FOCUSRITE Scarlett Solo 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

FOCUSRITE Scarlett Solo 〜はじめての1台にオススメのオーディオ・インターフェース特集

オーディオ・インターフェース特集2022"はじめての1台“では、15,000円以内で購入できる10製品を紹介。今回は、2イン/2アウトのFOCUSRITE Scarlett Soloです。

FOCUSRITE Scarlett Solo

 最高24ビット/192kHzと高いビット/サンプリング・レートでの録音が可能。DAWだけでなく、さまざまなソフトをパッケージするHitmaker Expansionなど付属コンテンツも多数収録している。

価格:14,810円

リア・パネルには、USB-C端子、ライン出力×2(TRSフォーン)を備える

リア・パネルには、USB-C端子、ライン出力×2(TRSフォーン)を備える

マイク入力の右下にAIRスイッチを装備。オンにすると、より明瞭なサウンドのマイク・プリアンプに変化する。目指す音に合わせて使い分けてみよう

マイク入力の右下にAIRスイッチを装備。オンにすると、より明瞭なサウンドのマイク・プリアンプに変化する。目指す音に合わせて使い分けてみよう

Plug-in Collectiveは、FOCUSRITEのホームページでユーザー・アカウントを登録すれば利用可能。6月22日〜10月6日の間は、ローファイなサウンドに音を加工するプラグイン、NATIVE INSTRUMENTS Lo-Fi Glow(画面)を入手できる

Plug-in Collectiveは、FOCUSRITEのホームページでユーザー・アカウントを登録すれば利用可能。6月22日〜10月6日の間は、ローファイなサウンドに音を加工するプラグイン、NATIVE INSTRUMENTS Lo-Fi Glow(画面)を入手できる

Specifications
●入力:マイク入力(XLR)※48Vファンタム電源搭載、ライン/楽器入力(TRSフォーン) ●出力:ライン出力×2(TRSフォーン) ●ヘッドフォン:ステレオ・フォーン(ダイレクト・モニター・スイッチ搭載) ●ビット/サンプリング・レート:最高24ビット/192kHz ●電源:USBバス・パワー(USB-C) ●対応OS:Mac/Windows/iPadOS ●付属ソフト:ABLETON Live Lite、Hitmaker Expansion(ソフト音源、エフェクトなど9種類のプラグイン)、他 ●外形寸法:143.5(幅)×43.5(高さ)×95.8(奥行き)mm ●重量:320g ●付属品:USB-C to Aケーブル

プリアンプの音色が変わるAIRスイッチ搭載

 シリーズの3世代目となるScarlett Soloは新たに搭載されたAIRモードが特徴的。オンにすると、入力信号が往年のFOCUSRITEサウンドをシミュレートする回路を通り、より明るく主張する音に。つまり、一台で2タイプのマイク・プリアンプを利用できることになります。マイク・プリアンプによって音がどう変わるのかを体験したい人は、ぜひ試してみてください。

 また、本機にはDAWのABLETON Live Liteのほか、9種類のプラグインをパッケージしたHitmaker Expansionとして、ピッチ補正ソフトのANTARES Auto-Tune Accessなどが付属します。これらを使いこなせれば、その名の通り、多くのヒット曲で使われているサウンドを制作できるかも……。さらに、Scarlett Soloを購入すれば、Plug-in Collectiveという数カ月ごとにプラグインや割引クーポンが提供されるサービスも受けられます。これから始める人だけでなく、既にDAWを扱っている人にも魅力的なパッケージです。

 製品情報 

オーディオ・インターフェース特集 2022

関連記事