【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

machìna 前編〜GENELEC The Ones Load Test

GELENECモニターを愛するmachìnaの耳に、そのサウンドはどう響くのか

Photo:Hiroki Obara

私はルーム・アコースティックが重要だと思っていますが
8331Aであれば最初から調整した状態でモニターできますね

 40年の歴史を誇るGENELECは、2006年にリスニング環境の問題を補正する技術としてSAM(Smart Active Monitoring)を提唱した。そのSAMを内蔵したモデルの中でも特に人気なのは、同軸構造による点音源を実現した3ウェイ・スピーカーのThe Onesシリーズだ。この連載では、The Onesに対して関心を持つクリエイターに一定期間預け、その実力を試してもらう。今回はプロデューサー/ボーカリストmachìnaの自宅スタジオにシリーズ最小の8331Aを持ち込んだ。GELENECモニターを愛する彼女の耳に、そのサウンドはどう響くのか?

定位の正確さに“ 信じられない”ほどの違いが

 もともとシンガーとして活動を開始し、その後プロデュースも手掛けるようになったmachìna。その当時から、GENELECのモニターを使い続けてきたという。

 

 「自分でプロデュースをするようになって、最初に買ったのが中古の1029Aでした。GENELECのモニターが欲しくて……私はデザインに注目することが多いのですが、GENELECはシンプルで信頼できそうだと思ったんです。その後、8030Cを手に入れて、最近作『Willow』はこれとサブウーファーの7050Bとの組み合わせでミックスしました。ノサッジ・シングにGENELECのモニターを薦めたこともあります。私は自分の音楽を特定のジャンルで定義したくない……だから周波数帯を広く使いたいので、その意味では低域重視のものなどより、GENELECのモニターが向いているんです

machìna愛用の8030C。8331Aとは底面のIso-Podが共通のため、デスクトップ・スタンドは流用した

  今回持ち込んだ8331Aは、machìnaの部屋のイメージに合わせたホワイト・モデル。GLMソフトウェアをインストールしたラップトップとGLM Kit、8331Aを接続し、ものの5分で測定と補正が終了した。

machìnaのデスクにセットアップした8331A(ホワイト・モデル)。今回はメインの制作用コンピューター(中央)とは別のマシン(右)にGLMソフトウェアをインストール

 「2回スウィープ音が鳴って、それで完了してしまうことに驚きました。すごく簡単ですね

 

 早速さまざまな曲で試聴を開始。親交のあるYosi Horikawaのトラックを聴いた途端、彼女の口からは“信じられない”との声が上がった。

 

 「定位がものすごく正確ですね。Yosiさんのライブは、私と同じスピーカーを使っていてもよりイマーシブな音場を生み出していたのですが、それに近い印象でした。今まで聴いていたサウンドと、全く違います」

普段は“ 補正オフ”と同じ状態だったことに驚き

 続いて池田亮司や自身の作品なども試聴。GLMソフトウェア上で補正のオン/オフを切り替えてみた。

測定結果(赤)と補正フィルター(青)、フィルター設定後の理論的な応答曲線(緑)。100Hz〜250Hz付近にあるピークが補正フィルターによって解消されていることが分かる

 「池田さんの曲は、補正をオフにすると、少しモヤがかかったようでした。自分の曲は、こうして切り替えてみると、普段はオフ状態と同じ状態で聴いていたのかということに驚きました。私はルーム・アコースティックが大事だと思っていて、『Willow』のミックス時には室内にさまざまなものを張って調整していたんです。この8331Aであれば、最初から調整した状態でモニターできますね。せっかくなのでこれから1カ月、頑張って制作をしたいです」

 

 新しいシンセも手に入れたとのことで、意欲満々にそう語るmachìna。1カ月後の彼女がどんな発見をするのか、今から楽しみだ。


今回のテスト・モデル

GENELEC 8331A

オープン・プライス

(ダーク・グレー:市場予想価格278,000円前後+税/1基、ブラック/ホワイト:市場予想価格298,000円前後+税/1基)

f:id:rittor_snrec:20200827180850j:plain


 
 

同軸ツィーター+ミッドレンジ・ドライバーに、2基の楕円形ウーファーを加えた3ウェイ・ポイントソース構成のThe Onesシリーズのうち、最も小型のモデル。SAMテクノロジーにより、設置環境に合わせた自動補正が可能。大型ウェーブガイドの採用で、スウィート・スポットの拡大にも成功している

 

f:id:rittor_snrec:20200827180856p:plain

machìna
東京を拠点に活動する電子音楽家/プロデューサー/ボーカリスト。モジュラー・シンセやアナログ・シンセを駆使したエクスペリメンタルなサウンドに、自身のボーカルを乗せた楽曲を制作。ベース・ミュージックやアンビエント、ハウスなどを横断した作風でワールドワイドに活躍している

 

■GENELEC製品に関する問合せ:ジェネレックジャパン

 

関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp