【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

AVID Pro Toolsラインナップを一新!入門向けのPro Tools Artistが登場

f:id:rittor_snrec:20220414162210j:plain

 AVIDは、DAWソフトPro Tools(Mac/Windows対応)の最新版Pro Tools 2022.4をリリースした。なおこのバージョンから、3つのラインナップとなり、年間サブスクリプションでの販売となる。一方で、従来の永続ライセンスは継続し、永続ライセンス・サポートプランへの加入で、アップデートが可能となっている。また、30日間の無償トライアルも提供されるようになった。新しいラインナップは下記の通り。

エントリー・レベルのPro Tools Artistが登場

f:id:rittor_snrec:20220414162256p:plain

 エントリー・レベルとして用意されるPro Tools Artist(年間サブスクリプション:12,870円)は、後述するPro Tools Studioの1/3の価格で使用可能なグレード。オーディオ/インストゥルメント/AUXトラックは各32まで、MIDIトラックは64まで。オーディオI/Oは入出力ともに16chまで対応する。

 100種類以上のプラグインを収録したArtist Bundleに加え、後述するPro Tools|Groove Cell、Synth Cellが付属する(以下のPro Tools Studio、Pro Tools Flexにも付属)。

Dolby Atmosなどサラウンドにも対応したPro Tools Studio

f:id:rittor_snrec:20220414162341p:plain

 従来のPro Tools(無印)はPro Tools Studio(年間サブスクリプション:38,830円、エデュケーション版年間サブスクリプション:12,870円)へと名称変更するとともに、Pro Tools|Ultimateに近付くアップグレードが成された。オーディオ・トラック数が512と倍増するとともに、Dolby Atmosの7.1.2chを含むサラウンド・ミキシング機能が追加されている。また、Pro Tools|Carbonのハイブリッド・エンジンにも対応している。

 そのほか、トリム、プレビュー、キャプチャー、スナップショットなどに対応するオートメーション、クリップ・エフェクト、マルチステム・バウンスなど、Pro Tools|Ultimateのみで使用できた機能が継承された。

 Pro Tools永続ライセンスの年間アップグレード&サポートは24.310円(エデュケーション版は12,870円)。年間アップグレード&サポートの期限が切れたユーザーの再加入は42,570円。

 オーディオ・インターフェースは64入出力まで対応するが、AVID Venue|S6LやDolby Atmos Bridge使用時は、専用ドライバーを経由して128chが利用できる。

Ultimate+バンドル・ソフトウェアのPro Tools Flex

f:id:rittor_snrec:20220414162426p:plain

 Pro Tools|HDX/HD Nativeシステムに対応可能なPro Tools|Ultimateは従来からの名称が残り、バンドル・ソフトウェアを含めたPro Tools Flex(新規年間サブスクリプション:129,800円、更新:103,950円/2022年末まで、エデュケーション版年間サブスクリプション:38,830円)として提供される。Flexバンドルとして、EMBODY Immerse Spatial Audio Production Suite、SoundFlow Cloud Avid Editionが付属する。

 なお、従来の永続ライセンスに対する年間アップグレード&サポート更新は48,730円(2022年末まで)、アップグレード(再加入) は91,520円。ただし、これら更新にはFlexバンドルは含まれない。

 

純正新インストゥルメントSynth Cell & Groove Cell

 Pro Tools 2022.4には、新しいプラグイン・インストゥルメント2種類が付属するようになった。

f:id:rittor_snrec:20220414154314p:plain

 Pro Tools|Groove Cellはシンプルで直観的かつパワフルなリズム・マシン/サンプラー。パッドにさまざまなサンプルをアサインしてトリガーできる上、内蔵シーケンサーでパターンを組み上げることもできる。エフェクトも内蔵している。

 

f:id:rittor_snrec:20220414154317p:plain

 Pro Tools|Synth Cellは、2オシレーター、2フィルターのシンプルなシンセサイザー。アルペジエイターとエフェクトを内蔵する。

サブスクリプション加入者に2,000ドル以上の特典も

f:id:rittor_snrec:20220414162554j:plain

 Pro Tools Artist/Studio/Flexのサブスクリプション加入者は、Pro Tools Inner Circleとして、ANTARES、BABY AUDIO.、ERA、IK MULTIMEDIAなどから提供されるプラグイン・エフェクト&インストゥルメント、GROOVE 3、PRO SOUND EFFECTS、SOUND IDEASなどのサウンド・ライブラリー、さらにはトレーニング・コンテンツなど、2,000ドル以上の特典を得ることができる。

 

 なお、今回のラインナップ更新に伴い、永続ライセンスの販売は終了となる(販売店在庫の購入は可能)。

そのほかの新機能

ダッシュボードが刷新。新しいテンプレートやチュートリアルが追加された

キーボード・ショートカットのカスタマイズが可能に

検索機能が強化。トラック名やクリップ、メモリーロケーション、グループ、プレイリスト、AudioSuiteプラグインなども検索対象となる

製品情報

関連記事