古坂大魔王のプライベート・スタジオ|Private Studio 2022

芸人&プロデューサーとしての両脚を支える配信対応スペース 芸人としてはもちろん、音楽プロデューサーとしても活躍する古坂大魔王。2016年にピコ太郎「PPAP」が世界を席巻したことは広く知られるところだが、そこで使われたROLAND TR-808のサウンドに着目…

ABLETON LiveのWavetableとHybrid Reverbでディープなシンセ・サウンド作りを実践!|解説:Kei Sugano(Dazzle Drums)

ABLETON Live20周年おめでとうございます! 僕はヒップホップからこの世界に入ったこともあって、アナログ・ターンテーブルやサンプラーのみで作るなど、ありものでどこまで挑戦できるかというルーツなので、あえてLiveのみで制作することが多いです。ここ最…

RODEがスマートフォンやパソコンに接続できる小型USBオーディオ・インターフェースのAI-Microを発表

RODEから、スマートフォンやパソコンに接続できる2chのUSBオーディオ・インターフェースAI-Micro(13,200円)が登場。12月10日の発売を予定している。サイズは40(W)×38(H)×11(D)mm、重量は13gとコンパクトな設計だ。周波数特性は20Hz〜20kHzで、最高2…

歌+アコギの弾き語りを録音する方法を指南!〜自宅録音&DIY配信のクオリティ・アップ術

エンジニアの林憲一氏が、自身の愛用マイクであるソニーのC-100を用いて、ボーカル録りの方法をレクチャー! 自宅環境を想定したノウハウが満載だ。ここでは、歌+アコギの弾き語りを録音する方法を見ていく。なお、記事末尾にはC-100と5万円程度のコンデン…

”東京の弦セクション”を再現するTokyo Scoring Stringsが発売。記念配信番組を12/15に開催

IMPACT SOUNDWORKSより、室屋光一郎ストリングスの演奏を元にしたストリングス専用ソフト音源、Tokyo Scoring Stringsが発売された。通常価格は399ドル相当(51,011円前後:為替レートによって変動)で、12月22日まで発売を記念して50ドル相当割引される。NA…

SSL、16chのオーディオ・インターフェース機能を備えたデスクトップ・コンソールBig Sixを発表

SOLID STATE LOGIC(SSL)は16chのオーディオ・インターフェース機能を搭載したデスクトップ型ミキシング・コンソール、Big SiXを2022年1月に発売する。価格はオープン・プライス(市場予想価格:401,500円前後)。 インプットは、モノラル4ch+ステレオ4…

山木秀夫のプライベート・スタジオ|Private Studio 2022

リラックスした中でミュージシャン同士が音を楽しみ、個性あるサウンドを追い求められる場所 ロックやポップス、ジャズを中心にさまざまなジャンルを横断するドラマーの山木秀夫。長年音楽界の第一線で活動し続けるだけでなく、ドラム・スクールを主宰して後…

サンレコで見るYAMAHAモニター・スピーカーHSシリーズ 〜サンレコ読み放題が当たるキャンペーン実施中【2022年1月24日まで】

YAMAHAとサンレコのコラボ・キャンペーンが実現! YAMAHAのパワード・モニター・スピーカー「MSPシリーズ」「HSシリーズ」を購入すると抽選で、サンレコの会員限定記事やバックナンバーPDFが読める「Webプラン(有料649円/月)」の無料アクセス権半年分をプ…

音楽制作に特化したOUTPUTとWAVEBONEのスタジオ・デスク/チェア/スタンド

フックアップが運営するオンライン・ストアのbeatcloudから、注目製品やソフトをピックアップする本コーナー。今回紹介するのは、アメリカのソフト音源/プラグイン・エフェクト・ブランドOUTPUTがリリースするスタジオ・デスクのPlatform、サイド・デスクの…

