【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

TEENAGE ENGINEERING OP-1 fieldの使い方【DAY1】〜 OP-1 fieldで何が変わった? ハードウェア面の新要素

前モデルから100以上の新機能を実装して生まれ変わったポータブルシンセ、TEENAGE ENGINEERING OP-1 field。トラックメイカーのYebisu303がOP-1 fieldの魅力を20日間に渡ってお伝えします。

トラックメイカーのYebisu303

Yebisu303

 みなさんこんにちは! トラックメイカーのYebisu303と申します。

 私は昔からTEENAGE ENGINEERINGの大ファンで、初代OP-1も10年ほど愛用しているのですが、OP-1 fieldは当初見た目の印象から「大して変わってないんじゃないの~?」 などと思っていました。

 しかし、実際に触ってみるとソフト/ハード共にたくさんの改善や機能が追加されていてトータルで得られる体験の豊かさが全くの別物! とても良い仕上がりです。そんなOP-1 fieldの魅力を20日間ガッツリ紹介していきます!

高解像度で明るくなったディスプレイ

OP-1(上)とOP-1 field(下)

OP-1(上)とOP-1 field(下)

 OP-1 fieldのディスプレイは解像度も輝度も高くなり、より文字が読みやすく、シンセ/ドラムモードでのサンプル編集も緻密に行えるようになりました。ディスプレイの素材がアクリルからガラスに変更されて傷に強くなったのもうれしいポイントですね。

鍵盤も弾きやすくなった、新しい薄型アルミボディ

 初代OP-1ではグレー塗装仕上げだったベゼル(外枠)が、OP-1 fieldではアルミの素材を生かし、さらに薄くなりました。パネル部分は白色のプラスチックに変更され、それぞれの素材の美しさが際立つデザインになっています。

鍵盤がベゼルより1段高く仕上げられていることで弾きやすさが向上。アルミ素材の美しさも際立っている

アルミ素材の美しさが際立つデザイン

 鍵盤がベゼルより1段高く仕上げられていますが、これは鍵盤楽器としての弾きやすさを吟味した結果です。鍵盤を押し込むとちょうどベゼルと同じ高さになり、どんな弾き方をしてもベゼルに指が引っかからないよう設計されています。

 こんな細かい部分にもTEENAGE ENGINEERINGのこだわりが光っています!

指まで震える!?パワフルな低音が楽しめる新設計スピーカー

 OP-1 fieldは内蔵スピーカーの出音も大幅にパワーアップしています。表面のスピーカーは初代と同じ見た目ですが、本体裏側と左側面を見てみると小さな穴がたくさん開いていますよね?

OP-1 fieldのメインスピーカー
OP-1 fieldのパッシブラジエーター
メインスピーカー(左)とパッシブラジエーター(右)

 ここにはパッシブラジエーターという、筐体の中の空気振動を増幅させて外に出す機構が組み込まれているので、初代とは比べ物にならないほど低音が出ます! 音量を最大にすると演奏している指が微かに震えるので、触覚でも楽しめちゃいますね。

おしゃれなだけじゃない、エンコーダーの新配色

 OP-1はブルーグリーンホワイトオレンジだったエンコーダー(ノブ)の配色が、OP-1 fieldは落ち着いたブルーオーカー(黄土色)グレーオレンジに変更されました。

 この配色は見た目の良さだけで決められているわけではなく、色弱者の方にもある程度見分けが付きやすい色の中から選ばれています。どんな人にも不便を感じず製品を楽しんでほしいという思いやりが感じられますね。

OP-1とOP-1 fieldとのエンコーダーの比較

OP-1 field(下)のローターリーエンコーダーは、OP-1(上)に比べてスリムになっていることがわかる

アイディア次第でいろんな活用が!どこにでも設置可能なマジックテープ

 OP-1 fieldを裏返してみると、黒い丸型のマジックテープが2つ貼り付けられています。これと対になるシール付きのマジックテープも付属しているので、例えばエフェクターボードへの固定に使ったり、ギャラリースペースの壁面に貼り付けて個展のBGM用途で使ったり……と、自由な発想で設置できます。自分だけの活用方法を考えてみるのも楽しそうですね。

OP-1 fieldの裏面に装備されている円形のマジックテープ
マジックテープはやわらかい面が取り付けられている
OP-1 fieldの裏面に装備されている円形のマジックテープ

→【DAY2】へつづく!

Yebisu303(Acid Alliance)

【Profile】アシッドハウス、デトロイトテクノ、エレクトロ、ハードミニマルに強い感銘を受け、20代後半よりトラック制作を開始。 無類のハードウェア機材愛好家でもあり、日々マシンライブや機材デモンストレーション動画の制作を行っている。 また、近年ではKORGやSONICWARE製品のプリセットやTVアニメ「ユーレイデコ」の劇伴・イメージソングを制作するなど、その活動は多岐に渡っている。

bandcamp https://yebisu303.bandcamp.com/
YouTube https://www.youtube.com/user/Yebisu303
SoundCloud https://soundcloud.com/yebisu303
Twitter https://twitter.com/Yebisu303

製品情報

関連記事