Ren Takeuchi × SANDISK PROFESSIONAL G-Drive ArmorLock SSD 〜制作パフォーマンスの要 SANDISKポータブルSSD【第11回】

フラッシュ・メモリー・ストレージの分野で長年の実績があり、音楽や映像、写真などのクリエイターが信頼を置くSANDISK。そのSANDISKを傘下に持つウエスタンデジタルが、より高度なニーズに応えるべく、昨年に新ブランドのSANDISK PROFESSIONALを始動させた…

オーディオ・インターフェースの使い方 Q&A【応用編】

音楽作りに欠かせない機材の一つ、オーディオ・インターフェース。ここでは、既に音楽制作を始めている方がさらに制作の幅を広げられるよう、DSPミキサーの役割や、入出力数を増やすとできることなど、オーディオ・インターフェースを使いこなすための疑問に…

PIONEER DJ HDJ-CX × 大沢伸一 〜進化したオンイアDJヘッドフォンの魅力

世界トップ・シェアのDJ機材ブランドPIONEER DJから新たなDJ用ヘッドフォンHDJ-CXが誕生した。HDJ-CXは耳に当てるオンイアタイプで、さまざまアーティストからの意見を取り入れて開発されたという。DJでは普段からオンイアタイプのヘッドフォンを愛用してい…

RAMSAのデジタルミキサー WR-DX200&パワーアンプ WP-DD124〜Dante対応版もあり

パナソニック コネクトは、RAMSAブランドの会議/講義室用途向けデジタルミキサーWR-DX200(オープンプライス)、デジタルパワーアンプ WP-DD124(価格は下に記載)を11月に発売する。リアル会場とオンラインをつなぐハイブリッド型の会議や講義において、明…

STUDIO Wakefield|音響設備ファイル【Vol.70】

APIのコンソール、1608を国内初導入したことで知られるレコーディング・スタジオ、STUDIO Wakefieldが開業の地である川崎・登戸から同じ川崎の溝口へと移転し、2022年8月にリニューアル・オープンした。本稿ではチーフ・エンジニアのアンドリュー氏、運営会…

LINDELL AUDIO Lin76 レビュー:往年の名機1176をリーズナブルな価格で再現したFETコンプレッサー

スウェーデンで活躍するプロデューサー、トバイアス・リンデル氏が2010年に設立したオーディオ・メーカーLINDELL AUDIOより、コンプレッサーLin76が発表されました。UNIVERSAL AUDIO 1176の音色とニュアンスを再現するように慎重にデザイン/開発されたとの…

ライブに役立つだけじゃない! 制作で活躍するDigital Performerのチャンク機能|解説:野中“まさ”雄一

野中“まさ”雄一です。今回は、Digital Performer(以下DP)ユーザーに“DPの特徴は?”と質問すると、必ずと言ってよいほど登場する“チャンク”機能をご紹介します。ライブで活用されている方も多いですが、実は制作でもいろいろと使い道があるんですよ。 解説…

ARTIPHON Orba2 〜手のひらサイズの電子楽器にサンプリング機能が追加

手のひらサイズの電子楽器ARTIPHON Orbaの新バージョン、Orba2(21,000円)が10月8日に発売される。 Orbaは、8つのタッチセンシティブ・パッド、スピーカーに加え、ジャイロスコープ、加速度センサーも搭載。内蔵シンセサイザーを9つのジェスチャー(タップ…

TASCAM Tascam Sonicview 24 レビュー:3つのマルチカラー・タッチ・スクリーンを搭載した24chデジタル・ミキサー

老舗の国内音響機器ブランドTASCAMが、PA用デジタル・コンソールのTascam Sonicview 24とTascam Sonicview 16(825,000円)を発売した。今回はTascam Sonicview 24をレポートする。 レビュー&テキスト:山寺紀康 エンジンにFPGA回路を搭載 54ビット・フロー…

