【お知らせ】6月20日の申込/更新分より、サンレコWebのサブスクリプション価格を改定いたします。詳細はこちらをご覧ください。また、6月17日までWeb+印刷版(年間)を約30%オフでご提供しています。

ロングセラーのROLANDサンプラー・シリーズ最新機=SP-404MKIIが登場

ロングセラーのROLANDサンプラー・シリーズ最新機=SP-404MKIIが登場

 ヒップホップのビート・メイキングやDJプレイなどに人気のサンプラーROLAND SP-404シリーズの最新モデル、SP-404MKII(オープン・プライス)が11月19日に発売される。直感的な操作性や充実したエフェクト機能でロングセラーを続ける旧機種の特徴はそのままに、ユーザーからの要望を踏まえて操作性や機能、内蔵サウンドとエフェクトなどがブラッシュアップされている。

 

 本体上部のディスプレイには鮮やかな有機ELを採用。操作パネル上のマルチ・カラー・パッドは、押す強さを検知するベロシティ対応となり、演奏性が向上している。また、16GBの内部ストレージを備えることで起動やデータの読み込み時間が短縮され、よりスムーズかつ素早い作業が可能だ。さらに、最大同時発音数は32と従来機種の倍以上に増加。電源は、従来のACアダプター/電池に加えて、USB接続によるモバイル・バッテリーでの駆動も実現している。

f:id:rittor_snrec:20211014144357j:plain

フロント・パネル

f:id:rittor_snrec:20211014144416j:plain

リア・パネル

f:id:rittor_snrec:20211014144428j:plain

サイド・パネル

 エフェクトも強化されており、近年話題のローファイ・ヒップホップにマッチしたものも追加。また、ボーカル・サンプルを切り刻んで特徴的なサウンドを作り出すボーカル・チョップをリアルタイムで行えるほか、サンプル編集機能が強化されている。さらに、マイクのほかにエレキ・ギターを直接接続して音やフレーズを取り込むことも可能だ。

 

 SP-404シリーズは、ユーザーが好みに合わせて本体の外観をカスタマイズすることでも話題だが、SP-404MKIIでは、操作パネルに張るオーバーレイ・シートを作成できるテンプレートをWebサイトからダウンロードできるほか、起動時のディスプレイに表示されるロゴやスクリーン・セーバーのタイプを変更できたりと、カスタマイズがさらに簡単になっている。

f:id:rittor_snrec:20211014144916j:plain
f:id:rittor_snrec:20211014144906j:plain

 さらに、無料でダウンロードできる専用のエディター・アプリSP-404MKII Appを使うことにより、ち密な波形編集などより高度な編集ができるほか、本体パッドへのサンプルの割り当てや、旧機種で作成したデータの取り込みもスムーズに行うことが可能だ。

f:id:rittor_snrec:20211014150244j:plain

エディター・アプリSP-404MKII App

 

製品情報

関連記事

www.snrec.jp

www.snrec.jp