KORG Drumlogue〜新たなアナログ回路と柔軟なデジタルパートを備えるドラムマシン

 KORGは、ハイブリッド・ドラムマシンDrumlogue(オープンプライス:市場予想価格93,500円前後)を発表した。発売は今年の秋を予定している。

 Drumlogueは、4つのアナログパートと7つのデジタルパート、そして同時使用可能な3つのエフェクト(ディレイ/リバーブ/マスターエフェクト)を搭載。128キットのメモリーを搭載し、64プリセットを内蔵する。

 アナログパート(バスドラム、スネア、タム×2)は新しく開発されたアナログ回路により、リズムトラックの強固な土台となるだけでなく、豊かな倍音とローエンドの厚みによってトラックを際立たせることができるという。

メインパネルに傾斜角をつけることで人間工学に基づいた優れた視認性を実現

 一方のデジタルパートは、ユーザーサンプルを取り込み可能な6つのサンプルパートと1つのシンセシス音源の7パートで構成されている。シンセシス音源には、PrologueやMinilogue XDにも搭載されたVPM音源とノイズジェネレーターに加え、ユーザーやサードパーティが開発したプラグインをロードできるカスタムスロットも搭載。しかも人気デベロッパーSinevibesとコラボによる本格的なバーチャルアナログ・シンセ・プラグイン“Nano”もプリセットしている。

 同様にカスタムスロットはエフェクトセクションにも用意。ユーザー、またはサードパーティ製のプラグインをロードすることにより、これまでにないドラムマシンの新しい可能性を広げる。

リア

 最大64ステップのシーケンサーは、ステップごとの発音確率やオルタネート・パターン、マイクロオフセット、トラックごとのグルーブパターンなど、有機的なリズムを生み出す機能を実装。直感的に複雑なリズムパターンやポリリズムを作成できる。

 また Drumlogueには、USB端子(コンピューター接続用、コントローラー接続用)、オーディオイン、4つのインディビジュアル・アウトプット、MIDI IN、MIDI OUT、SYNC IN/OUTも備え、外部機器との接続性にも富んでいる。

Nanokontrolのフェーダーによる各パートのボリューム調整や、Nanopad2のパッドを叩いて演奏することも可能だ

製品情報

関連記事