iZotope 私はこう使う! Blacklolita × Trash 2&Iris 2

ミックス/マスタリングに特化したソフトやポストプロダクション向けのオーディオ・リペア・ツールなど、iZotopeの製品は多岐にわたる。ここでは国内外で活躍する8名のクリエイター/作曲家/エンジニアに登場いただき、普段彼らがどのようにiZotope製品を…

iZotope 私はこう使う! 飛澤正人 × RX 7&Ozone 9

ミックス/マスタリングに特化したソフトやポストプロダクション向けのオーディオ・リペア・ツールなど、iZotopeの製品は多岐にわたる。ここでは国内外で活躍する8名のクリエイター/作曲家/エンジニアに登場いただき、普段彼らがどのようにiZotope製品を…

iZotope 私はこう使う! Mitchie M × RX 7

ミックス/マスタリングに特化したソフトやポストプロダクション向けのオーディオ・リペア・ツールなど、iZotopeの製品は多岐にわたる。ここでは国内外で活躍する8名のクリエイター/作曲家/エンジニアに登場いただき、普段彼らがどのようにiZotope製品を…

iZotope 私はこう使う! D.O.I. × Neutron 3&VocalSynth 2

ミックス/マスタリングに特化したソフトやポストプロダクション向けのオーディオ・リペア・ツールなど、iZotopeの製品は多岐にわたる。ここでは国内外で活躍する8名のクリエイター/作曲家/エンジニアに登場いただき、普段彼らがどのようにiZotope製品を…

OEKSOUND Spiff&Soothe 2、SONICWIREで取扱い開始

Spiff OEKSOUNDのプラグイン・エフェクトの国内取扱がSONICWIREで開始された。 Spiff(16,370円+税/価格は為替相場によって変動:現地価格149ユーロ)はパラメトリックEQのような感覚で帯域ごとにトランジェントのブースト/カットが行えるツール。ピアノ…

「SPITFIRE AUDIO Olafur Arnalds Stratus」製品レビュー:ポリリズムのフレーズが作成できる半自動演奏ピアノを再現した音源

阿瀬さとし(Cojok/Smash Room) オーラヴル・アルナルズは、交通事故によって左手を使ったピアノ演奏が困難になったのをきっかけに、プログラマーのハラード・エルジャルンと半自動演奏システム“Stratus”(ストラタス)の開発に着手。1つのノートから複雑…

モジュール化でギター&ベース録音のプロセスをモデリングしたSOFTUBE Amp Room

SOFTUBEから、AAX/AU/VSTプラグインとして動作するAmp Room(13,549円+税:イントロ・プライス9,000円+税)がリリースされた(Mac/Windows対応)。Vintage Amp Room、Bass Amp Room、Metal Amp Room、Amp Room BundleまたはSOFTUBE製プラグイン・バンドル…

IK MULTIMEDIA ILoud MTMのホワイト・バージョン

昨年発売となったIK MULTIMEDIAのコンパクト・パワード・モニター、ILoud MTMのホワイト・バージョン、ILoud MTM White(オープン・プライス)が6月25日に発売となる。市場予想価格は従来のブラック・バージョンと同じ43,000円前後+税(1台)。 2基の3.5…

「RESONANCE SOUND Techno Maschinen」ライブラリー・レビュー:力強いローエンドが魅力のリズム・マシン素材

MAREAM 力強いローエンドが魅力のリズム・マシン素材 RESONANCE SOUNDから発売されたリズム・マシンのサンプル・パック『TECHNO MASCHINEN』。6カテゴリーに分けられたドラムが1,700種類以上と、MIDI素材を約400種類収録しており、生っぽい質感のものから解…

非圧縮ストリーミングでの遠隔録音が行えるSoundwhale

SOUNDWHALE Soundwhaleは、リモート環境でのレコーディングを高音質で実現するソフトウェア。テキスト、音声、映像を使い、複数人でのコミュニケーションを取りながら、ナレーションの録音や音楽制作、ポストプロダクション、ミックスの確認などを実現する。…

IK MULTIMEDIA、EDM向けのSampleTank 4拡張音源Hitmaker: EDMをリリース

IK MULTIMEDIAは、SampleTank 4向けの拡張音源、Hitmaker: EDM(5,990円/税込)をリリースした。 1.6GB超の容量に、100種類の新規インストゥルメントと50種類のMIDIループを収録。400種類以上のボーカル素材やベース、リード、パッド、リズムなど、最新のダ…

マスタリング・エンジニアが Ozoneを選ぶ理由

森﨑雅人 【Profile】1995年音響ハウスに入社し、2000年からサイデラ・マスタリングにて17年間チーフ・エンジニアとして活躍。2018年からはTiny Voice, Productionに所属し、ARTISANS MASTERINGを立ち上げる。トム・コイン氏がマスタリングを担当したDOUBLE…

テクスチャーやアトモスフィアなど変化を伴う持続音を得意とするUVI Droneが登場

Drone(15,000円+税:6月16日まで発売記念価格10,000円+税)は、テクスチャーやアトモスフィア・サウンドなど、変化を伴った持続音を得意とするソフト音源。同社Falconまたは無償のUVI Workstation上で動作する。Falcon/UVI WorkstationはどちらもMac/Wind…

ケンカイヨシの見解良し!Vol.12〜マルーン5「メモリーズ」に使われたステレオ・イメージャーに迫る

Photo:Hiroki Obara 【Profile】東京を拠点に活動する音楽プロデューサー/アレンジャー。ぼくのりりっくのぼうよみとの出会いをきっかけにJポップへ活躍の場を広げる。そのほか香取慎吾と草彅剛のユニット=SingTuyoなどの作品を手掛けている。 こんにちは…

毛蟹が使うStudio One 第4回〜Mai TaiやSplitterを駆使した音色レイヤー術のバラエティ

こんにちは、毛蟹と申します。ぎりぎり人間です。引き続きPRESONUS Studio One(以下S1)の連載を担当しております。今回は標準搭載のシンセMai Taiを使ってのサウンド・メイクについて解説したいと思います。 レイヤーを帯域ベースで考え周波数的に役割分担…

「CRANBORNE AUDIO 500R8」製品レビュー:API 500互換ラック/サミング・ミキサー機能を持つオーディオI/O

中村フミト 500R8はイギリスの新興メーカー、CRANBORNE AUDIOの新製品です。同社については、低価格にもかかわらず驚異的なスペックを持つAPI 500互換マイクプリ、Camden 500が海外のフォーラムで話題になっています。この500R8も、筆者の想像をはるかに超え…

MUCC〜アーティストの表現方法として ギタリストとエンジニアの行為に大きな違いは無い

1997年に結成された4人組ビジュアル系バンドMUCC。歌謡曲的なメロディをラウド・ミュージックに昇華するという独自の路線を突き進み、重厚なサウンドを奏で続けている。そんなMUCCのブレーンはギタリストのミヤ(写真右)。同バンドの作曲を多数手掛ける彼…

西村サトシが使うCubase Pro 10.5 第2回〜Retrologue 2やStepFilterなどCubase付属プラグインを使った音作り

西村サトシ 皆さんこんにちは。エレクトロニカ・ユニット木箱でプログラミング/ギターを担当している西村サトシです。前回は、STEINBERG Cubase Pro 10.5で複数のトラックを一括管理する方法や、フェードエディターを使った編集方法をご紹介しました。今回…

FABFILTERのサチュレーション・プラグイン、Saturn 2が登場

FAB FILTERのマルチバンド・ディストーション&サチュレーション・プラグイン、SaturnがSaturn 2へとアップデートと果たした。通常版は20,500円+税、Saturn 1からのアップグレードは10,250円+税。クリーンかつ温かみのある真空管サウンドやテープ・サチュ…

初音ミクNT、予約者にプロトタイプ版を配布開始

CRYPTON FUTURE MEDIAは、8月に発売を予定している初音ミクNT(Web価格19,800円:税込)のプロトタイプ版を予約者に向けて公開開始した。 初音ミクNTの“NT”はNew Typeの略。特別にカスタマイズされた歌声表現技術、ボイス・ライブラリー、ソフトウェア・イン…

RELOOP、ポッドキャスト向けの卓上スタンド付きUSBマイク

DJ機器ブランドとして知られるドイツのRELOOPから、ポッドキャスト用のUSBマイク、SPodcaster(オープン・プライス:市場予想価格8,500円前後+税)がリリースされた。 単一指向性コンデンサー・マイクで、USB 2.0に対応。16ビット/48kHzで、遅れの少ない安…

オーディオI/Oとマイク+ヘッドフォンをセットにしたESIのバンドルU22 XT Cosmik Set。8tr版Bitwig Studioも付属

ドイツのブランド、ESIから、同社のUSBオーディオ・インターフェースU22 XTとコンデンサー・マイクCosmik 10、ヘッドフォンExtra 10をセットにしたU22 XT Cosmik Set(オープン・プライス/市場予想価格25,000円前後+税)がリリースされた。バンドルにはDAW…

ABLETON製品価格改定 Live 10やPushが手ごろに

Live 10 ABLETONは、近年の為替状況などを考慮して、6月8日より日本国内での同社製品価格を改定。下記主要4製品のほか、アップグレード版、エデュケーション版、Push2+Live 10 Suiteバンドルなどが値下げとなった。 Live 10 Suite 90,800円(税込)→80,8…

「WARM AUDIO Bus-Comp」製品レビュー:伝説的なVCAバス・コンプを再現しつつ独自の機能を加えた一台

大野順平(スタジオ サウンド ダリ) 往年の名機をベースにした質の高い製品をリーズナブルな価格で発表し、注目を集めているWARM AUDIOより、ステレオVCAバス・コンプレッサーのBus-Compが発売されました。出力段のアンプが2種類搭載されており、フロント…

Dolby Atmos制作向けの厳選プラグイン・ガイド

THE CARGO CULT Spanner 37.1.2chバスの各チャンネルを自由自在に動かす高機能パンナー オープン・プライス(市場予想価格30,000円前後) Mac用AAX DSP/Native対応のプラグイン、Spanner 3の基本機能はサラウンド・パンナーであるが、それだけにはとどまらず…

Beat Makers Laboratory Japanese Edition Vol.21 A.G.O(CIRRRCLE)〜皆の体が自然に動き出すようなビートを作ることそれが僕のモットーなんです

【Profile】グローバル版Spotifyのプレイリスト“New Music Friday”へのピックアップを機にブレイクした3人組ヒップホップ・クルーCIRRRCLEのプロデューサー/DJ。近年ではChara+YUKIやSIRUP、FLEURなどへの楽曲提供/リミックスも行っている。 Besty CIRRRC…

角川大映スタジオ(調布)〜Pro Tools|MTRXでダウン・ミックスまで見据えたシステムを構築

Photo:HIRO EDWARD SATO 取材協力:ロックオンプロ 角川大映スタジオは、1933年開所の映画撮影所が源流。現在は映画やドラマの撮影に加え、MV撮影でも使用されることが多く、訪れたことのある音楽業界関係者も多いだろう。ポストプロダクションも手掛けてお…

【第3話】Jr.ハイスクール!つまみちゃん

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジンにて連載されていた「つまみちゃん〜兄がこんなの買えるわけがない〜」の続編がWeb限定でいよいよスタート。その名も「Jr.ハイスクール!つまみちゃん」! ようやく購入する機材を心に決めたノブでしたが…

マーク・イーシアーが語る iZotopeの未来 〜新世代標準= iZotope

Interviewマーク・イーシアーが語る iZotopeの未来 次世代のスタンダード・モデルとなるような製品を生み出していきたい ミュージシャンからエンジニアまで数多くの現場で愛されるプラグインをリリースしてきたブランド=iZotope。2001年の設立時はiZotopeの…

Beat Makers Laboratory Vol.98 Mike Slott〜音楽制作者は“音楽を進化させるために存在している”と思うんだ

世界の各都市で活躍するビート・メイカーのプライベート・スタジオを訪れ、トラック制作にまつわる話を聞いていく本コーナー。今回紹介するマイク・スロットは、アイルランド出身で、現在はロサンゼルスを拠点とするプロデューサーだ。ヒップホップの影響を…

8ボイス・ウェーブテーブル・シンセMODAL ELECTRONICS Argon8とラック版Argon8M

8音ポリフォニックのウェーブテーブル・シンセ、MODAL ELECTRONICS Argon8(オープン・プライス)と、そのモジュール版Argon8M(オープン・プライス)の国内出荷が開始された。Argon8はFATAR製37鍵を採用。Argon8Mは付属の金具でラック・マウントが可能だ。…

HALF H・P STUDIO(幡ヶ谷)〜昨年9月にDolby Atmos Homeへ対応したばかりの気鋭スタジオ

Photo:Hiroki Obara 取材協力:タックシステム HALF H・P STUDIO BOF3は、東京・幡ヶ谷のポストプロダクション・スタジオ。4つのスタジオとプリプロ・ルームを1室持ち、主に洋画の吹き替えや字幕制作を手掛けている。昨年9月にSTAGE 5という部屋がDolby …

ACOUSTIC REVIVE クロス・レビュー「ギター/ベース用ケーブル」

“原音忠実”の理念のもと、ケーブルなどのオーディオ・アクセサリーを手掛けるACOUSTIC REVIVE。今月クロス・レビューするのは、ギター/ベース用ケーブルのGB-TripleC-FMだ。 ACOUSTIC REVIVE代表石黒謙、氏の技術解説 GB-TripleC-FMは世界初のノイズ除去機…

16chのアナログ・レベル・オートメーションを実現するWESAUDIO NGLeveler

WESAUDIOから、アナログ・ドメインのオートメーション・システム、NGLeveler(255,000円+税)が発売された。製品名は“Next generation Leveler”を意味し、16chの入出力に対して、レベル・コントロールが可能。オートメーション・エンジンに加え、チャンネル…

Masayoshi Iimori〜スネアの存在が曲の雰囲気を支配している 音色選びで全体の印象が変わってくると思います

2015年にTREKKIE TRAXよりデビューしたDJ/プロデューサーのMasayoshi Iimori。デビュー以降、スクリレックスやディプロ、メジャー・レイザー、DJスネイクなど、海外の著名アーティストたちのサポートを受け、スクリレックス主宰OWSLAのサブ・レーベルNEST H…

Rock oN Monthly Recommend vol.22〜SENNHEISER MK 4 & NEUMANN TLM 102 / KH 80 DSP

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフとその製品を扱うメーカーや輸入代理店が語り合う本連載。今回は、リスニング用から業務用に至るまで幅広いマイクやヘッドフォンなどを手掛けるSENNHEISERと、多くのスタジオで愛用され続けているマ…

さらなるハイファイを目指したGRACE DESIGNの2chマイクプリM201 MK2

GRACE DESIGNから、2chマイク・プリアンプM201 MK2(225,000円+税)がリリースされた。15.4Hz〜103kHz(40dBゲイン、±0.2dB、150Ωソース)というフラットな特性と、60dBゲインで0.007%未満という低ひずみ率(+20dBu出力、1kHz)、−127.5dBという低ノイズ…

U47/U67スタイルのカプセルを同梱したGOLDEN AGE PREMIER GA-47/67 Extended(JE)

GOLDEN AGE PROJECTのハイエンド・ライン、GOLDEN AGE PREMIERから、カプセル交換式のラージ・ダイアフラム真空管コンデンサー・マイク、GA-47/67 Extended(JE)(345,000円+税)が登場した。 NEUMANN/TELEFUNKEN U47を手本としながら、ダークなトーンのU47…

グロービジョン九段スタジオ(九段下)〜HomeのみならずCinemaもサポートする国内Atmosスタジオの先駆

Photo:Hiroki Obara 取材協力:タックシステム 洋画の吹き替え版や字幕版、アニメの音響制作などを手掛けるグロービジョン。同社が東京・信濃町のスタジオをクローズし、2015年6月に開設したのがこの九段スタジオである。建物から新しく造られており、Dolb…

「TOUCH LOOPS Solar Rhythms」ライブラリー・レビュー:多彩なフットワーク/ジャングルに対応

食品まつりa.k.a foodman 多彩なフットワーク/ジャングルに対応 ローファイ・ハウスやアルカをイメージした素材などジャンルのツボを押さえたサンプルをリリースするTOUCH LOOPSから、フットワーク/ジャングル向きの『Solar Rhythms』が発売。203種のルー…