ニラジ・カジャンチ×TIERRA AUDIO New Twenties & Flavours Preamps

スペインのプロオーディオ・ブランド、TIERRA AUDIO。このたび1920年代のビンテージ機のデザインを踏襲したコンデンサー・マイクNew Twentiesと、7種類の調味料の名前が付けられたインライン・プリアンプ、Flavours Preampsが日本に上陸したので、エンジニ…

TIERRA AUDIO創業者インタビューからNew Twenties & Flavours Preampsの魅力に迫る

2018年にエスター・グテレス氏とハビエル・パスカル氏により、スペインのマドリッドで創業されたプロ・オーディオ・メーカー=TIERRA AUDIO。このたび、1920年代のカーボン・マイクを思わせるコンデンサー・マイクNew Twenties(トップ写真左)や、7種類の…

AUSTRIAN AUDIO OD303 〜ハンドヘルド・ダイナミックマイクのエントリーモデル

AUSTRIAN AUDIOから、エントリーモデルのハンドヘルド・ダイナミックマイクOD303(オープン・プライス:MUSIC EcoSystems STORE価格|標準セット16,500円)が発売された。 OD303はハンドリング・ノイズを低減できるデュアルカプセル、ODC50を搭載した超単一…

作曲方法を順を追って解説〜“リリカピアノ”の作り方も紹介!|解説:柊マグネタイト

今回は、私のSTEINBERG Cubase Pro 12を使った作曲の手順と“何を考えて曲を作っているか”について、解説していきます。私自身、作編曲の方法はすべて独学で身に付けているので、音楽理論的な説明はできません。一方で、音楽の知識があまりない方が理解しやす…

OBERHEIM OB-X8 レビュー:OB-X/OB-XA/OB-8の特徴と独自の要素を併せ持つアナログ・シンセ

OBERHEIMはアメリカのシンセサイザー・メーカーで、創始者はトム・オーバーハイム氏です。スタートは1973年。そこから約10年にわたり数々の画期的な製品を発表しますが、1985年頃、アナログ・シンセの斜陽などから会社を手放すことになり、以後はOBERHEIMと…

第3回 カラオケとボーカルを混ぜるための基礎知識 〜“歌ってみたMIX”を作るための環境とスキル

本連載についていろんな反響をいただき大変うれしく思っています。今回はMIX師が制作する上で知っておくべき基礎知識として音声のファイルフォーマットについて紹介します。歌い手さんからの依頼を受け、インターネット上でのやり取りで齟齬(そご)なくスム…

エレクトーン初号機の音色を楽しめるイベントが浜松市楽器博物館にて開催

静岡県の浜松市楽器博物館に所蔵されているエレクトーンD-1の修復が完了。そのサウンドが鑑賞できるイベントが開催される。 日本楽器製造株式会社(現ヤマハ株式会社) が開発したD-1は、1959年にエレクトーン(エレクトロニックとトーンを合わせた造語)の…

グリン・ジョンズのステレオ録音メソッドとHELIOSコンソール【Vol.106】音楽と録音の歴史ものがたり

高橋健太郎 レッド・ツェッペリンの1stのステレオ・ロック・ドラム・サウンド レッド・ツェッペリンの初レコーディング中に、ジミー・ペイジがエンジニアのグリン・ジョンズに提案し、ギター・アンプにオフマイクを立てたという話は、以前にも本連載の中で…

WAVES Spherix〜Dolby Atmos環境に向けた7.1.4/7.1.2ch対応コンプ&リミッター

Spherix Compressor WAVESから、Dolby Atmosなどの7.1.4ch/7.1.2chに対応したコンプレッサーとリミッターのプラグイン・バンドル、Spherix(28,600円)がリリースされた。Spherix CompressorとSpherix Limiterを収録。Mac/Windowsに対応し、Waves V14対応環…

FOCUSRITE Clarett+ Series〜歌録りに効果的なオーディオ・インターフェース

ルパート・ニーヴ氏によって創設されたイギリスのオーディオ・メーカー、FOCUSRITE。プロから宅録ユーザーまでに向けた幅広い製品を手掛けており、特にScarlett Seriesをはじめとするオーディオ・インターフェースが有名だろう。今回はその中から、前身モデ…

PRESONUS Studio One 6日本語版リリース〜テンプレートとカスタマイズでワークフローが格段に向上

PRESONUSから、Mac/Windows対応のDAWソフト、Studio One 6日本語版がリリースされた。スマート・テンプレート、インターフェースのカスタマイズ、歌詞トラック、グローバル・ビデオ・トラック、ミキシング・ツール最適化、新しいプラグイン、コラボレーショ…

MACKIE. CR StealthBar 〜Rock oN Monthly Recommend vol.50

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフとその製品を扱うメーカーや輸入代理店に話を聞くRock oN Monthly Recommend。今回はMACKIE.から発売された、Bluetooth接続に対応するサウンド・バーCR StealthBarを紹介する。音響特機の市谷京三氏…

VaVa 〜トラック制作からリミックスまで幅広く手掛けるビート・メイカー/ラッパー

今回登場するのはBIM、KID FRESINO、kZmといったラッパー勢のトラックから、平井堅、木村カエラなどのリミックスまで幅広く手掛けるビート・メイカー/ラッパーのVaVa。彼が6月にリリースした3rdアルバム『VVARP』は、tofubeatsや変態紳士クラブのVIGORMAN…

40mPに学ぶSynthesizer Vを使った調声テクニック

ボカロPは、どのようにVOCALOIDなどの歌声合成ソフトを使いこなしているのか? 現役ボカロP7名がおすすめのテクニックを紹介。ここでは、40mPが調声テクニックを解説します。調声のビフォー/アフターを比較できる音源も掲載しているので、ぜひ参考にしてみ…

AVID Pro Tools無償版Intro提供開始〜最新版2022.9でARA 2統合やクオンタイズ改良も

AVIDは、同社のDAWソフトPro Toolsの無償版、Pro Tools Introの提供を開始した。Mac/Windows対応。 オーディオ/インストゥルメント/MIDIトラック数はそれぞれ8つまで。最大4系統の入力を同時にレコーディングできる。総合音源Xpand! 2のほか、LOOPMASTER…

ART USB II〜2イン/4アウトの32ビット/192kHz対応オーディオ・インターフェース

ARTから、32ビット/192kHz対応USB 2.0オーディオ・インターフェース、USB II(31,900円)がリリースされた。 入出力はアナログのみで、USBバスパワーで動作。アナログ入力2系統には低ノイズのディスクリート・マイクプリ(48Vファンタム電源供給可能)を搭…

Berlin Calling〜第90回 差別といじめが横行する職場!? Beatportベルリン事務所の告発記事

Black Artist DatabaseがBeatportとの提携中止を発表 先月の8月23日、ニュース・サイト“Vice”に、元社員が“Beatportは差別的で有害な職場であった”と告発する記事が突如公開された。Beatportは、米国デンバーで設立され、ロサンゼルスとベルリンに事務所を…

Nate Mercereau 〜ジェイ・Zやショーン・メンデスなどの楽曲に携わるヒット・メーカー

この曲を誰に提供するのかということを決めずに曲を作りはじめるんだ 世界の各都市で活躍するビート・メイカーのスタジオを訪れ、音楽制作にまつわる話を聞く本コーナー。今回登場するのは、ロサンゼルスを拠点にするプロデューサー/ソングライター/マルチ…

UAD Sparkが待望のWindows対応〜CPUネイティブのプラグイン・サブスクサービス

UNIVERSAL AUDIOは、プラグイン・エフェクト&インストゥルメントのサブスクリプションサービス、UAD Spark(月額19.99ドル、年額149.99ドル)のWindows 10/11対応を発表した。 UAD Sparkは、CPUネイティブ動作するUADxプラグイン・エフェクト&インストゥル…

