吉田沙良(ものんくる) 〜プロ20組の歌録り機材&テクニック! 自宅ボーカルREC術

 DAWの普及、インディペンデントな制作スタイルの隆盛、SNSでのコンテンツ公開などで、さまざまなクリエイターが取り組んでいる“自宅でのボーカル録り”。コロナ・ウィルス以降、その必要性がますます高まっていると言えます。今回は、プロ・アーティスト20組の自宅ボーカルREC術を使用機材とともに一挙公開。ホーム・レコーディング初心者からアップデートを考えている人まで、Tips集として活用していただけると幸いです。

吉田沙良(ものんくる)

f:id:rittor_snrec:20200713192201j:plain

一人でテイクを選ぶと“うまく歌えたもの”を選択しがち
だから必ずメンバーの耳も通すようにしているんです

 自宅では本番用の歌録りをしています。レコーディング用のスペースは、玄関に続く廊下のサイズに合わせて作った厚めの防音扉でまるっとふさいで、防音カーテンも設置。壁には中域と低域のための吸音材を張り防音マットをカーペットの下一面に敷いています。お気に入りのマイクは真空管コンデンサー・マイクのSE ELECTRONICS RNT。私の声は、レンジの広さと強弱の大きさが良さでもあり悩みでもあるのですが、RNTはそれを嫌味無く自然に整えつつ言葉の輪郭をしっかりと立たせてくれます。録音後のエフェクトが一切要らないくらい、レコーディング中にモニターしている声と録り音の差が無いように感じるんです。

 

 ただ、テイク選びに関しては一人でやっていると“うまく歌えているもの”を選びがちなので、何パターンかに絞ったら最終的には相方の角田に選んでもらうことが多い。それか、一回寝ます。あまり何度も聴き返さずに、まずは一回寝ること。起きて初めて聴いたとき(つまりちょっと忘れたころ)が一番客観的だと思うので、その感覚を大事にしています。ちなみに、テイクは多めに用意しておきます。足りないよりも多過ぎるくらいの方が、アレンジや楽器が変わっていく中で足したり引いたりできるからです。

機材紹介

Condenser Mic
SE ELECTRONICS RNT

f:id:rittor_snrec:20200713192248j:plain

 私の声にマッチする一本。指向性を9段階、ローカットを3段階から選べるのがポイントで、声質や人数などに適した状態を作り出せるのがお気に入りです。音質は、声のレンジ感や強弱をうまくまとめつつもシャープな印象。

デジマートで探す

Reflection Filter
ASTON MICROPHONES Aston Halo

f:id:rittor_snrec:20200713192546j:plain

 RNTの購入にあたって、かわいくて性能の良いリフレクション・フィルターを探していたところ見付けたものです。“ペット・ボトルのリサイクル素材から作られた特許フェルトを使用”というコンセプトも良いし、上下方向の反射音まで抑えてくれるのは特筆すべき点。私の制作環境は天井が高く、外は交通量も多い場所なので、かなり重宝しています。

デジマートで探す

Headphone
AUDIO-TECHNICA ATH-M60X

f:id:rittor_snrec:20200713192755j:plain

 相方の角田が使い始め、試させてもらったら非常に解像度が高く、私も愛用するようになりました。カールとストレートの2種類のケーブルが付属し、録音時=カール、リスニング時=ストレートという使い分けが可能。本体はとても軽く、耳が疲れないので長時間作業にも向きます。歌った声がイメージ通りに返ってくるので効率も上がりました。

デジマートで探す

録り音のトリートメント

f:id:rittor_snrec:20200713193038j:plain

 私はAPOGEEのオーディオI/O、Element 24を使っているのですが、このPultec EQP-1A(プラグインEQ)はElement 24の内蔵DSPで動作する“Dual Path”機能を備え、低レイテンシーでのモニタリングが可能。録音時のモニター回線にかけると、宅録のモニタリングにありがちな多少の違和感が大分解消されます。

 

f:id:rittor_snrec:20200713193101j:plain

 遮音など一応の対策はしていますが、マイクの感度が良いこともあって、どうしてもロード・ノイズが入り込んでしまいます。ほかの楽器があまり鳴っていない部分でノイズが気になってしまう場合は、IZOTOPE RX 7で除去します。

 

吉田沙良(ものんくる)

角田隆太とのデュオ“ものんくる”のボーカリスト。ものんくるはジャズ基調のポップスで知られ、『世界はここにしかないって上手に言って』が各配信チャートのジャズ部門首位を獲得。その後『RELOADING CITY』リリースのほか、Blue Note TOKYOやLIQUIDROOMでの単独公演も成功を収める

【Recent Work】

f:id:rittor_snrec:20200713193713j:plain

音の鳴るあいだ
ものんくる
(YouTubeにて配信中)

 

プロ20組の歌録り機材&テクニック! 自宅ボーカルREC術

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp