コラム

アルカ『KiCk i』、マトモス『the consuming flame: open exercises in group form』 〜Nagie's Recommend

Nagie 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。Nagie氏の今月のセレクトは、アルカ『KiCk i』、マトモス『the consuming flame: open exercises in group form』です。 アルカの新作は結論から言うと100点満点立体的なミッ…

Berlin Calling〜第65回 Black Lives Matter運動の波及 欧州でも変わり始めたクラブ産業

浅沼優子 ベルリンの公共文化施設、世界文化の家が配信したポッドキャスト「Politics of the Dance Floor」シリーズの第1弾。Solidarity(連帯)」をテーマに、筆者と南アフリカ出身の黒人でレズビアンのDJ、トルコ系イギリス人のクイア・プロモーター、ロ…

ローラ・マーリング『SONG FOR OUR DAUGHTER』、マイク・シノダ『Dropped Frames, Vol. 1』〜今本 修's Recommend

今本 修 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。今本 修氏の今月のセレクトは、ローラ・マーリング『SONG FOR OUR DAUGHTER』、マイク・シノダ『Dropped Frames, Vol. 1』です。 イーサン・ジョンズと再びタッグを組んだ7…

ケンカイヨシの見解良し! Vol.15〜ドレイクの最新ミックス・テープに登場するひずんだキック・ベースに注目!

ケンカイヨシ(Loyly Lewis) Photo:Hiroki Obara こんにちはケンカイヨシ(Loyly Lewis)です。今回はトロント出身のラッパー、ドレイクが5月に発表した最新ミックス・テープ『Dark Lane Demo Tapes』について考察していきましょう! Dark Lane Demo Tape…

NO PASSION, NO MUSIC〜Watusi (COLDFEET) 第11回 9月9日はダンスミュージックの日

Watusi (COLDFEET) 実はこのために連載を始めたというほどの一大事、Tokyo Dance Music Weekの話をせねば! 前からそんな週間(=習慣)があったらと思っていた。マイアミのMusic Week、バルセロナのSónar、パリの音楽の日のように東京中の街並みがダンス・ミ…

ボブ・ディラン『ラフ&ロウディ・ウェイズ』、グレイ・デイズ『アメンズ』 〜小泉由香's Recommend

小泉由香 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。小泉由香氏の今月のセレクトは、ボブ・ディラン『ラフ&ロウディ・ウェイズ』、グレイ・デイズ『アメンズ』です。 8年ぶりのボブ・ディランの新作は“まるでそこに居るかの…

Kate Bollinger『A Couple Things』、ジュース・ワールド『Legends Never Die』 〜D.O.I.'s Recommend

D.O.I. 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。D.O.I.氏の今月のセレクトは、Kate Bollinger『A Couple Things』、ジュース・ワールド『Legends Never Die』です。 普通なのにどこか新しい印象を受けるシンプルなアレンジ…

THE CHOICE IS YOURS VOL.126 恍惚とした感情の表現を更新する ニューエイジ・リバイバルとそれ以降の音楽

原 雅明 それまで特に意識していなかったニューエイジ・ミュージックを気に掛けるようになったのは、LAのプロデューサー/DJのカルロス・ニーニョがきっかけだった。2000年代後半から2010年代前半にかけて、僕がやっていたレーベルから、カルロスがかかわっ…

The American Dream Vol.3〜日米におけるSNSプロモーションやライブ・ハウスの違いに迫る

浅葉智 どうすれば日本人アーティストがアメリカのメイン・ストリームで互角に勝負できるのか。そのポイントや戦略などについて、日米の文化や考え方の違いなどを取り上げながら解説していく本コラム。先月はグローバル化する音楽シーンに関してお話ししたが…

realize〜細井美裕の思考と創発の記録 第2回 マルチチャンネル=立体音響とは限らないんじゃない?

