【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

MOOG 16 Channel Vocoderが復活。パッチ可能なハンドメイドのアナログ・ボコーダー

f:id:rittor_snrec:20210107195856j:plain

 MOOGから、1978年リリースのアナログ・ボコーダーを復刻した16 Channel Vocoder(1,000,000円+税)が発売された。ノーズカロライナ州アッシュビルにあるMOOGの向上にて、ハンドメイドではんだ付けされている。

f:id:rittor_snrec:20210107195908j:plain

f:id:rittor_snrec:20210107195920j:plain


 最も周波数の高いバンド=5,080Hz以上の周波数成分をボコーダー出力に追加するDIRECTモードを搭載。これにより、よりクリアなボコーダー・サウンドが得られ、パーカッシブ・サウンドの高速なノイズをとらえることも可能となる。

 

 SAMPLE/HOLDスイッチでは、INにするとOUTにするまでの間、入力音のサウンド・キャラクターを保つことが可能に。息継ぎを排した途切れの無いサウンドを得るときに有効な機能で、フット・スイッチでのリモート・コントロールにも対応する。

 

 また、付属のパッチ・ケーブルでバンドのパッチも可能。ほかのアナログ機器と接続したり、クロス・パッチングでプログラム信号(マイクからの声など)の好きな周波数帯の信号を、キャリア信号(シンセやキーボードなど)の任意の周波数帯に乗せることができる。

 

 そのほか、高域と低域のバランスをつまみ一つで調整できるBALANCEも用意。HISS側に回せばより高域成分がメインに、BUZZ側に回せば低域成分が多いサウンドになる。

 

 ハンドルを兼ねたサイド・パネルを前後逆に取り付ければ、ラック・マウントも可能だ。

f:id:rittor_snrec:20210107195948j:plain

リア・パネル

 

製品情報

www.korg-kid.com

 

関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp