【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

食品まつり a.k.a foodman × ABLETON Simpler 〜これが私の定番ソフト音源!

 現代の音楽制作に無くてはならないソフト音源。オールマイティに使えるものから特定のジャンルを象徴する製品、他者との差別化を図れる斬新な音源までそろい、まさに百花繚乱です。そうした数多くの選択肢の中から、プロの現場でリアルに重宝されているものとは何なのでしょうか? 本特集では、著名クリエイター18名に“マイ定番ソフト音源”を挙げていただき、その活用方法を語ってもらいます。

食品まつり a.k.a foodman

f:id:rittor_snrec:20200803202120j:plain

[食品まつり a.k.a foodman]名古屋出身のビート・メイカー。さまざまな国内アーティストとのコラボのほか、Boiler Room、Low End Theoryへのイベント出演、ディプロ主宰のMad Decentからのリリースなど幅広く活動している

ABLETON Simpler

f:id:rittor_snrec:20200803202200j:plain

ABLETON Simpler
Live 10 Suite(73,455円)/Live 10 Standard(44,364円)/Live 10 Intro(9,819円)に付属

 Simplerは、DAWソフトウェアのABLETON Live 10に付属するソフト・サンプラー。先述の“Classic”ボタン、“1-Shot”ボタン、“Slice”ボタンで切り替えられる3種類のモードを搭載し、サンプルの再生や細かい調整が行えます。Classic再生モードでは、画面最下段にFilterセクション/LFOセクション/エンベロープ・セクションとボリューム・ノブが出現します。1-ShotとSlice再生モードでは、同じ場所にFilterセクション/LFOセクション、そしてフェード・イン/アウト・ノブやトランスポーズ・ノブ、ベロシティとボリューム設定ノブが表れます。画面右上にある“Controls”タブを選択すると、フィルターやエンベロープ、パンニングなどの設定も可能です。

 

ドラッグ&ドロップでサンプル素材を読み込み
すぐにアイディアを形にできる万能ソフト・サンプラー

 ABLETON Liveにはさまざまなソフト音源やプラグインが付属していますが、とりわけSimplerは名前の通りシンプルかつ、汎用性の高い万能ツール。ドラッグ&ドロップで簡単にサンプル素材を読み込ませることができるので、音楽制作を始めた当時の僕でもすぐにSimplerを扱えた記憶があります。

 

 僕はあらゆる音楽ジャンルの制作においてSimplerを使用しているのですが、楽曲中では特にリズミカルなパートやパーカッションなどに用いることが多いです。例えば、コンガ、ボンゴ、ボイス、FX系音色のサンプル素材を読み込んでリズムを打ち込んだり、あるいはMIDIキーボードを使ってメロディを奏でるのもいいでしょう

 

 画面左端には上から、読み込んだサンプル素材をループ再生する“Classic”ボタン、ワンショットで再生する“1-Shot”ボタン、そしてサンプル素材を自動解析してスライスする“Slice”ボタンを搭載。個人的に好きなのは、この“Slice”ボタンです。分割されたサンプル素材は、自動でMIDIキーボードにマッピングされるのも便利。ブレイクビーツはもちろん、ギターやピアノなどのサンプル素材を読み込ませ、新しいリズム・パターンやフレーズを作るのが面白いですね。またコップをたたいた音などをスマートフォンで録音してSimplerで再生したり、画面左下のFilterノブでオートメーションを描いたりすることも。とにかくSimplerの操作は簡単なので初心者にもお薦めです。CPU負荷も少ないので、すぐにアイディアを形にしたいときなどにSimplerを使うのもいいでしょう。

f:id:rittor_snrec:20200803202735j:plain

相性が良いプラグインは、空間系エフェクトのリバーブやディレイなどでしょう。中でもLiveに付属するDelayをSimplerにセンド&リターンでかけることが多いです。ダブっぽい演出をしたり、オートメーションを描いてエフェクト量をコントロールし、ミニマルなトラックの中でもメリハリを付けています

この曲で活躍!

Kakon

Kakon

  • 食品まつり a.k.a foodman
  • エレクトロニック
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes

 2018年9月リリースのアルバム『ARU OTOKO NO DENSETSU』1曲目に収録された「KAKON」は、リム・ショット1つで作った曲。Simplerにリム・ショットのサンプル素材を読み込ませてピッチを変えたり、パンニングやディレイを施して変化を付けています。展開が単調にならないような工夫をしていますので、ぜひ一度聴いてみてください。

 

製品情報

www.ableton.com

ABLETON Live 10(※写真はSuite)

Live 10 Suite(73,455円)/Live 10 Standard(44,364円)/Live 10 Intro(9,819円)

f:id:rittor_snrec:20200608163610j:plain

 

 

DAWに立ち上がる“マイ名機”の使い方
これが私の定番ソフト音源! 

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

 

関連記事

www.snrec.jp