コラム

今月のモジュラー・シンセ:INTELLIJEL Triplatt 〜第8回 Patch The World For Peace

皆さん、こんにちはHATAKENです。本連載で毎月1つずつモジュールを紹介してきて半年以上がたちました。モジュラー・シンセの魅力を紹介しつつ、“なぜ今モジュラー・シンセを使うのか”をお話ししてきましたが、“実際にモジュラー・シンセを購入してみたよ”な…

ロネッツ「Be My Baby」をめぐるエリー・グリニッチとヴェロニカ・ベネットのストーリー 〜【Vol.87】音楽と録音の歴史ものがたり

高橋健太郎 スペクターが目を付けた新進作家エリー・グリニッチの才能 1963年2月、フィル・スペクターはアネット・メアラーと結婚した。アネットはもともとはラス・タイトルマンのガールフレンドで、スペクターズ・スリーのツアー・メンバーを探しているとき…

C. Tangana、Toquinho『Comerte Entera』、Shame 『Drunk Tank Pink』 〜Nagie's Recommend

第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。Nagie氏の今月のセレクトは、C. Tangana、Toquinho『Comerte Entera』、Shame 『Drunk Tank Pink』です。 Nagie 儚いメロディのボサノバから強烈なラテン・ヒップホップへ 違和感あ…

Pom Poko『Cheater』、Mica Levi『Ruff Dog』 〜今本 修's Recommend

第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。今本 修氏の今月のセレクトは、Pom Poko『Cheater』、Mica Levi『Ruff Dog』です。 今本 修 パンキッシュなギター、重厚なベース、タイトなドラムそしてチャイナっぽいメロディなど…

サミー・ヘイガー&ザ・サークル『Lockdown 2020』、テイラー・スウィフト『エヴァーモア -デラックス・エディション』 〜小泉由香's Recommend

第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。小泉由香氏の今月のセレクトは、サミー・ヘイガー&ザ・サークル『Lockdown 2020』、テイラー・スウィフト『エヴァーモア -デラックス・エディション』です。 小泉由香 リモート録音…

ジュース・ワールド『Bad Boy feat. Young Thug』、Alle『Alletiders』 〜D.O.I.'s Recommend

第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。D.O.I.氏の今月のセレクトは、ジュース・ワールド『Bad Boy feat. Young Thug』、Alle『Alletiders』です。 D.O.I. 音階の切れ際やタイミングが良い意味でどこか壊れているディスト…

Berlin Calling〜第71回 クラブ営業再開は2022年末以降?長期化するイベント産業の死活問題

ほぼ丸一年閉ざされたままの市内のクラブ://about blank。文化支援策が手厚いドイツにおいても、いつまで維持できるか分からない。以前のにぎわいを取り戻すのはだいぶ先のことになりそうだ フリーランス音楽家への財政支援が急がれる ベルリン/ブランデン…

コロナ禍によって拍車がかかるオーバー・ダビングを用いたジャズの広がり 〜THE CHOICE IS YOURS - VOL.132

原 雅明 1人で複数の楽器を演奏して録音された最初期のオーバー・ダビングのレコードに、シドニー・ベシェの『Blues Of Bechet / Sheik Of Araby』(1941年)がある。ニューオーリンズ・ジャズを代表するクラリネット/ソプラノ・サックス奏者のベシェはワ…

すべてが10chの処理負荷と戦う機材 〜【第8回】DIYで造るイマーシブ・スタジオ 古賀健一

実家の玄関の東側に、祖父が大切に育てていた梅の木が今年も奇麗なピンク色の花を付けました。昔からよく言われていた、人と人とのつながりの大切さを学ぶシステム構築の日々を2回に分けて書きます。 古賀健一 スピーカーのアナログ接続vsデジタル接続マル…

「Erode」〜“気付き”に対する気付き【第8回】realize〜細井美裕の思考と創発の記録

細井美裕 橋の外側から木の上へ国立公園内で100mのケーブル敷設 ついに作品完成です。設営一番の難所は、ケーブルを地上ではなく林の木を伝って配線していくところでした。環境を壊さないことが絶対条件である国立公園敷地内での展示では、普段当たり前のよ…

【第9話】Jr.ハイスクール!つまみちゃん

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジンにて連載されていた「つまみちゃん〜兄がこんなの買えるわけがない〜」の続編がWeb限定でいよいよスタート。その名も「Jr.ハイスクール!つまみちゃん」! 久しぶりに再会した仲間が所有していた楽器とは……

祐天寺浩美のお部屋一刀両断 第320回 bassmicrobeさん

今月は、埼玉県さいたま市にお住まいのbassmicrobeさんのお部屋を一刀両断。ハード・シンセなど多くの楽器が存在感を放つ制作空間です! 祐天寺浩美 はいども! あけましておめでとうございます! 今年も元気に張り切って行きましょう……とあえて短くご挨拶!!…

「Zip-a-Dee-Doo-Dah」セッションでのレッキング・クルーの誕生 〜【Vol.86】音楽と録音の歴史ものがたり

高橋健太郎 スペクターと同日にレコーディングされたギャレット・プロデュースの「He's A Rebel」 1930年にニューヨーク州のナイアガラ・フォールズで生まれたトミー・テデスコは1952年にトランペット奏者のラルフ・マーテリーのグループに参加。翌1953年に…

今月のモジュラー・シンセ:4MS Quad Clock Distributor 〜第7回 Patch The World For Peace

皆さんこんにちは、HATAKENです! 今月は、ユーロラック・モジュールの老舗メーカー4MSのQuad Clock Distributor(以下QCD)を紹介します。QCDは4つの独立したクロック・ディストリビューターとしても、同期した4種類のクロック出力としても使用可能。クロッ…

ティエラ・ワック『Peppers And Onions』、Iglooghost『Eœ (Disk•Initiate)』 〜Nagie's Recommend

第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。Nagie氏の今月のセレクトは、ティエラ・ワック『Peppers And Onions』、Iglooghost『Eœ (Disk•Initiate)』です。 Nagie 口笛とキャッチーなリフとコードが心地よい適度に“悪”過ぎな…

ファットボーイ・スリム『Back To Mine』、コスモ・シェルドレイク『Wake Up Calls』 〜今本 修's Recommend

第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。今本 修氏の今月のセレクトは、ファットボーイ・スリム『Back To Mine』、コスモ・シェルドレイク『Wake Up Calls』です。 今本 修 自身のルーツに焦点を当てて選曲されたマニアック…

リアルタイムで演奏をレコードに刻むダイレクト・トゥ・ディスクの可能性とは 〜THE CHOICE IS YOURS - VOL.131

原 雅明 ダイレクト・トゥ・ディスクは、アナログ・テープやデジタル・ファイルといった録音メディアを介さずに、音源を直接ラッカー盤にカッティングする手法だ。レコードをプレスするためのラッカー盤にいきなり音を刻むのだから、やり直しの利く録音とは…

ビリー・ジョー・アームストロング『ノー・ファン・マンデーズ』、マクフライ『Young Dumb Thrills』 〜小泉由香's Recommend

第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。小泉由香氏の今月のセレクトは、ビリー・ジョー・アームストロング『ノー・ファン・マンデーズ』、マクフライ『Young Dumb Thrills』です。 小泉由香 演奏/プロデュース/エンジニ…

Berlin Calling〜第70回 新たな音楽プラットフォーム、Refuge Worldwideが始動

Refuge Worldwideのロゴ。ベルリンのローカル・コミュニティに根ざし、グローバルな視野で多様な音楽とアーティストを支援し、より公正な社会の実現を目指す。放送プログラムには音楽番組のみならず、ディスカッションや討論、インタビューなども含まれる予…

バッド・バニー & ジャイ・コルテッツ『Dakiti』、spill tab『Oatmilk』 〜D.O.I.'s Recommend

第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。D.O.I.氏の今月のセレクトは、バッド・バニー & ジャイ・コルテッツ『Dakiti』、spill tab『Oatmilk』です。 D.O.I. ダークで切ないコード感と暗くくぐもったサウンドレゲトンをイメ…

9.1.4chスピーカーを選定する 〜【第7回】DIYで造るイマーシブ・スタジオ 古賀健一

今回の執筆直前に、ちょうど初のDolby Atmosミックスの仕事が完了しました。年をまたいでスタジオにこもっていたのでようやく新年が迎えられた気持ちです。さて今回は、サウンドを担う重要な部分の一つ、スピーカー選定について書こうと思います。 古賀健一 …

「Erode」〜森の中に音の結界を作る【第7回】realize〜細井美裕の思考と創発の記録

細井美裕 作品が良ければ方法の難は超えられるスーザン・フィリップスからの気付き 展示にあたって天川村を訪問したのは3回で、1回目は会場候補と芸術祭ルートの下見。その後コンセプトと大体のシステムは決めて、2回目は作品に使用する音源のサンプリン…

祐天寺浩美のお部屋一刀両断 第319回 KDNさん

今月は、東京都世田谷区にお住まいのKDNさん(25)のお部屋を一刀両断。厳選された機材とギターが配置されているミニマルな制作環境です! 祐天寺浩美 皆さん! 2021年もよろしくお願いします!と新年に向けたあいさつを書きつつ、執筆時点は師走とも呼べな…

今月のモジュラー・シンセ:MAKE NOISE Richter Wogglebug 〜第6回 Patch The World For Peace

皆さんこんにちは、HATAKENです! 今月はオシレーターを搭載するランダムCVジェネレーターのMAKE NOISE Richter Wogglebugをご紹介します。偶発的なハプニングをランダムに発生させるのは、モジュラー・シンセの醍醐味。同じサウンドをプラグインで作ろうと…

クリスタルズ「He's A Rebel」レコーディングでのウォール・オブ・サウンド誕生の瞬間 〜【Vol.85】音楽と録音の歴史ものがたり

高橋健太郎 スペクターに心酔していたジーン・ピットニーが「Uptown」に影響されて書いた「He's A Rebel」 1962年5月、ロネッツを連れて、ロサンゼルスに戻ったフィル・スペクターはゴールド・スター・スタジオに駆け込んで、彼女たちのデモ録音を行った。だ…

Hypercube『The Pneumatic Guru Recalibrations: Volume 2』、The Body『A Lament』 〜Nagie's Recommend

第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。Nagie氏の今月のセレクトは、Hypercube『The Pneumatic Guru Recalibrations: Volume 2』、The Body『A Lament』です。 Nagie ピッチ・シフトされたサウンドや急激なボリューム変化…

Berlin Calling〜第69回 過去最高額21.4億ユーロを2021年文化予算として計上

浅沼優子 ドイツ連邦政府が2007年にポピュラー音楽の産業だけでなく、アーティスト個人の支援も目的として設立した非営利団体=Initiative Musik。これまで1,000以上のプロジェクトに財政支援を行っている 非営利団体を通してアーティスト個人を支援 ドイツ…

メッツ『アトラス・ヴェンディング』、ボーイ・パブロ『ワチト・リコ』 〜今本 修's Recommend

第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。今本 修氏の今月のセレクトは、メッツ『アトラス・ヴェンディング』、ボーイ・パブロ『ワチト・リコ』です。 今本 修 メジャーとインディー・ロックの境界線に居るような懐かしくも…

美しいサウンドスケープで聴く者を魅了するギタリスト/プロデューサーのブレイク・ミルズ 〜THE CHOICE IS YOURS - VOL.130

原 雅明 エリック・クラプトンに“驚異的だと思った最後のギタリスト”と言わしめたブレイク・ミルズが、ギタリストとしてよりもプロデューサーとして大成したのは、2010年代後半の音楽シーンにおける象徴的な出来事だったと思う。フィオナ・アップル、ノラ・…

サム・スミス『ラヴ・ゴーズ』、アリアナ・グランデ『ポジションズ』 〜小泉由香's Recommend

第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。小泉由香氏の今月のセレクトは、サム・スミス『ラヴ・ゴーズ』、アリアナ・グランデ『ポジションズ』です。 小泉由香 サスティン豊かに伸びる重たく響くリズム音源と男性ボーカルの…

アリアナ・グランデ『ポジションズ』、Tone Stith『Devotion』 〜D.O.I.'s Recommend

第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。D.O.I.氏の今月のセレクトは、アリアナ・グランデ『ポジションズ』、Tone Stith『Devotion』です。 D.O.I. 良い意味で違和感を覚えるリバーブ処理にストリーミング時代の新しい方向…

グラミー賞ノミネート楽曲BTS「Dynamite」の普遍的アレンジと現代的な音像の秘密 〜ケンカイヨシの見解良し! Vol.19

ケンカイヨシ(Loyly Lewis) Photo:Hiroki Obara こんにちはケンカイヨシ(Loyly Lewis)です。最終回は、第63回グラミー賞にもノミネートされ、近年話題沸騰中の韓国7人組ボーイズ・グループ=BTSの「Dynamite」を取り上げてみましょう。 Dynamite BTS K…

サンプリングをオーソライズする試み 【最終回】NO PASSION, NO MUSIC〜Watusi (COLDFEET)

Watusi (COLDFEET) 僕はサンプリングが大好きで、このカルチャー/手法と出会わなかったらここまで長く音楽を続けてきたか怪しいくらい大切に思っている。もちろんサンプルそれぞれのさまざまな出所(ジャンル)や時代などを掛け合わせて、今の音楽を作れる…

「Erode」〜奈良の国立公園内にスピーカーを設置する【第6回】realize〜細井美裕の思考と創発の記録

細井美裕 一度“聴こえなくする”ことで本来の川の音を際立たせる方法を模索 初めての屋外展示が無事終了しました。連載第3回で紹介した奈良県の芸術祭『MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館』の展示公開までの記録を前/中/後編に分けて記録します。たどり…

電源用電材が入手困難? 〜【第6回】DIYで造るイマーシブ・スタジオ 古賀健一

原稿執筆時点で、2020年も残りわずかになってきました。スタジオ造り第1期工事も間も無く終了で、ようやく7.1.2chの音が出せる段階に来ました。今回は一番苦労した電源工事の話をしようと思います。 古賀健一 フジクラ・ダイヤと住電日立3.5sqと5.5sqを用意…

祐天寺浩美のお部屋一刀両断 第318回 Hanzawaさん

今月は、神奈川県横浜市にお住まいのHanzawaさんのお部屋を一刀両断。FENDER Jazz Bassと6台のシンセサイザーが並ぶ制作環境です! 祐天寺浩美 どもども! 皆さま、全国的にお元気ですか〜? 確か連載で以前に“冬は着込めば暖を取れるけど、暑くても裸以上…

今月のモジュラー・シンセ:MAKE NOISE QPAS 〜第5回 Patch The World For Peace

皆さんこんにちは、HATAKENです! 今回はシンセの肝、フィルターを取り上げます。最近の製品の中で最も興味を引くのが、ステレオ仕様のフィルターです。モジュラー・シンセをDAWなどと共存させるために需要が高まったのでしょう。各社が趣向を凝らしてステレ…

ニューヨークとロスを股にかけたフィレス・レコードでのフィル・スペクターの暗躍 〜【Vol.84】音楽と録音の歴史ものがたり

高橋健太郎 パリス・シスターズのレコーディングに後のレッキング・クルーとジャック・ニッチェを起用 ニューヨークに移った後も、フィル・スペクターはレスター・シルの依頼があると、ロサンゼルスに戻って、制作を行った。シルとリー・ヘイゼルウッドのプ…

Berlin Calling〜第68回 欧州主要国が再びロックダウン 厳しい冬とイベント再開の可能性

浅沼優子 9月から館内を即席美術館のStudio Berlinとして運営し、多くの来場者が訪れていた有名クラブBerghainも、少なくとも12月まで封鎖となり、売り切れていた前売り券も11月分は払い戻しになった 欧州主要国が再びロックダウン厳しい冬とイベント再開の…

ヨンシー『シヴァー』、オウテカ『SIGN』 〜Nagie's Recommend

Nagie 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。Nagie氏の今月のセレクトは、ヨンシー『シヴァー』、オウテカ『SIGN』です。 まるで深海底に居るような感覚に陥るビートレスや民族的なリズムが多用されるデジタル・ビートを…