パッド・コントローラーとソフトウェアを統合したビート・メイク・ツールNEKTAR TECHNOLOGY Aura

ビート・メイクに特化したツール、NEKTAR TECHNOLOGY Aura(45,000円)が6月5日より発売される。 Auraはハードウェア・コントローラーと付属ソフトウェアNektarineを組み合わせることで、楽曲制作でのビート・メイキングからライブでのリズム・パフォーマ…

【特別企画】奥行きと広がりで立体感を操る 空間デザイン(中村公輔 編)

楽曲のクオリティを決定付ける重要な要素の一部、奥行きと広がり。この2つは周波数特性や倍音、空間系エフェクトの使い方といったさまざまな要素が絡んでくるため、コントロールには高い経験値と感性が求められます。そこでエンジニアの中村公輔氏を講師に…

祐天寺浩美のお部屋一刀両断 第312回 完全制覇サスケさん

祐天寺浩美 今月は、東京都にお住まいの完全制覇サスケさんのお部屋を一刀両断。ギターやベースが並び、ボーカル録音用の防音室も完備した制作スペースです! 今回もオンライン・インタビューです。皆さんも最近オンライン飲み会など充実なさっているんじゃ…

MIZ〜音のすき間や空気感が人の気分を感傷的にさせたり ちょっと昔のことを思い出させたりするのかなと

バンドMONO NO AWAREのメンバーのうち、八丈島出身の玉置周啓(写真奥)と加藤成順(同手前)が2016年に結成したアコースティック・ユニット=MIZ。これまで飲食店や美容院など“人々が日常生活を送る場所”でライブ活動を行ってきた彼ら。この4月にリリース…

P’s STUDIO(麻布台)〜 サカナクションのAtmosミックスでも活躍した実績豊富なスペース

Photo:Chika Suzuki 取材協力:タックシステム サカナクションの最新ライブBlu-ray制作に使われたP’s STUDIO。東京の麻布台にあり、普段は主に洋画の吹き替えやアニメの音響制作、Blu-rayのオーサリングなどを手掛けている。今回はライブBlu-rayのDolby Atm…

PEARL CENTER〜各曲に通底するアイコニックな音色が欲しくて 80'sのテイストを取り入れているんです

ブルーアイド・ソウルを今の東京の若者が解釈/再構築したような音楽……PEARL CENTERの楽曲のイメージだ。国内のインディーR&Bシーンで異彩を放って見えるのは、彼らの音楽がヒップでスタイリッシュというだけでなく、歌謡曲やJポップにも通じる独特の叙情性…

VIENNAの技術で音源化した97鍵グランド・ピアノBÖSENDORFER Imperial

通常のグランド・ピアノの88鍵に加えて、低音部に9鍵を拡張したことで知られるBÖSENDORFER Model 290 Imperial。これを丁寧にサンプリングしたソフト音源、Bösendorfer Imperial(35,600円+税)がVIENNA SYMPHONIC LIBRARYからリリースされた。 同社が誇る…

デュア・リパ 〜レトロ・エレクトロとモダン・ポップが邂逅した 『フューチャー・ノスタルジア』の制作舞台裏

今年4月に発売されたデュア・リパの2ndアルバム『フューチャー・ノスタルジア』。収録曲「ドント・スタート・ナウ」は、10カ国以上でチャート1位を獲得し、その他多くの国々でトップ10入りを果たした大ヒット曲である。この曲を手掛けたプロデューサーは、…

「TASCAM Model 12」製品レビュー:マルチトラック録音/オーディオI/O機能を備える10chミキサー

森田良紀(studioforesta) TASCAMより、往年のアナログ・ミキサーをほうふつさせるデザインながら、中身は最新テクノロジー満載のModel 12が発売されました。既にModel 24やModel 16がリリースされており、Model 12は後発のモデルになりますが、ミキサー部…

【Episode10】シンセサイザーガールズ!!

西園寺スペルマ サウンド&レコーディング・マガジン2019年9月号より掲載がスタートし、「つまみちゃん」に続く異色のマンガ連載として誌面を混沌とさせている「シンセサイザーガールズ!!」。サンレ子ちゃんのお姉さんはサンレコにゆかりの深いあのお方……! …