テクニック

Synthesizer Vの声をもっとリアルに!ブレス分離トラックの作り方 講師:江夏正晃

“声がリアル過ぎる!”と巷で話題のAI技術搭載歌声合成ソフト=Synthesizer V。今回は音楽家の江夏正晃氏に、Synthesizer Vで調整できる2つの異なるブレス、「brコマンド」と「ブレス」を紹介してもらう。

Digital Performerの映像と音楽の合わせ方&譜面用のMIDIデータ整理法|解説:高木洋

DAWソフトDigital Performerの便利機能やTipsを、作曲家の高木洋氏が紹介。連載4回目は「映像と音楽の合わせ方&譜面用のMIDIデータ整理法」です。

Cubaseのサンプラートラックを深掘り!ビート制作を面白くする機能たち|解説:JUVENILE

DAWソフトCubaseのお薦め機能やTipsを、音楽プロデューサー/アーティストのJUVENILEが紹介。連載3回目は「サンプラートラックを深掘り!ビート制作を面白くする機能たち」です。

Synthesizer Vでアクセント強調/歌詞を聴こえやすくする('コマンド活用法)講師:江夏正晃

“声がリアル過ぎる!”と巷で話題のAI技術搭載歌声合成ソフト=Synthesizer V。今回は音楽家の江夏正晃氏に、アクセント強調して歌詞を聴こえやすくするための'(アポストロフィー)コマンド活用法を紹介してもらう。

Synthesizer Vで歌の滑舌をアップさせる方法(音素の強弱を設定)講師:江夏正晃

“声がリアル過ぎる!”と巷で話題のAI技術搭載歌声合成ソフト=Synthesizer V。今回は音楽家の江夏正晃氏に、音素の強弱を設定することで、Synthesizer Vの歌の滑舌をアップさせる方法を紹介してもらう。

Synthesizer Vの声質コントロールの方法(ボーカルスタイルの種類)講師:江夏正晃

“声がリアル過ぎる!”と巷で話題のAI技術搭載歌声合成ソフト=Synthesizer V。今回は音楽家の江夏正晃氏に、Synthesizer Vの声質コントロールの方法として、ボーカルスタイルの種類を紹介してもらう。

米国の伝統的音響機器ブランドの無償DAW、LUNAを紹介!|解説:青木征洋

DAWソフトUniversal Audio LUNAのお薦め機能やTipsを、作曲家/ギタリスト/エンジニアの青木征洋が紹介。連載1回目は「米国の伝統的音響機器ブランドの無償DAWを紹介!」です。

Bitwig StudioのSampler、コンピング、そして、Freq Splitでサウンドメイク|解説:荒木正比呂

DAWソフトBitwig Studioのお薦め機能やTipsを、作曲家/音楽プロデューサーの荒木正比呂が紹介。連載2回目は「Sampler、コンピング、そして、Freq Splitでサウンドメイク」です。

Studio One最新版で実践!Dolby Atmosで映える空間系エフェクトのかけ方|解説:Shotaro

DAWソフトStudio Oneのお薦め機能やTipsを、作編曲家/ギタリスト/音楽プロデューサーのShotaro氏が紹介。最終回となる連載4回目は「Dolby Atmosで映える空間系エフェクトのかけ方」です。

Pro ToolsのオーディオMIDI化とBeat Detectiveでビート制作|解説:Cosaqu(梅田サイファー)

DAWソフトPro Toolsのお薦め機能やTipsを、梅田サイファーのビート・メーカー/ラッパー/エンジニアのCosaqu(コーサク)氏が紹介。最終回となる連載4回目は「オーディオのMIDI化とBeat Detectiveでビート制作」です。

映像&マイクでMIDIを生成する2つのAbleton LiveオリジナルM4Lデバイス|解説:HIEI

DAWソフトAbleton Liveの便利機能やTipsを、アーティストのHIEIが紹介。連載2回目は「映像&マイクでMIDIを生成する2つのオリジナルM4Lデバイス」です。

FL Studioでステム分離が可能に!Ver.21.2新機能をVLOTが解説|解説:VLOT

DAWソフトFL Studioの便利機能やTipsを、音楽プロデューサー/DJのVLOTが紹介。連載3回目は「FL Studioでステム分離が可能に!Ver.21.2新機能をVLOTが解説」です。

Digital Performerのステップレコード活用術&多彩なコピペをマスターしよう!|解説:高木洋

DAWソフトDigital Performerの便利機能やTipsを、作曲家の高木洋氏が紹介。連載3回目は「ステップレコード活用術&多彩なコピペをマスターしよう!」です。

Cubase付属の機能を駆使して行うピッチ&タイミング修正のコツ|解説:JUVENILE

DAWソフトCubaseのお薦め機能やTipsを、音楽プロデューサー/アーティストのJUVENILEが紹介。連載2回目は「付属の機能を駆使して行うピッチ&タイミング修正のコツ」です。

Synthesizer Vならでは!効率的な歌詞の打ち込み方(+コマンド活用法)講師:江夏正晃

“声がリアル過ぎる!”と巷で話題のAI技術搭載歌声合成ソフト=Synthesizer V。今回は音楽家の江夏正晃氏に、Synthesizer Vで効率的な歌詞の打ち込みを可能にする、+コマンド活用法を紹介してもらう。

Synthesizer Vで調整できる2つの異なるブレス(brコマンドとブレスの比較)講師:江夏正晃

“声がリアル過ぎる!”と巷で話題のAI技術搭載歌声合成ソフト=Synthesizer V。今回は音楽家の江夏正晃氏に、Synthesizer Vで調整できる2つの異なるブレス、「brコマンド」と「ブレス」を紹介してもらう。

Studio Oneを使ったステレオ→Dolby Atmos化で知っておきたい音作りのコツ|解説:Shotaro

DAWソフトStudio Oneのお薦め機能やTipsを、作編曲家/ギタリスト/音楽プロデューサーのShotaro氏が紹介。連載3回目は「ステレオ→Dolby Atmos化で知っておきたい音作りのコツ」です。

Bitwig Studioのモジュレーターを活用した多彩な音作りのTips|解説:荒木正比呂

DAWソフトBitwig Studioのお薦め機能やTipsを、作曲家/音楽プロデューサーの荒木正比呂が紹介。連載1回目は「モジュレーターを活用した多彩な音作りのTips」です。

Pro Toolsでラップボーカルを軸にしたリミックストラックの制作|解説:Cosaqu(梅田サイファー)

DAWソフトPro Toolsのお薦め機能やTipsを、梅田サイファーのビート・メーカー/ラッパー/エンジニアのCosaqu(コーサク)氏が紹介。連載3回目は「ラップボーカルを軸にしたリミックストラックの制作」です。

セッションビューとM4Lに見るAbleton Liveの特異性|解説:HIEI

DAWソフトAbleton Liveの便利機能やTipsを、アーティストのHIEIが紹介。連載1回目は「セッションビューとM4Lに見るAbleton Liveの特異性」です。

FL Studio トラップ・ビートメイク講座〜ハイハット&スネア編!|解説:VLOT

DAWソフトFL Studioの便利機能やTipsを、音楽プロデューサー/DJのVLOTが紹介。連載2回目は「FL Studio トラップ・ビートメイク講座〜ハイハット&スネア編!」です。

“コマンド四天王”現る!プロが使うDigital Performerの実用的ショートカット|解説:高木洋

DAWソフトDigital Performerの便利機能やTipsを、作曲家の高木洋氏が紹介。連載2回目は「“コマンド四天王”現る!プロが使う実用的ショートカット」です。

ボーカル処理をまとめて行えるCubase Pro 13の新プラグイン“VocalChain”|解説:JUVENILE

DAWソフトCubaseのお薦め機能やTipsを、音楽プロデューサー/アーティストのJUVENILEが紹介。連載1回目は「ボーカル処理をまとめて行えるCubase Pro 13の新プラグイン“VocalChain”」です。

1音押さえるだけで実現するBitwig Studioの多彩なハーモニーのシーケンサー|解説:吉松悠太(SoundQuest)

DAWソフトBitwig Studioのお薦め機能やTipsを、サウンド/GUIデザイナーの吉松悠太氏が紹介。最終回となる連載4回目は「1音押さえるだけで実現する多彩なハーモニーのシーケンサー」です。

イマーシブ対応のStudio One最新版でDolby Atmos制作を実践|解説:Shotaro

DAWソフトStudio Oneのお薦め機能やTipsを、作編曲家/ギタリスト/音楽プロデューサーのShotaro氏が紹介。連載2回目は「イマーシブ対応の最新版でDolby Atmos制作を実践」です。

歌モノの作り方、教えます!Ableton Liveを使った制作フローのすべて|解説:ササノマリイ

DAWソフトABLETON Liveのお薦め機能やTipsを、サウンド・プロデューサー/シンガーのササノマリイ氏が紹介。最終回となる連載3回目は「歌モノの作り方、教えます!Liveを使った制作フローのすべて」です。

Pro Toolsで作るビート用とレコーディング用2種類のテンプレートで楽曲制作|解説:Cosaqu(梅田サイファー)

DAWソフトPro Toolsのお薦め機能やTipsを、梅田サイファーのビート・メーカー/ラッパー/エンジニアのCosaqu(コーサク)氏が紹介。連載2回目は「ビート用とレコーディング用2種類のテンプレートで楽曲制作」です。

FL Studioトラップビート講座〜上モノ&808編|解説:VLOT

DAWソフトFL Studioの便利機能やTipsを、音楽プロデューサー/DJのVLOTが紹介。連載1回目は「トラップビート講座〜上モノ&808編」です。

Digital Performer独自機能のV-Rackを使って快適に音楽制作!|解説:高木洋

DAWソフトDigital Performerの便利機能やTipsを、作曲家の高木洋氏が紹介。連載1回目は「独自機能のV-Rackを使って快適に音楽制作!」です。

ロックサウンド構築の手引き:Part 2〜Cubaseでギター&ボーカルの音作り|解説:長谷川大介

DAWソフトCubaseのお薦め機能やTipsを、SUPA LOVE所属のギタリスト/作編曲家、長谷川大介氏が紹介。最終回となる連載4回目は「ロックサウンド構築の手引き:Part 2 ギター&ボーカルの音作り」です。

オーディオトラックをBitwig StudioのMSEGで加工する|解説:吉松悠太(SoundQuest)

DAWソフトBitwig Studioのお薦め機能やTipsを、サウンド/GUIデザイナーの吉松悠太氏が紹介。連載3回目は「オーディオトラックをMSEGで加工する」です。

音楽制作の各工程をシームレスにするStudio Oneの機能群|解説:Shotaro

DAWソフトStudio Oneのお薦め機能やTipsを、作編曲家/ギタリスト/音楽プロデューサーのShotaro氏が紹介。連載1回目は「音楽制作の各工程をシームレスにする機能群」です。

楽曲のボディとなるPro Toolsのビート・メイキングの手法|解説:Cosaqu(梅田サイファー)

DAWソフトPro Toolsのお薦め機能やTipsを、梅田サイファーのビート・メーカー/ラッパー/エンジニアのCosaqu(コーサク)氏が紹介。連載1回目は「楽曲のボディとなるビート・メイキングの手法」です。

ABLETON LiveのInstrument Rackで“自分専用の楽器セット”を作る|解説:ササノマリイ

DAWソフトABLETON Liveのお薦め機能やTipsを、サウンド・プロデューサー/シンガーのササノマリイ氏が紹介。連載2回目は「Instrument Rackで“自分専用の楽器セット”を作る」の制作過程」です。

曲の展開時に役立つ!FL Studioのお勧めアレンジ・テクニック|解説:Puckafall

DAWソフトFL Studioの便利機能やTipsを、プロデューサー、ビート/ループ・メイカーのPuckafallが紹介。最終回となる連載4回目は「曲の展開時に役立つ!お勧めアレンジ・テクニック」です。

楽曲をより良くするために!仕上げで使えるDigital PerformerのTipsを紹介|解説:sasakure.UK

DAWソフトDigital Performerの便利機能やTipsを、音楽家/ボカロPのsasakure.UKが紹介。連載3回目は「楽曲をより良くするために!仕上げで使えるTipsを紹介」です。

ロック・サウンド構築の手引き:Part 1〜Cubaseでドラム&ベース&キーボードの音作り|解説:長谷川大介

DAWソフトCubaseのお薦め機能やTipsを、SUPA LOVE所属のギタリスト/作編曲家、長谷川大介氏が紹介。連載3回目は「ロック・サウンド構築の手引き:Part 1 ドラム&ベース&キーボードの音作り」です。

第12回 マスター音圧の最終調整 〜“歌ってみたMIX”を作るための環境とスキル

連載「“歌ってみたMIX”を作るための環境とスキル」もついに最終回。ふさわしい話題として、音が出力される=完成する直前のセクション、マスターにおける音量(音圧)調整についてお伝えします。

グローバル化されたBitwig Studioのモジュレーターを活用した音作り|解説:吉松悠太(SoundQuest)

DAWソフトBitwig Studioのお薦め機能やTipsを、サウンド/GUIデザイナーの吉松悠太氏が紹介。連載2回目は「グローバル化されたモジュレーターを活用した音作り」です。

Studio OneのM/Sやパラレルの処理でひずみを駆使するメリット|解説:Sam is Ohm

DAWソフトStudio Oneのお薦め機能やTipsを、プロデューサー/DJ/トラック・メイカーのSam is Ohm氏が紹介。最終回となる連載4回目は「M/Sやパラレルの処理でひずみを駆使するメリット」です。

Pro Toolsですべて声の素材でトラック・メイキング|解説:三浦康嗣(□□□)

DAWソフトPro Toolsのお薦め機能やTipsを、□□□(クチロロ)主宰の三浦康嗣氏が紹介。最終回となる連載4回目は「すべて声の素材でトラック・メイキング」です。

便利で自由なABLETON LiveのRack機能で自分だけのエフェクトを作る|解説:ササノマリイ

DAWソフトABLETON Liveのお薦め機能やTipsを、サウンド・プロデューサー/シンガーのササノマリイ氏が紹介。連載1回目は「便利で自由なRack機能で自分だけのエフェクトを作る」の制作過程」です。

トラップの制作に欠かせないFL Studio付属エフェクト・ベスト3|解説:Puckafall

DAWソフトFL Studioの便利機能やTipsを、プロデューサー、ビート/ループ・メイカーのPuckafallが紹介。連載3回目は「トラップの制作に欠かせない付属エフェクト・ベスト3」です。

Digital Performerでオケ作りに欠かせない清書用チャンクの中身とは?|解説:sasakure.UK

DAWソフトDigital Performerの便利機能やTipsを、音楽家/ボカロPのsasakure.UKが紹介。連載3回目は「オケ作りに欠かせない清書用チャンクの中身とは?」です。

音楽作家の目線から解説!Cubaseの制作効率&スピードUP技|解説:長谷川大介

DAWソフトCubaseのお薦め機能やTipsを、SUPA LOVE所属のギタリスト/作編曲家、長谷川大介氏が紹介。連載2回目は「音楽作家の目線から解説!制作の効率&スピードUPの技」です。

FL Studioで作るヒップホップ|トラップ/ドリル/ジャージークラブ

FL Studioを用いたトラップ/ドリル/ジャージー・クラブの作り方を解説した動画全9本を順次公開予定。各サブジャンルにつき3本で完結する内容で、毎週金曜19時から、9週間連続で動画配信を行う。

第11回 歯擦音のケアでボーカルの聴き心地が変わる 〜“歌ってみたMIX”を作るための環境とスキル

ここまでに仕上げてきたボーカルの最終調整作業を紹介。歯擦音のケアと音量の調整、ボーカルとカラオケの共存方法に触れていきます。

Bitwig StudioのMSEGを活用して音色変化を楽しむ音作り|解説:吉松悠太(SoundQuest)

DAWソフトBitwig Studioのお薦め機能やTipsを、サウンド/GUIデザイナーの吉松悠太氏が紹介。連載1回目は「MSEGを活用して音色変化を楽しむ音作り」です。

コード進行のバリエーションはStudio Oneの“トラックの合わせ技”で作る|解説:Sam is Ohm

DAWソフトStudio Oneのお薦め機能やTipsを、プロデューサー/DJ/トラック・メイカーのSam is Ohm氏が紹介。連載3回目は「コード進行のバリエーションは“トラックの合わせ技”で作る」です。

ABLETON Liveのプロジェクト・ファイルを大公開!WONK「Passione」の制作過程|解説:荒田洸

DAWソフトABLETON Liveのお薦め機能やTipsを、“エクスペリメンタル・ソウル・バンド”WONKのリーダー/ドラマー、荒田洸氏が紹介。最終回となる連載3回目は「プロジェクト・ファイルを大公開!WONK「Passione」の制作過程」です。