原雅明

THE CHOICE IS YOURS VOL.127 ジョン・キャロル・カービーと鈴木良雄に通ずる 一人で音楽と向き合い制作する音楽家のあり方

原 雅明 前号で取り上げたニューエイジ・ミュージック。その新しい流れを作り出す代表的なアーティストが、ピアニスト/プロデューサーのジョン・キャロル・カービーだ。LA出身のカービーはStones Throwからのデビュー作『マイ・ガーデン』を発表したばかり…

THE CHOICE IS YOURS VOL.126 恍惚とした感情の表現を更新する ニューエイジ・リバイバルとそれ以降の音楽

原 雅明 それまで特に意識していなかったニューエイジ・ミュージックを気に掛けるようになったのは、LAのプロデューサー/DJのカルロス・ニーニョがきっかけだった。2000年代後半から2010年代前半にかけて、僕がやっていたレーベルから、カルロスがかかわっ…

THE CHOICE IS YOURS VOL.125 ライブ・マジックを作品に宿すべく誕生した レコーディング・ラウンジHighBreedMusic

原 雅明 ニューヨークのブルックリンから、興味深いレコーディング音源のリリースがスタートした。“ 世界初のレコーディング・ラウンジ”と銘打ったHighBreedMusicは、ライブ・パフォーマンスとレコーディングとの間にある溝を埋める、理想的な録音環境の実現…

THE CHOICE IS YOURS VOL.124 現実とバーチャルの関係性がリセットされた今 オンライン・コミニュティや配信の可能性を探る

原 雅明 COVID-19(新型コロナ・ウィルス感染症)のパンデミックは、この原稿を書いている6月上旬現在も音楽業界に打撃を与えている。何よりも、ライブ演奏を複数の人々と楽しむ現場はほぼ失われたままだ。自分自身にかかわる仕事でもライブを見てレポート…

THE CHOICE IS YOURS VOL.123 聴きやすさという独自の調性を獲得した フィリップ・ソルマン『Monophonie』

原 雅明 ドイツのプロデューサー、フィリップ・ソルマンの新アルバム『Monophonie』が、ベルリンのクラブ、ベルグハインが運営するレーベルA-TONからリリースされた。 『Monophonie』 フィリップ・ソルマン (A-TON/OCTAVE-LAB) クラブ・ミュージックと実験…

The Choice Is Yours  Vol.122 収集でコミュニケーションの欲求を満たしたレコード・ディガーの先駆者ハリー・スミス

原 雅明 ハリー・スミスは語る 音楽/映画/人類学/魔術 作者:ハリー・スミス,ラニ・シン,湯田賢司 発売日: 2020/03/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) 『ハリー・スミスは語る 音楽/映画/人類学/魔術』 ラニ・シン 編 湯田賢司 訳(カンパニー社) …