伝統のラージ・ダイアフラムを採用した単一指向コンデンサー・マイク

AKGC214

今回レビューするのは、AKGが新たにリリースするラージ・ダイアフラム・コンデンサー・マイク、C214です。近年このカテゴリーは非常にハイクオリティでありながら廉価な製品がしのぎを削る激戦区となっていますが、老舗が伝統の“C”型番を冠して投入するこの製品、おのずと期待の高まるところです。

上位機C414B-XLSと同じ
1インチ・ラージ・ダイアフラムを実装


C214はルックスからも分かる通り、世界中のレコーディング・スタジオで使用され、AKGを代表する製品と言っても過言ではない名器、C414シリーズがベースになっています。C414はマルチパターンですが、C214では指向性をカーディオイド(単一指向)に限定。ハイパス・フィルターは周波数を160Hzに固定、PADも−20dBに固定することによってコスト・ダウンを図っています。しかしながらカプセルにはC414B-XLSと同じ1インチ・ラージ・ダイアフラム(カーディオイドのみのため、シングル・ダイアフラムでバック・プレート付き)が採用されており、クオリティでは妥協の無い仕様と言えるのではないでしょうか。マイク本体も非常にしっかりとした作りで仕上げも高級感があり、さすが本国オーストリア・ウイーンの工場での生産。AKGの意気込みが感じられます。

きらびやかで抜けの良いサウンドだが
低域もしっかりとらえるフラットな性能


最初にアコースティック・ギターを録音してみました。マイクプリはAMEK System 9098 DMAでコンプレッサーは使用していません。比較対象として、C414B-XLSも立ててみました。まずはアルペジオでプレイしてもらったのですが素晴らしい音色です。オケ中でも埋もれることなくしっかりと聴こえ、細かなニュアンスもとらえてくれます。中高域と高域に若干のピークがあり、きらびやかな印象ですが、決して低域が薄いわけではなくしっかりとボディの鳴りも感じられます。C414B-XLSと比較してみると、C214の方が5dBほどゲインが高いようです。レベルをそろえて聴いてみるとさすがに似ていますね。違いとしては、C214の方が若干ハイが伸びているように感じます。ストロークではこの違いがもう少し出てきましたが、ここでも素晴らしい音色を聴かせてくれました。ギターも数種類試してみたのですが、しっかりと楽器の個性をとらえています。ここは重要なところで、いくら抜けが良くても特定の帯域のピークやディップが強調され過ぎていると、違いを表現できない場合もあります。これは安価なマイクによく見られるケースなのですが、本機は非常に優秀です。基本的にはフラットな特性を持ったマイクと言えるでしょう。続いて男性ボーカルでもテスト。輪郭のしっかりした、つやのある音色です。実際の距離よりもややオンマイクめに感じられるのですが、非常に好印象です。本機の特徴として高耐入力(PAD無しで136dB)が挙げられますが、もちろんボーカリストが声を張るパートでもひずみっぽくなることもありません。非常にまとまりが良く扱いやすいマイクです。初心者の方にもお薦めできます。エレキギターのアンプ録りでは、この高SPL性能が威力を発揮。PADを入れれば相当の爆音まで、かなりスピーカー・ユニットへベタ付きなオンマイクでいけます。出力が大きいので受け側でのコントロールが必要になりますが、ここでもエッジのある切れの良いサウンド。ここまでハイパス・フィルターの必要性は感じませんでしたが、ここで初めて入れてみました。160Hzから−6dB/octという緩やかなカーブはエレキギターには効果的ですが、カットオフ周波数が高いので、場合によっては別途EQ処理した方がよいでしょう。今回のテストは1本のみでしたので残念ながらステレオ収音は試せませんでしたが、C414では定番のピアノやドラムのオーバー・ヘッドなどにも最適だと思います。C214は、C414シリーズのキャラクターを色濃く残しながらも、現代的なカラーも付け加えた優れたマイクです。既にC414を使っている方にも新たな驚きがあるかと思います。そしてこのコスト・パフォーマンスも特筆すべきもの。きっと音楽生活の中で末永くつき合える良い相棒となってくれることでしょう。マッチド・ペアでの販売も期待したいところです。
AKG
C214
オープン・プライス(市場予想価格/60,000円前後)

SPECIFICATIONS

▪感度/20mV/Pa(−34dB)
▪周波数特性/20Hz〜20kHz
▪ノイズ・レベル/13dB-A(IEC60268-4)
▪最大SPL/136dB(PADオフ時)
▪ダイナミック・レンジ/123dB(PADオフ時)
▪外形寸法/160(W)×55(H)×43(D)mm
▪重量/280g(本体)
▪付属品/ショック・マウント・ホルダー、ウィンド・スクリーン、メタル・キャリング・ケース