スタンドアローン動作が可能になった第3世代Ableton Push誕生

Abletonは、ハードウェア・インストゥルメントPushの最新バージョンをリリースした。第3世代のPushは、DAWソフトLiveのコントローラー/インターフェースとなるモデルだけでなく、スタンドアローン動作するモデルも登場する。

第3世代Push ヘッダー

 Abletonは、ハードウェア・インストゥルメントPushの最新バージョンをリリースした。第3世代のPushは、DAWソフトLiveのコントローラー/インターフェースとなるモデルだけでなく、スタンドアローン動作するモデルも登場する。プロセッサー搭載のPush(スタンドアローン:プロセッサー搭載)は258,000円。プロセッサー非搭載のPushは128,000円で、2023年末発売予定のアップグレードキット(138,000円)でプロセッサーを追加搭載してスタンドアローン化することも可能となっている。

リアパネル

 8×8=64個のMPE対応パッドは、X軸とY軸で指の圧力と配置を検知し、ノートごとの繊細なコントロールを可能に。 ベンドやスライドはもちろん、コード内の特定の音だけにフィルターやエフェクトを適用したり、1つのパッドで複数のアーティキュレーションを表現することが可能となっている。

Push3 イメージ

 外部楽器、シンセ、エフェクトをPushのオーディオ入力に接続すれば、直接Push(スタンドアローン)やLiveで録音可能。オーディオ出力をゲートやCV信号をモジュラー機材に送ってユーロラックと組み合わせることもできる。

Push3 スタンドアローン
Push3 接続
Push(スタンドアローン)は単体でも、コンピューター+Liveへ接続しても使用可能

 Push(スタンドアローン)はコンピューターとの接続を前提とせず、音楽制作セットアップの中心に据えることを目指して設計。内蔵バッテリーとストレージを備えている。Liveでおなじみの楽器やエフェクト、自分で用意したPackやサンプルライブラリーを使って単体で音楽制作が可能。 さらに Wi-Fiに接続すれば、PushとLive間でのセットのやりとりもシンプルに行える。

Abletonテックラウンジで新しいPushに触れる!

 リリースに伴い、新しいPushを直接触ることができる場として、東京・中目黒のAbleton Japanオフィス内にある“テックラウンジ“スペースが開放される。スタッフに機能や使い方を聞いたり、購入の相談が可能。また、テックラウンジでのPush購入者にはスペシャルオファーが用意される。

製品情報

Abletonテックラウンジ

https://www.ableton.com/ja/ableton-techlounge/

関連記事