【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

ZOOM、最大8ch入力&カラー・タッチ・スクリーン搭載のフラッグシップ・ハンディ・レコーダーH8発売

f:id:rittor_snrec:20200703113032j:plain

 

 ZOOMより、2.4インチのカラー・タッチ・スクリーンを搭載、最大8ch入力可能なフラッグシップ・モデルのハンディー・レコーダーH8(オープン・プライス/市場予想価格:40,500円前後)が7月中旬に発売される。BWF準拠のWAVまたはMP3での録音に対応。最高24ビット/96kHzでのレコーディングが行える。

 

 XYステレオ・マイク(XYH-6)が標準付属し、XLR入力×4、XLR/TRSフォーン・コンボ入力×2で、合計8ch分の入力を用意。それぞれの信号はマルチトラック録音でき、最大12tr(ステレオ・マイク+バックアップ録音、6系統の外部入力、L/Rミックス)の同時録音が可能だ。各インプットにはゲイン調整ノブと−20dBのPADスイッチも装備されている。 

f:id:rittor_snrec:20200703114551j:plain

 

 マイクは用途に応じてMSステレオ・マイクやショットガン・マイクなど既存のZOOM製マイクカプセルと交換可能。2020年後半にはXY/ABマイク・カプセル(XAH-8)、VRマイク・カプセル(VRH-8)、4ch XLR入力マイク・カプセル(EXH-8)もリリース予定となっており、これらを使用することでより広範囲のレコーディングに対応できるという。

 

 また、フィールド・レコーディング(FIELD)、音楽制作(MUSIC)、ポッドキャスト制作(PODCAST)を想定した3つのアプリを搭載しているのが特徴。

f:id:rittor_snrec:20200703115555j:plain

 FIELDアプリは、別売りのH8用マイク・カプセルと組み合わせることで、最大12trの録音を実現。レベル・メーター表示や、ローカット/コンプレッサー/リミッター/ノイズゲートなどの設定が行える。


 MUSICアプリは、最大10trのMTRとして使用できる音楽制作用アプリ。ギター・アンプ・モデリングを含む70種類以上の内蔵エフェクトと3バンドEQを使用可能。各トラックの音量や定位を調整し、ミックス・ダウンまで可能となっている。


 PODCASTアプリには、タップするだけでジングルや効果音を再生できるサウンド・パッドを搭載。このアプリ内では、最大4系統のマイク入力と4つのサウンド・パッドが利用可能だ。
 

f:id:rittor_snrec:20200703120727j:plain

 レコーディング・データは最大512GBのSD/SDHC/SDXCカードに直接保存可能。また、Windows/Mac/iPad用のUSBオーディオI/Oとしても使用できる。単3アルカリ乾電池で15時間以上駆動するほか、ニッケル水素充電池、オプションのACアダプターが使用できる。

 

 そのほか、オプションのBluetoothアダプター、BTA-1を使用すると、iOSデバイスからH8のリモート・コントロールや、レベル・メーターのモニタリングが行える。

 

 

ZOOM H8

オープン・プライス

(市場予想価格:40,500円前後)

f:id:rittor_snrec:20200703113508j:plain


 

 

製品情報

www.zoom.co.jp

 

関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp