ライブに適したオーディオ/MIDIインターフェースiConnectivity PlayAUDIO1U

PlayAUDIO1U

 iConnectivityから、オーディオ/MIDIインターフェースPlayAUDIO1U(198,000円)が6月に発売される。Mac/Windows対応かつフェイルセーフ機能を備え、ライブ環境でのパフォーマンスを最大限に引き出すという。

2台のコンピューターを即座に切り替えるフェイルセーフ機能

 PlayAUDIO1Uは、独自のマルチコンピューター・リダンダンシー技術を採用。接続されたコンピューターから送られてくるMIDIまたはオーディオ信号を常に監視し、問題が発生すると瞬時にソースのコンピューターを自動で切り替えるフェイルセーフ機能を搭載する。

MIDI/オーディオ情報をリアルタイム表示

 PlayAUDIO1Uのディスプレイは、MIDIモニタリングやオーディオレベルなどの情報をリアルタイムに表示。コンピューターの故障やシステム内の他の場所で問題が発生した場合には、ディスプレイに警告が表示される仕様となっている。

柔軟なMIDI接続/ルーティング

 PlayAUDIO1Uは、MIDIキーボードなどを接続するためのUSBホストポートやMIDI入出力(5ピン)を備えるほか、RTP MIDI経由でネットワーク上のMIDIデバイスにも接続可能。どのMIDI信号をいつどこへ送るかといった設定も行うことができる。

 またコンピューターに問題が生じた場合には、不要なノート情報が出続けないようにするためのオールノートオフ信号を送ったり、関係のないCC信号をフィルターするなど、高度なMIDIコントロール機能も装備している。

リア・パネル

リア・パネル

 背面には、12基のライン出力(XLR)とRTP MIDI(イーサネットポート)を装備。IECコネクターを搭載するため電源ケーブルが直結でき、100〜220V、50/60Hzの自動切り替えが可能だ。これにより、どのような環境でも安定したパフォーマンスを実現することができるという。

 

製品情報

関連記事