UNIVERSAL AUDIO Voltでアナログ・トーンをこの手に!Part 1:ボーカル編

UNIVERSAL AUDIO Voltでアナログ・トーンをこの手に!Part 1:ボーカル編

UNIVERSAL AUDIOが新たに発表したオーディオ・インターフェース、Volt。DSPを搭載してUADプラグインが使える同社のApolloシリーズとは違い、DSP非搭載で価格を抑えたシリーズとなっている。だがそこはUNIVERSAL AUDIO、アナログ機器のノウハウを詰め込み、誰でも簡単にアナログ・トーンを得られるオーディオ・インターフェースとなっているのが特徴だ。今回はボーカル録音にフォーカスし、Voltの性能をレポートする。

Photo:Takashi Yashima

アナログ・レコーディング機器の名門が放つ新たなオーディオI/Oシリーズ

f:id:rittor_snrec:20211224212708j:plain

 VoltシリーズはMac/Windows/iPhone/iPadに対応するUSBオーディオI/O。Volt 1/Volt 2/Volt 176/Volt 276/Volt 476という5つのモデルと、コンデンサー・マイクとヘッドフォンがセットになった2種類のバンドル(近日発売予定)をラインナップしている。最高24ビット/192kHzで録音/再生ができ、Volt 476を除きUSBバス・パワーで動作可能だ。5V DC電源端子から電源供給を受けることもできる。

f:id:rittor_snrec:20211224212758j:plain

Volt 1:1イン/2アウト|オープン・プライス(市場予想価格17,050円前後)

f:id:rittor_snrec:20211224212836j:plain

Volt 2:2イン/2アウト|オープン・プライス(市場予想価格23,100円前後)

 Voltシリーズは同社のApolloシリーズとは違い、DSPを搭載していないためUADプラグインを使うことはできない。しかし、Voltのプリアンプには独自の機能であるVINTAGEモードが備わっている。このVINTAGEモードは、Voltにあるボタンを押すことでオンとなり、真空管プリアンプのエミュレーション回路によって豊かなサウンドを作り出すという。このプリアンプ回路は、レイ・チャールズやヴァン・ヘイレンのレコーディングでも使われた同社のUA 610が元になっている。

 

 Volt 176/Volt 276/Volt 476には、VINTAGEモードに加えて76 COMPRESSOR機能が搭載されている。これは同社の誇るコンプレッサー/リミッターの名機1176をベースにしたアナログ・コンプレッサー。ボタンをオンにするだけで、入力信号をコンプレッションして、即戦力となるサウンドへと仕上げることができる。76 COMPRESSORはVOC/GTR/FASTと3つのモードを用意。VOCはボーカルに適した速いアタックと遅いリリースの設定、GTRはギターやベースのトランジェントが明りょうになる遅いアタックと速いリリースの設定、FASTは非常に速いアタックと適度なリリースのアグレッシブな設定となっている。

f:id:rittor_snrec:20211224213227j:plain

Volt 176:1イン/2アウト|オープン・プライス(市場予想価格30,800円前後)

f:id:rittor_snrec:20211224213244j:plain

Volt 276:2イン/2アウト|オープン・プライス(市場予想価格36,850円前後)

f:id:rittor_snrec:20211224213324j:plain

Volt 476:4イン/4アウト|オープン・プライス(市場予想価格45,100円前後)

 

UNIVERSAL AUDIO 1176とは?

f:id:rittor_snrec:20211224213815p:plain

 1967年にUREI(現UNIVERSAL AUDIO)が開発したFETコンプレッサー。非常に速いアタック・タイムとリリース・タイムが特徴で、ボーカルからギター、ドラムなど幅広い用途で使われている。レシオは4:1、8:1、12:1、20:1からボタンで選べるが、全部を押すこともでき、それによって得られる過激なコンプレッションやディストーションで積極的な音作りも可能になっている。

充実の付属ソフトウェアでクオリティの高い制作環境を構築できる!

 Voltシリーズには即戦力となる音楽制作ソフトウェアが多数バンドルされている。DAWのABLETON Live Liteやピッチ補正ソフトのCELEMONY Melodyne Essentialだけでなく、UJAM Virtual Drummer Deep、Virtual Bassist Dandy、SPITFIRE AUDIO Labsといった音源も充実。Voltに備わったVINTAGEモードと76 COMPRESSORで、録り段階から音に磨きをかけ、さらに付属ソフトウェアで楽曲を形作っていくことが可能だ。

f:id:rittor_snrec:20211224213907j:plain

ナミヒラアユコ × Volt 276

f:id:rittor_snrec:20211224213933j:plain

【Profile】シンガー・ソングライター。ライブ・ミュージックとアコースティック・サウンドにこだわり、多くのステージをこなす。2021年に2ndアルバム『薄明光線』を発売。リリース記念ライブを丸の内コットンクラブで行った。

 シンプルな操作性と長年培われたアナログ・トーンの技術が共存したVolt。その実力を確かめるべく、ボーカリストのナミヒラアユコにVolt 276を使ってもらい、そのインプレッションを聞いてみた。

音が丸みを帯びて温かみが加わる

 Voltは見た目が新鮮ですね。Volt 76モデルはサイド・パネルが木製になっていて、とてもかわいいデザインになっています。オーディオ・インターフェースに見た目の良さは求めなくてもいいのかなと思っていたんですけど、Voltを見て考えが変わりました。音響機器らしいメタリックなデザインというのも格好良いですが、Voltの外観はインテリアとしても部屋にマッチすると思いますし、女性にも人気が出るかもしれないですね。

 

 デザインのおかげかパネルもすっきりと見え、シンプルな操作性となっています。背面には電源ボタンがあって、パソコンにつないだ瞬間にバチッと電源が入ることなく、ワンクッション置いて動作してくれるのがうれしいです。同じく48Vファンタム電源もボタンを押してから優しくオンになってくれて、各操作に丁寧さを感じました。初めてオーディオ・インターフェースを使う方も安心して操作できると思います。

f:id:rittor_snrec:20211224214044j:plain

歌でのチェックの様子。Voltは大音量でもクリアにモニターできる高品位なヘッドフォン・アンプを採用しており、ダイレクト・ボタンでレイテンシーの無いモニターも可能だ

 Volt 276で歌を録音してみたところ、自分の声がそのままキャプチャーされる素直な音だと感じました。そこからVoltシリーズに備わっているVINTAGEモードをオンにすると、音が丸みを帯びて優しくなります。私の声にはざらざらと感じる部分があって、録音したときに気になることもあるのですが、VINTAGEモードではそこが丸くなって抑えられました。普段スタジオでエンジニアの方が処理してくれるような音にボタン一つでなってくれるのはとても便利ですね。VINTAGEモードがオフの音は前面に声が出てくるようなイメージで、そのサウンドが合うシチュエーションもあると思いますが、より温かみやぬくもりがほしいというときはVINTAGEモードがお勧めです。

f:id:rittor_snrec:20211224214135j:plain

ナミヒラに試してもらったVolt 276の入力部には、ビンテージ・マイクプリ回路を再現したVINTAGEモードと、1176の回路を再現した76 COMPRESSORが備わっている。ボタン一つでオンにできるので、パラメーター設定に悩む必要も無い。どちらの機能を使ってもダイレクト・モニターは可能で、整えられた音を聴きながら歌うことができるは大きなメリットだ

 DAWのABLETON LiveやCELEMONY Melodyne Essentialなど付属ソフトウェアが充実しているのも魅力です。でも何よりVoltに備わっている機能が唯一無二のもの。VINTAGEモードも76 COMPRESSORもほかではあまり見られないものですし、Voltで作れる音じゃなきゃダメだ!と手放せないオーディオ・インターフェースになりそうです。

製品情報

関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp