UNIVERSAL AUDIO Luna Recording Systemを簡単解説! お薦め機能&付属プラグインを関口シンゴが紹介

f:id:rittor_snrec:20210113195548j:plain

ソフトウェアとハードを統合した制作方式で追求する
アナログとデジタルのハイブリッド・レコーディング・システム

【製品概要】

 The NAMM Show 2020で発表されたUNIVERSAL AUDIO Luna Recording Systemは、同社のオーディオI/O、Apolloシリーズと新たに開発されたソフトからなるレコーディング/音楽制作システム。Macのみに対応し、Thunderbolt接続のApolloシリーズのオーナーは無償で使用することができます。Luna Recording SystemはこれらのオーディオI/Oに加え、次の3種のソフトで構築されています。まずはミキサー機能をはじめとしたすべての基本機能を統轄するLuna Application、これにアドオンできるプロセッサーのLuna Extensions、そしてLuna Application専用のソフト音源Luna Instrumentsです。Luna Applicationは無償ですが、後者2つは無償のコンテンツに加え、有料オプションもラインナップ。またLuna ApplicationではUAD-2プラグインはもちろん、サード・パーティ製のAUエフェクト/インストゥルメントも使用可能です。ビット/サンプリング・レートは最高24ビット/192kHzに対応し、内部処理は32ビット・フロートとなっています。

 

f:id:rittor_snrec:20210115214421j:plain

 

【動作環境】

Mac:macOS 10.14または10.15
コンピューター:Thunderbolt1、2、3を内蔵するAPPLE Mac
オーディオI/O:Thunderbolt端子を備えるApolloまたはArrow
推奨スペック:INTEL Quad Core I7以上のプロセッサー、16GB以上のRAM、SSDのシステム・ディスク、サンプル・ベースのLuna Instruments用SSD(APFSフォーマット済みのもの)、iLokアカウント(iLok Cloudもしくは第2世代以降のiLok USB Keyでライセンスを管理)

 

関口シンゴが語るLuna Recording Systemのココが好き!

f:id:rittor_snrec:20210115214851j:plain

関口シンゴ

【Profile】プロデューサー/ギタリストとしてChara、秦基博、矢野顕子ら多数のアーティストをサポート。Shingo Suzuki、mabanua を交えた3人組バンド=Ovallのメンバーとしても活躍する。

 

宅録環境に居ながらにして
録音スタジオのようなワークフローを実感

 UNIVERSAL AUDIOのオーディオI/O、Apolloシリーズと統合的に使用するソフトウェア=Luna Recording Systemの好きなところは、視認性の高い画面とスタジオで録音するようなサウンドを宅録環境に居ながらにして味わえるという点。メインとなるLuna Applicationの“タイムライン”画面は見やすく、オーディオ・クリップやMIDIデータの編集が容易に行えます。

 

 ミキサー画面を開くと、それはまさにスタジオ・コンソールをほうふつさせるビジュアル。フェーダーやノブはリアルな見た目でモチベーションが上がります。各チャンネル・ストリップでは、何のエフェクトがどの順番で挿さっているのかが一目りょう然。快適なワークフローを実現します。

 

 また、アドオンできるプロセッサーのLuna ExtensionsやLuna Application専用ソフト音源のLuna Instrumentsで、さらなるサウンドの拡張も可能。さらにUnison対応のUNIVERSAL AUDIO UAD-2プラグインを用いれば、Apolloシリーズに内蔵のDSPと独自回路によって、スタジオにあるようなマイクプリやギター・アンプ・サウンドを体験できます。実機さながらの高品質なエフェクトのかけ録りができるため、おのずと良い演奏も引き出されることでしょう。Lunaは自宅をスタジオ同様の環境に変えてくれる、夢のような音楽制作システムです。

 

お気に入り機能1:Luna Extensions

f:id:rittor_snrec:20210115215050j:plain

 アナログ機材に求めるものはやはり質感ですよね。特にテープ・マシン特有の温かみは、今のデジタル中心のサウンドに豊かな倍音を付加してくれます。Luna Applicationsのミキサーで使えるLuna Extensionsは、TAPEとSUMMINGの2種類を装備。TAPEにはサチュレーションのOxideとStuder A800、Ampex ATR-102がラインナップされ、Oxideは何と標準搭載です。気が付けば自分は、ほとんどのチャンネルに挿していました! もちろん、マスターに挿すだけでも手軽にアナログライクな音質を得ることができます。プリセットもたくさんあるので、そこから調整するのもよいでしょう

 

お気に入り機能2:タイムライン画面

f:id:rittor_snrec:20210115215145j:plain

 全体的に見やすいLuna Applicationのタイムライン画面。とりわけトラックに関する表示や操作が分かりやすいです。

 まず、画面左端にあるブラウザーには現在使用しているトラックが一覧で表示され、新規トラック作成もこのブラウザーからワンタッチで可能! 各トラックの色分けや、表示/非表示もここで行えるのでとても便利です。MIDIデータの編集はクリップを拡大すれば可能なため、1つの画面内でシームレスな作業を実現することができます

 

お気に入り機能3:MODIFIERS

f:id:rittor_snrec:20210115215241j:plain

 Luna Applicationのミキサー画面左端にある、MODIFIERSはとても実用的。各チャンネルのTAPEやINSERTS、SENDSなどにおける設定のオン/オフ、削除、コピー&ペースト、パラメーター値の初期化をスピーディに切り替えることができます

 例えばPOWERボタンを押すと、対応する部分に緑色のマークが現れるので、そこをクリックするだけでオン/オフが可能。ミキサー全体の状態が一目りょう然なので、ミックス作業のときや、CPU負荷を調整したいときなどに、重宝する機能でしょう。

 

Luna Recording Systemのお薦め付属プラグインをピックアップ!

UAD-2 Marshall Plexi Classic Amplifier[アンプ・シミュレーター]

f:id:rittor_snrec:20210115215354j:plain

 ここではArrow/Apolloシリーズに付属するUAD-2プラグイン・バンドル=Realtime Analog Classicsから、幾つかピックアップしてみましょう。まずはこのUAD-2 Marshall Plexi Classic Amplifier。自分はギタリストとしてさまざまな実機のアンプなどを体験してきましたが、これは完成度が高いです。レイテンシーをほとんど感じないため、本当にアンプ直で弾いている感触。これが付属プラグインなのですから驚きですね。やはりギターの音作りで難しいのはひずみなので、このサウンドを宅録環境で出せるというのはとてもテンションが上がります!

 

UAD-2 UA 610-B Tube Preamp & EQ[プリアンプ/EQ]

f:id:rittor_snrec:20210115215623j:plain

 スタジオで録るアコギの質感というのはなかなか宅録だと出せないものですが、このプラグインが生むウォームな質感は、まさにスタジオ・クオリティ。操作性もシンプルで使いやすいです。かけ録りする際は、プリアンプの段階で大まかにEQ処理しておくと、“美味しい部分”のサウンドをしっかりとキャプチャーすることができます。後々のミックスも非常に楽になるので、UAD-2 UA 610-B Tube Preamp & EQは薦めです!

 

UAD-2 1176LN Classic Limiting Amplifier (Legacy)[コンプ/リミッター]

f:id:rittor_snrec:20210115215739j:plain

 実を言うと、自分はUNIVERSAL AUDIO 610と1176LNを1台に集約した、ハードのマイクプリ/リミッターUNIVERSAL AUDIO 6176を所有しているため、いつでも1176LNの音で録音可能な環境に居るわけです。

 しかし、それでも自分はUAD-2プラグインの1176LN Classic Limiting Amplifier(Legacy)を使ってしまいます。そのくらいクオリティが高いのです。特にアナログの質感を付与して、オケとの混ざり具合をよくするのに重宝しています。 

 

UAD-2 Pultec Pro Equalizers (Legacy)[EQ]

f:id:rittor_snrec:20210115215829j:plain

 個人的に、UAD-2プラグインのPultec Pro Equalizers (Legacy)を通した音が大好きなので多用しています。特に打ち込みドラムの音色と相性が良く、このプラグインをインサートするだけでオケになじみやすい質感になりますね。

 また低域を持ち上げて野太い音にしたり、中高域の抜けを良くしつつも“痛くない音に落とし込む”のに最適なEQです。慣れないうちは、用意されているプリセットを使いながら自分なりのセッティングを見つけていくのも面白いのではないでしょうか?

 

Shape[マルチ音源]

f:id:rittor_snrec:20210115215941j:plain

 最後は、Luna Recording Systemに付属するソフト音源Shape。ドラム、ギター、ベース、ブラス、ストリングスまで、使いたい音源は一通り網羅されています。例えばドラムには“Vinyl Hip-Hop Kit”というタイトルのキットが用意されており、今のトレンドにマッチするような即戦力のサウンドがすぐに使えるのでうれしいです。まずビギナーの方はこれで遊んでみて、徐々に有償版のLuna Instrumentsに手を出してみるのもいいかもしれませんね!

 

UNIVERSAL AUDIO Luna Recording System 製品情報

hookup.co.jp

 

サンレコ・ビギナーズ|音楽制作に役立つ初心者ガイド

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

 

関連記事 

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp

www.snrec.jp