A.G.クック『Apple』、Hachiku『I'll Probably Be Asleep』 〜今本 修's Recommend

今本 修 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。今本 修氏の今月のセレクトは、A.G.クック『Apple』、Hachiku『I'll Probably Be Asleep』です。 “アコースティック楽器と電子音” “美と汚” “暴音と静寂”A.G.クックの持ち味…

ヨンシー『シヴァー』、デフトーンズ『オームズ』 〜小泉由香's Recommend

小泉由香 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。小泉由香氏の今月のセレクトは、ヨンシー『シヴァー』、デフトーンズ『オームズ』です。 重たく響くシンセなどを筆頭にした内向的な雰囲気の音作り ヨンシー『シヴァー』(…

エンジニアのラッセル・エレバド氏らが設立した、アナログの粋を伝えるAnalogue Foundation 〜THE CHOICE IS YOURS - VOL.129

原 雅明 以前、日本のジャズ喫茶などから影響を受けた海外のハイファイ・バーについて触れたが、ロンドンにあるブリリアント・コーナーズもその一つだ。日本食を中心に提供するレストランでもあるが、持ち運びのできる上質なアナログのサウンド・システムを…

ゴリラズの最新アルバムに見られるような“絶妙なローファイ感”を再現できるプラグインとは 〜ケンカイヨシの見解良し! Vol.18

ケンカイヨシ(Loyly Lewis) Photo:Hiroki Obara こんにちはケンカイヨシ(Loyly Lewis)です。今回はイギリスのロック・バンド、ブラーのボーカリスト=デーモン・アルバーンと、世界的なコミック・アーティストのジェイミー・ヒューレットによる覆面プロ…

The American Dream Vol.6〜ウィズ・コロナ時代でのライブ対策とストリーミング配信における4つのポイント

浅葉智 日本人アーティストがアメリカのメインストリームで互角に勝負できるようになる秘けつを、日米の文化や考え方の違いなどを例に挙げながら解説していく本コラム。最終回では、コロナ禍から今後を見据えたアメリカのアーティストたちのライブ対策のほか…

ロスタム『Unfold You』、マシン・ガン・ケリー『Bloody Valentine』 〜D.O.I.'s Recommend

D.O.I. 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。D.O.I.氏の今月のセレクトは、ロスタム『Unfold You』、マシン・ガン・ケリー『Bloody Valentine』です。 懐かしさを感じるジャズを下敷きにしたビンテージ・ポップス ロスタ…

壁構造と残響の関係について 〜【第5回】DIYで造るイマーシブ・スタジオ 古賀健一

僕には、ある目標があります。それは大手スタジオを独立していく若いエンジニアや、才能あふれる作家、さまざまな事情で東京以外に住む必要がある方々が、気軽にマイ・スタジオを持てるようにすることです。クオリティの高いコントロール・ルームでストレス…

realize〜細井美裕の思考と創発の記録 第5回 システムをホッピングするマルチチャンネル作品の可能性

細井美裕 MacBook Proを“会場”にしてコンピューターの“上”に展示会場を作る サウンド・インスタレーションは、音を出す前までの段階……スピーカーの設置含めたインフラの整備に時間とお金がかかります。前月触れたテレプレゼンス・パフォーマンスを行った『Ar…

スターとファンとメディア・リテラシー 【第14回】NO PASSION, NO MUSIC〜Watusi (COLDFEET)

Watusi (COLDFEET) 人は何かを心から信じているとき、それが間違っていることを証拠とともに示されても受け入れることができず、ただただ不愉快な気分になる。それを“認知的不協和”*1という。自分の信じていることを守るのが重要なので、時には拒絶したり、…

祐天寺浩美のお部屋一刀両断 第317回 ハリーさん

祐天寺浩美 今月は、埼玉県川口市にお住まいのハリーさんのお部屋を一刀両断。壁にかかったギターと3台のキーボードが存在感を放つ制作環境です! 近年、秋が無いような気がする! 昔はあったっけ?……うーん。今回の出場者は、埼玉県にお住まいのハリーさん…