細井美裕 “立体的なサウンド” はシステムではなく作品が体現するもの 増えてきた“ 立体音響”コンテンツ。今回は私がなぜサラウンドをメインに活動しているか、そしてこれからの作品制作におけるシステムとの付き合い方をあくまで個人的な意見ですが、記録し…

DIYで造るイマーシブ・スタジオ 古賀健一 第2回 解体で考える石膏ボードと響きの関係

古賀健一 都内にスタジオを造るには、大きく2パターンあります。スケルトンの物件を借りるか、一度スケルトンの状態に解体してから造り直すか、です。僕の場合は、もともとスタジオとして借りていた物件を使い回すので、一度壊す必要がありました。今回は解…

【第5話】Jr.ハイスクール!つまみちゃん

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジンにて連載されていた「つまみちゃん〜兄がこんなの買えるわけがない〜」の続編がWeb限定でいよいよスタート。その名も「Jr.ハイスクール!つまみちゃん」! 取り寄せたシンセをいよいよ手にする時が……! ww…

祐天寺浩美のお部屋一刀両断 第314回 青山慎司さん

祐天寺浩美 今月は、東京都にお住まいの青山慎司さんのお部屋を一刀両断。ギター3本とペダル・エフェクトのコレクションが目を引く制作スペースです! どもども! 世間は大変ですが頑張っていきましょう! ということで、今回もオンライン取材です。 今回の…

【Episode12】シンセサイザーガールズ!!

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジン2019年9月号より掲載がスタートし、「つまみちゃん」に続く異色のマンガ連載として誌面を混沌とさせている「シンセサイザーガールズ!!」。ビギナーちゃんが生徒総会で動議した驚きの内容とは……。 www.snre…

音楽と録音の歴史ものがたり Vol.80 ウォール・オブ・サウンドが育まれた鬼才フィル・スペクターのティーン・エイジ

高橋健太郎 ハリウッドの高校生スペクターとその先輩だったリーバー&ストーラー 『ウォール・オブ・サウンド〜ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・フィル・スペクター 1961-1966』V.A.(ソニー/2011年)フィル・スペクターが1961年から1966年までのフィレス・レ…

Berlin Calling〜第64回 Black Lives Matter 以降の音楽産業に求められていること

浅沼優子 Black Lives Matter 以降の音楽産業に求められていること 前号のコラム執筆時からまた世界は大きく変わった。ミネアポリスで警官に殺害されたジョージ・フロイドさんの事件を経て、構造的人種差別に対する抗議運動Black Lives Matter(以下BLM)が…

ケンカイヨシの見解良し! Vol.14〜レディー・ガガのヒット曲「ステューピッド・ラヴ」は80’sイタロ・ディスコのアップデート版だった!?

Photo:Hiroki Obara 【Profile】東京を拠点に活動する音楽プロデューサー/アレンジャー。ぼくのりりっくのぼうよみとの出会いをきっかけにJポップへ活躍の場を広げる。そのほか香取慎吾と草彅剛のユニット=SingTuyoなどの作品を手掛けている。 こんにちは…

ジム・オルーク『Shutting Down Here』、ブレイク・ミルズ『Mutable Set』 〜Nagie's Recommend

Nagie 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。Nagie氏の今月のセレクトは、ジム・オルーク『Shutting Down Here』、ブレイク・ミルズ『Mutable Set』です。 フランスやウィーンの上質な香りが加わった音に奥深さやダイナミ…

The American Dream Vol.2〜グローバル化する音楽シーンにおける対応策と改善すべきポイント

浅葉智 どうすれば日本人アーティストがアメリカのメイン・ストリームで互角に勝負できるのか。そのポイントや戦略などについて、両国の文化や考え方の違いなどを取り上げながら解説していく本コラム。第2回では、グローバル化する社会や音楽シーンの中で求…

オーランド・ウィークス『ア・クイッケニング』、カリブー『Suddenly』 〜今本 修's Recommend

今本 修 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。今本 修氏の今月のセレクトは、オーランド・ウィークス『ア・クイッケニング』、カリブー『Suddenly』です。 幻想的で壮大な世界観をボーカルとサウンドで表現コロナ問題で…

今月のモジュラー・シンセ:MAKE NOISE Rene 〜第1回 Patch The World For Peace

こんにちは、HATAKENです。このたび僕のお薦めのモジュール紹介を通してモジュラー・シンセの魅力をお伝えする新連載を始めることになりました。多くの方がモジュラー・シンセに興味を持っていただけますように! これからどうぞよろしくお願いいたします。 …

DIYで造るイマーシブ・スタジオ 古賀健一 第1回 なぜDolby Atmosスタジオを造るのか?

古賀健一 僕の仕事はレコーディング&ミキシング・エンジニア、漢字で書くと録音技師、音響調整技師です。その言葉を背負う人間として、技術の進歩には常についていきたいと日々思っています。2014年から、東京・上野に自分の仕事場としてXylomania Studioを…

realize〜細井美裕の思考と創発の記録 第1回 What I've realized

細井美裕 YCAMでのチーム制作で得られる過程を苦しむ実験スタイル はじめまして、細井美裕です。音の作品を美術館や劇場で展示したり、広告や展示の企画制作、あとは楽曲にボイス・アーティストとして参加したりしています。詳しくは本誌2019年9月号のインタ…

THE CHOICE IS YOURS VOL.125 ライブ・マジックを作品に宿すべく誕生した レコーディング・ラウンジHighBreedMusic

原 雅明 ニューヨークのブルックリンから、興味深いレコーディング音源のリリースがスタートした。“ 世界初のレコーディング・ラウンジ”と銘打ったHighBreedMusicは、ライブ・パフォーマンスとレコーディングとの間にある溝を埋める、理想的な録音環境の実現…

トム・ミッシュ & ユセフ・デイズ『What Kinda Music』、レディー・ガガ『クロマティカ』 〜小泉由香's Recommend

小泉由香 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。小泉由香氏の今月のセレクトは、トム・ミッシュ & ユセフ・デイズ『What Kinda Music』、レディー・ガガ『クロマティカ』です。 太めなドラムが前にいるミックス・バラン…

NO PASSION, NO MUSIC〜Watusi (COLDFEET) 第10回 コロナ禍とストリーミング

Watusi (COLDFEET) 第1期とでも呼んでおきたい非常事態宣言は明け、新たな暮らし方どころか何も無かったかのようなにぎわいが続く都内の週末。だが、ライブ・ハウスやクラブは簡単に日常には戻れない。ただでさえライブと握手券に頼りっぱなしだったところ…

ホンネ『ノー・ソング・ウィズアウト・ユー』、ビデオ・エイジ『プレジャー・ライン』 〜D.O.I.'s Recommend

D.O.I. 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。D.O.I.氏の今月のセレクトは、ホンネ『ノー・ソング・ウィズアウト・ユー』、ビデオ・エイジ『プレジャー・ライン』です。 ゆるく頑張り過ぎないアレンジが今の時代感にマッ…

【第4話】Jr.ハイスクール!つまみちゃん

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジンにて連載されていた「つまみちゃん〜兄がこんなの買えるわけがない〜」の続編がWeb限定でいよいよスタート。その名も「Jr.ハイスクール!つまみちゃん」! 取り寄せた機材の入荷を待つ日々は長く感じるも…

祐天寺浩美のお部屋一刀両断 第313回 S1NGOさん

祐天寺浩美 今月は、神奈川県にお住まいのS1NGOさんのお部屋を一刀両断。アナログ・ターン・テーブルや2台のサンプラーが存在感を放つ制作スペースです! 今回もオンライン取材ですよ! S1NGOさん(37歳)は写真を見るとイケイケな感じがしますが、実際お話…

The American Dream Vol.1〜アメリカ進出の勧めと現地シーンへのアプローチ方法

浅葉智 私は日本で約10年間音楽活動した後、2006年にアメリカに拠点を移し、現在では日本の優れたミュージシャン/モデルなどを現地へ派遣する芸能事務所FAKE STAR USAを経営している。そのほかバンドでは、アメリカ3大野外フェスの一つ“Bonnaroo Music and…

【Episode11】シンセサイザーガールズ!!

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジン2019年9月号より掲載がスタートし、「つまみちゃん」に続く異色のマンガ連載として誌面を混沌とさせている「シンセサイザーガールズ!!」。キーマガ姉さんとCubaseさんの決闘は意外な展開に……。 www.snrec.…

THE CHOICE IS YOURS VOL.124 現実とバーチャルの関係性がリセットされた今 オンライン・コミニュティや配信の可能性を探る

原 雅明 COVID-19(新型コロナ・ウィルス感染症)のパンデミックは、この原稿を書いている6月上旬現在も音楽業界に打撃を与えている。何よりも、ライブ演奏を複数の人々と楽しむ現場はほぼ失われたままだ。自分自身にかかわる仕事でもライブを見てレポート…

ケンカイヨシの見解良し!Vol.13〜ぼやけた輪郭と立体的な空間処理がポイントのビリー・アイリッシュ「everything i wanted」

Photo:Hiroki Obara 【Profile】東京を拠点に活動する音楽プロデューサー/アレンジャー。ぼくのりりっくのぼうよみとの出会いをきっかけにJポップへ活躍の場を広げる。そのほか香取慎吾と草彅剛のユニット=SingTuyoなどの作品を手掛けている。 こんにちは…

ノラ・ジョーンズ『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』、The Soft Pink Truth『Shall We Go On Sinning So That Grace May Increase?』 〜Nagie's Recommend

Nagie 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。Nagie氏の今月のセレクトは、 ノラ・ジョーンズ『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』、The Soft Pink Truth『Shall We Go On Sinning So That Grace May Increase?』で…

音楽と録音の歴史ものがたり Vol.79 モータウンが導入したElectroniumとその再生プロジェクト

高橋健太郎 作曲家出身のモータウン総帥の目に止まったヒット曲製造マシン=Electronium モータウン・レコードの創始者、ベリー・ゴーディ(1929年〜)。写真は2010年12月撮影。ゴーディとモータウンについては第61回(2019年2月号)で触れている Photo:Ange…

RAM Recordsによる『RAM Rave, Pt. 3』、チャーリーXCX『ハウ・アイム・フィーリング・ナウ』 〜今本 修's Recommend

今本 修 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。今本 修氏の今月のセレクトは、V.A『RAM Rave, Pt. 3』、チャーリーXCX『ハウ・アイム・フィーリング・ナウ』です。 ピッチ編集で高低差を付けてグルーブ感を出しタイム・ラ…

パール・ジャム『ギガトン』 、EOB『アース』 〜小泉由香's Recommend

小泉由香 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。小泉由香氏の今月のセレクトは、パール・ジャム『ギガトン』 、EOB『アース』です。 聴感レベルが少し控えめに作られた自然な音像耳に痛くなく太さのある中高域や少し腰高…

The 1975『仮定形に関する注釈』、ザ・スコッツ、トラヴィス・スコット&キッド・カディ『ザ・スコッツ』〜D.O.I.'s Recommend

D.O.I. 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。D.O.I.氏の今月のセレクトは、The 1975のアルバム『仮定形に関する注釈』、ザ・スコッツ、トラヴィス・スコット&キッド・カディのシングル『ザ・スコッツ』です。 SNS以降の…

Berlin Calling〜第63回 クラブ業界からバッシングを受けたレイブ・カルチャー・デモ

浅沼優子 クラブ業界からバッシングを受けたレイブ・カルチャー・デモ 6月1週目現在、ベルリンではホテルやバー、映画館などの営業も再開され、かなり日常生活が戻ってきた印象だ。毎年天気が良くて日照時間も長い今の時期は、ベルリナーが最も解放されて…

NO PASSION, NO MUSIC〜Watusi (COLDFEET) 第9回 その配信DJ、合法ですか?

