【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

Poppy『I Disagree(more)』、ブロンソン『BRONSON』〜今本 修's Recommend

 第一線で活躍するエンジニアに毎月お薦めの新作を語ってもらう本コーナー。今本 修氏の今月のセレクトは、Poppy『I Disagree(more)』、ブロンソン『BRONSON』です。

ジャンルレスでありながら
Jポップ色も強く感じ取れた

f:id:rittor_snrec:20200916103857j:plain

Poppy『I Disagree(more)』

 YouTuber/シンガーとしても人気を博すPoppyの最新作『I Disagree(more)』。去年の終わりくらいからアナログ盤が出ていてマニアの間で話題だった作品の4曲追加版が配信された。本作は比較的メタル色が強く、日本語で歌っている曲もある。日本が世界に誇れるPlus-Tech Squeeze Boxの影響も随所に感じられるのだが、実は前作に日本のクリエイターがかかわっているのはあまり知られていない。ジャンルレスでありながらJポップ色も強く感じ取れた。

 日本のアイドル文化やゴスロリ・ミーツ・ラウド・サウンドが世界に与える影響は強い。かわいい子とラウドな音の融合は、間違いなく日本文化が大きくかかわっているだろう。メロディ、ミックス、アレンジに関しても学びが多い作品だった。

I Disagree (more)

I Disagree (more)

  • Poppy
  • ロック
  • ¥1630

 

アルバムを通してダークな印象だが
希望を見出す気持ちが音として表れている

f:id:rittor_snrec:20200916105122j:plain

ブロンソン『BRONSON』(ビート)

 お次はブロンソンのデビュー・アルバム。オーストラリアのハウスDJであるゴールデン・フィーチャーズと、エレクトリック・ミュージックのデュオ、オデッザがタッグを組んだアルバムだ。オーストラリアとアメリカ間でファイルを行き来させ、3人がオーストラリアに集結して制作もされたとか。

 ラストを飾る「DAWN(feat.Totally Enormous Extinct Dinosaurs)」のPVは世界の新型コロナの状況を記録し、人々の未曾有の苦悩や希望を提示するものである。アルバムを通してダークな印象ではあるが、苦しみながらももがき、はい出て希望を見出していけるような、そんな作者の気持ちが音として表れている気がした。

BRONSON

BRONSON

  • BRONSON
  • エレクトロニック
  • ¥1375

 

今本 修

【Profile】DOGLUS MUSIK主宰。クラブ・ミュージックを熟知した音作りに定評がある一方、ロックの分野でも手腕を発揮するエンジニア

 

関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp