【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

「MANLEY Reference Gold」製品レビュー:パワー・サプライをスイッチング・タイプにリニューアルした真空管マイク

f:id:rittor_snrec:20201204202243j:plain

 カリフォルニア州チノを拠点とするMANLEY。ユーザーの立場を熟知し、カスタム・オーダー・オプションにも柔軟に対応するプロ・オーディオ・メーカーである。真空管を使った個性豊かなアウトボードやマイクを、読者も一度は目にしたことであろう。そのMANLEYの真空管マイク、Reference Goldの電源ユニットが、スイッチング式にリニューアルされた。

無指向/単一指向/双指向を無段階で選べる
PADスイッチ(−10dB)もスタンバイ

 Reference Goldが1990年のAESショウで登場した当時、見た目のインパクトに驚いた記憶がある。今見てもそれは変わらない。丈夫そうなサスペンションにマウントされていて、手に取るとどっしりと重量を感じる。シリアル・ナンバーはサスペンション側に記載されている。

 

 MANLEYの真空管マイクはReference Cardioid、Reference Silver、そしてReference Goldがレギュラーのラインナップとして用意されており、Reference Goldはフラッグシップ機である。Reference Goldは最上位モデルにふさわしい、気品高い24金メッキのブラス削り出しが筐体に使われている。この筐体が優れたシールド効果を発揮するそうだ。カプセルはおなじみCK12スタイルを採用。1インチ径で厚さ3μのダイアフラムは金蒸着で仕上げられている。指向性は無指向/単一指向/双指向の間を無段階で選択可能。指向性の切り替えノブは、PADスイッチ(−10dB)とともにボディ下部に設けられている。チューブは12AT7管を採用。良質な個体を選別しているそうだ。MANLEYオリジナルの出力トランスも内蔵されている。

 

 30年の時を経てリニューアルされた電源ユニットManley Powerは、エンジニアのブルーノ・プッツェイス氏率いる電源技術の世界的なエキスパート・チームが設計を手掛けた。トピックはSN比の向上。高調波ノイズを抑制し、高電圧化によって余裕のあるヘッドルームも獲得しているという。

f:id:rittor_snrec:20201204202531j:plain

対応電圧100〜240Vのスイッチング式を採用した新電源ユニットのManley Power。高周波ノイズを極めて低くすることであらゆる電源ラインが安定し、低インピーダンスで効率的な設計が施されているという。XLR端子(7ピン&3ピン)を備える

f:id:rittor_snrec:20201204202549j:plain

Manley Powerを上から見た写真。天板にはそのエンブレム、端子の反対側には取っ手が装着されている

新旧モデルで聞き取れる音色の違いは無い
無音状態でゲインを上げたときのSN比が向上

 前置きが長くなったが、まずはピアノからテスト。とにかくレスポンスが良く、トランジェントの特性に優れているというのが第一印象だ。高域の音調が際立ち、入った音への反応が極めて速い。ハンマーが弦をたたく瞬間のスピード感がそのまま伝わり、ペダルを踏む音もよく聴こえる。倍音成分もよくとらえており、余韻はどこまでもクリア。筆者はピアノの収録の場合、16kHzから上をシェルビングで若干伸ばすことが多いが、Reference Goldならその必要は無さそうだ。ピアノの種類や調律によっては、高域や倍音が目立ち過ぎることもあるかもしれない。

 

 続いてはバイオリンのソロ・パート。こちらも実に倍音が豊かで小気味良い。弦のツヤやハリを鮮やかにキャプチャーし、細かなタッチを表現する。リリースはふくよかで、ローエンドにかけて太く伸びやかだ。ピチカートでは指で弦を弾く瞬間の“こすれる音”も聴き取れる。通常フォルティシモでは中域がきつくなりがちなので、1〜3kHz辺りを微妙にディップさせることが多いが、Reference Goldではその帯域が奇麗に収まっている。後でメインテナンス・エンジニアの協力を得て周波数特性を計測してみたところ、中域から高域にかけて特徴的なグラフを示した。これは納得の結果で、高域はブライトで強い性質を持っている。

 

 アコースティック・ギターは奇麗な高域、そして余韻の美しさが素晴らしい一方、低域過多な一面も。もちろんアコースティック・ギター自体の種類にもよるが、 ファースト・チョイスでは無さそうだ。

 

 そして、男性ボーカルもチェック。低音が魅力の甘い歌声を持つ、いつものベテラン・アーティストに歌っていただいた。ミドル・テンポな曲で収録したところ、やはり倍音が豊かな印象。口元がイメージできるような、ふくよかで存在感のある音になった。

 

 そして最後は女性ボーカル。この方もベテランのアーティストで、ワイド・レンジな歌声はバラードを歌わせたら秀逸だ。実はこの方、リニューアル前のReference Goldを所有しているほど、普段からReference Goldを気に入って使われているそうだ。収録してみると倍音豊かなサウンドは、実に彼女の歌声にマッチしている。声の肉付きも良く、口元のうるおいとあでやかさが奇麗に伸びる。実にグラマラスな音色である。彼女いわく“倍音を感じやすいから歌っていて気持ちが良いし、ピッチが取りやすい”そうだ。

 

 短時間ながら新旧モデルの比較もできた。聴き取れる音色の違いは無く、個体差程度だ。ただ無音でゲインを上げた場合、新モデルの方が確実にSN比が良かった。昨今のハイレゾリューション・レコーディングでは非常に有効であろう。

 

 ボーカルのチェック時に気付いたのだが、吹かれに若干弱い。ヘッドをのぞくとマイクでよく見る極薄のフィルターが無く、ダイヤフラムがむき出しに近い状態なのだ。ポップ・ガードの選定とセッティングは慎重に行いたいところである。筆者がテストした結果、JZ MICROPONES Pop Filterが最も相性が良かった。構造上ほこりや飛まつが入りやすいので、ダイアフラムのメインテナンスが必要だと感じる。

 

 短い時間ながら楽器と歌でテストを行ってみて、実に音楽的にサウンドをとらえることのできるマイクであり、安定感のある音色から安心して使えるモデルだと感じた。スペックを追い求めるのではなく“人間の耳の基準”を第一にし、心地良いサウンドを追求しているような、MANLEYの美学を感じる。

 

山内”Dr.”隆義

【Profile】井上鑑氏や服部隆之氏、本間昭光氏らがプロデュース/編曲する作品に従事し、長きにわたりJポップを支えるレコーディング・エンジニア。近年はその経験を生かした80’sサウンドに傾倒中。

 

MANLEY Reference Gold

オープン・プライス

(市場予想価格:580,000円前後)

f:id:rittor_snrec:20201204203109j:plain

SPECIFICATIONS
▪真空管12AT7 ▪周波数特性:10Hz~30kHz ▪感度:17mV/Pa ▪最大音圧レベル:150dB SPL ▪インピーダンス:250Ω ▪ノイズ:−120dB EIN ▪動作電圧:100〜240W(50〜60Hz) ▪外形寸法:114.3(φ)×246.4(H)mm(マイク)、127(W)×82(H)×198(D)mm(Manley Power) ▪重量:約1.02kg(マイク)、1.05kg(Manley Power)

 

MANLEY Reference Gold 製品情報

hookup.co.jp

 

関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp