【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

VSLからIRリバーブ&ミキシングツールVienna MIR Pro 3Dが登場

 VIENNA SYMPHONIC LIBRARY(VSL)のコンボリューション・プラグイン、Multi Impulse Response(MIR)シリーズの第3世代製品として、Vienna MIR Pro 3D(102,410円。2022年8月9日(火)正午までの申込でセール価格95,590円)がリリースされた。使用には別売りのルームパック(後述)が必要で、購入の際には見積もりが必要となる。Mac/Windows、AAX/AU/VST2&3対応。

 ステレオはもちろん、新たにバイノーラルやDolby Atmos、Auro-3D、360 Reality Audio、そして3次までのAmbisonicsなど、出力フォーマットを自由に選択可能。楽器やバーチャルマイク、マイクカプセルを3次元で表現された仮想空間で動かし、あらゆる方向に向けて調整することができる。なお、仮想ステージ上で扱えるチャンネル数を24に制限したVienna MIR Pro 3D (24)(48,840円。2022年8月9日(火)正午までの申込でセール価格44,660円。こちらも要見積)も用意されている。

各楽器の定位や向き、左右の広がりなどは円形のツールで調整する

 ルームパック(別売り:要見積)は、有名ホールや有名スタジオ、教会、そしてVSLが誇るSynchron Stageなど、さまざまな空間を再現する6つのパックとそのバンドルを用意。空間の再現にはAmbisonics研究で知られるグラーツ大学電子音楽音響研究所(IEM)で開発された独自のプロセスが組み込まれており、高次Ambisonicsによってそれらの空間をリアルに再現する。また、複数の空間を並列で利用でき、楽器やオーケストラ全体を別の空間へドラッグ&ドロップしたり、同じ空間を複数立ち上げて異なるセットアップを同時に使用することも可能となっている。

製品情報

関連記事