HEAVEYOCITYがシンセ・リードにフォーカスしたシネマティック・サウンド音源、Mosaic Leadsをリリース

f:id:rittor_snrec:20220124140339j:plain

 

 HEAVEYOCITYが、シンセ・リードのシネマティックな可能性を追求したソフト音源、Mosaic Leads(14,883円/税込:価格は為替相場によって変動)をリリース。NATIVE INSTRUMENTS Kontakt 6、または無償のKontakt 6 Player上で動作する。これらはMac/Windows対応で、AAX/AU/VSTプラグインのほか、スタンドアローンでも使用できる。また、1月27日までは発売記念として16%分の割引が適用される。

 

 

 約2.6GBのライブラリーには、シンセ・リードやサウンド・デザインを念頭に用意した100種類のサンプル・ソースを収録。BEAUTY/BEAST/NOISES/ATTACKの4カテゴリーに分類され、3つまでレイヤーすることができる。そのため、多種多様なシンセ・リード/テクスチャー・サウンドを生成できるという。

 

 

 3つのレイヤー・チャンネルには、それぞれ独立したEQ/フィルター/ディストーション/ゲート/リバーブ/ディレイ、そしてエンベロープやアルペジエイターといったパラメーターを装備。また、全レイヤー・チャンネルの主要パラメーターを一括でコントロールするMACRO SEQUENCERを用いれば、複数のパラメーターを統合的にコントロールすることも可能だ。

 

f:id:rittor_snrec:20220124143044j:plain

MIXERタブには3つのレイヤー・チャンネルを備え、それぞれボリューム/パン/ピッチを調整できる

f:id:rittor_snrec:20220124143146j:plain

MACRO SEQタブでは、全レイヤーにおけるパラメーターの一括制御のほか、内蔵シーケンサーのMACRO SEQUENCERでより複雑なサウンドを生成可能

f:id:rittor_snrec:20220124143215j:plain

MASTER FXタブ。 画面中央には、コンプレッサーとサチュレーションの効果を1つのノブでコントロールできるPUNISHノブを搭載する

 さらに、サンプル・ソースとMosaicエンジンの機能を駆使して制作された“SnapShot”プリセットを、Arp/Playable/Rhythmicの3カテゴリーで合計101種類収録。スぺーシーなシンセ・アルペジオから、温かみのあるシンセ・リード、ゲートを用いたパルス・サウンドまで、シネマティック用途にとどまらない幅広いサウンド・プリセットを用意している。

 

f:id:rittor_snrec:20220124143101j:plain

CONTROLタブ。各チャンネルにおけるエンベロープやステレオ幅などを制御可能だ

f:id:rittor_snrec:20220124143114j:plain

OPTIONSタブでは、各チャンネルにロードするサウンド・ソースの選択やプレビューが行える。ピッチ・ベンド・レンジやベロシティ・レンジ、キー・マッピングの調整も可能だ

 

 そのほかのトピックとして、32ビット・プロセッシングによるサウンド出力や、改良されたDFD(Direct From Disk)などがある。DFDはサンプルをRAMからではなく、ハード・ディスクから読み込んで再生する機能。これにより、コンピューター内蔵メモリーの容量を超えるサンプル・サウンドを扱うことができるのだという。

 

f:id:rittor_snrec:20220124143130j:plain

ARPタブ。各チャンネルに搭載されたアルペジエイターの設定のほか、ゲートやスウィングの調整が行える

製品情報