【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

RAMSAから3Pコンセントを採用した電源制御ユニットWU-LP067が登場

f:id:rittor_snrec:20210519212955j:plain

 RAMSAから、ミキサー/オーディオ・アンプなどの音響機器や、放送/映像機器の電源(AC100V)のオン/オフを一括制御するパワー・コントローラー、WU-LP067(148,500円/税込)が2021年6月に発売される。

 

 アース付3P電源ケーブルに対応できるよう、リア・パネルの7個のACコンセントを3P化(うち1個は非連動)。変換アダプターを使用せずに接続することができ、2Pと3Pの電源が混在する設備システムにも対応する。また、フロント・パネル内側にもサービス・コンセント(2P/非連動)を1個装備。

f:id:rittor_snrec:20210520134920j:plain

リア・パネルのACコンセントを3P化

 電源出力系統を3系統装備し、それらの電源オン/オフ・タイミングに時間差を設けることで、電源オン時の度重なる突入電流による主幹側ブレーカーの遮断を防止。電源投入のタイミングを4つのパターンから選択できるので、例えば、アンプの電源を最後にオンにして、音響システムの電源投入時にスピーカーから出力されるクリック・ノイズを軽減する、といった使い方ができる。電源投入時に配慮が必要な機器が接続されている場合でも安全な起動が可能だ。

 

 また、非常用放送設備からの制御出力を受けて、非常放送時に音響機器の電源を遮断することが可能。電源出力系統ごとの非常放送連動/非連動も選択できるので、非常放送時にアンプの電源のみを遮断する、といった使い方も可能だ。

 

 さらに、過負荷保護のために20Aのノー・ヒューズ・ブレーカーを2系統装備しており、本機の増設にも対応。本機制御部の電源回路は内蔵のノー・ヒューズ・ブレーカーとは独立しており、本機のノー・ヒューズ・ブレーカーが遮断されても、接続されている増設機の電源制御ユニットの継続した安定稼働を実現している。

 

リリース/製品情報

関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp