2020-06-30から1日間の記事一覧

Rock oN Monthly Recommend vol.23〜BLACKMAGIC DESIGN Atem Mini / Atem Mini Pro / Blackmagic Pocket Cinema Camera

注目の製品をピックアップし、Rock oNのショップ・スタッフとその製品を扱うメーカーや輸入代理店が語り合う本連載。今回は、オーストラリアを拠点として映像機器/ソフトウェアを開発しているBLACKMAGIC DESIGNのプロダクトを紹介する。多くのアーティスト…

NATIVE INSTRUMENTSからSTRADIVARIバイオリン・ソロ音源が登場

NATIVE INSTRUMENTS Kontakt 6 Player (無償)またはKontakt 6用のソロ・バイオリン・インストゥルメントStradivari Violin(24,364円+税、7月13日までのイントロ・プライス:18,273円+税)が発売された。イタリアのクレモナにあるバイオリン博物館が保有…

ケンカイヨシの見解良し!Vol.13〜ぼやけた輪郭と立体的な空間処理がポイントのビリー・アイリッシュ「everything i wanted」

Photo:Hiroki Obara 【Profile】東京を拠点に活動する音楽プロデューサー/アレンジャー。ぼくのりりっくのぼうよみとの出会いをきっかけにJポップへ活躍の場を広げる。そのほか香取慎吾と草彅剛のユニット=SingTuyoなどの作品を手掛けている。 こんにちは…

ノラ・ジョーンズ『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』、The Soft Pink Truth『Shall We Go On Sinning So That Grace May Increase?』 〜Nagie's Recommend

Nagie 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。Nagie氏の今月のセレクトは、 ノラ・ジョーンズ『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』、The Soft Pink Truth『Shall We Go On Sinning So That Grace May Increase?』で…

大久保博が使うFL Studio 20 第4回〜タイム・マーカーの機能を使ってクリップの再生をコントロールする方法

今回はタイム・マーカーについて解説していきます。小節番号の下にラベルを配置することで楽曲の構成やテイクの管理をしやすくする機能で、例えるなら本に挟むしおりのようなもの。それだけ聞くと“え、マーカーの話?”と思われるかもしれませんが、FL Studio…