BASEMENT FREAKS PRESENTS TRASH CANS レビュー:オーガニックでメタリックな音を多数収録

レビュー&テキスト:WATAPACHI BLACK OCTOPUS SOUNDから定期的にサンプル・パックを提供しているアーティスト、Basement Freaks。このたび発売された『TRASH CANS』は、彼の50個目となるサンプル・パックです。タイトルからも想像できるような、オーガニッ…

アーティストから自然なメロディを引き出す“脳を使いすぎない曲作り”〜Matt Cabが語るNovel Core「HAPPY TEARS feat. Aile The Shota」

「HAPPY TEARS feat. Aile The Shota」は、グルービーなトラック上でNovel CoreとAile The Shotaの声がスムーズに入れ替わる耳心地の良いナンバー。プロデュースを手掛けたMatt Cabは、SKY-HIやBE:FIRSTの楽曲も手掛けるBMSGとの関わりが深いプロデューサー…

ZOOM AMS-22 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのZOOM AMS-22です。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:Hiroki Obara …

STEINBERG UR12 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのSTEINBERG UR12です。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:Hiroki Oba…

LOOPMASTERS PARADISE POP レビュー:マルーン5などにインスパイアされた音源

レビュー&テキスト:Naive Super イギリスのメーカー、LOOPMASTERSから発売された『PARADISE POP』は、マルーン5、ブルーノ・マーズ、ダフト・パンクなどにインスパイアされた、都会的で洗練されたサウンドを多種収録するサンプル・パック。先述したアーテ…

柊キライに学ぶVOCALOID5を使った調声テクニック

ボカロPは、どのようにVOCALOIDなどの歌声合成ソフトを使いこなしているのか? 現役ボカロP7名がおすすめのテクニックを紹介。ここでは、柊キライが調声テクニックを解説します。調声のビフォー/アフターを比較できる音源も掲載しているので、ぜひ参考にし…

ベテランPAエンジニアが検証!イアプラグAZLA POM1000の効果

イアフォン・メーカーAZLAからイアプラグPOM1000(ピーオーエム・セン)が発売された。ライブなど大音量下での聴覚保護を目的としたイアプラグで、ユーザーからは既に”ポム栓”(=POM1000)という愛称で好評を得ているという。長年にわたりPAエンジニアとし…

1980年代の未発表音源があらわにするマイルス・デイヴィスのブルースの本質 〜THE CHOICE IS YOURS - VOL.151

原 雅明 マイルス・デイヴィスの未発表音源を収録したブートレグ・シリーズとして、『That’s What Happened 1982-1985:The Bootleg Series Vol.7』がリリースとなった。1970年代後半に音楽の表舞台から姿を消したマイルスは、1981年に『The Man with the Hor…

“サビの力”を際立たせるトラックの秘訣〜UTAが語るNovel Core「No Pressure」

ディストーション・ギターとヒップホップのリズムでビッグな音像を提示する「No Pressure」。Novel Coreのメロディックなボーカル表現を十二分に引き出した仕上がりで、アルバム表題曲としての存在感を放っている。プロデュースを手掛けたUTAは、これまでに…

PRESONUS AudioBox Go 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのPRESONUS AudioBox Goです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:Hiro…

NATIVE INSTRUMENTS Komplete Audio 1 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのNATIVE INSTRUMENTS Komplete Audio 1です。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケ…

【予告】12/4(日)サンレコフェス2022開催!セミナーとハンズオンを集めた読者のためのイベント

サウンド&レコーディング・マガジンが、DTMerが今欲しい情報と触りたい機材を集めたリアル・イベントをこの冬開催! DAWでの曲作りに関するセミナーに加え、アウトボードやマイク、ヘッドフォン、シンセなどを体験できるエリアを取りそろえました。ぜひ今か…

Creepy Nutsが表紙&巻頭に登場! サウンド&レコーディング・マガジン2022年11月号

サウンド&レコーディング・マガジン2022年11月号(9/24発売)の表紙&巻頭は、R-指定とDJ松永によるヒップホップ・ユニットCreepy Nuts。最新アルバム『アンサンブル・プレイ』の制作について、R-指定&DJ松永へのインタビュー、制作拠点となるDJ松永のプラ…

Modular × HATAKEN【SOFTUBEプラグインを使いこなす! Vol.3】

ハードウェア・モデリングから独自の製品まで、多くのプラグインを発表するSOFTUBE。当コーナーでは、プラグインのレビューと併せて、オリジナルのプリセットをダウンロードで提供します。今回取り上げるのは、バーチャル・モジュラー・シンセのModularです…

UJAM Virtual Drummer Hot〜生ドラムとサンプルを組み合わせたヒット曲のドラムを再現

UJAMのプラグイン・インストゥルメント、Virtual Drummerシリーズに、現代のヒット曲で用いられるようなドラム・サウンドとパターンを備えたVirtual Drummer Hotが加わった。Mac/Windows、AAX/AU/VST/VST3対応。通常価格15,300円のところ、10月2日までリリー…

HEAVYOCITY Mosaic Pads〜3つのレイヤーで生み出すシネマティックなパッド

HEAVYOICTYのソフト音源、Mosaicシリーズに、シネマティックなテクスチャー・サウンドを生み出すMosaic Pads(18,634円前後、9月末まで20ドル相当オフの15,503円前後。為替レートによって変動)が加わった。NATIVE INSTRUMENTS Kontakt 6 Player(無償)上で…

MUSIC LAB Real Guitar V6〜多彩なギターを再現するソフト音源群の最新版

ギターサウンドをソフトで再現するMUSIC LAB Real GuitarシリーズがV6へアップデートを果たした。Mac/Windows対応で、スタンドアローンのほかAAX/AU/VST/VST3プラグインとして使用できる。前バージョンとの互換性を保ちながら、200種類以上の新しいサウンド…

ZOOM R12 MultiTrak〜タッチ・ディスプレイを備えた8trレコーダー

ZOOMから、2.4インチのタッチディスプレイを備えた8trレコーダー、R12 MultiTrak(オープンプライス:市場予想価格34,000円前後)が9月下旬に発売となる。 コンパクトボディに音楽制作のための機能を凝縮したR12 Multitrakは、単3アルカリ電池×4本で5時間…

パリでのAMADEUS Holophonixを使った現場設営〜『Siren Call』【第27回】realize〜細井美裕の思考と創発の記録

細井美裕 スピーカーに鑑賞者が近づくたびにエリアが切り替わっていくような作り方 Holophonixを使ったプロダクション後編、パリでの現場設営についてです。今回の30.2.7chで使用したスピーカー詳細は下記です。 30ch:FOSTEX FE83(フルレンジ・ドライバー…

“ロック魂”を込めたボーカル&重厚な低域作り〜Ryosuke "Dr.R" Sakaiが語るNovel Core「TROUBLE」

Novel Core『No Pressure』の冒頭を飾る「TROUBLE」は、ロックとヒップホップのテイストが融合した幕開けにふさわしい一曲。重厚なシンセ・ベースやNovel Coreが各展開で聴かせるさまざまな声色が魅力的だ。プロデューサーは、SKY-HIやBE:FIRSTなどBMSG所属…

煮ル果実に学ぶV4 Flowerの調声テクニック

ボカロPは、どのようにVOCALOIDなどの歌声合成ソフトを使いこなしているのか? 現役ボカロP7名がおすすめのテクニックを紹介。ここでは、煮ル果実が調声テクニックを解説します。調声のビフォー/アフターを比較できる音源も掲載しているので、ぜひ参考にし…

M-AUDIO M-Track Solo 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのM-AUDIO M-Track Soloです。 解説:サウンド&レコーディング・マガジン編集部 レビュー:奥村 建(オクムラタケル) 写真:Hiro…