Watusi (COLDFEET) 僕ら界隈で、今回のコロナ禍で一番ホットなのはやはり配信関連。音楽家たちをメイン・ターゲットと定め、音質をウリにしたサービスの登場や、今や配信も興行時代で前売りから投げ銭までありつつも自社の手数料の低さをウリにするなど、配…

ケンカイヨシの見解良し!Vol.12〜マルーン5「メモリーズ」に使われたステレオ・イメージャーに迫る

Photo:Hiroki Obara 【Profile】東京を拠点に活動する音楽プロデューサー/アレンジャー。ぼくのりりっくのぼうよみとの出会いをきっかけにJポップへ活躍の場を広げる。そのほか香取慎吾と草彅剛のユニット=SingTuyoなどの作品を手掛けている。 こんにちは…

【第3話】Jr.ハイスクール!つまみちゃん

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジンにて連載されていた「つまみちゃん〜兄がこんなの買えるわけがない〜」の続編がWeb限定でいよいよスタート。その名も「Jr.ハイスクール!つまみちゃん」! ようやく購入する機材を心に決めたノブでしたが…

祐天寺浩美のお部屋一刀両断 第312回 完全制覇サスケさん

祐天寺浩美 今月は、東京都にお住まいの完全制覇サスケさんのお部屋を一刀両断。ギターやベースが並び、ボーカル録音用の防音室も完備した制作スペースです! 今回もオンライン・インタビューです。皆さんも最近オンライン飲み会など充実なさっているんじゃ…

【Episode10】シンセサイザーガールズ!!

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジン2019年9月号より掲載がスタートし、「つまみちゃん」に続く異色のマンガ連載として誌面を混沌とさせている「シンセサイザーガールズ!!」。サンレ子ちゃんのお姉さんはサンレコにゆかりの深いあのお方……! …

THE CHOICE IS YOURS VOL.123 聴きやすさという独自の調性を獲得した フィリップ・ソルマン『Monophonie』

原 雅明 ドイツのプロデューサー、フィリップ・ソルマンの新アルバム『Monophonie』が、ベルリンのクラブ、ベルグハインが運営するレーベルA-TONからリリースされた。 『Monophonie』 フィリップ・ソルマン (A-TON/OCTAVE-LAB) クラブ・ミュージックと実験…

Igorrr『Spirituality and Distorti on』、Machine Girl『U-Void Synthesizer』 〜Nagie's Recommend

Nagie 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。Nagie氏の今月のセレクトは、 Igorrr『Spirituality and Distorti on』、Machine Girl『U-Void Synthesizer』です。 ドラムンベースとメタルが融合Igorrrによる実験的な作風 …

音楽と録音の歴史ものがたり Vol.78 作曲支援機能を持つElectroniumとレイモンド・スコットが目指したもの

高橋健太郎 レイモンド・スコットのスタジオを支えたエンジニアは誰か? レイモンド・スコットのプライベート・スタジオに関する最大の謎は、誰がその技術面を支えていたのか、ということだ。ロバート・モーグはスコットのスタジオには作業デスクが見当たら…

シーヴェリー・コーポレーション『Symphonik』、STRFKR『Future Past Life』 〜今本 修's Recommend

今本 修 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。今本 修氏の今月のセレクトは、シーヴェリー・コーポレーション『Symphonik』、STRFKR『Future Past Life』です。 高揚感のあるオーケストレーションが加わった1990年代的な…

ザ・ストロークス『ザ・ニュー・アブノーマル』 、ザ・ウィークエンド『アフター・アワーズ』 〜小泉由香's Recommend

小泉由香 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。小泉由香氏の今月のセレクトは、ザ・ストロークス『ザ・ニュー・アブノーマル』 、ザ・ウィークエンド『アフター・アワーズ』です。 左右に振り分けられたギターが最前面で…

チャイルディッシュ・ガンビーノ『3.15.20』、ジーン・ドーソン『Power Freaks』〜D.O.I.'s Recommend

D.O.I. 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。D.O.I.氏の今月のセレクトは、チャイルディッシュ・ガンビーノのアルバム『3.15.20』とジーン・ドーソンのシングル「Power Freaks」です。 チャイルディッシュ・ガンビーノ『…