LEAPWING AUDIO

自然な広がりと奥行きを生み出す音像調整器〜LEAPWING AUDIO StageOne

Reviewed by 中村フミト【Profile】Endhits Studioを拠点に録音からミックス、マスタリングまでを手掛けるエンジニア。直近では、にしな、ナガトモユリ、GOOD BYE APRIL、RöEらの作品に携わっている。 わずかなパラメーターで操作可能。各セクションは個別オ…

「LEAPWING AUDIO Al Schmitt」製品レビュー:アル・シュミット氏が完全監修したミックス用マルチエフェクト・プラグイン

LEAPWING AUDIOが興味深いプラグインを発売しました。その名もAl Schmitt。著名エンジニア、アル・シュミット氏の名前を冠したシグネチャー・プラグインです。 星野誠 ソース別に6種類のプロファイルを用意EQ/コンプやエコーを併装 Al Schmittは、シュミッ…

名匠アル・シュミットの手法を再現するプラグインがLEAPWING AUDIOから登場

LEAPWING AUDIOより、レコーディング・エンジニアのアル・シュミット氏が監修したミックス向けプラグイン・エフェクト、Al Schmitt(16,640円前後/価格は為替相場によって変動。3月10日までリリース記念価格として20%オフ)がリリースされた。Mac/Windows…

「LEAPWING AUDIO RootOne」製品レビュー:サブハーモニクスとハーモニクスを生成し低域を拡張するプラグイン

D.O.I.(Daimonion Recordings) EQやコンプレッサー処理以上の低音増幅への欲求は、1990年代中期から高まり、DBX 120XPやSPL Vitalizerなどサブハーモニック系ハードウェアの名機を生み出しました。その後WAVES MaxxBassやRenaissance Bass、BRAINWORX BX_S…

SONICWIREで振り返る2020年の注目ソフト

ソフト音源やプラグイン・エフェクト、サンプル・パックやシンセ・プリセットを収録するライブラリー、そしてDAWまで、音楽制作にかかわるソフトを総合的に取り扱うダウンロード・ストア=SONICWIRE。10月の時点で取り扱い製品数は15,000以上、サウンド総数…

LEAPWING AUDIO、ローエンドを補強するマルチバンド・サブハーモニクス・プラグインRootOneをリリース

ベルギーを拠点にプラグイン・エフェクトの開発を行うLEAPWING AUDIOが、ローエンドを補強するマルチバンド・サブハーモニクス・プラグインRootOneをリリースした(21,060円+税/価格は為替相場によって変動:現地価格199米ドル)。Mac/Windows対応で、64ビ…