ZOOMが4K画質の音楽向けビデオ・レコーダーQ8N-4Kを発売

ZOOMが、4K画質の音楽向けビデオ・レコーダーQ8N-4K(オープンプライス:市場予想価格46,000円前後)を12月上旬より発売する。 同社のハンディ・ビデオ・レコーダーQ8が4K画質に対応できるよう進化した製品。ハイダイナミック・レンジ処理により、黒つぶれや…

yonawoのプライベート・スタジオ|Private Studio 2022

メンバー4人がDIYで作り上げた録音/ミックスのための自然派アトリエ 荒谷翔大(vo、k)、田中慧(b)、斉藤雄哉(g)、野元喬文(ds)から成る、福岡の4人組バンドyonawo。2021年1月に造ったばかりのプライベート・スタジオHaruyoshiは、コンクリート造…

ACOUSTIC REVIVE ヘビー・ユーザー・ストーリー「根岸孝旨」

ケーブルをメインに高品位なオーディオ・アクセサリーを手掛けるACOUSTIC REVIVE。今回のヘビー・ユーザーはベーシスト/作編曲家の根岸孝旨だ。電源機器やケーブル、スピーカー・スタンド、アコースティック・コンディショナーなどの製品をプライベート・ス…

EARTHWORKS Ethos レビュー:ボーカル/ナレーションに特化したステンレス製コンデンサー・マイク

EARTHWORKSからEthosというマイクが発売されました。最近増えた配信用途に向いたマイクの上位機種と言えるモデルで、“Broadcasting Microphone”と謳われている通り、プロ仕様を十分に満たしたマイクとなっているようです。 レビュー&テキスト:山本雅之 撮…

FL Studioでもレコード・サンプリング! 録音からテンポ・マッチングまで紹介|解説:MET as MTHA2

普段私はサンプリングをして曲を作っているのですが、FL Studio使いでレコード・サンプリングをしている人って少ないですよね。DAWの相性なのか、自分の周りだけかもしれないですが、あまり多くない気がします。そもそも、FL Studioに限らずレコードからサン…

克哉(UVERworld)のプライベート・スタジオ|Private Studio 2022

皆でバンドの音楽性を拡張させるベく一人でアレンジの挑戦をし続けるための場所 UVERworldのリーダーでギタリストの克哉は、バンドの作曲/アレンジに積極的に参加しており、3年前に造ったこのA-Life studioで日々制作しているという。コロナ禍で、より快適…

トラックに合わせたアコギ録音のコツを指南!〜自宅録音&DIY配信のクオリティ・アップ術

エンジニアの林憲一氏が、自身の愛用マイクであるソニーのC-100を用いて、アコースティック・ギターの録音方法をレクチャー! 自宅環境を想定したノウハウが満載だ。ここでは、トラックに合わせてアコギを録音するパターンを見ていこう。なお、記事末尾にはC…

飯尾芳史 × SanDisk Extreme Portable SSD 〜制作パフォーマンスの要 SANDISKポータブルSSD【第6回】

大容量サンプルのソフト音源やミックス用のワーキング・メディアとして、クリエイターやエンジニアにも活用されているポータブルSSD。各メーカーからさまざまな製品が発売されているが、こうしたフラッシュ・メモリーを使ったストレージの分野で長年の実績を…

【会員限定】映画『音響ハウス Melody-Go-Round』極音上映会 参加申し込みはこちら

お申し込みフォームはこのページの下にリンクがあります。 老舗のレコーディング・スタジオを舞台としたドキュメンタリー映画『音響ハウス Melody-Go-Round』。Webサイト「サンレコ」の会員限定(抽選)で同作の極音上映会&トーク・イベントを、12月20日(…

映画『音響ハウス Melody-Go-Round』極音上映会+トーク・イベントにサンレコ会員をご招待

老舗のレコーディング・スタジオを舞台としたドキュメンタリー映画『音響ハウス Melody-Go-Round』。Webサイト「サンレコ」の会員限定(抽選)で同作の極音上映会&トーク・イベントを、12月20日(月)18時より、東京・御茶ノ水のRITTOR BASEにて開催する。 …

STAX SR-X9000 レビュー:新開発の固定電極を備える国産コンデンサー型ヘッドフォンの最上位機

国産のコンデンサー型オープン・エア・ヘッドフォン“イヤースピーカー”を手掛けるブランドSTAX。旧・昭和光音工業から数えて80年以上の歴史を有し、オーディオ・ファンのあこがれとして君臨してきました。その実力をもって、昨今は音楽クリエイターや制作現…

TM NETWORK、無観客配信ライブ『How Do You Crash It?』第2弾が12月11日スタート。東海ラジオ特番も予定

TM NETWORKの再起動無観客配信ライブ『How Do You Crash It?』の第2弾が、12月11日(土)21時から配信開始される。 サウンド&レコーディング・マガジン12月号でもレポートした『How Do You Crash It? one』は大きな反響を呼び、「GET WILD」に至っては神バ…

【限定動画】「売れっ子劇伴作家の次なる一手」by 林ゆうき氏 ~MPA 2021年型クリエイター・サバイバル術 第3回

JSPA(日本シンセサイザープロフェッショナルアーツ)、サンレコ、ANYTHING GOESのコラボレーションによるオンライン・トーク・イベントが2021年10月からスタート。その名も『ミュージックプロデューサーズアカデミー(Music Producers Academy、MPA)~2021…

JUVENILE × UNIVERSAL AUDIO Apollo x6【Apolloユーザー通信 Vol.5】

UNIVERSAL AUDIO Apolloシリーズは、多彩なラインナップを取りそろえるオーディオI/O。数々の名機をエミュレートしたUADプラグインの提供とUNISON機能、システムの拡張性もあり、全世界のクリエイターやエンジニアに愛用されている。実際にApolloを活用する…

Digital Performerのカスタマイズ性に優れたユーティリティ|解説:高藤大樹

こんにちは、高藤大樹です。今月からDigital Performer(以下DP)の連載を担当することになりました。久々にサンレコへの登場となりうれしいです。日ごろの作編曲やプロデュース、ライブでのソフト・シンセ演奏用など、長年DPをヘビーに使用しています(もう…

ADAM AUDIO SP-5&S3Vの魅力を語るエンジニア対談 〜細井智史 × 森﨑雅人

ドイツ・ベルリンを拠点とするスピーカー・ブランド、ADAM AUDIO。今回はULTRASONEと共同開発のヘッドフォンSP-5と、ADAM AUDIOフラッグシップ・モニターであるSシリーズの一つ、S3Vを紹介する。これらを絶賛するのは、KURID INTERNATIONAL所属ミックス・エ…

API SR22 / SR24 / T12 / T25 〜Rock oN Monthly Recommend vol.40

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフとその製品を扱うメーカーや輸入代理店に話を聞くRock oN Monthly Recommend。今回紹介するのはAPIが新たにリリースしたSR22、SR24、T12、T25の4製品。それぞれ2chコンプレッサー、2ch4バンドEQ…

今年のAvid Creative Summitはイマーシブ・サウンドにフォーカスしたセミナーを展開

ROCK ON PROが、サウンド・クリエイターに向けたノウハウ・セミナー・イベントとしてAVIDと共催しているAvid Creative Summit。今年もYouTubeでの配信で、12月15日(水)13時から20時に行われる。 内容に関しては、Dolby Atmosや360 Reality Audioといったイ…

パナソニックセンター東京 × パノラマティクス 〜今へ受け継がれるテクノロジーとヒストリー

東京都江東区有明にあるパナソニックセンター東京は、最新のテクノロジーが満載の体験型のショウルーム。こちらで12月26日まで開催されている展示が、3つの筒状の空間で先進の映像と音響を体験できる“immersion”と、パナソニックが生み出してきた製品が並ぶ…

Bitwig Studio 4のエクスプレッション・スプレッドで打ち込みに表情を加える|解説:島田尚

こんにちは、作編曲家の島田尚です。ドイツに本拠を置くBITWIGのDAWソフト、Bitwig Studio 4の連載、第3回は新機能の一つ“エクスプレッション・スプレッド”を中心に、初心者目線でも分かるように丁寧に紹介していきたいと思います。Bitwig Studio 4は、期間…

WHARFEDALE PROがワイアレス接続可能なモニター・スピーカー2機種を発売

左がDiamond Studio 7-BT、右がDiamond Studio 5-BT イギリスのプロ・オーディオ専門ブランドWHARFEDALE PROが、モニター・スピーカーDiamond Studio BTシリーズを発売した。ウーファーのサイズが異なる2種類をラインナップし、周波数特性はDiamond Studio …

バック・トラックに合わせた歌録りのコツを指南!〜自宅録音&DIY配信のクオリティ・アップ術

エンジニアの林憲一氏が、自身の愛用マイクであるソニーのC-100を用いて、ボーカル録りの方法をレクチャー! 自宅環境を想定したノウハウが満載だ。ここでは、バック・トラックに合わせて歌を録音するパターンを見ていく。なお、記事末尾にはC-100と5万円程…

石毛輝(the telephones / Yap!!!)のプライベート・スタジオ|Private Studio 2022

インスピレーションを形にするシンセ群に触れながら、楽曲のアレンジとミックスを追求するための基地 the telephonesの初期から現在まで、長年宅録を行なってきたという石毛輝。この物件に引っ越して以来の約10年間で、電子音楽ユニットYap!!!とソロ名義での…

UNIVERSAL AUDIO UADソフトウェアV9.15で2種のプラグイン追加&Mac M1対応

UNIVERSAL AUDIOは、DSPプラグイン・システムUADに採用しているUADソフトウェアの最新版となるバージョン9.15をリリースした。 今回のアップデートでは、2つのプラグインを追加。Unisonテクノロジー対応のマイクプリManley Tube Preamp(149ドル)と、AMS N…

Pro Tools|Carbonユーザー・レポート 飯尾芳史 自身のワークスタイルを拡張するI/O

エンジニア/プロデューサーの飯尾芳史氏。アルファレコードのスタジオ"A"出身で、YMOなどの録音に携わった後、1982年に細野晴臣『PHILHARMONY』でエンジニア・デビュー。以降、矢野顕子、THE BEATNIKS、渡辺美里、藤井フミヤ、竹内まりや、松たか子、のん、…

モノンクルがAbleton Liveを使う!ライブ実用例~Push 2を活用した演奏&マニピュレート

楽曲制作に限らず、マルチプレイヤーの中核を担うシステムやバンド編成を問わない表現ができる楽器として、ライブ現場でも目覚ましい活躍を見せるDAWソフトAbleton Live。ここでは、アーティストによるその実用例を紹介していく。角田隆太(b)と吉田沙良(v…

toku(GARNiDELiA)のプライベート・スタジオ|Private Studio 2022

イン・ザ・ボックス中心のスタイルだからこそ“音の入り口と出口”を重視するプロフェッショナル空間 シンガーMARiAの力強い歌声と完成度の高いエレクトロニックな音像で、音楽好きのみならずアニメ/ゲーム・ファンからも人気のユニット=GARNiDELiA。そのメ…

Pro Tools|Carbonユーザー・レポート 中土智博(後編)Pro Tools 2021.10との連携

アーティストへの楽曲提供のほか、『あんさんぶるスターズ!』『アイドリッシュセブン』などのアニメ/ゲーム音楽も多数手掛ける作編曲家、中土智博。自宅にプライベート・スタジオを構える中土は、発売とともにAVID Pro Tools|Carbonを導入した。後編では…

Pro Tools|Carbonユーザー・レポート 中土智博(前編)レイテンシーの無い録音環境へ

アーティストへの楽曲提供のほか、『あんさんぶるスターズ!』『アイドリッシュセブン』などのアニメ/ゲーム音楽も多数手掛ける作編曲家、中土智博(APDREAM所属)。自宅にプライベート・スタジオを構える中土は、発売とともにAVID Pro Tools|Carbonを導入…

Zoia Euroburo レビュー:90種のモジュールを組み合わせて作るデジタル・モジュラー・システム

カナダのエンジニア集団EMPRESS EFFECTSが、2019年にリリースしたペダル型モジュラー・システムZoiaをユーロラック・モジュール化。このたびZoia Euroburo(以下、Zoia)として登場です。 レビュー&テキスト:Yuichiro Kotani 3段階のボルテージ・レンジを…

感覚ピエロがAbleton Liveを使う!ライブ実用例~バンド内で完結するライブ用システムの制作

楽曲制作に限らず、マルチプレイヤーの中核を担うシステムやバンド編成を問わない表現ができる楽器として、ライブ現場でも目覚ましい活躍を見せるDAWソフトAbleton Live。ここでは、アーティストによるその実用例を紹介していく。横山直弘(vo、g)、秋月琢…

Cubase Pro 11でアレンジに煮詰まったときの打開策|解説:kors k

kors kが使うCubase Pro 11、4回目です! 最終回は、曲作りに煮詰まったときに僕がよく使うテクニックを中心に紹介していきます。 解説:kors k|第4回 アレンジがうまくいかないときは一度書き出してから編集をする 曲作りを進めていくと、楽曲の土台になる…

スガ シカオのプライベート・スタジオ|Private Studio 2022

アレンジの実験と構築からライブ配信まで、持ち前の探究心をカタチにしたワーク・スペース 12月22日にメジャー・デビュー25周年イヤーのキックオフ作品として、アルバム『SugarlessIII』をリリースするスガ シカオ。叙情的なボーカル・チューンのイメージが…

コロムビアのテープ編集〜グレン・グールドからマイルス・デイビスへ 〜【Vol.96】音楽と録音の歴史ものがたり

高橋健太郎 グールドが語った“モンタージュ”としてのレコードと共同制作者への敬意 グレン・グールドのように一切のコンサート活動を拒絶し、レコーディング・スタジオで演奏することを選び取った演奏家は、クラシック音楽の世界では例を見なかった。だが、…

エンジニア林憲一がソニーのマイクC-100を選ぶ理由〜自宅録音&DIY配信のクオリティ・アップ術

近ごろ、ますます必要性を高めているホーム・レコーディングや自宅からのライブ配信。クオリティ・アップのためには、まず“音の入り口”を見直すのが近道だろう。この企画では、エンジニアの林憲一氏が普段から愛用のソニー製コンデンサー・マイク=C-100を使…

DBTECHNOLOGIESのスピーカーがセットで販売開始

イタリアのPA用スピーカー・ブランドDBTECHNOLOGIESを輸入するティアックが、スピーカー・システムに必要な機材をバンドルしたセットの販売を開始した。 Opera Unica 12 + Sub 915 System(666,600円/トップ画像)と、Opera Unica 15 + Sub 918 System(838…

RED ORCAがAbleton Liveを使う!ライブ実用例〜マニピュレート × 演奏のセパレート・システム

楽曲制作に限らず、マルチプレイヤーの中核を担うシステムやバンド編成を問わない表現ができる楽器として、ライブ現場でも目覚ましい活躍を見せるDAWソフトAbleton Live。ここでは、アーティストによるその実用例を紹介していく。金子ノブアキ(ds)によるプ…

立体音響プラグイン、NOVONOTES 3DXの機能限定版となる3DX Liteがリリース

MAGNETICA STUDIOは、同社のサウンド制作用のソフトウェア・ブランドNOVONOTESより発売する立体音響プラグイン3DXの機能限定版、3DX Lite(168ドル。12月26日まで20%オフのセール価格134ドル)を発売。なお、3DX Lite発売に伴い、スタンダード版の3DXは3DX S…

今年も開催! Web+印刷版(年間)プランが約30%オフになるサンレコ・ブラックフライデーセール【11/29 午前10時まで】

11月26日(金)午前10:00から11月29日(月)午前10:00まで、サンレコの「Web+印刷版(年間)プラン」が約30%オフの11,979円(税込)で購入できる、サンレコ・ブラックフライデーセールを開催します。 「Web+印刷版(年間)プラン」は、月刊誌『サウンド&…

水野良樹(いきものがかり/HIROBA)のプライベート・スタジオ|Private Studio 2022

ヒット曲を生み出すソングライターが求めた作曲と勉強のための創作拠点 いきものがかりのメンバーとして、数々のヒット曲を生み出してきた水野良樹。グループ外では、ソロ・プロジェクトHIROBAでのさまざまなアーティストとのコラボや、楽曲提供も行っている…

今月のモジュラー・シンセ:MUTABLE INSTRUMENTS Marbles(後編) 〜第17回 Patch The World For Peace

皆さんこんにちは、HATAKENです。先月よりMUTABLE INSTRUMENTS Marblesを紹介しております。Marblesは、ポストシーケンサーとしても期待できるランダム・ジェネレーターです。ランダムな信号をサンプリングして、ボタン1つでループさせて、リアルタイムにス…