一部の環境において、会員限定記事の表示がうまくいかない場合が報告されています。その場合、まずはブラウザを最新にアップデートした上、WindowsではCtrl+Shift+R、Macではcommand+shift+Rでの再読み込みをお試しください。また、ほかのブラウザの利用もご検討いただけましたら幸いです。

DBTECHNOLOGIESが4種類の指向性プリセットを備えるウェッジ・モニターVIO W10を発売

f:id:rittor_snrec:20210930212304j:plain

 イタリアのPA用スピーカー・ブランドDBTECHNOLOGIESより、2ウェイ・アクティブの薄型ウェッジ・モニターVIO W10(334,400円/1台)が発売された。

 

f:id:rittor_snrec:20210930212328j:plain

 ポリウレア・コーディングが施された木製キャビネットを備え、本体の高さは165mmという薄型設計。底面にはケーブル配線のための溝、サイドにハンドルを兼ねたくぼみを備える

 

f:id:rittor_snrec:20210930212348j:plain

 高域用に4インチのネオジム・スピーカー×4、低域用に10インチのウーファーを搭載する。出力400W(RMS)のDigipro G3アンプを内蔵するほか、DSPで指向性をコントロール可能。スタンダード/ナロー/ワイド/ファーという4種類のプリセットを備え、使用するアプリケーションやスピーカーのニーズに合わせて選択することができる。

 

f:id:rittor_snrec:20210930211959j:plain

 入力端子はマイク/ライン・イン(XLR)で、ほかのスピーカーとの接続に向けたリンク・アウト(XLR)を装備。RDNetを使ったリモート・コントロール用のEtherCON端子×2、ファームウェア・アップデート用のUSB Type-B端子なども搭載する。

 

製品情報

tascam.jp