【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

「PRODUCTION MASTER / BAYSIDE - FUTURE BEATS & TROPICAL POP」ライブラリー・レビュー:トロピカルなメロディや環境音を豊富に収録

f:id:rittor_snrec:20201211142237j:plain

トロピカルなメロディや環境音を豊富に収録

 PRODUCTION MASTERがリリースする『BAYSIDE - FUTURE BEATS & TROPICAL POP』はトロピカル向きの音を収録したサンプル・パック。ベース、ドラム、パーカッション、FX、メロディ、ボーカルなどのループとワンショット素材を451種類収録している。フルート、ギター、マリンバなどの生楽器のサンプルも豊富だ。ソフト・シンセで埋め尽くされて機械的になってしまった楽曲に、温かみを付与できるだろう。

 

 お気に入りだったのは、バラエティ豊かな鳥の声や波の音などの環境音。これらを楽曲にうっすらと重ねるだけで、トロピカルな世界観を演出できる。ドラム・ループは87〜154BPMで、キック、スネア、パーカッションなど細かく分類されて120種類も収録されている。ワンショットも89種類収録するため、必要に応じて自由に組み合わせて楽曲に取り入れられるだろう。例えば、ワンショットで作ったキックとスネアのループに、パーカッションのループをまるっと重ねるだけで、個別に打ち込むと時間と労力のかかるリズム・パートを簡単に作ることができる。特に、グルーブ感を出すことが難しいスロー・テンポな楽曲の味付けとして使えるのが便利だと感じた。

 

 『BAYSIDE - FUTURE BEATS & TROPICAL POP』は、カイゴのようなトロピカル・ハウスにはもちろんのこと、Illeniumやザ・チェインスモーカーズの楽曲のような迫力のあるフューチャー・ベースやEDMのトラック・メイクの際に重宝すると思う。ほかにも、ポップスをなどを作る場合においても、活躍が期待される。

 

PRODUCTION MASTER / BAYSIDE - FUTURE BEATS & TROPICAL POP

2,850円

(2020年11月16日現在。為替レートによる価格の変動あり)

f:id:rittor_snrec:20201211142237j:plain

■メディア:ダウンロード販売 ■容量:約875MB ■データ・フォーマット:WAV

 

音源ライブラリーの関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp