部屋鳴りを収音しないようにマイクを立てる方法【試聴有り】 〜特集『ボーカル宅録ガイド』

ボーカルを自宅で録ってみたいあなたのために、神聖かまってちゃんのサウンド・プロデューサー/エンジニアの萩谷まきお氏が一肌脱ぐ! 今回は、しーな(東京初期衝動)の自宅を実際に訪問してより良い音質で録るために実験してみました。ボーカルを自宅で録ってみたものの“これで良いのか?”と不安に思う方は、より良い音質を追求するためのテクニックを音例とともに学びましょう。

Q8. 部屋鳴りを収音しないようにするためにマイクは部屋のどこに立てればいいの?

 A. 全方位の壁からなるべく遠くの位置にセットしましょう。 

f:id:rittor_snrec:20210602194417j:plain

 まず部屋鳴りとは、部屋で歌った際に発生する反響音のことです。例えば、手をたたいたときに“フワッ”と聴こえる音の余韻などが部屋鳴りです。吸音材などを張っていない限りは、マイクをどこに立てても反射音が入ります。まず、全方位の壁と天井、床からの反射音がどういったものか、自分の耳で聴いてみましょう。そうしたら、部屋で歌いながら反射が少ないスポットを探してみると良いです。

 

 今回は“全方位の壁からなるべく遠くの位置”である部屋中央で、角に向かって斜めにセットしました。角でも音は反射しますがそこで溜まるため、残響音がトータルで短くなります。単一指向性のマイクならば、その音がサイドの壁や天井を伝って回り込んでくるため、皆さんの部屋の天井/床/サイドの壁から反射する音が、どうすればマイクに入らないように対策できるかを考える必要が出てきますね

 

 

【特集】ボーカル宅録ガイド〜20のQ&Aで悩みを解決!

Q1. 宅録ボーカルで必要な機材は?
Q2. コンデンサー・マイクとダイナミック・マイクの違い
Q3. 単一指向性、双指向性、全指向性……マイクの指向性とは?
Q4. スマホでボーカル録音をする方法
Q5. 音楽ジャンルに合うボーカルとマイクの最適な組み合わせ
Q6. マイクの音質と自分の声のマッチングを判断する方法(会員限定)
Q7. ボーカル以外にアコギ録音も視野に入れてマイクを選ぶ方法
Q8. 部屋鳴りを収音しないようにマイクを立てる方法【試聴有り】(会員限定)
Q9. 反射音や共振音を防ぐための対策は?【試聴有り】(会員限定)
Q10. マイクとボーカリストの距離の正解とは?【試聴有り】
Q11. マイクの高さはどこがベスト?
Q12. DTMやDAWの録音時にレベル設定で気を付けることは?
Q13. 録音前にやるべきノイズ対策は?(会員限定)
Q14. ポップ・ノイズを防ぐ方法は?(会員限定)
Q15. 自分の声がモニターしづらいときの改善方法(会員限定)
Q16. クリックの音漏れを録音しないようにする方法
Q17. モニターとのレイテンシー(遅延)の対策方法(会員限定)
Q18. エフェクトをかけるタイミングは録音の前/後?
Q19. モニターの自分の声がしっくり来ないのですが……(会員限定)
Q20. 録音後のテイクにノイズが入っていた際の修正方法(会員限定)

 

www.snrec.jp