【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

qdcの最上位ユニバーサルイヤモニ EMPERORとカスタム2機種が登場。15ドライバー搭載

qdc emperor  

 アユートは、カスタムIEMブランドqdcとの共同企画により誕生したユニバーサルインイヤモニター(IEM)EMPEROR(550,000円)、ならびにそのカスタムIEM版となるEMPEROR-C(550,000円)と、カスタムIEM専用モデルEMPRESS-C(550,000円)を4月27日(土)に発売する。

5ウェイ/15ドライバー構成で広範な周波数特性を獲得

qdc emperor

 ミドルレンジのWHITE TIGER、エントリーのSUPERIORに続く、コンセプトモデル第3弾となるEMPERORは、片側につき4基の静電ドライバーと10基のバランスドアーマチュアドライバー、さらに10mm径複合材振動板のカスタム高感度超低周波ダイナミックドライバーを採用することで超低域再生も実現。5ウェイ/トライブリッドの15ドライバーを搭載し、5Hz〜70KHzの超ワイドバンド周波数応答範囲を獲得している。そのサウンドは過度特性を重視した正確でキレのある音と、ダイナミックドライバーを使用したサブベースの程よい余韻を狙いとしている。

emperor 周波数特性

EMPEROR 周波数特性

 独自のマルチチューブフィルタリングテクノロジーとDmagic音響構造によって各ドライバーが隣接周波数帯域に干渉しないよう設計&チューニングされており、左右整合性とフラットな特性も実現しているという。

EMPEROR 内部展開図

EMPEROR 内部展開図

同コンセプトのカスタムIEMはチューニングの異なる2モデル

qdc EMPEROR-C
qdc EMPRESS-C
EMPEROR-C(左)、EMPRESS-C(右)

 

 EMPERPOR-Cは、EMPERORのカスタムIEM版。EMPRESS-CはEMPEROR-Cと同様の構造上の特徴を持ちながら、カスタムIEM専用にチューニングを行ったモデルで、カスタムIEMならではの密閉性、安定性、ダイナミックレンジを活用した優雅で気品のあるナチュラルなサウンドチューニングを施しており、プロユースにも適しているという。

赤がEMPEROR&EMPEROR-C、青がEMPRESS-Cの周波数特性特性

赤がEMPEROR&EMPEROR-C、青がEMPRESS-Cの周波数特性特性

 

製品情報

関連記事