【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を30%でご提供しています。

ゆよゆっぺ × ソニー C-80 〜ホーム・スタジオが求めるマイク【Vol.4】

ゆよゆっぺ × ソニー C-80 〜ホーム・スタジオが求めるマイク【Vol.4】

ソニーから、昨年12月にリリースされた単一指向性のコンデンサー・マイクC-80。ホーム・スタジオに向けながら、同社のハイエンド・マイクC-800GやC-100の設計を受け継ぐ一本だ。今回は、ボカロP、作曲家、DJ、そしてボーカリストと、さまざまな顔を持つ“ゆよゆっぺ”がプライベート・スタジオでC-80をチェック。昨今のインターネット・ミュージックとの相性をメインに語る。

Photo:Hiroki Obara

“歌ってみた”を本格的に始めたい人にも、強い味方になるマイクだと思います

 “歌ってみた”の録音に試しました。知人のボカロPの楽曲で、本体のローカットを入れずに録ってみたところ、ハイのキラッとした感じがC-800G譲りだなと。それでいて、ピッチの高低差が激しいところもバランス良く捉えるというか、どこかの帯域が不足しているような印象をほとんど受けないんです。そして録り音にEQ、コンプ、ディエッサーなどを含む簡易的なボーカル用チェインをかけてみたら、声がすぐ前に出てきて。凝った処理をしなくても、サクッとプラグインを挿すだけで、素晴らしいクオリティにできました。数万円以下のマイクでは再現し切れないと感じていた細かい部分……例えば、子音や息のニュアンスまでしっかりと前に出てきたので、ボーカルの主張が強い“歌ってみた”のような今のインターネット音楽と相性が良いと思います

 ポップ・ノイズへの耐性も魅力。僕の声は風圧みたいなものが強いのですが、C-80なら普段より気にせず歌えました。録り音にコンプをかけても、“バッ”のような破裂音がつぶれて“ブワっ”となることがなく、ストレートに聴こえてきたんです。これには、元からローがスッキリとしたチューニングも寄与しているのかもしれません。

外網に開口率の高いメッシュ(ヌケの良さ)と内網に目の細かいメッシュ(吹かれ軽減)を使った二重構造。ゆよゆっぺが「ポップ・ノイズに強い」という印象を持ったのは、内網によるところも大きいのだろう

外網に開口率の高いメッシュ(ヌケの良さ)と内網に目の細かいメッシュ(吹かれ軽減)を使った二重構造。ゆよゆっぺが「ポップ・ノイズに強い」という印象を持ったのは、内網によるところも大きいのだろう

 そして何と言っても、取り回しが良い。超コンパクトかつ軽量なのでセッティングが楽だし、部屋に立てっぱなしにしておいて思い立ったらすぐ録音、といった使い方もできそうです。さらに、専用のケースが付いているため、持ち出す際のフットワークが軽い。音質と扱いやすさのバランスが非常に良いので、本当に6万円を切っていていいの!?と思うくらいです。普通は、小さくなったり便利になったりしたら値段が高くなるものだと思いますが、C-80は不思議とそうではありませんよね。

付属のキャリング・ケースにC-80を収納したところ。外のスタジオへ持ち運ぶような場合に便利だ

付属のキャリング・ケースにC-80を収納したところ。外のスタジオへ持ち運ぶような場合に便利だ

 “専門的な知識がなくても、コンデンサー・マイクでの録音がなるべく簡単にできるように”という、メーカーの思いをC-80には感じます。いろいろなマイクを経験してきた方はマイクへの接し方がアップデートされるかもしれませんし、これから音楽で生活していこう、“歌ってみた”を本格的に始めてみたいと思っているような方には強い味方になりそうです。

 Summary 

✓ 声をしっかりと前に出せる
✓ ポップ・ノイズに強い
✓ コンパクトで扱いやすい

ゆよゆっぺ
ボカロP/作曲家/DJ/ボーカリスト。ボーカロイドとラウド・ミュージックの融合ジャンル“VOCALOUD”の第一人者で、ネット上の関連動画の総再生数は1,000万回を超える。DJ'TEKINA//SOMETHING名義で大型フェスに出演。作家としてはBABYMETALなどに楽曲を提供。

ソニー C-80

ソニー C-80|オープン・プライス(市場予想価格:59,400円前後)

ソニー C-80|オープン・プライス(市場予想価格:59,400円前後)

 ホーム・スタジオ・ユースの単一指向性コンデンサー・マイク。歌やアコースティック・ギター、ピアノなどの録音、歌唱や演奏の配信に向けており、ハイエンド・マイクC-100を元にしつつ新設計したカプセルを採用。金蒸着のダイアフラムは、著名な録音作品の数々に使われてきたC-800Gと同等の素材を用い、近接効果を抑制すべくデュアル(2枚)構造となっている。これにより、オンマイクの際も自然な音が得られるという。また、楽器の中で声を抜け良く聴かせるために、13kHz辺りを持ち上げたチューニングも特徴。

●電源:外部から供給(DC44~52V) ●周波数特性:20Hz~20kHz ●正面感度:-30dB(偏度±3dB、0dB=1V/Pa、1kHz) ●ダイナミック・レンジ:125.5dB以上 ●出力インピーダンス:90Ω±15%、平衡型 ●最大入力音圧:138dB SPL以上 ●外形寸法:40(φ)×158(H)mm ●重量:約215g

製品情報

関連記事