【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

多用途に対応するPAスピーカーBOSE AMM Multipurpose Loudspeakerシリーズ

f:id:rittor_snrec:20210419112027j:plain

写真左から、AMM108、AMS115、AMM112

 BOSEがライブ・ハウスやホール、イベント会場で多用途に使えるAMM Multipurpose Loudspeakerシリーズを発表。4月16日より順次販売が開始されている。

 

 ラインナップは同軸2ウェイ・パッシブのフルレンジ・モデル=AMM112(319,000円/1台)とAMM108(165,000円/1台)、15インチ径サブウーファーAMS115(242,000円/1台)の3機種。

 

 AMM112は12インチ・ウーファー+3インチ・コンプレッション・ドライバーで構成され、110°×60°のカバレージと131dBのピーク出力を誇りながらも、重量はわずか22kg。AMM108は8インチ・ウーファーと1.7インチ・コンプレッション・ドライバーから成り、カバレージは110°×60°、ピーク出力は128dB、重量は13kgとなっている。

 

 AMM112/AMM108は、新開発で独自のウェーブガイドBeamwidth Matching Waveguideを採用し、カバー・エリア全体で一貫した周波数特性や明りょうさを実現するという。またArenaMatchやArenaMatch Utilityといった同社スピーカーと共通のボイシングで設計されているため、各シリーズの機種を組み合わせてシステムを構築することも可能。

 

 サブウーファーのAMS115は、15インチ・ネオジム・トランスデューサーを搭載。35Hzまでの低域特性を有し、ピーク出力は130dB、重量は28kgとなっている。

 

 各機種には別売りアクセサリーも用意され、吊り下げやポール・マウントなど多様な設置方法に対応。設置方法や向きによってメインからモニター、フィル、ディレイ用など多用途に使えるという。

f:id:rittor_snrec:20210419114510j:plain

各機種の設置例。各種設置用アクセサリーが別売りで用意されている

 

リリース/製品情報

pro.bose.com