WAVESがSSL SL4000Eのチャンネル・ストリップをプラグイン化

f:id:tsuji_rittor:20211117170333j:plain

 WAVESから、SSLのアナログ・コンソールSL4000Eのチャンネル・ストリップを再現したプラグイン、SSL EV2 Channelが登場した。

 SSLによって注意深くメインテナンスされたSL4000Eがリファレンスとなっており、WAVES独自のPrecision Analog Componentテクノロジーを適用。コンポーネント単位でモデリングされている。Mac/Windowsに対応し、AAX/AudioSuite/AU/SoundGrid/VSTをサポートする。価格は通常36,300円だが、現在プロモーション価格として4,840円で発売されている。

 

 機能面での特徴は、低域用の2種類のEQをEQ TYPEボタンで切り替えて使える点。実機で“Brown-02”および“Black-242”と呼ばれていたEQが再現されており、前者ではクランチーなサウンド、後者ではSSLが得意とするクリーンなパンチが得られるという。

f:id:tsuji_rittor:20211117170423j:plain

画面上部のEQ TYPEボタンでBlack-242 EQのモデリングをアクティブにしたところ(画面中央下の黒いノブ)

 

 ソフト・ニー・コンプ/リミッターとゲート/エクスパンダーから成るダイナミクス・セクションは、実機と同様、EQの前段または後段を選んで配置することが可能。穏やかなサチュレーションやアグレッシブなドライブなど、多彩なひずみをカバーするマイクプリ/ライン・アンプ・モデリングも特徴で、ANALOGボタンを使ってコンソールの飽和感まで再現できる。

 プリセットの数は全600。ジャック・ジョセフ・プイグ、デイブ・ペンサード、トム・ロード・アルジ、トニー・マセラティらをはじめ、グラミー受賞プロデューサーやミックス・エンジニアによるセッティングを堪能できる。

製品/キャンペーン情報

関連記事