するであろうSNSプロモーショ…

Poppy『I Disagree(more)』、ブロンソン『BRONSON』〜今本 修's Recommend

今本 修 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。今本 修氏の今月のセレクトは、Poppy『I Disagree(more)』、ブロンソン『BRONSON』です。 ジャンルレスでありながらJポップ色も強く感じ取れた Poppy『I Disagree(more)…

DIYで造るイマーシブ・スタジオ 古賀健一 第3回 分からないことは素直に聞くべし

古賀健一 Dolby Atmosのスタジオを作るにはどうしたらいいのか? 多分、皆さんも分からないでしょう? 僕も正直、分かりません。当初の試行錯誤の様子を、今回は記してみたいと思います。 自主施工=ヒントが無いのでDolby Japan中山尚幸さんに会いに行く 一…

アラニス・モリセット『Such Pretty Forks in the Road』、ジョン・レジェンド『ビガー・ラヴ』 〜小泉由香's Recommend

小泉由香 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。小泉由香氏の今月のセレクトは、アラニス・モリセット『Such Pretty Forks in the Road』、ジョン・レジェンド『ビガー・ラヴ』です。 楽曲/音質共に良い意味で落ち着いた…

ティーシャ『Flowers』、ボン・イヴェール『AUATC』 〜D.O.I.'s Recommend

D.O.I. 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。D.O.I.氏の今月のセレクトは、ティーシャ『Flowers』、ボン・イヴェール『AUATC』です。 過去のさまざまな音楽をオマージュしつつも回顧主義ではない最新の形 ティーシャ『Fl…

realize〜細井美裕の思考と創発の記録 第3回 複数の展示が並行する中で考える場所と作品の関係

細井美裕 美しい自然に囲まれた山村で展示すべき作品とは 先日、初めて螺貝の音で目覚めました。奈良県の芸術祭『MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館』(10月3日〜11月15日に吉野町、天川村、曽爾村で開催)で新作を発表することになり、ここ1カ月はリサ…

祐天寺浩美のお部屋一刀両断 第315回 Yoshy Wizerさん

祐天寺浩美 今月は、東京都にお住まいのYoshy Wizerさんのお部屋を一刀両断。ミニマルな制作環境に、GENELECのスピーカーが映えています! 暑くなってまいりました! 世の中は大変でも夏はやって来る。つか、正直暑いの嫌いー! 最近は出かけるときにマスク…

【第6話】Jr.ハイスクール!つまみちゃん

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジンにて連載されていた「つまみちゃん〜兄がこんなの買えるわけがない〜」の続編がWeb限定でいよいよスタート。その名も「Jr.ハイスクール!つまみちゃん」! ようやく手に入れた初めてのシンセ、音作りに没…

【Episode13】シンセサイザーガールズ!!

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジン2019年9月号より掲載がスタートし、「つまみちゃん」に続く異色のマンガ連載として誌面を混沌とさせている「シンセサイザーガールズ!!」。シンセサイザーの呼び名を変えるという同義を廻り議事は紛糾する…

音楽と録音の歴史ものがたり Vol.81 フィル・スペクターがテディ・ベアーズで味わったアーティストとしての成功と挫折

高橋健太郎 テディ・ベアーズとしてのダビングにドラマー=サンディ・ネルソンが呼ばれた理由 結成時のテディ・ベアーズ。中央奥がフィル・スペクター。前列は左からハーヴェイ・ゴールドスタイン、アネット・クレインバード、マーシャル・リーヴ http://doo…

Patch The World For Peace 〜モジュラー・シンセを選ぶ理由〜第2回 MUTABLE INSTRUMENTS Rings

HATAKEN こんにちは、HATAKENです! 今月も私の大好きなモジュールをご紹介しながら、モジュラー・シンセの魅力に迫ります。今回は物理モデリング音源、MUTABLE INSTRUMENTS Ringsです。 Photo:Yusuke Kitamura 今月のモジュール:MUTABLE INSTRUMENTS Ring…

アルカ『KiCk i』、マトモス『the consuming flame: open exercises in group form』 〜Nagie's Recommend

Nagie 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。Nagie氏の今月のセレクトは、アルカ『KiCk i』、マトモス『the consuming flame: open exercises in group form』です。 アルカの新作は結論から言うと100点満点立体的なミッ…

Berlin Calling〜第65回 Black Lives Matter運動の波及 欧州でも変わり始めたクラブ産業

浅沼優子 ベルリンの公共文化施設、世界文化の家が配信したポッドキャスト「Politics of the Dance Floor」シリーズの第1弾。Solidarity(連帯)」をテーマに、筆者と南アフリカ出身の黒人でレズビアンのDJ、トルコ系イギリス人のクイア・プロモーター、ロ…

ローラ・マーリング『SONG FOR OUR DAUGHTER』、マイク・シノダ『Dropped Frames, Vol. 1』〜今本 修's Recommend

今本 修 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。今本 修氏の今月のセレクトは、ローラ・マーリング『SONG FOR OUR DAUGHTER』、マイク・シノダ『Dropped Frames, Vol. 1』です。 イーサン・ジョンズと再びタッグを組んだ7…