橘慶太(w-inds.) 〜プロ20組の歌録り機材&テクニック! 自宅ボーカルREC術

 DAWの普及、インディペンデントな制作スタイルの隆盛、SNSでのコンテンツ公開などで、さまざまなクリエイターが取り組んでいる“自宅でのボーカル録り”。コロナ・ウィルス以降、その必要性がますます高まっていると言えます。今回は、プロ・アーティスト20組の自宅ボーカルREC術を使用機材とともに一挙公開。ホーム・レコーディング初心者からアップデートを考えている人まで、Tips集として活用していただけると幸いです。

橘慶太(w-inds.)

f:id:rittor_snrec:20200707191041j:plain

録音時に重視するのはピッチの正確さよりも
リズムや歌い方など“その人らしさ”が出る部分

 作品はもちろん、ネット用コンテンツなどについても、本番の歌録りまで自宅でやっています。コントロール・ルームとして使っている部屋とは別にブースがあるのですが、そこからでもAVID Pro Toolsを操作できるよう、Bluetoothマウスやミラーリング用の液晶などをセットしているんです。ただ、かけ録り用のコンプ(UREI 1176 Rev.HとWESAUDIO Beta76)はコントロール・ルームにあるので、ゲイン・リダクションはメーター目視ではなく歌いながら耳で判断しています(笑)。

 

 録音時に重視するのは、ピッチの正確さよりもリズムやグルーブ、語尾の切り方など。ピッチにその人らしさは出ませんが、リズムや歌い方には顕著なので、それらを優先し大切にしています。楽曲提供の際にはボーカル・ディレクションまで行っているため、自分の歌を録るときも“もうちょっとパーカッシブに歌おうか!”“歌詞の意味が伝わるように歌おう!”などと自らにリクエストしている感覚です。

 

 歌声は、クリーンに録れている方が後からDAWで調整しやすいので、録音後はまず、ちゃんと奇麗に録れているかどうかを確認。始めたばかりだとプリアンプのゲインを上げてノリノリで録音しがちですが、ある程度小さな音量で録っておいて、DAWで調整するのが良いと思います

機材紹介

DAW Software
AVID Pro Tools

f:id:rittor_snrec:20200707191211j:plain

 録音にはさまざまなDAWを使い、音質を比較してきましたが、Pro Tools(写真中央の液晶内)が最もクリーンでフラットだと思います。ほかのDAWにも特徴があって面白いけれど、特に歌はコンピングやトリートメントのしやすさも手伝いPro Tools一択になっています。併用しているオーディオI/OはUNIVERSAL AUDIO Apollo X6。

デジマートで探す

Condenser Mic
MANLEY Reference Cardioid XXX Anniversary Limited Edition

f:id:rittor_snrec:20200707191317j:plain

 マイクにも好きな機種がたくさんありますが、今はReference Cardioidにハマっています。ヒップホップやチル系のトラックとの相性が良い印象です。SONY C-800GやBLUE MICROPHONES Bottleも愛用しています。

デジマートで探す

Mic Preamp
AURORA AUDIO GTQ2 Mark III

f:id:rittor_snrec:20200707191349j:plain

 マイクプリはGTQ2 Mark III(写真上段)がかなりお薦め。以前はオールドNEVEを使っていましたが、昨今のエレクトロニック・ミュージックでは音数の少ない中に歌が入るので、SN比の良いマイクプリで録っておかないとEQの際に困ります。NEVEモチーフの低ノイズ機を幾つか試してみたところ、本機が音の太さもあり好みでした。またゲイン幅が広く、どんなマイクでも制御しやすい。MARTECH MSS-10やMILLENNIA HV-3C(同中段)といったマイクプリも使っています。

録り音のトリートメント

f:id:rittor_snrec:20200707191437j:plain

 IZOTOPEのオーディオ修復/編集ソフト=RX 7のDe-Clickをよく使います。ポップ・ノイズやクリック・ノイズを簡単に除去できて便利です。

 

橘慶太(w-inds.)

w-inds.のメイン・ボーカリスト/コンポーザー/トラック・メイカー。フューチャーR&BなどEDM以降のサウンドを独自に解釈し、国内のみならずアジア各国でも高い評価を得ている。KEITA名義のソロ活動では、マスタリングまで自ら手掛けたニュー・アルバム『inK』を3月に発表した

【Recent Work】

inK

inK

  • KEITA
  • J-Pop
  • ¥2139

 

プロ20組の歌録り機材&テクニック! 自宅ボーカルREC術

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp