MOJAVE AUDIO MA-50 マイク・レビュー:品が良くまとまった響きを感じる 〜特集「わたしの、初マイク」

MOJAVE AUDIO MA-50 マイク・レビュー:品が良くまとまった響きを感じる 〜特集「わたしの、初マイク」

品が良くまとまった響きを感じる。 byさらさ

 外見は筒型でブラック。指向性は単一指向で、ラージ・ダイアフラムを備えています。周波数帯域は20Hz〜20kHzなので、幅広いレンジ感で収録が可能です。100Hz/5kHz/10〜18kHz辺りがふっくらと強調されていて、かつシビランスの帯域はブーストされていないので、滑らかな印象。中低域の分厚さ、高域の伸びで歯切れの良い質感が特徴です。クリーンとウォームのちょうど中間、どちらかというとウォーム寄りで温かいサウンドになっています。アタックは若干速めなので、ジャンルはJポップやロック、ヒップホップ、ダンス・ミュージック、ナレーションなどに合いそうです。

 全体の解像度が高く、EQを使ってあらゆるサウンドへと容易に加工ができました。レスポンスが速いので、滑舌に自信が無い人にはお勧め。口元の繊細なニュアンスもよく録れるため、収録後の細かい加工も必要無さそうです。余分な環境音を拾わずクリーンな空気感が録音できるので、コーラスなどでいろいろな距離感で試してみるのも良いと思います。男性ボーカルにも効果的で、曇りやすいロー・ボイスの方でも滑舌良く聴こえるマイクでしょう。ボーカル以外にもさまざまな用途に合うと思います。

f:id:rittor_snrec:20211109130223j:plain

f:id:rittor_snrec:20211109130231j:plain

f:id:rittor_snrec:20211109130238j:plain

f:id:rittor_snrec:20211109130246j:plain

 

 

【yasu2000】big turtle STUDIOSのレコーディング/ミックス・エンジニア。origami PRODUCTIONS所属のアーティストのほか、あいみょんなどを手掛けている

【さらさ】湘南出身のシンガー・ソングライター。音楽活動以外にも、美術作家、古着ブランドの バイヤー、フォトグラファー、フラダンサーとマルチに活動の場を広げる

 

MOJAVE AUDIO MA-50

オープン・プライス(市場予想価格:60,500円前後)

 SPECIFICATIONS 
■指向性:単一指向 ■周波数特性:20Hz〜20kHzs ■感度:-40dB ■出力インピーダンス:100Ω ■外形寸法:51(φ)×194(H)mm ■重量:450g

製品情報

関連記事

www.snrec.jp