DI

AVALON DESIGNのプリアンプU5 & 真空管チャンネルストリップVT-737SPをレビュー

アメリカの音響機器メーカーAVALON DESIGNが誇るDI/プリアンプのU5と、真空管搭載チャンネルストリップのVT-737SP。ここ数年、入手困難となっていたが現在は供給が安定し、誰でも高品質なAVALONサウンドを堪能できる状況が整っている。ここでは両機のユーザ…

sE Electronicsのインラインプリアンプ&DIにブラックバージョンが登場

sE Electronicsのアクティブ・インラインプリアンプDM1 DYNAMITE、DM2 T.N.T、そしてインラインDIのDM3という3モデルのブラックバージョンが、5月17日(金)より発売される。

RUPERT NEVE DESIGNS RNDI-8 〜Rock oN Monthly Recommend vol.60

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフと製品を扱うメーカーや輸入代理店に話を聞くRock oN Monthly Recommend。今回は、RUPERT NEVE DESIGNSのアクティブ・トランスDI、RNDIの8chバージョンを紹介します。

RUPERT NEVE DESIGNS RNDI-8 レビュー:独自開発したトランスを内蔵する1Uラック・サイズの8chアクティブDI

RUPERT NEVE DESIGNSのDIボックスRNDIシリーズに、8ch分のDIを搭載した1Uラック・サイズのRNDI-8が新た加わりました。今回は、レコーディング/ミックス・エンジニアの林田涼太氏がレビューします。

SE ELECTRONICS DM3 レビュー:音抜けが良くシンセなどの電子楽器とも好相性のアクティブ・インラインDI

マイク・ブランドとして有名なSE ELECTRONICSですが、出力の小さなパッシブ型マイクのゲインを上げるインライン・プリアンプ、DM1 Dynamiteが成功を収め、マイク以外の製品でも知られるようになりました。今回紹介するDM3は、DM1 Dynamite、DM2 TNTと続くシ…

BLACK LION AUDIO Auteur DT レビュー:シカゴ発のブティック・メーカーによるデスクトップ向け1chマイクプリ/DI

BLACK LION AUDIOは、シカゴ発のオーディオ・ハードウェアのブティック・ブランドです。高級機材のサウンドをロープライスで提供しようという開発姿勢で、魅力的な製品を次々とリリースし、今とても注目されています。今回は、そんな同社が“BLAスタイル”と銘…

SYM・PROCEED SP-DI500 レビュー:現代の録音環境に最適化したAPI 500互換の楽器用DI/プリアンプ

今回は楽器用DI/プリアンプのSYM・PROCEED SP-DI500をレビューします。高解像度かつワイドな周波数レンジ、立ち上がりの速さなど現代のレコーディングにマッチした性能で、非常に高い評価を受けるSPシリーズです。DIと言うとどうしてもオーディオI/OのHi-Z端…

低域楽器の録音を改善する楽器用プリアンプ/DIモジュール、SYM・PROCEED SP-DI 500

SYM・PROCEEDから、API 500互換モジュールの楽器用プリアンプ/DI、SP-DI 500(127,600円)が3月24日に発売となる。 一般的なDI回路に比べ、部品点数を1/3以下にまで絞り込み、チップ抵抗に比べ割高な帰還抵抗を採用するなど、厳選した部品によりフラットな…

ROYER LABS DBooster2 レビュー:リボン・マイクなどの増幅に使う2chインライン・ブースター兼ステレオDI

もともと僕は、DAWでの録音でコンデンサー・マイクを使うと音がキツく感じた経験から、リボン・マイクに手を出すようになりました。ただ“さすがに弱音の楽器演奏になると途端にSN比が気になる……(そのときの演奏環境由来か、機器のノイズかどうかは不明です…

ROYER LABSから2chインライン・ブースター/DIのDBooster2が発売

デヴィッド・ロイヤー氏によるリボン・マイクのブランドROYER LABSから、リボン・マイクやダイナミック・マイク用の2chインライン・ブースターおよびDIとしても使用できるDBooster2(42,900円/税込)が発売された。 各チャンネルのフロント・パネルには、1…

「WARM AUDIO Direct Box Active / Direct Box Passive」製品レビュー:CINEMAG 製トランスと可変PADを搭載するアクティブ/パッシブDI

林田涼太(いろはサウンドプロダクションズ) 撮影:川村容一 WARM AUDIOは、あこがれのビンテージ・アウトボードのクローン機をリーズナブルな価格帯で提供していることで、最近よく目にする新進気鋭のブランドです。筆者も幾つか試したことがあり、注目し…

「RADIAL HDI」製品レビュー:オプトコンプやJENSENトランスを搭載したスタジオ用アクティブDI

福田聡 撮影:川村容一(メイン) DIやリアンプ・ボックスでおなじみのRADIALより、特大のJENSEN製トランスを搭載した新しいタイプのスタジオ用アクティブDI、HDIが登場しました。本体中央に設置されたRADIAL独自のCOLORコントロールを回すと、クリーン・サ…

TWO NOTESから、ロード・ボックス/スピーカー・シミュレーターTorpedo Captor Xの16Ωモデルが登場

TWO NOTESから、ロード・ボックス/スピーカー・シミュレーターTorpedo Captor Xの16 Ωモデル(オープン・プライス:市場予想価格68,000円前後+税)が登場。これによって、出力インピーダンスが16 Ω固定のギター用パワー・アンプにも対応可能となった。 Tor…

「RADIAL BT-Pro V2」製品レビュー:BluetoothオーディオをXLRバランスでアナログ出力するステレオDI

玖島博喜(TEAM URI-Bo) Photo:川村容一(メイン) 15年以上前、著者はこのNEW PRODUCT REVIEWで2種類のDIをレビューしたのをきっかけにRADIAL製品が好きになり、今ではDIやエフェクター、スイッチャーなどのヘビー・ユーザーです。今回もまた素晴らしい製…

大型JENSENトランスを採用した多機能なDI、RADIAL HDI

RADIALから、特大サイズのJENSEN製トランスを内蔵したDI、HDI(オープン・プライス:市場予想価格88,000円前後)がリリースされた。9月15日出荷予定。 ベースでの使用例 本体中央にあるCOLORコントロールを回すことで、クリーン・サウンドとディストーション…

BluetoothオーディオをPAにバランス出力するRADIAL BT-Pro V2

RADIALから、スマートフォンやタブレットなどのBluetoothオーディオ信号をステレオ・アナログ出力するDI、BT-Pro V2(オープンプライス:市場予想価格28,500円前後)が登場。7月17日に発売となる。 BluetoothオーディオをPAシステムに送るための設計で、XLR…

ラジアルより軽さ250g、小ささ114mm、用途に合わせて選べるDIボックスシリーズ「Stage Bug」

DI

StageBug SB-1 Acoustic StageBug SB-1 Acousticは、アクティブDIボックスでアンプも繋げられるTUNER端子、音が歪んでしまう場合に入力感度を15dB減らせるPADスイッチ、ステージでフィードバックを抑えられるPHASEスイッチが装備されているので、まさにエレ…